• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年01月25日

「この世界の片隅に」観てきました♪

「この世界の片隅に」観てきました♪ 「この世界の片隅に」ようやく劇場に観に行くことができました。原作漫画がすごく有名で人気のある作品なんだそうですが、ワタシは全然知りませんでしたし、原作も未読のままです。

かわいらしい絵柄、精緻だけどのどこかほわっとした優しいタッチの背景・・独特のあったかな映像美で語られるこの物語は、れっきとした「戦争映画」なのですが・・・こんなステキな戦争映画をワタシは見たことがありません。

観客が思わずクスっと笑ってしまうようなコミカルな場面も散りばめられ、戦争という状況の中で日常を生きている「普通の人々の普通の暮らし」を描いています。

もちろん、太平洋戦争を描いたお話、しかも物語の舞台は広島です。ヒロインのすずは広島で生まれ育ち、呉に嫁いでいきます。こんな場所が舞台であり、昭和20年の8月がストーリーの途上にあるということは・・日本人誰もが想起するあのできごとも当然ですが描かれています。

・・でも、我々が「太平洋戦争時代の広島を舞台にした戦争映画」という設定からイメージする物語とはこの映画は一線を画しています。反戦映画でもなければ戦争肯定のメッセージ性があるわけでもありません。戦争を悲劇性を前面に出した映画でもなければ特別な才能や強さを持った特別な主人公が大活躍するようなものでもありません。劇中でも何度も出てきますが、ヒロインのすずさんはホントに普通の女性なのですよ・・。絵を描くことが大好きな、ぼーっとした感じのごく普通のひとりの女性です。

あえていうなら、この映画は「戦争時代、一人の女性を主人公とした日常系アニメ」とでも言えばいいのでしょうか??(^^;) ちょっと違うかな?(汗)

ワタシはもちろん、戦時中には生まれていませんから当時の生活なんていうのは全然分からないのですが・・・銀幕の中には「戦争時代の日本人の暮らし」がたしかにありました。とってもリアルに感じられました。

日々の暮らしのなか、空襲警報さえもめんどくさく聞こえるようになるような当たり前のことになったような毎日だけれども、突然に襲いかかってくる艦載機の機銃掃射の怖さ、降り注ぐ焼夷弾の恐怖までもが日々の日常のリアルさと同じように感じられて・・・本当に怖かった。。

正直なところ、リアルな空気感や生活感といった面には感服しつつも、中盤頃まではこの映画がなぜそこまで評価されているのかがよく分かりませんでした(^^;) たしかにいい映画ではあるのだけれど、そこまで絶賛されるようなものかなぁ? 泣けること間違いなしだというのだけれど・・う〜ん、そうかなぁ?? 

そう思いながら観ていました。きっと泣けるというのは・・やはり8月6日のあの出来事に関連するのだろうな、と。

・・・違います。ネタバレではないと思いますから言いますが、そういうことではないんです、この映画。

終盤にさしかかって、知らない間に泣いてしまうことが何度か。自分でも分からないのですよ、ホントに。なぜ自分が泣けてしまうのか?? 銀幕の中で展開される凄惨な場面でも、ヒロインが遭遇する逆境に哀しくて涙が出る? 違うんです。

ホントに分からないけれども泣けるんです。あえていうなら

「しみじみと泣ける」

んですよ(^^;) う〜ん、ホントに分からん。たんにトシ喰って涙もろくなってるからか? そうなのかなぁ? 哀しいから泣くのではない、感動したから泣けるのでもない。とにかく何か分からない間に泣いてしまうんです。

この映画のヒロインであるすずを演じているのはNHK朝の連ドラ「あまちゃん」の主演だったあの能年玲奈さん改め「のん」さん。
この人は俳優さんであって声優さんではありません。もともとからして天然キャラでなんとなくぽわわ〜んとしているし、ホントそのまんまなんですよ、すずさんは。
ハッキリ言って声の演技はあんまり上手ではないんだと思いますが・・これもハッキリ分かります。すずさんはのんさん以外には考えられないぐらい、というか「すずさん=のんさん」という図式があたりまえに成立するぐらいに同一人物ではないかと思えます。それぐらいにハマリ役です。

帰宅してから、劇場で買ってきたパンフレットを読んでいたのですが・・冒頭のほうの文中にこんなことが書かれていました。

映画の完成披露試写会の冒頭舞台挨拶で、のんさんがこう語ったんだそうです。

「生きてるっていうことだけで涙がぽろぽろあふれてくる、素敵な作品です。」

この文面を読んだとき、またまた不覚にも泣いてしまいました(^^;) ホントにそうなんです、こののんさんのヒトコトが全てを表してるなぁ と。映画を見終わるとこのコトバの意味が身に染みて分かるんですよ。

ホントにフシギな感覚ですけども・・涙が出てくるんですよ。

そしてこの映画は・・・昭和20年8月15日も意外と「唐突」にやってきます。まるでこの歴史的な1日ですら「人々の生きている毎日の中の単なる1日だったんだよ」とでも言いたげなほどに。。

そして戦争映画なのですが、8月15日が過ぎても物語は終わりません。淡々と続いていくのです。。
これもきっとこの映画からのメッセージなのだと思います。戦争の日々であっても、戦争が終わっても、人々は生きていく、暮らしいていくのだ、と。

でもこのメッセージは「戦争が終わっても、戦争で何もかも失った人々はそれでも生きていかなくてはならない」といった否定的であったり絶望的なメッセージを語ってくるのではありません。
そこにはやはり、普遍的な人々の日々の営みが淡々と続いていくんだよ、そんな日々の中に幸せもちょっと哀しいコトもいっぱいあるんだよ、と優しく諭されているような気持ちになるんですよね。
するとやっぱり泣けてくるんですね(^^;) あ〜もう分からんけど(苦笑) とにかくしみじみといい作品だな、と。

そうそう、この映画って原作が素晴らしいからと入れ込んだ監督がなんとか映画化したいけれども資金がない、ということでネットを使ったクラウドファンディングで3000万円以上の資金を集めて映画化にこぎ着けた、という背景も持っています。
そして、有名劇場作品のような上映館数でもなく、どちらかというとひっそりと上映が始まった、「小さな作品」だったのですよね。
それがネットを通じてその評判がどんどんと大きくなり、それにつれて上映館数も増えていった、という経緯があります。もちろん徳島では当初は上映されてませんでしたが、あまりに評判が良いので去年の12月に入ってからufotableCINEMAで上映が始まった、という作品です。

今日は平日で、しかも朝9時半からの上映ってことで、前にシネコンに観に行った「聲の形」みたいにほとんど観客はいないっていうのを想像してたのですが・・なんと午前9時前に劇場に着いたらなにやら人生の先輩世代の方々がいっぱいいらっしゃる!? 老人会のイベントの待ち合わせにこの場所を指定してるのか? って思ったら9時に劇場が開くとみんな入っていくんですよ(汗)

え? え? まさか!? って思ったら・・そのまさかでした(爆)
シニアな皆さんのほとんどが「この世界の片隅に」を観に来てるんです(^^;) そして水曜日はレディースデーってこともあってか、シニアでない若い世代の女性(といっても学生ではないけどね)もけっこう多くて・・105名収容のシアター1が1/3ぐらいは埋まってたのではないかと。
こりゃ休日には立ち見になることがある、っていうのも分かるほどの人気でした(^^;)

ちょっとビックリですねぇ。シニアな皆さんはこの映画、どんな気持ちで観たのか?? ちょっと興味がありますね。

そういえばこの週末からufotableCINEMAでは「映画 聲の形」が上映開始になります。この劇場では未だに「君の名は。」も上映しているので、これで2016年を代表する劇場アニメ3作品が全て同じ時期に同じ劇場で上映されている、っていうなんとも贅沢な状態になります(*^_^*)

・・どの作品ももう1回ずつは観たいって思える、素晴らしい作品です。こんな素晴らしい作品が3つも連発した2016年ってホントに劇場アニメとしては異様なほどに充実してた年だったなぁ と。

とりあえずこの3作品は全部BDを予約して買いますっ!(爆)

あ〜早く出ないかなぁ〜(*^_^*)
ブログ一覧 | 我が人生 是皆ネタ也(爆) よしなごと | 音楽/映画/テレビ
Posted at 2017/01/25 16:59:22

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

アニメ映画『この世界の片隅に』を左 ...
鹿原さん

劇場アニメ 君の膵臓をたべたい
ひまひまさん

キミスイを観てきました
カネゴン☆さん

「泥の河」
1ベイカー11さん

この世界の片隅に
パンクロ+さん

ラーメン「鶏の極」 今日の映画②こ ...
TOSHIくんさん

この記事へのコメント

2017/01/25 17:21:26
去年は「君の名は」が大ヒットでしたけど、もちろんとっても楽しめました。
しっかし私くらいの年齢には「この世界、、、」には涙腺崩壊でありました。

周りには2〜3回と観て、ディテールを噛みしている強者までおりました。

久々、沁み入るアニメ映画でしたね。
コメントへの返答
2017/01/25 17:32:59
ホッシィーさんも観に行かれたんですね(^^) ホントに心に染み入る映画っていう表現がピッタリですよね。 
「君の名は。」は3回、「聲の形」は2回観に行って噛みしめたんですが、「この世界〜」ももう一度観たいかも、と思っちゃいました(^^;)
最初はなんの先入観もなしで観て、それからパンフレットを読んだりとか論評や解説サイトを見てみたりしていろんな情報を得た上で、さらにディテールまで堪能する、っていうのは名作ならOKですよね。
まだ2016年のビッグタイトル3作品はどれもBDやDVDになってないのですが・・・早くならないかなぁ〜と心待ちにしております(*^_^*) 音響のことを考えたらやはり劇場がイチバンなのですが、やはり気兼ねなく何度も観て、時には静止したりとかして楽しむのは円盤ならでは、ですからね〜♪
2017/01/26 00:26:14
うーむ。大変参考になりました。
どのような作品かは観てみないとわかりませんが、とりあえずいいお話であることは間違いないようですね。劇場で観る機会があればいいのですが、なんとなくDVDかBDになりそうな気もします・・・
大画面で大音響だとまた感動も大きくなるのでしょうけど。
コメントへの返答
2017/01/26 04:42:02
公式サイトのほうで著名な方たちの鑑賞後の感想コメントがいっぱい上がってるんですが、おおむね私の感じた印象と同じだったようです。私の感性はそれほどほかの人たちとズレてもいないようですから、きっとIGEREIさんが観ても同じような感想を持たれるのではないかと思います(^^) あ、とりあえず泣く準備だけはしといたほうがいいですよ(笑) あとからジワジワくるので、劇場で我慢できたとしてもそれで安心してはいけません(爆)
私なんて帰宅してからジワジワして思い出し泣きしてましたから(ちゅど〜んっ!)
・・でもって、パンフレットを読むだけでも泣ける(爆)
できれば劇場で一度観られることをオススメいたしますよ。公式サイトのコメント欄でも書かれてたんですが、少ないながらも劇中には戦闘シーンが出てきます。戦闘シーンというか、爆撃シーンだとか艦載機による機銃掃射とかそういうのね。
このへんの音響がすっごいリアルなんです(ってか、ホンモノを体験したことはもちろんないですが)。
ありものの音源を使ってるんじゃなく、おそらく新たに録音されたものだと思うんですが・・爆発音だとか高射砲の射撃音だとか、高射砲の炸裂する音、プロペラ戦闘機の飛ぶ音・・5.1chサラウンドの大音響で体感してもらいたいです。
2017/01/27 08:18:30
観客の年齢層高かったのですね。

こちらではカップルとかも来てましたよ(^^ゞ
ペチャクチャ喋ってて腹が立ちましたが…

良い作品ですよね。仰るようにほろっと来てしまいました。重いはなしのくせに、重くならないのがこの作品の妙です。

私も12月からブログ書いてまして、お陰で最後まで書き上げて投稿することができました。ありがとうございます。m(__)m
コメントへの返答
2017/01/27 15:13:22
私が観に行ったときには圧倒的にシルバーさんたちが多くて(中には微笑ましい熟年カップルもちらほら)、ついで多かったのが単独で来ている女性(レディーズデーだったためかな?)、そしてちらほらと若いカップルの姿もありました。
男性ソロで見に来てたのは私だけかも?(ちゅど〜んっ!)

重い話のはずなのに、それを重たくしない、おっしゃるとおりですね。かなりヘビーな内容のはずなのに・・作品全体のイメージがほんわかと明るいタッチなこともありますし、のんさんの声も大きなファクターなんだと思います。というか、こういうタッチの映画だからこそ、のんさんが起用されたのでしょうし、のんさんの声が活きたのだと思います。
白むつさんはやっぱりさくっと昨年のうちに観に行かれてたんですね〜♪ さすがです。
私は今になってようやく、です(^_^;) まぁ12月の末まで徳島では見ることすらできなかったんですけどね(苦笑)

こんなことを書いていると・・・あーー猛烈にもう一度観たくなってきました(滝汗)
今日も17時40分から上映があるんですよね・・行っちゃおうかなぁ? 明日の仕事につっかえるかなぁ? いまホント迷ってます(^_^;)(^_^;)(^_^;)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[整備] #3シリーズセダン ワイヤレス充電パッドを取り付けてみた! https://minkara.carview.co.jp/userid/158636/car/1269930/5070583/note.aspx
何シテル?   12/02 16:26
2世代乗り継いだインプレッサから、2012年11月にBMW328i(F30)に乗り換えました。ピュアスポーツからセダンに、それもスポーツグレードでもない仕様への...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

coding 光物1 ヘッドライト感度調整 & アンビエントライト調整独立 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/01 08:43:09
自分でiDriveナビの地図を更新したった\(^o^)/ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/18 18:02:54
BMW F10 DIY コーディング 25 自分の車両のI-LEVELを調べる方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/01 09:21:40

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン ゆうさくクン (BMW 3シリーズ セダン)
ろくむし号として5代目になるので「ゆうさく」クンです(笑)由来はみなさんおわかりですよね ...
トヨタ ポルテ ポルテさん (トヨタ ポルテ)
10年乗った我が家の嫁さん号「モビリオくん」から2013年8月に乗り換えた「ポルテさん」 ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
インプレッサGDBのアプライドモデルDです。 2003年末~2004年にかけて555台販 ...
トヨタ ライトエーストラック トヨタ ライトエーストラック
私が仕事で配達に使っているトラックです(笑) 某Blogでは何度か登場して有名になってた ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.