• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

P.N.「32乗り」のブログ一覧

2018年02月09日 イイね!

コレにも乗れたのかも(笑)

コレにも乗れたのかも(笑)一昨日のつづきで ・・・ セリカカムリニセンGT。
画像は数年前の「東海セリカday」のモノ、
実際のブツは、当ブログでよく出てくる、「ふつ~のクルマ屋さん」にあります(もう納車されたかもしれません)。

画像のも、関西方面の方でしたが、入手したのは豊田の新和自動車さんからだったそうです(汗)。
また、「ふつ~のクルマ屋さん」は大垣にあります。

まぁ、これは「男30 GTアゲイン」の元祖ですから ・・・ 
サンルーフなくても許せますね(爆ぅ~)。

特に、「ふつ~のクルマ屋さん」なんてお茶目なことを言ってる旧車屋さんは(爆)、「18R-Gエンジン、一発でかかった掘り出しモノだったよ~」なんて養老のイベントでノー天気に話してました。

・・・ 「なら、知らせろよ」って思いつつ、セリカカムリニセンGTの状態を聞いていると ・・・

「えー、欲しかったのぉ? 売れちゃったよ~」って ・・・ 中古は一期一会。

中古は「買う」と決めたら買うべきですね~。
中古はセリカ1600GTサンルーフ付きを1台買ったのみのキャリアですが(汗)、
コレもサンルーフ付きが名古屋のはずれのGTショップで見つけ、即、買いに行きました(遠い目)。

あ、あああ、ビボッピーも中古になるのかな? 
ショールーム展示車だから(爆、新古車って言うね ・・・ 爆爆ぅ~)。

元祖「男30」のクルマ、セリカカムリニセンGTの赤は、私がクルマ屋さんにお話しを切り出した段階で「売約済み」でした(ショック&涙)。

お茶目な「クルマ屋さん」、
二度はないと思いますが ・・・ 笑、
セリカカムリニセンGTの赤、出たらすぐ連絡下さいネ(爆ぅ~)。
また、セリカ10周年の記念車「フライングドラゴン」(どうもサンルーフは標準で付いてる模様)、
これだったら(上物なら)、しかもニセンGT(1600GTは乗ってるので)なら、即買いだよ(爆ぅ)。

最近、中古の考え方が変わってきました。
走行距離ではなく、その個体がいつまで元気で走っていたか、ですね。
なんか、走行距離10㎞の34GT-Rが、すっごいお値段で売られたって記事見ましたが ・・・
オイルやゴムなんか大丈夫なんですかね? 
しかし ・・・ 10㎞なんて ・・・ ねぇ。





Posted at 2018/02/09 07:09:18 | コメント(7) | トラックバック(0) | 縁のなかったクルマ | クルマ
2018年02月08日 イイね!

コレ、乗れたかも(笑)

コレ、乗れたかも(笑)昨日のつづきで ・・・ 今回はスカイラインRSターボ。
旧車誌では有名な個体ですよね、最近も「ハチマルヒーロー」に載ってました。

この個体を仕上げられた方とは、最近、まいこサン等で仲良くお話しさせていただいてます。
でも、実際には、もっとずぅ~っと以前に出会っていたようなんです(笑)。
このRSターボの前に乗られていた、青の箱スカHT・GT-Xも写真に撮っていたんです(まいこサンの時にお渡ししましたよ ・・・ 笑)。

この画像は、2005(平成17)年秋の岡谷で撮りました。
給油口の大門さんが印象的で、凄く綺麗な個体でした。
「あー、これこそ一生モノで手放さないんだろうな~」って思っていたのですが ・・・

手放されたんです(きょきょきょ、驚ぉ~)。

しかも、手放される数日前のトヨタスタジアムでの旧車イベントで、いっしょにギャラリーしたんです。
その時も「実はブタケツ(2代目ローレル)が好きなんですよね~」って仰っていたのですが、
「またまたぁ~、2号機、手放す気ないでしょ~」って ・・・ 感じでしたが ・・・

手放されたんです(きょきょ、驚ぉ~)。

現在は、綺麗にモデファイされたブタケツに乗られているのですが ・・・
ずいぶん前のまいこサンで(2年ぐらい前かな)、
「うぇー、本当に2号機、手放しちゃったんですね~ ・・・ 下世話な売買価格は秘密ということで ・・・ ひょっとしたら買ったかも ・・・」って、私。
そうしたら、当ブログでもよく出てくる2号機さんの名言、
今日一の笑顔と共に ・・・
「え? だって、画伯(仲間内ではこう呼ばれています)、サンマル嫌いでしょ」 ・・・
それは若い頃で、今は大好物でんがな~(爆)。

2号機さんのは、サンルーフのようなラインやバイザーが付いてましたが、
今のオーナーさんは、これにサンルーフを実際に付けちゃったようですね、旧車誌によると。

あー、あの時の旧車イベントでもっと強く「欲しい」アピールしていたら ・・・ 後悔先に立たず。
コレなら、屋根開かなくても ・・・ 縁がなかったです(涙ぁ)、中古は一期一会。

Posted at 2018/02/08 07:03:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 縁のなかったクルマ | クルマ
2017年04月09日 イイね!

日産一エロいクルマ(爆) ・・・

日産一エロいクルマ(爆) ・・・はい、画像 ・・・ まんまですね(爆ぅ~)。
3代目シルビア(初代ガゼールを伴ったモデル)の、
ターボモデルが追加された時のリヤエンブレムです。

この代のシルビアは、エレクトロニクス満載で内装が派手、室内の演出は艶っぽいホテル並です(爆)。
夜に乗ると、エロかったですね、助手席は特に(笑)。
また、艶っぽいホテルに行かなくても良いように、助手席が広 ・・・ 自粛(汗)。

シルビアの名誉のために ・・・
シルビアのグレードは、1800が「LS」、ニセンが「ZS」なんです ・・・ 「GT」ではなかったんです。
で、お気楽インジェクション車に「E」(日産は「EGI(エレクトリックガソリンインジェクション)」)。
で、内装の豪華さで「無印」「L」「X」とあって、
この手のクルマは、インジェクションで豪華でないといけないから ・・・ 画像になります(笑)。

流石に輸出用は、「SX」ですよね ・・・ 「S●X」では、流石に、ねぇ(ばばば、爆~)。

友達はみんなエンブレムを外して、ビス止めみたいな感じにしてました(遠い目)。

「軟派」なイメージが漂うシルビアですが ・・・ ♪そぞろ歩きは軟派でも
FRを貫き通したんですよね ・・・ ♪心にゃ 硬派の血がさわぐ
そして、21世紀あたままで、FRを死守し続けました(涙ぁ~、最後は硬派でしたね~)。

大衆車クラスにFRがあっても良い。
全て信頼性のあるFFでは、退屈ですよね ・・・ 逆立ちしたってFRにはなれない。
これだけ成熟したクルマ社会になっているんだから、
FRは高級車や高級スポーツカーのモノっていうのは、いかがなものかと思うのですが(汗)。

「また言ってやがる」ってお思いでしょ、良いんです、せめてブログぐらいでぼやかせてくださいな。


Posted at 2017/04/09 06:39:47 | コメント(9) | トラックバック(0) | 縁のなかったクルマ | クルマ
2017年04月08日 イイね!

トヨタで一番エロいクルマ(笑)

トヨタで一番エロいクルマ(笑)ネタバレ気味で(汗)、常連さん達は「またやってやがる」とお思いでしょうが(爆汗) ・・・ XXですね(笑)。

さぁ、若い人、ややこしいですよ~(笑)。
2代目セリカの初代セリカXXですね~、そして、3代目セリカXXのタイミングで「SUPRA(スープラ)」と改名しました。

元々は、セリカの6気筒シリーズで出発した、高級スペシャリティカーだったのです。
今年40周年の2代目セリカに、1978(昭和53)年春追加されたのが、セリカXXだったのです。
で、「スープラ」という名前はもうすでにこの初代モデルに付けられていたのです(ややこしい)。

セリカの主要市場は、北米だったんですね。
で、セリカXXも輸出されていくんですが ・・・ ここで問題発生。
「XX」というのが、あちらの艶っぽい映画の刺激度を表していたんですよね(爆ぅ~)。
だから、左ハンドルの「セリカXX」ではイメージが悪いということで、
「セリカスープラ」と名付けたワケです。

初代ではあまり使われなかったけど、2代目のリトラタイプでは、
よく「SUPRA」ステッカー貼られたセリカXX(ややこしい)が走ってましたね。

私は ・・・ 「XX」の方が好きですね~。
あ、若い人ね、「チョメチョメ」じゃないよ(爆)、「ダブルエックス」です。

当時、この手のクルマでは神がかった人気のあった、日産フェアレディZを強く意識したんですよね。
「あっちがZなら、こっちはXでぇぃ、えーぇぃ、二つ重ねちゃえ!」って感じで「XX」(笑)。
70年代後半からは、トヨタの日産潰し作戦が如実に展開されていきますね。
1977(昭和52)年にチェイサー(打倒スカイライン)、そして、1978(昭和53)年にセリカXX(打倒フェアレディZ)。

どちらも、当時の私にはとても手の届かないクルマでしたが ・・・ 憧れましたね~。
赤のチェイサーSGS、赤内装のセリカXX(赤内装というだけでエロい)。
イベントでは、見かけることがある2台ですが ・・・ ガン見してしまいます(シミジミ~)。

明日は、日産のエロいクルマを紹介しましょうね(ネタバレコメント禁止ですよ ・・・ 爆)。
Posted at 2017/04/08 05:56:48 | コメント(18) | トラックバック(0) | 縁のなかったクルマ | クルマ
2017年02月21日 イイね!

じゃぁ、エイトもね(爆)

じゃぁ、エイトもね(爆)写真ではないですが(汗) ・・・ 
21世紀のクルマは撮らないんですよね、基本的に(笑)。

観音開きの4ドアなんですよね、RX-8。
「クロノスの悲劇」でマツダが傾きかけて、フォードから社長を迎えざるを得なくなった頃かな(曖昧ぃ~)。
「もうロータリーはやめよ」とフォードサイドから言われても、
マツダの情熱の火は消えませんでした。
コメントで教えていただいたのですが、コレも13B改良版なんですね、「レニシス」とか呼んだかな? NAのロータリー。

2ドアクーペの市場が壊滅的ということで、苦肉の策のデザインですよね。
「ほら、4枚ドアだよ」って奥さんを説得できる(泣) ・・・ 複雑。
真面目なマツダですから、この苦肉の4ドアロータリーを「RX-7」と呼ばなかったことは評価できますが、「RX-7」を出せなかったのは、我々買う方にも問題があるような気がします(私論ですよ)。
トヨタがセリカを諦めたのも、同じような理由ですよね ・・・ まぁ ・・・「売れない」から。

作らないメーカーが悪いのか、買わない消費者が悪いのか。

RX-7のファイナルモデルなんか、「うわぁぁっ」という間に売り切れるかと思ったら(34GT-Rは1000台1日でという話でしたね、あの「ニュル」)、
当地では、ケッコウ、ショールームに鎮座していました、ビボッピーのように(爆~) ・・・
あ、私のビボッピーはショールーム展示車で、長くショールームにいたようです(汗&笑)。

GT-Rは「スカイライン」ではなく、「ニッサン」で復活しましたが、
ロータリーは「サバンナRX-7」ではなく、「RX-8」で復活しました ・・・ が、このイラストを描いた後、マツダは開発部門を残して、ロータリー車を諦めますが(泣)。

でも、消えて泣くなら、泣く前に「買え」ということですよね。
RX-8ファイナルモデルも見に行ってます(笑 ・・・ 意外と浮気性です)。
でも、32が残りました(爆~) ・・・ やっぱり、私はDOHCの方が良いようです(汗)。

近々出るらしい「RXなんちゃら」は ・・・ どうかなぁ(やや懐疑的)。

ロータリーネタはこれでキリにしたいと思います。
昭和のロータリーについて、もっとって思われる方、32乗り渾身の絵本があります。
パパと読む絵本No.4『孤高にオヤジィティー おむすび好きのバンケルさん』です(笑)。
黒猫マーシャルの絵本、渾身の「あとがき」で ・・・ よろしかったら(爆)。



Posted at 2017/02/21 06:52:58 | コメント(8) | トラックバック(0) | 縁のなかったクルマ | クルマ

プロフィール

「赤塚不二夫開館見学 http://cvw.jp/b/1590601/42191990/
何シテル?   11/17 06:31
P.N.「32乗り」です。よろしくお願いします。 家族用・仕事用にカングービボップも使い始めました。 2018(平成30)年6月15日、カングービボップから...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファン

1,004 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
1991年式スカイラインGT-R ガングレーメタリックの当時モノオプション満載車です。 ...
ルノー トゥインゴ ルノー トゥインゴ
カングービボップからの乗り替えです。 2018(平成30)年6月15日から 32相棒カ ...
ルノー カングー ルノー カングー
家族用のトヨタポルテからの代替えで、どうしてもMTにしたかった。 「おまえの運転はまだま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.