• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

vigor2000のブログ一覧

2016年03月27日 イイね!

大型二輪教習日記 ~第7回 卒業検定~

大型二輪教習日記 ~第7回 卒業検定~2016年の1月末に思い立ってから,早2ヶ月が経とうとしています。
大型二輪免許を取得すべく,教習所に通う模様をお送りしていますが,
いよいよ終盤となりました。

まず,12時間目の「2段階・みきわめ」です。

1週間ぶりの教習でしたので,嫌な予感はしていたのですが,やはりミスの連発でした。
エストレヤもこの1週間,ほぼ乗っていなかったので,この出来は仕方ないかと反省。
苦手の波状路(道路に置いたハシゴ状の障害を乗り越えていく)で1度エンストしましたが,何とか時間内に安定感を取り戻し,最後のコース周回では特に問題なくクリアできました。

問題はないんですが,決してベストではないんですね。
そこを見透かされたように,教官からは「今以上に無理はしないように」とご助言頂きました。

一応,みきわめはクリアできましたが,この後予定があるため,実はエストレヤではなくクルマで現地入りしていたほど。練習不足は否めません。

でも,振り返ると,いよいよここまで来たんだなと思います。
3月になると,スーパーフォアの教習車もずいぶんコースを走るようになり,学生さん達を中心としての教習人気が一層高まってきたのが伝わってきます。確かに,ここ最近は教習予約を取るのが難しくなってきたところ。これ以上,引き延ばすわけにはいきません。

さて,翌日。
前日予約した,卒業検定当日を迎えました。

この日は良い天気。でもちょっと寒いくらいで,エストレヤもハンドルカバー付きで乗ってきました。

このハーレーも見納めです。ええ,検定が受かればの話です。

よく考えると,午前中にここに来ること自体,初めてでした。
検定までは,珍しく緊張しませんでした。とりあえず1回目は,思った通りにやってみようと思っていたのが良かったかも知れません。
たとえば,1本橋は大型二輪だと10秒以上かけてゆっくりいかなければなりませんが,秒数が少ないと減点となります。しかし間違って落ちてしまうと検定中止,つまり終了です。ですから,多少減点してでも,自分の安全な範囲で攻略しようと考えたわけです。
これは,7秒以内のスラローム走行や,5秒以上の波状路でも同様です。ベストを目指すわけでなく,8割でいいかなといった走りで収めてきました。
時速40kmからの急制動は本当に楽にできるようになりました。一旦時速45kmくらいまで加速し,制動ポイント手前でアクセルを戻し,惰性でポイントに進入,超えたあたりからようやくブレーキ開始。これでも充分11m以内で安心して止まれます。バイクの性能に感謝です。

さて,検定終了。試験官よりご助言を頂きました。
まず,1本橋は規定より速かったみたいです。つまり減点。それから停車時の道路の左右へのラインの寄せが,寄せすぎだったみたいです。これもおそらく減点。最後に,直線で「大型二輪らしいキビキビした加速がなかった」と指摘されましたが,まあ急制動以外の場面であまり速度を出しても減点されそうでしたし・・・って言い訳しても仕方ないですね。
最後にタイムを参考までにお訊きしたところ,1本橋は9.6秒あたり,スラロームは7秒を一応切った,波状路は5秒以上かけて走ることができたとお話頂きました。

というわけで,なんと合格です。
無難にまとめたのが良かったようですが,いやこれは嬉しい。

卒業証書などの書類も頂き,本日で教習所通いは終了となりました。
検定終了後,呼ばれるまで卒検でご一緒した方といろいろお話させて頂きましたが,その方も見事合格されており,非常に喜んでいたのが印象的でした。だいぶご苦労されたと謙遜していましたが,私もいろいろと失敗の連続でしたね(笑)
だからこそ,喜びもひとしおなのだと思います。

あとは,免許センターへ申請をしに行くだけです
といっても,それまでは大型二輪免許は取得したわけではないので,そこは気を付けなければいけません。

今回の,大型二輪免許取得に向けた教習所通いは,12万円ちょっと使いましたが,とえも有意義でした。途中での学びの積み重ねが,日頃のバイクの乗り方を大きく見直すことに直結しました。400ccまでで充分だ,と最初からあきらめていれば,おそらく腕前や心構えもその程度で終わっていたかもしれません。その意味では,お金以上のものを得ることができたように思います。


クルマももちろん捨てがたいですが,それとはひと味違ったバイクの魅力。
これからがバイクの季節ですね。大型バイクデビューは正直見通しはありませんが,
こんなにバイクでわくわくしながら過ごしたのは良い思い出です。
ここまでご覧頂き,ありがとうございました。
Posted at 2016/03/28 01:06:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | バイク関係 | 日記
2016年03月20日 イイね!

大型二輪教習日記 ~第6回 VFRに乗ってみた~

大型二輪教習日記 ~第6回 VFRに乗ってみた~残りわずかとなった,大型二輪教習。

毎回の授業では,
①車体に慣れる走行(ウォーミングアップ)
②若干の課題のみ反復練習
③規定コースの周回練習
の3つを,やらせてもらっています。

コースは,なんとか覚えました。複数のコース取りを覚え,
検定当日はどれになるかわからない,というもの。これは自動二輪でも経験済み。
もっとも,私が自動二輪を教習したのは別の学校ですので,とても新鮮です。

最近は,だいぶ車体にも慣れてきました。
そこで,今回は,なんと乗ったのはこちらの車体。

教習車としては先々代にあたるでしょうか,VFR750Kです。
主に教官が乗っている印象が強いのですが,これが・・・・

乗ってビックリ。
いつものNCより,パワーが圧倒的に違います。
アイドリングの段階で,回転数がある程度高く,クラッチつないだ状態で結構速度が乗ります。トルクというか,回る気満々のエンジン。ちょっとスロットルを触るだけで,グッと速度が出てきます。
NCは,もうちょっとパワーの出方がのんびりしているので,恐ろしく扱いやすかったのだと,今頃になって思い知りました。
ブレーキも,さすがダブルディスク,初期の効き方が違います。車体を傾けるのも簡単だし,これは速い。ハンドルがアップ仕様になっていますがどうも車体に合わない感じ。高めのステップ位置で膝を大きく曲げるので,おそらく低いハンドル位置が正解なのでしょう。

次の時間。
今度は,課題として,バイクの乗車バランスを集中的に行いました。
壁に向かって前輪を壁に付け,エンジンは切った状態で乗車,そのまま足を付かないでひたすらバランスを取ります。取ります。と・・・・・取れません・・・。
これは難しいです。これだけで数秒耐えられるって,何か秘訣でもあるんでしょうか。
てっきり,車輪が回っていることでジャイロ効果で何とかなると思っていただけに,それだけではダメだということらしいです。

ですが,この後の周回では,なかなか高評価を頂きました。
スラロームは依然課題でゆっくり走行に毛が生えた程度ですが,1本橋は10.5秒,波状路は6.8秒と,初めて自分のタイムを教えてもらえました。
ちなみに,1本橋は,何かで見たコツの通り,結構な勢いで橋にのってブレーキ,ほぼ静止させてからさあ行くぞみたいな流れ。さすがに「最初速すぎ」と指摘されました。
波状路は,エンストを回避するために,無理にブレーキを使うのは正直諦め,前進する力がなくなりそうなタイミングでクラッチでパワーを回復させる感じに切り替えています。時速40km制動は車体に余裕があるのでどうやってもオーバーする気がしませんので,いきなりクラッチを握らないようにすることとシフトダウンをしたくなるのを我慢する程度で行けています。

自分のバイクでも,密かに練習をしたりしているので,その成果も少しずつ出ているようです。クラッチの使い方は,なかなか難しいですが奥が深いです。


本当は,こういった125に乗るほうがクラッチワークが上達するような気がしますが。


というわけで,いよいよ教習は「2段階みきわめ」を残すのみとなりました。
そしてそれをクリアし,最後の検定に合格できるかどうかがすべてです。
ゴールは見えてきましたが,いよいよ険しくなってきた終盤。

次回は来週土日となります。朗報をお伝えできるように頑張ります。
Posted at 2016/03/20 23:10:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年03月15日 イイね!

大型二輪教習日記 ~第5回 ~

大型二輪教習日記 ~第5回 ~最近は,いろいろあってバイクに乗れていないvigor2000です。

それは,

この時期は,やはり忙しい。
何とか卒業式を迎えました。
と同時に,年度末ですので,様々な業務が目白押し。
そのため,この1週間はクルマづくしの毎日でした。

ところで,卒業式の打ち上げとばかり,久々に飲みに出ましたが,
本当に久々です。
この次の日に教習があるので,お酒はほどほどに。

と,駅の構内でなんだか見たことのあるようなイラストが。
「鉄道むすめ」というんだとか。いろいろ考えますね・・・。


ところで,今回の教習は,本当にダメな出来でした。
既に前回,コース1を走り,今回はコース2を走りましたが,
問題はそこではなく,これまであまり問題でなかった1本橋で落ちるわ,波状路でエンストしまくるわ,おまけにS字の入口で転倒というテイタラク。いやバイクにはかなり慣れたつもりではいたのですが,細かい操作がますます雑になっている始末。

この後,休日ですが残務のため職場に戻りました。普段乗るエストレヤも,この日久しぶりで,クラッチワイヤーの注油やチェーン清掃で生き生きと走る一方,肝心の運転者は気が滅入ってテンションが上がりません。結局仕事も満足に終わらずに帰宅となりました。

そんな翌日,見慣れぬバイクがありました。

出た・・・。
また「新しいのが」やってきたようです。メグロのS3らしいですが,さすがに年期入ってます。エンジンはもちろん不動。これから本気で直すようですね。
メグロのデザインをモチーフにしたエストレヤも並べてみましたが,いかがでしょう。

それと,もう一台引っ張り出しました。

BMWのR1100RS。
こいつに乗れるようになれるかどうかの瀬戸際なんですよね,実際。
この車体も,20年前の車体ですが,まだこんなにピカピカです。
誰かが乗ってやらないと可哀想だなと,改めて思いました。

大型バイクの憧れとして,ハーレーの名前が挙がることが多い今の風潮ですが,
私はもちろん国産バイクが一押しですし,個人の意見や好みも大きいところだと思いますが。
このBMWというやつも,大型二輪の憧れにふさわしいバイクなんじゃないかと。
デザインは決して私の好みと一致しない部分も多いですが,少なくとも構造が独創のカタマリなんですよね。サスペンション形式一つとっても,他メーカーと違いすぎます。
でも,とりあえず,乗ってみないとわからない。

エストレヤも,自動二輪免許を数年前に取得して初めて乗ったときは,その重量と安定感とトルクに感動し,雨の中,ヘルメットの中で叫んでました。(バイクの中で軽量で非力とされる車体にもかかわらず,です。)

今度の免許への挑戦も,そんな新しい感動を手にしたいがためなのかな,と思うと,不安というよりは,もっと楽しいものなんじゃないかと思い直しました。

回数でいえば,あと3回で12時間を迎えます。
2月初旬からスタートし,ここまで来ましたが,
果たしてこれで無事,検定合格までいけるのか?
次回はまた週末です。
Posted at 2016/03/15 01:33:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年03月05日 イイね!

大型二輪教習日記 ~第4回 バイクシミュレータ体験~

大型二輪教習日記 ~第4回 バイクシミュレータ体験~まだまだ続きます,大型二輪教習。

といっても,土日ぐらいしか通えないので,もう1か月経っていますが,12時間の予定をようやく半分越えたところ。

さて,今回は,2段階に進んだので,コースを覚えひたすら走ることが最初の課題です。

卒業検定では2コースのうちどちらが出てもおかしくないので,まずはコース1をしっかり覚えておかないと,コース2を覚える時間がありません。

コースの順とか詳細は省きますが,スラロームや1本橋,波状路,急制動は後半に集中しています。そこまでに落ち着いて課題をクリアできるといいんですが。

だいぶ慣れてきたNC750L。エストレヤとは全く違う乗りやすさ。400ccくらいしかないんじゃないかという車体の軽さは,燃料タンクがシート下という構造もあって,実車重を感じさせないものです。
車体を押して歩く時も,想像以上に軽快。エストレヤとほとんど変わらないように思えてきました。

タイヤを見るとわかるんですが,これだけ太いタイヤにもかかわらず,接地面はとても細いんですね。もちろん荷重がかかると面が増えて安定した走りになるのでしょう。急制動でもそう簡単にリヤが滑りません。

さて課題ですが,苦手の波状路ではまだエンストさせてしまいます。どうもスロットルを煽るタイミングとクラッチをつなぐタイミングが合わないようです。要するに下手。
タンクの上にまたがるように,とのご指導を受けて,姿勢はだいぶ改善したと思います。

1本橋は,無理な態勢になりそうだったらタイムを気にせず前進し,安定したら静止を目指す,という方針に変えました。基本,リヤブレーキは加減こそ付けますが踏みっぱなしに近いです。個人的には,クラッチを切って惰性で乗っているときのほうが安定しやすいです。ちゃんと10秒以上で行けているか自信がありませんが。

スラロームは,パイロンタッチこそしませんが,どうもスロットルを入れるタイミングが難しい。速度がぐんと上がってしまうので,下手に加速できません。おかげでだらだらと走る傾向が強いです。車体の重さを少し感じる瞬間です。

次の時間は,シミュレータです。
ホンダが作ったそうですが,バイクシミュレータです。

一見,ゲーセンにありそうな感じに見えます。
ちゃんとバイクの必要な操作系はぜんぶ付いており,画面にも反映されます。
加速すると車体の前がわずかに持ち上がり,減速時は沈むという凝りよう。
でも,車体を傾けるのはとても違和感があり,直進時も自分がやや傾いた状態で走ってました(笑) 実際にタイヤが回っているわけではないので,自立できないんですねこの機械。

ところで,画面の中の町は,なかなかシュールというかすごいものがあります。

走行するのは,乗用車はすべてホンダ(笑)その再現率は無駄なほどに高く,
CLアコードが路肩駐車で突然ドアを開けてくる!
2代目フィットが交差点で飛び出してくる!
無理な追い越しをかけてくるのは大きなリヤウイングのシビックタイプR!!
X4みたいなバイクがトラックの陰から猛スピードで出現!!
よく考えると,ミニバンと軽自動車は一台もいませんでした。

大画面ではありましたが,交差点を曲がるとき,本当は左右の後方を首を回して確認したくなりますが,それができません。もっとも,できない前提で作ってあるらしく,画面外から歩行者や自転車が飛び出してくることはありませんでした。

結構安全運転で走ったのですが,1か所だけ事故りました。
その状況を,うろ覚えですが書くと,
後ろから猛然と迫る大型トラック!しかもライトをフラッシュ,クラクションまで鳴らされまくり!!!
そこで左側にレストランらしき建物!駐車場から1台の車が今にも出そうだ!
後ろのトラックは無視して減速,ゆっくりと進めると・・・・
出そうな車の陰から,別の車が飛び出して突っ込んできた!!!
ガシャーーーーン・・・・・・

おい。

そりゃないでしょ

どれだけ徐行すればいいんだ。というか止まればいいのか?こっち優先で?

・・・という謎の状況でした。どなたかわかる方に教えてほしいくらいです。
ちなみに教官いわく「誰でもぶつかります」
いやいやいや。

で,終わると,グローブの中は汗びっしょり,肩は変な力が入って痛いくらい。
実際のバイクに乗ったほうがまだ楽だったかもしれません。

というわけで,今回はこんなところでした。
帰りのエストレヤの運転が,いつも以上に慎重になったのは言うまでもありません。
Posted at 2016/03/06 09:56:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | バイク関係 | 日記
2016年03月02日 イイね!

大型二輪教習日記 ~第3回 そして第2段階へ~

大型二輪教習日記 ~第3回 そして第2段階へ~まだまだ続きます,大型二輪免許取得を目指す教習生活。
今回5時間目は,1段階みきわめとなります。

ところで,午前は若干の時間を使い,仙台は夢メッセまでエストレヤで行ってきました。

はい,東北モーターショーです。

その様子は,ほかのみんカラメンバーさんも詳細をアップされていることと思いますが,後日私もアップしたいと思います。
とりあえず,バイクに関連した内容といえば,

ホンダブースだけ,2輪の展示を行っていました。最新型となります,アフリカツイン。

そして,NC750。
これも新型ではあるのですが,この後教習所に行ってこれの兄弟車にまたがるのだと思うと,なんとも不思議な気持ちです。

原付も展示されていましたが,家族連れの子供記念写真用と化していました。
クルマと人ばかりで,お子さんにはちょっとつらい空間だった中に,これはちょうどよかったかもしれません。ぜひこれを機会に2輪にも興味を持ってほしいですね。
で,ホンダのブースを見て思いましたが,バイクそのものは既成車両でもなかなか目に触れることがないと思うので,ぜひゴールドウィングとかも置いてまたがれるようにしてほしかったです。スズキさんは,はいもうハヤブサとかぜひ(笑)

さて,そこからエストで教習所に向かい,教習開始です。
今回は,前回の轍を踏まぬよう,筋肉痛はばっちり回復してあります。
また,午前にエストレヤに乗っていたため,車両感覚も大丈夫。

教習で乗ったNC750Lですが,今日は本当に乗りやすく,そして加速がいい。曲がるし,倒せるし,もう乗っていて欲しくなってきました(笑)
ただし相変わらず波状路は上達せず,腰が引けているとのこと。
また,行けそうなので無理をし,1本橋も2~3回落ちました。
それでも基本は無事とのことで,一応みきわめはクリア。
続いて,連続で教習したのは2段階の1回目。
ここから,交通法規に従って,コースを決められた順に走ります。
もちろん1本橋10秒以上やスラローム7秒以内,時速40km制動などの課題も盛り込まれています。このコースを覚えるのも手一杯で,慣れるのに少し時間がかかるように感じました。

帰りは再びエストレヤにまたがります。
そこで気づいたのは,エストのクラッチレバーが重いことと,クラッチのつながるレバー位置がよくないこと。
確かに,まだこのあたりを整備したことが一度もありませんでした。これは次回の課題です。

それにしても,この教習に通うようになってから,エストレヤの乗り方が本当に劇的に変わりました。加速させ,倒し,ブレーキも利かせる,メリハリのある感じになっています。
そこではじめてパワーがあまりないバイクなのだと実感し,それはそれでいいバイクだとも感じるようになりました。

それと,やはりというか,物欲も出てきました。
暇さえあれば,ヤフオクで大排気量のバイクを見ている自分。

これは,危険です・・・・。エストレヤ,危うし・・・・(笑)
Posted at 2016/03/03 01:19:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | バイク関係 | 日記

プロフィール

「というわけでタイヤ交換、マフラー交換、リヤショック交換を済ませて試運転。マフラーの抜けが雲泥の差。というか音結構出てるぞこれ。」
何シテル?   10/28 23:00
vigor2000です。このたび,みんカラにてまとめていこうと思いました。よろしくお願いします。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/3 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

ブレーキペダルの異音修理 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/06 22:03:38
ルーフに断熱材挿入 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/06 21:57:13
間欠ワイパーの時間調整加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/06 21:49:25

お友達

あまりまめな性分でなくて申し訳ありません。こんな私で良ければ喜んで。
42 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 Z.O.E.Z.O.E. *
HinaSaraHinaSara rbenginerbengine
REIZ TRADINGREIZ TRADINGみんカラ公認 みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム

ファン

46 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インスパイア 8期生「アロンダイト」 (ホンダ インスパイア)
ホンダ CC2インスパイアエクスクルーシブに乗っています。これが8台目,通称「8期生」と ...
ダイハツ ミラジーノ 軽3期生「ネル・ラ・ジーノ」 (ダイハツ ミラジーノ)
我が家で部品取りとして置いていた15万kmのミラジーノを,直して乗ることにしました。最終 ...
カワサキ エストレヤ 「エスト」 (カワサキ エストレヤ)
エストレヤの初期型になります。自動二輪免許を取得し,初めての脱原付がこれです。最初から乗 ...
ホンダ スーパーカブ50 「Azur (アズール)」 (ホンダ スーパーカブ50)
スーパーカブ50の,ちょっとしたモデルです。 ボディカラーはPB275,「セラーナブルー ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.