• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

P.N.「32乗り」のブログ一覧

2017年07月31日 イイね!

7/31はセブンススカイラインの日(笑)

7/31はセブンススカイラインの日(笑)7代目、31型ということです(爆ぅ~) ・・・

念願の新型直6エンジンのワイドバリエーションで、
CMも従来と違った展開で、1985(昭和60)年の夏に華々しく登場したのですが ・・・ ここら辺は、各年の7/31でふれているので(汗)、割愛(爆ぅ~)。

今回は、セブンススカイラインおったまげ装備を(画像)。
ありましたね~、カセット5連装(爆ぅ~)。
CDが普及し始めた頃でしたよね(遠い目) ・・・ CDが売れない時代だそうですね、今(しみじみと遠くを見る)。

カーオーディオは純正カセットで十分というタイプです(笑)。
32に備え付けのカーオーディオは立派過ぎです ・・・ 設定は納車時のまま、ボリュームをいじるぐらいです、この26年(爆)。
常連愛読者の方々はご存知だと思いますが ・・・
数年前、32のカセットがご臨終しました(苦笑) ・・・ ガッツで直しました(爆)。

あ、32の噺はどうでも良いですね ・・・ ♪ そんなことは もう どーでもいいのだ
サンイチのこのゴージャスなオーディオシステムはどうだったんですかね?
このシステムを装備しているであろう、極上のサンイチ4HT乗りを知っていますが ・・・ 
こわくて、よー聞きません(笑)。

セブンススカイライン ・・・
本来のライバルであろう(笑)、トヨタマークⅡの土俵に登って、
正々堂々勝負し、華々しく散ったモデルでした(シミジミ~)。

スカイラインのモデルチェンジの度に聞かれる言葉ですが ・・・
「こんなんスカイラインじゃない」 ・・・ これがVスカ以上に聞かれたモデルでしたね。

ちなみに ・・・
6/30=6代目サンマルスカイラインの日、7/31=7代目セブンススカイラインの日、
で、32の日は ・・・ 3/2よりもぴったりの日があるんです。
8代目32型スカイライン、8/32つまり9/1、
9/1は9/01、901運動の象徴的なクルマだった32、
だから、「32の日」は9/1です(私論です)。


Posted at 2017/07/31 06:18:19 | コメント(4) | トラックバック(0) | 旧車ネタ | クルマ
2017年07月30日 イイね!

今年はジャパン40周年でもある(シミジミ~)

今年はジャパン40周年でもある(シミジミ~)画像は、岡谷スカミュウに展示されていたマシンXレプリカ ・・・ 20世紀最後の2000(平成12)年の展示でした。

フロントグリルには、「S」マークではなく「GT TURBO」のエンブレムになっています(笑)。
グリル左側はペイント弾発射口でしたよね(爆~)。
この個体は、フロントバンパーにヘッドライトウォッシャーがないですね ・・・ 詳しいその手の方によると(笑)、
マシンXは撮影で酷使され、このヘッドライトウォッシャーが片方取れてしまっているらしいです(笑)。
その鉄人は、わざわざ片方を取って、乗られてました(脱帽モノです)。

だから、黒バンパーのヘッドライトウォッシャーなしってやれるようなんです(この画像の個体がそう)。
イラストのお客さんの、謎のジャパンターボもそうです ・・・
あ、ありがとうございました、イラストは渋~く完成しました(笑)。

やり過ぎ感の強いマシンRS軍団に比べると、マシンXぐらいがレプリカ派には良いでしょうね。
気合いの入ったマシンRS仕様の方は何人か親しくさせていただいてますが、なかなか苦労されているようです(笑)。

スカイライン「還暦」というより、ジャパン40周年の方が私にはピンときます ・・・ 流石に初代は書籍でしか、ね(汗&笑)。

思えば ・・・ 初めてのマイカー選びの際に、
カローラ愛豊のセールスさんが「丸目4灯のジャパンGT-EXが下取り車で入っているけど、71レビンと同じで良いよ」って言ってくれたけど(当時は、こういうセールスもできたようです)、
初めての新車マイカーの魅力に負けてしまいました(遠い目)。

ジャパン、一番思い出深いスカイラインですね。
サンルーフネタの最後に持ってきましたが、やはり良いです。
Vスカと同じで「戦わない」(涙ぁ~)スカイラインでしたが、それ故に、なぜか好きなんですね。
ついでに言うと、ケンメリも「戦わないスカイライン」でしたが、ケンメリにはまがりなりにも「ニセンGT-R」が存在してますね(爆ぅ~)。

「排ガス規制対応でGT-Rどころではなかった」って、32開発主管の伊藤さんが言ってました。
「戦わない」というよりも「戦えなかった」と言った方が正確なのかもしれません(涙ぁ~)。

そうそう、最近、少年隊のヒガシくんの『刑事7人』というドラマで、生スカV37ハイブリッドが良い味出してますね ・・・ ノーマル感が強いので、マシンXぐらい遊んで欲しいところですが、ドラマの性格的にはV37ハイブリッドのマシンX化は「ない」ですね(爆ぅ~)。
Posted at 2017/07/30 06:24:33 | コメント(6) | トラックバック(0) | 旧車ネタ | クルマ
2017年07月29日 イイね!

一線を越えなかったジャパンES(爆)

一線を越えなかったジャパンES(爆)このクソ暑いのに、腹の立つことばかりですね(笑)。
もう、こう言って欲しいです ・・・ 「それが何か」って(爆)。

ジャパンのGT-ESは、GT-Rの流れを汲む、伝統の赤いGTバッジが付いています。
この頃は、この手のクルマには、走りに関する装備が優先され、快適装備は「まー、いらねーだろ~」という感じでした(遠い目)。

画像は、上が金バッジのGT-EX、
シートがローレル上級者っぽいラグジュアリーシートです。
下が、赤バッジのGT-ES、
このシートは、ヘッドレストを抜いて、一番前にしてリクライニングすると、フルフラットになる優れものでした(当時、すげーなって思いました)。

画像ではわかりませんが、GT-EXはパワステ・パワーウィンドゥで、豪華なオーディオ装備でした。
GT-ESはその装備は省き、後輪のサスにスタビライザーを付け、ディスクブレーキもおごりました。
走り屋がこだわるフットレストもGT-ESはありますが、GT-EXはありません。
あ、フロントバンパーにはヘッドランプウォッシャーでしたね(これはGT-ES以外の限定車に付けた記憶が ・・・ 笑)。

ただ、パワーサンルーフはGT-ESに装備でしたね ・・・ 
窓は手巻きでも、サンルーフは電動だった(爆~)。

4枚ドアや2HT(後ろの窓も開く)は、パワーウィンドゥはありがたいんですけどね(笑)。
最後までパワーウィンドゥは、限定車でも装備しなかったんじゃないかな ・・・
この点で、GT-ESは当時のスポーツグレードの操を守っていました(一線を越えてません)。

サンマル後期の、ポールニューマンバージョンで窓もパワー化になったのかな ・・・
トヨタはこの頃には、GT(トヨタのGTね)には、パワステ・パワーウィンドゥになりつつありました。
流石、トヨタというところでしょうか(爆ぅ~)。

北の将軍様は一線を越えてますよね ・・・ カッツェ様(あ、辞めたんですね、もうカンケーねぇか)。
・・・ なんか腹立ちますね、最近、特に。

濡れ髪の女の人をシティホテルに連れ込んだら ・・・ もうやるしかないですよね。
そう、二人で仲良くお勉強をね(ばばばば、爆ぅ~) ・・・ ラテン系なら「それが何か」でしょうね。

そう言えば、ルノー・日産連合が売り上げ1位なんですね、こっちの方が驚きでした。

Posted at 2017/07/29 06:23:36 | コメント(5) | トラックバック(0) | 旧車ネタ | クルマ
2017年07月28日 イイね!

ジャパンを見に行こうかな(笑) ・・・

ジャパンを見に行こうかな(笑) ・・・岡谷スカミュウに(爆~)。

画像は、展示されているジャパンターボGT-ESです。
ここのところ、ジャパンはこの個体ですね ・・・
昔はマシンXレプリカなんかも展示されていたこともありましたが(しみじみと遠くを見る)。

岡谷スカミュウは日産の博物館ではありません。
いくつかの愛好クラブの方々と岡谷市のご尽力で続いている博物館です(頭下がります)。
夏休みの期間はお休みなしで運営されています(平常は火曜休館で、冬季は休館)。

今年は「夏祭り」がないようですが(汗)、
以前も夏祭りが見送られた年があり、
「なんだやらねーのかよ」と要望が多数寄せられたのか、
9/1がたまたま日曜だったのかな? 901運動にちなんだイベントが開催されたことがありました。

今年は ・・・ 夏はないんですよね? くどい(笑)!

まぁ、行っちゃいますけどね、一応、スカG乗りのハシクレだし、ファンだし(笑)。
ジャパンの頃は「アンチ」だったけど(ばばば爆ぅ~) ・・・
あの、「名ばかり ・・・」の、2代目角目4灯セリカクーペ1600GTに乗ってましたので ・・・ もろ「アンチ」ですね(シミジミ~)。

「TURBO」よりも「DOHC」派でした(しみじみと遠くを見る)。
まぁ、それも「TWINCAM TURBO」の登場で意味のない論争になってしまうんですが(笑)。

あ、で(汗、だだ汗)、ジャパンでしたね(たら~汗)。
お約束の春の限定車は、「サラブレッド」には、あのSLVバッジがありませんでした!
と言うより、ジャパンターボの登場からは、「GT TURBO」のバッジがよく使われた記憶です。

画像のターボGT-ESは ・・・ 何かの限定車なのかなぁ?
フロントグリルには赤の「S」マークではなく、「GT TURBO」エンブレムです。
でも、ホイールは前期からある純正オプションのアルミのようだし ・・・
たいてい、角目ジャパンの限定車はカンパニョーロかミケロッティだったしね(笑)。

8月の晴れる日曜日にでも ・・・ 32ででかけようと思います、最近、乗ってないし(笑)。
あ、エンジンはちょこちょこかけてますよ(笑笑)。


Posted at 2017/07/28 06:37:25 | コメント(4) | トラックバック(0) | 旧車ネタ | クルマ
2017年07月27日 イイね!

81年春は、サラブレッド(遠い目)

81年春は、サラブレッド(遠い目)もちろん、ターボモデルです。
内容を見ると ・・・ 
ほぼ赤バッジ、GT-ESに準じた特別仕様がなされていて、
シートが異なるだけという充実した内容でした。
さすがに、フルフラットになるGT-ESのシートは付いてません(笑ぁ~) ・・・ だから、青バッジです(はい、画像)。
横桟のフロントグリルの「S」マークが青です ・・・ 
GT-ESは赤なんですよ(ここらのコダワリが好きですね~)。
あ、あれだけご執心だった、パワーサンルーフもありません(オプションで選べたのかな?)。

ちなみに、画像のストライプ・ステッカー・ミケロッティのマグホイールは注文装備とのこと。

しか~し! この限定車・サラブレッドには、
スカイライン限定車の証、逆三角形のSLV(Skyline・Limited・Version)バッジがフロントグリルにありません(謎ぉ~)。
純正の「S」マークです(な、謎ぉ~)。

そして、ターボモデルにこの後付けられる、「GT TURBO」のフロントエンブレムでもありません。
サラブレッドは、外観GT-ES(中身も ・・・ ハーダーサス&フットレスト)ながら青バッジ。

あ、イラスト発注のは ・・・ 「GT TURBO」のエンブレムに赤のGTバッジが付いてます(謎ぉ~)。

で、コメントで教えていただいた、「ターボリミテッド」のベースは ・・・ GT-EL(青バッジ)です。

ますます、謎めくイラスト発注のジャパンターボ(笑) ・・・ なんだろう? コレ(笑)。
まぁ、日産特有の、と言うか、スカイラインに横行するモデファイでしょうか?

なんせ、当時はL20ETのカバー(1万円だった記憶)すら売られてましたから ・・・ ね。
エンブレムの変更なんて自由自在(お、久方ぶりの表現 ・・・ 笑)でしたよね。
青バッジを赤バッジに替えるのは、当時のお約束でしたよね ・・・
赤・金・青でエンブレムを作り替えるなんて、流石スカイラインでしたね(遠い目)。

で、ジャパンはこの時(モデル末期)ですら、販売ベスト10内に入っていました。
折しも、あの『西部警察』で「マシンX」なる、特捜&特装パトカーが登場し、角目人気が盛り上がる頃でした(しみじみと遠くを見る)。
アレ、GT-ESだとずーっと思っていたんですが ・・・ 
GT-E改のようですね、また、GT-EX(金バッジ)のリヤバッジが付いている車両もあったそうですよ(あまり詳しくないです ・・・ この頃は、「金田一さん」にはまってたので)。


Posted at 2017/07/27 06:06:53 | コメント(4) | トラックバック(0) | 旧車ネタ | クルマ

プロフィール

「32のためのGW ・・・ やはり、開聞岳 http://cvw.jp/b/1590601/42412969/
何シテル?   01/15 13:55
P.N.「32乗り」です。よろしくお願いします。 家族用・仕事用にカングービボップも使い始めました。 2018(平成30)年6月15日、カングービボップから...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
1991年式スカイラインGT-R ガングレーメタリックの当時モノオプション満載車です。 ...
ルノー トゥインゴ ルノー トゥインゴ
カングービボップからの乗り替えです。 2018(平成30)年6月15日から 32相棒カ ...
ルノー カングー ルノー カングー
家族用のトヨタポルテからの代替えで、どうしてもMTにしたかった。 「おまえの運転はまだま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.