• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年08月03日

エアガンを塗装して遊んでみました♪

エアガンを塗装して遊んでみました♪ いつのまにやら8月ですよ(汗) ホントに毎日暑いですね〜(^^;) うちの会社は基本はオサカナ屋さんなのですが、ギフト商品を製造販売していることもあり、この時期にはお中元ギフトの発送で大忙しなのです。
まぁこのご時世、忙しいなんていうのは贅沢な悩みなのでしょうけども、正直ホントにドタバタでございますm(_ _)m
8月に入ってさすがにお中元の発送作業もひと段落ついたところなのですが、この次にはお盆の繁忙期、そしてお盆直後に東京で行われるジャパンシーフードショーへの出展のための準備作業、翌週には通販番組のテレビ取材が予定されてまして・・・う〜ん(^^;) 
そんな忙しい時期、やっとお中元ギフトのピークも過ぎた〜と思ったら、あちこちの取引先さんから

お歳暮ギフトの商品提案よろしく!

というメールが次々に(ちゅど〜んっ!) ま、まぁこのギョウカイは常に半年先の準備をするのがデフォルトですからね(苦笑)

さて、そんなオシゴトのグチはともかくとして、そんな中でもストレスをためないようにってことでスカッと気分転換するために時間にスキマのできた休日には怠けた体にむち打っていろいろとシュミにいそしんでおります。久しぶりのゆうさくクン号へのモールやカーテシランプの取り付けなんてのもその一環でしたが、今回はワタシのシュミの一つであるエアガンをちょっといじって遊んでみました(笑)

前にご紹介してからも電動ガンは増え続けており、もう紹介するのもめんどくさくなってしまってますが(爆)もうすっかりコレクターですね、これは(^^;) サバゲーに投入したことのないようなエアガンも増えちゃってます(苦笑) 最近では集弾性能アップだとかメンテを兼ねて内部パーツをカスタムパーツに交換したりなんてことも始めちゃってます(汗)

さて、今回はそんなエアガンのチューニングとかカスタムっていうのではなく、色を塗ったっていうネタです(笑)
何となくですけど、以前からミリタリーフォトなんかを見ててアメリカ軍のM4アサルトライフルが兵士たちの手によっていろいろとカスタマイズされてたりとか使用されるフィールド環境に合わせてカモフラージュ塗装されてるのを見て、「こういうリアリティのある塗装っていいな〜」なんて思ってたんですよね。
もちろん、使用してたらキズもつくし塗装も剥がれるわけで、こういう実際に酷使されてるっていう状態を再現したら面白いだろうな〜って思ってたわけで。

ということで、まずはずーっと以前、、ワタシがエアガン趣味を再発した当初に購入したエアコキタイプの安物M4を最初のモルモットにして塗装をしてみることにしました(^^)
エアコキのM4なんてまずサバゲーでは使わないので、ワタシの部屋で完全にお飾り、、いや飾るスペースも無く部屋の片隅に放り出されたままになってたものなので、仮に失敗してもあんまり惜しくはないですしね(苦笑)



ということで準備したのはこれだけ。今回はアフガン等の砂漠気候の地域で酷使されているM4というイメージで塗装を行おうってことで、タミヤカラースプレーのタンとダークアースの2本を準備。これに100円ショップで買ってきた洗濯ネット(笑)これは後で使います(^o^) 
それから画像には写っていませんが、同じく100円ショップで買ってきた金属製のお掃除ブラシ。金属ブラシはあとで塗装にキズを付けたとかしてウェザリングするときに使います。



こんな感じでストックパイプを持ってぶしゅー!とタンを吹いていきます。慌てずに少しずつ吹いては乾かし、吹いては乾かしを繰り返して・・・



こんな感じになりました。さすがにタン一色ではなんとものぺっとした感じですね(^^;) まぁ実際に兵士が自分たちで即席で塗った直後の実銃なんてのはこんな感じなのでしょうけども。



ストックとマガジンはアクセントを付けるためにタンではなく、ダークアースのほうを吹きました。ホントなら全部同じ色でベタッと塗ってしまうのが本来なのでしょうけども、あとから別仕様で塗装されたパーツに現地で交換された、っていうイメージですね。



さて、ここまでできたら洗濯ネットの登場です(笑)
このネットの中にエアガンを入れて・・・ダークアースをところどころに吹いて迷彩模様っぽくしていきます。なぜ洗濯ネットなのかというと・・・アメリカ軍が迷彩塗装をしてあるM4の画像を見ていると、迷彩模様にヘビ柄みたいな感じのアクセントを入れてあるものが多いんです。それを再現してやろうってわけ。ネットで塗装方法を検索しててけっこうポピュラーなやり方として紹介されてたものです(^^)

ネット越しに迷彩っぽくスプレーしてやり、ネットから出すと・・・



こんな感じです。実銃のミリフォトを見るとだいぶ違う感じではありますが(汗) ま、まぁ感じとしてはこんなもんでしょう(^^;) 初めてにしては上出来ではないかと(苦笑)



ストックとマガジンはベースがダークアースなので、銃本体とは逆に、タンで迷彩&ヘビ柄模様を入れてあります。

これだけでもいいんですが、次は金属ブラシであちこち擦ってキズを付けて使用感を出していきます。



まぁコツも何もなく、ただひたすらにブラシで擦ってキズを付けていくだけ(^^;) エッジのあるようなトコロ、トリガーやレバー類など、頻繁に触ったり動かしたりするようなトコロを集中的に擦って汚していきます。
安物のオールプラ製のエアガンなので、ちょうど良い感じにスプレー塗装が食いついていて、ブラシで擦るとこれまた良い感じで剥がれてくれますね。



ということで仕上がりました!(笑) ネットで検索してみると、ブラシだけじゃなくてシンナーを含ませたウェスで塗装を剥がしたり、あるいは耐水ペーパーで擦ったりといったワザを組み合わせてよりリアルな「くたびれ具合」を再現してるヒトもいるんですが、ワタシはめんどくさいのでこの工程だけで完成です(爆)

ま、まぁ最初にしては上出来でしょう(^^)
オールプラで重量感のカケラもなく、エアコキなのでサバゲーにも使わないってことで完全に忘れられた存在になってたエアガンも、こういうふうに手を加えてやることでぐぐっと存在感が大きくなりました(^^)
なかなか良い感じにリアルになったんですが・・持ち上げるとガスハンドガンよりも軽くて意表を突かれるほどの重さしかないんですよね(笑)



で、しばらく間を置いてから・・・またやってしまいました(ちゅど〜んっ!)
今度は電動ガンです。
しかも、サバゲーで実際に使えるような仕様で、ってことで塗装することにしました。屋外のフィールドで使うことを考えたらやっぱりグリーン系の迷彩だろうな、ってことで、今回は自衛隊のOD色とNATOグリーンを使うことにしました。これだけだとたぶん迷彩っぽく見えないだろうし、地味過ぎるかも、って思えたので砂漠仕様を作ったときに余ってたダークアースもワンポイント的に吹くことに。

手持ちの電動M4はちょっと高価だったりもして、塗装しちゃうのには抵抗もあったので(汗)、新たに塗装用の安い本体を購入しました(^^;) 塗装するんだったら本体がプラスチック製のほうが塗料の食いつきがいいだろうから、ってことで安い樹脂ボディのモデル(いわゆるスポーツラインモデル)を探しました。
どうせサバゲーで使うんだったらよく飛ぶ方が良いし、ってことで以前からずっと興味はあったけれども買ったことがなかった「流速チューン」という飛距離アップのカスタムが施されているものをチョイスしました。普通にカスタムショップで流速チューンカスタムモデルを購入するとそれなりにお値段するのですが、今回はネットオークションを探して個人が新品の中華ガンを流速チューンして販売しているのを発見し、ここで安いスポーツラインモデルをベースに流速チューンされたものを選びました。
これで60mの飛距離を飛ばせる流速チューンカスタムのM4CQBが23000円ほどでした♪(あ、もちろん法律違反のカスタムではなく、規制の範囲内でカスタムされたものですよ)

実際に試射してみましたが、0.28gの重量弾をかなり遠くまでフラットに飛ばせるのはなかなか感動的ですね(*^_^*) 距離はじっさい60m飛んでるのかどうかは分かりませんが。

塗装の手順は基本的に同じですのでオミットしちゃいますが、仕上がったのはこんな感じ。



このM4CQBはフルフロートハンドガードが付いていて、ショートバレルの先端にはなんとサイレンサーが付いているというなかなかにオトクな仕様だったので、サイレンサーの中の消音材を消音効果の高い「激落ちクン(笑)」に交換することでなかなかの消音効果を発揮するようになりました。流速チューンカスタムっていうと、かなりやかましい破裂音がするのが特徴でもあるのですが、このサイレンサーのおかげでかなり静かな発射音になりましたよ(^^)
今回はこのサイレンサーだけは迷彩にせず、自衛隊ODで塗った本体とは逆にやや明るめの色合いであるNATOグリーン単色で塗ってアクセントにしました。

コイツもまた同じように金属ブラシで擦って使用感を出してやったのですが・・・う〜ん、濃いグリーンの塗装を剥がしても下から出てくるのが黒色なのであんまり分からないっていうか(苦笑) まぁなんとなく塗装が剥がれてムラが付いた部分が出てきたので、砂漠仕様のM4ほどヘビーではないですけども、ほどほどの使用感は出たようにも思います。



ってことで、こんな感じになりました(^^)
テキストにするとけっこういろんなことやってるようにも見えますが、だいたい1つの銃を仕上げるのに1時間ぐらいでできちゃうんですよ(^o^) 夏場は暑いですけどスプレーしても乾くのが早いので作業はさくっと終わっちゃいます。

ってことで、けっこうお手軽でいい気分転換にもなりました。
今は暑くてサバゲーはオフシーズンですけども、秋になってこの迷彩塗装のM4を投入するのが楽しみです(^^)

・・・まだサバゲーで使ってない新しいのがほかにも5〜6挺あるんだけど(どっか〜んっ!) ま、ぼちぼち使いましょうか(滝汗)
ブログ一覧 | 物欲の神様降臨(爆)モノmonoネタ | 趣味
Posted at 2016/08/03 15:44:24

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

サイバーナビXを取り付けて感じたこ ...
ジョニー・シェンカーさん

東京オートサロン2019 ⑤
tetsuji0912さん

ポルシェ・パナメーラは出来のいいラ ...
ぢ~ぢさん

気になる車・・・(^^)457
よっさん63さん

’18-’19年末年始放浪旅④(阿 ...
アガサさん

フォロー祭り@何じゃこりゃ?
nanamaiさん

この記事へのコメント

2016/08/20 01:19:47
洗濯ネット使っての塗装イケてますね(* ̄∇ ̄*)
突然ですが、話し変わります。
わざとそうしているのならすいません
一つ目のエアガンですが、キャリングハンドルが着脱出来そうにないのでM16と思われます。
M16でもキャリングハンドルが着脱出来るモデルはあった気がしますが、逆にm4でキャリングハンドルが着脱出来ないモデルは無かったと思うので間違いないかとf(^^;)
長文失礼しました\(>_<)/

それにしてもこの塗装法は参考になります!
自分は他のものでも試したいですね(* ̄∇ ̄*)
コメントへの返答
2016/08/20 05:30:49
カスタム民さん初めまして(^^)
エアガン趣味の方がいらしてくれるとうれしいっすね〜♪
ところでM16・・おっしゃるとおりこれはM16ですよね〜(^_^;)20mmレールシステムがまだ実用化される前のモデルですし、M4ってことはないです(汗)
まぁ私の場合、元来性格がテキトーなので、こういう形をした5.56mm亜音速弾を使うアサルトライフルはぜんぶテキトーにM4と呼んじゃってます(ちゅど〜んっ!)
ほんとはM4だったりM16だったり、あるいはSRだったりするんでしょうけどね〜(^_^;) 
昨日、たまたまハイパー道楽のM4の系譜のページを見ていろいろとややこしい話を改めて読んだところなので、なおさらそんな風に思ってみたりしますが・・・いいんです、こういう形しててスタンマグ使うライフルは「M4系」なんです(どっか〜んっ!)
この塗装法、これは私もネットを徘徊しててたまたま見つけたやり方なので、私の編み出した方法ではないんですけども(汗) コストが安いのでオススメです。それっぽくなりますしね(^^)
こうやって塗装したりするのも立派なカスタマイズなのでしょうし、パーツを取り付けるよりも意外と安上がりだし、手間をかけるから愛着も出てきていいですよ。
元はネットオークションで2万円ちょっとで買った安物スポーツラインの中華ガンですけども、8万円以上したフルチューンのBOLT製SR47とかよりも愛着があったりしますから(爆)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[整備] #3シリーズセダン ワイヤレス充電パッドを取り付けてみた! https://minkara.carview.co.jp/userid/158636/car/1269930/5070583/note.aspx
何シテル?   12/02 16:26
2世代乗り継いだインプレッサから、2012年11月にBMW328i(F30)に乗り換えました。ピュアスポーツからセダンに、それもスポーツグレードでもない仕様への...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

coding 光物1 ヘッドライト感度調整 & アンビエントライト調整独立 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/01 08:43:09
自分でiDriveナビの地図を更新したった\(^o^)/ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/18 18:02:54
BMW F10 DIY コーディング 25 自分の車両のI-LEVELを調べる方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/01 09:21:40

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン ゆうさくクン (BMW 3シリーズ セダン)
ろくむし号として5代目になるので「ゆうさく」クンです(笑)由来はみなさんおわかりですよね ...
トヨタ ポルテ ポルテさん (トヨタ ポルテ)
10年乗った我が家の嫁さん号「モビリオくん」から2013年8月に乗り換えた「ポルテさん」 ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
インプレッサGDBのアプライドモデルDです。 2003年末~2004年にかけて555台販 ...
トヨタ ライトエーストラック トヨタ ライトエーストラック
私が仕事で配達に使っているトラックです(笑) 某Blogでは何度か登場して有名になってた ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.