• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ろくむしのブログ一覧

2009年03月06日 イイね!

遺産を発掘

遺産を発掘今日は用事でちょいと実家に戻っておりました。 いえね、自宅の新築のために銀行でお金を借りた訳ですけども、その際に当たり前ですけども「預金通帳」ってのが必要になるんですよね(^_^;) いやぁ~ 銀行との取引で通帳が必要なんてコトはまるっきり忘れてた私(ちゅど~んっ!)
というのも、普段はMacでオンラインバンキング、あるいはコンビニやら銀行のATMを利用している私は通帳が必要になるようなことってほんとになかったんですよね(苦笑)
なので、給料の振り込まれている銀行口座の通帳といっても、口座を作ったときに通帳はもらったっきり(爆) もう6年にもなりますけども、まるっきり通帳は使ったことがない、っていう始末(ちゅど~んっ!)いまではすっかりどこにしまったのかすらすっかり忘れてしまってたんです(^_^;)

自宅にもふだん持ち歩いている鞄の中にもない、ってことになったら・・・あるのは実家以外にはないわけで(汗) そんなわけで自宅に帰って自分の使っていた部屋を家捜ししていた、っていうわけです(苦笑)

さて、探していた通帳は無事に自分が昔使っていた学習机の引き出しの中から発見されたんですが、そのときにいっしょに出てきたのがこの名刺ケース様のもの。
はて? いったいこれはなんだったっけ?? こういうアルミケース風の名刺ケースは私もひとつだけ持ってますけども、それは真っ赤っかな色ですし。 こんなアルミシルバーな名刺ケースを買った覚えはないんですよね。

よぉーく見ると、ビニールパッケージには「241」という数字のシールが貼ってあり、ケースの左上にはスバルのマークが・・。それを見て思い出したんですよ。あっ!! って(苦笑)
これは、

インプ2003V-Limitedのプレミアムグッズ

だったのです(!核爆)
ちなみにこのケースを開けると、中は名刺ケースなのにこんなものが入っております。

0">

私がかつて乗っていた愛車、GDBインプレッサは2003年にインプレッサに乗っていたラリードライバーであるペター・ソルベルグがWRCでドライバーズチャンプを取った、記念すべきマシンっていうことで555台限定で販売された2003V-Limitedというグレードだったんです。

ノーマルのGDBに比べて、いろいろな特別装備が付いていて、フロントのチンスポイラーだとか新井選手が開発した減衰4段調整式のローダウンスプリングつきサスペンションなど、けっこうオトクなグレードだったのですが、そんな「特別装備」の中に、このスバルエンブレム入りアルミ名刺ケース&ソルベルグサイン刻印入りのキーホルダーってのもあったんですな。

ビニールパッケージに貼られていたシール「241」っていうのは、私の乗っていたVミリのシリアルが241/555だった、ということなんです。
このキーホルダー、たしかにカタログには記載があったのですが・・・なんせ初めてのインプレッサ、初めての4WDターボ、ハイパワーマシンが納車になって浮かれきっている私にとっては、ほんとにオマケ以外のナニモノでもなく、納車されたときに助手席の上に置かれていたこのケース&キーホルダーは、帰宅してからすぐに机の貴重品入れの引き出しにしまわれて、それっきりこの5年もの間ずーっと眠り続けていたっていうことになりますな(ちゅど~んっ!)
そう、まるっきり口座を開設したときに作った預金通帳と同じ運命を辿っていた、というわけです(核爆)

いやはや、なんだか懐かしいものを掘り出してしまいましたけども・・・貴重なものだしまさか使うってわけにも逝かないし、かといって飾っておくようなものでもないし(^_^;) 結局また貴重品入れにしまい込まれるだけのような気もしますけど(苦笑)
世の中に555個しか存在しないこの名刺ケースとキーホルダー・・・とりあえず大事に持っておこうと思いますが・・・。ふと気になりました。 このプレミアムグッズって・・・

GDBを売却したときにクルマに
添付しとかないとあかんかったんちゃうやろか?(爆汗)









・・ま、いまさらしゃーないっすよね!(^^)/ (ちゅど~んっ!)(どっか~んっ!)

Posted at 2009/03/06 17:56:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 羽根命! GDBろくむし号 | クルマ
2008年10月17日 イイね!

ついに売却を決意(涙)

ついに売却を決意(涙)突然ですが、ワタクシ今月はとぉ~ってもキビシイ財政状況に追い込まれておりまして(滝汗) というのも直接の原因は・・・例のLEDのDIYでろくむし号の統合ユニットをトバしてしまった修理費用がかさんでしまった、ってことなので自業自得ではあるんですが(^^;)

前月にはジムカ用のタイヤとホイールのセットを購入した費用のカード引き落としがあって、余裕が無くなっているところにこの追い討ちの大きな出費が響き、今月は大幅な赤字に苦しんでいる、っていうわけなんですね(涙)

その割にはチマチマと噴霧器を買ったりとか子供の誕生日にバケツプリンを買ったりとかもしてるんですけども(汗) ま、これは必要経費ですもんね(苦笑)

さてさて、そんなわけでなんとか金づるはないかと思案した結果、実家に眠っているGDBろくむし号の遺品たちをオークションにかけることにしました(涙)
メインとなるのはAVO製のブローオフバルブ。GDBろくむし号を売却するときに取り外したものですが、これはどうやらGRBにも取り付けができそうだ、ってコトで、時間ができたら取り付けようとも思っていたんですけども・・・とりあえずはエンジン関係は純正でいこうと思っているので(純正状態でも例の電制スロットルがらみのトラブルが出てるぐらいですし)、ブローオフバルブは交換しないことにしました(苦笑)

さてさて、いったいいくらで売れますやら・・・。

そして、もうひとつは画像の品・・・これこそGDBろくむし号の「遺品」と呼ぶにふさわしい大物商品(苦笑)
チューンドby新井の4段減衰式倒立サスキットです。私のGDBろくむし号は2003Vリミテッドという限定車だったので、こんな豪勢なサスが付いていたんですよね。で、4万キロあまりをこの純正サスで走ってから、今は亡きTRUST(涙)の「Greddy パフォーマンスダンパー」という車高調に交換して、1ヶ月ぐらいでこのアシを取り付けたままで売却、ということになったのでした(泣)

この新井アシ、さすがに4万キロ走っているのでチェリーピンクのSTIカラーも所々がサビかけてますし、減衰調整ダイヤルのゴムキャップも4つのうち2つは脱落して無くなってます。そしてダイヤルのところからはオイルの滲みもありますから、まぁ状態としては「ジャンク扱い」っていうことになっちゃうででしょうね(^^;)

そしてオマケみたいな感じで出品したのがGDB純正シフトノブ。2003Vリミには、アルミ削り出しのSTI製シフトノブが装着されていたのですが、なんとまぁこの追加特別装備ってのは、ほんとに「追加装備」でして、納車されたときには普通の純正革巻きシフトノブが装着された状態で、特別装備のアルミノブは箱に入ってる状態なんですよね(爆)
ってことで、私の手元には新品状態の純正シフトノブが残っていた、というわけ。いつかは使うことがあるかも、って思って保存しておいたのですが。。。結局使ったのはユーザー車検に逝ったときだけでした(^^;)

とりあえずブローオフバルブとシフトノブだけ出品して、それが終わったら新井アシを、って思ってるんですが・・・まぁこれらを売却してもきっと財政難からの脱却は難しいんだろうなぁ(ため息)

はぁ・・・給料日まだかなぁ(涙)
Posted at 2008/10/17 03:55:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | 羽根命! GDBろくむし号 | クルマ
2008年04月22日 イイね!

遺品を装着(^^)

遺品を装着(^^)GDBろくむし号の売却の際に、外して取っておいた遺品のひとつである「赤レカロ」ですが、このたび無事に会社の同僚の車に移植が完了しました(^o^)

E36 BMW318iの運転席および助手席に取り付けられたホンダシビックTypeR純正の赤いレカロ!(^^)/ おおおお~っ なんともこりゃ・・・・


似合ってるのか!?(ちゅど~んっ!)


う~む、、、黒いボディにシルバーのホイール、カラーリングに彩色のないモノトーンのクルマにこの赤いレカロは存在感ありまくりすぎのような気がしないでもないのですが(^_^;)
でもオーナーがとっても気に入ってる様子なので、それはそれでいいでしょう(^^)

私もこの写真を撮影するために明るいところまで実際にこのビーエムくんに乗って運転してみたのですが・・・いいっすね~やっぱりSR3は(^o^)

それにどういうわけか・・・おそらくローポジション気味になっているせいだと思うのですが、GDBろくむし号に付いていたときよりも格段に乗り降りがラクですね。ニーパッドが引っかかって乗り降りに苦労する、っていうことがなく、すっと普通に乗り込めます。
座った感じは、とってもソフトな感じで、フルノーマルの運転席周りにもしっくりとマッチしています。とっても運転しやすいですよ、これ。

GRBろくむし号の純正レカロも、形状的にはSR3と似ているんですけども、そこはやはり純正装着の良心でしょうか、ニーパッドは低めになってます。(歴代エボの純正レカロもそういう感じですし・・・でもそう考えるとまるっきりSR3形状そのままのレカロを純正装着しているTypeRって潔いよなぁ。。)それから・・まだ新しいせいなのかどうか分かりませんけども、この赤レカロよりも座った感じは硬いですね。
なんせストリームからずーっとこの赤いレカロに座ってきた私からしたら、やっぱりこのソフトさに慣れてしまってるのかも知れません(^_^;)

しかしこのレカロを装着するために、シートレールを準備するのが大変でしたよ(苦笑)前にも書きましたが、メーカーで純正装着されているレカロの場合はアフターで純正シートレールを入手する手段が限られてしまってるので、今回もネットオークションに頼ったわけですが・・・。結局運転席のレールはレカロ純正で見つかったのですが、助手席用のレールがなかなか出てこなくて、結局シビレを切らしてネット通販で「レカロ対応」の社外品レールを購入することになってしまいました(苦笑)まぁオーナー曰く「助手席なんてめったに人を乗せるわけでもないし、付いとったらなんでもええねん」だそうです(^_^;)

なので・・・運転席と助手席ではパッと見て分かるぐらいに高さが違うんですよね(^_^;) なぜか社外品のシートレールって「ローポジ」をウリにしているものばかりなんですよね(苦笑) 別に普通の高さでいいのにねぇ。。

このビーエムのオーナーである会社の同僚は、活魚水槽車に乗って全国を走り回っている大型トラックのドライバーを束ねる活魚部門の責任者。もちろん自身も28トン車に乗って走り回っている人なので、長距離でシートがどんなに大事なのかは分かってるんですよね。ビーエムの純正シートは国産車のシートよりも長距離向けにできていて、評価も高いんですけども、そんな彼をしても、やはりレカロはいいそうですよ(^^)
クルマ的にはSR系よりもL系のレカロのほうが似合うんでしょうけども、このサイドサポートの張り出しがあるほうが、かえって疲れないとのこと。さすがに長距離運転のプロは分かってますね(^o^)

ってなわけで、GDBろくむし号の象徴的なアイテムのひとつは、無事に私の近くでこれからもいてくれそうです(^^)

Posted at 2008/04/22 03:34:14 | コメント(5) | トラックバック(0) | 羽根命! GDBろくむし号 | クルマ
2008年03月31日 イイね!

思わぬ再会

思わぬ再会昨日の徳島県地方は一日中の雨でした。子供たちや嫁さんはお出かけしてしまい、私は特にすることもなく、のんびりと過ごしていたのですが、ふと思い立ってスバルのディーラーさんにあるパーツの注文にいってきました。
そこでT原さんと少しお話をしていたのですが、「そういや前のGDB、いまちょうど整備をしているところですよ」というじゃないですか。

なんですと!! ってことで、さっそくピットのほうに見に行ってみました。
3週間ぶりの再会です。しかし、そこに佇んでいたのはかつてのGDBろくむし号ではなく、ステッカーをキレイに取り払われてリアの特徴的なウイングも純正状態に戻ったGDBろくむし号でした・・。ナンバーはそのままで、まだ付いていましたけども・・。なんだかやっぱり寂しいですよね(^_^;)

そして、T原さんからは衝撃的なことを聞かされました。なんとGDBろくむし号は


タービンが完全に逝ってました

というんです(ちゅど~んっ!)え? マジで??(滝汗)全然そんなことは気がついたこともなかったし、普通にフルブーストかかってたんですが・・・。う~む、妙だなぁ~(^_^;)
メカニックさんに話を聞くと、引き取ったあとでチェックのために走ってみたところ、ブーストをかけるとタービンから「もの凄い異音」がしていた、というんです。少なくとも私が乗っていたときにはそんな異音はまったくしていませんでしたし、これってやっぱり・・・

GDBろくむし号が捨てられた抗議のため自害をはかった

っていうことなんでしょうか?(滝汗)クルマには心がある、という話はよく聞きますし、実際に私も今までにこうした「愛車の心」を感じたことは何度もあります。一番怖かったのは嫉妬深いプジョー205GTIでしたが(滝汗)

まぁそんなわけで、GDBろくむし号は整備・・というよりも修理作業の真っ最中、という状態なのでした。ほかにも、トランクの雨漏りもかなりひどい状態になっていたそうで・・・これも気がついてなかったんですけどねぇ?(^_^;) たしかにでかっ羽根を取り付けたときから、トランクの純正ウイング取り付け穴から雨漏りはしていたので、その部分にガムテープで目張りをしてからは雨漏りはきれいに止まっていたんですが・・・常に荷物満載だから気がつかなかったのか、それともこれもタービンと一緒で、売却されてから急に漏れ始めたのか・・プジョー205も、売却が決まってからフロアからの雨漏りが急に始まったことがありましたし。。。なんでも、洗車をするとボタボタともの凄い勢いで雨漏りする状態だったそうです、GDBろくむし号は(汗)
いくらなんでもそれなら私も気がつくでしょうしねぇ??

そうか、GDBろくむし号はやっぱり私との別れを悲しんでいるのかも知れない。。そんなふうに思うと、また切なくなってしまいました(T_T)

しかし、こうして改めて見ても・・・キレイですね、GDBって。WRブルーがここまで似合うクルマはGDインプレッサを置いて他にはない、と断言できますよ。。。
そしてGDBろくむし号の、このつややかなボディ。4年間走り続けていた車とは思えないほどの輝きです。私は単にフクピカしていただけですけども(ちゅど~んっ!)

のぞき込んだエンジンルームはインタークーラーが外され、タービンも外された状態。ここまで分解されたGDBろくむし号のエンジンは見たことがありませんでしたね。
傍らにはブローしているというタービンと、真新しい新品のタービンが置かれていました。



実際にブローしているというタービンを観察してみましたが、タービンブレードは普通に回りました。う~ん、どこがあかんのかな? って感じなのですが、おそらくは異音の感じからして軸受けのベアリングじゃないか? とのことでしたけども。
ちなみにタービンはまだメーカー保証がOKらしくて、タービン交換の部品代はかからないんだそうです。

そういや先日町中で見かけたT原さんの愛車、丸目GDBにはGDBろくむし号から移植された赤いSPARCOのステアリングが付いてました。
こうして引き継がれたパーツを見かけるとなんだか嬉しいような切ないような・・・複雑な気持ちになったりもしますが。

しばらくの間はこのディーラーさんにGDBろくむし号はいるみたいですね。 なんだかまた見に行ってしまいそうです(^_^;)
Posted at 2008/03/31 04:05:50 | コメント(4) | トラックバック(0) | 羽根命! GDBろくむし号 | クルマ
2008年03月03日 イイね!

ファイナルカウントダウン

ファイナルカウントダウン洗車完了!(^^)/




ろくむし、最大戦速!!






いきまーーーすっ!(^o^)(^o^)(^o^)
Posted at 2008/03/03 16:47:11 | コメント(7) | トラックバック(0) | 羽根命! GDBろくむし号 | クルマ

プロフィール

「ありゃ!? メーターがなかなかフル液晶化されないF30、3シリーズはフルモデルチェンジしてからなのかな? って思ってたら・・いつのまにか限定車にシレっとフル液晶メータが採用されてるし! 現行3シリーズも限定とはいえついにフル液晶メータ化かぁ・・・。なんか悔しいなぁ〜(^_^;)」
何シテル?   10/05 15:38
2世代乗り継いだインプレッサから、2012年11月にBMW328i(F30)に乗り換えました。ピュアスポーツからセダンに、それもスポーツグレードでもない仕様への...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

coding 光物1 ヘッドライト感度調整 & アンビエントライト調整独立 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/01 08:43:09
自分でiDriveナビの地図を更新したった\(^o^)/ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/18 18:02:54
BMW F10 DIY コーディング 25 自分の車両のI-LEVELを調べる方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/01 09:21:40

ファン

70 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン ゆうさくクン (BMW 3シリーズ セダン)
ろくむし号として5代目になるので「ゆうさく」クンです(笑)由来はみなさんおわかりですよね ...
トヨタ ポルテ ポルテさん (トヨタ ポルテ)
10年乗った我が家の嫁さん号「モビリオくん」から2013年8月に乗り換えた「ポルテさん」 ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
インプレッサGDBのアプライドモデルDです。 2003年末~2004年にかけて555台販 ...
トヨタ ライトエーストラック トヨタ ライトエーストラック
私が仕事で配達に使っているトラックです(笑) 某Blogでは何度か登場して有名になってた ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.