• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

I・DA・TENのブログ一覧

2013年06月30日 イイね!

SAGAEへ行ったゾ ( ̄▽ ̄)

SAGAEへ行ったゾ ( ̄▽ ̄)こんばんは。

仙台は終日はっきりしないお天気でしたが、I・DA・TENは山形へ出撃してきました。
本日は『ノスタルジックカーミーティング2013in寒河江』があるからです。

例によって下道で国道を西へ。



のんびりオートマ走行。

途中で燃費表示にびっくり。ディーゼル並み??



着きました。寒河江市は人口43000人程のまち。
そして本日は天気も良く、そして暑い(´Д` )



今までは、街外れの寒河江SAスマートインターに隣接した公園でやっていましたが、今年は寒河江の駅前。
『何でかな??』と思っていたら、アナウンスで街中でやることと、この時期にやる理由がわかりました。

街中でやることは地元商店街と連携した活性化の一環、この時期なのは寒河江市の主力産品のさくらんぼのシーズンにぶつけたもの。
お隣の東根市とさくらんぼの生産で宿命のライバル関係にあるようですから。

駐車場が会場からかなり離れていることから、アクセス面が心配でしたが、このあたりは行政やら商店街やらが随分連携してサポートしていて、スムーズでした。

開催時刻よりかなり早く到着しちゃいましたが、既に車は並んでいて自由に見ることができました。

全部で117台が集結。こういうイベントの少ない東北では貴重です。

それではお気に入りの車を(^O^)

日産



プリンススカイライン

伝説の始まり(2代目)



最近三角窓復活傾向ですが、さすがに開閉できる車は無いようですね。



ハコスカ(3代目)



ケンメリGT-改??(4代目)

多分、GT-R仕様でしょう。
でも綺麗です。本物はわずか197台(諸説あり)



R30 RSターボ前期型(6代目)
さりげなくいじってますね。
I・DA・TENの初代愛車はこれの『なんちゃって仕様』でした。



テールランプカバーだけ後期型



R30 RSターボ後期型(6代目)
所謂『鉄仮面』あこがれでした。これはインタークーラーのない190ps仕様ですね。



たまんないっす。



R32 (8代目)
GT-R顔の4ドアでした。GTS-t TYPE M にGT-Rの顔を移植したTYPE R というのが地域限定でありましたが、これはそれなのか、それとも自分でやったのか・・・。



S30Z
何台かあった中の1台。
輸出用と思われるバンパーやウインカー??でも右ハンドル・・・。
英国圏向けかな??



美しすぎるL型エンジン

教材になりそうなシンプルな構造ですね。
プラグやエレメントの交換が簡単そう。(そういえば自分で出来た)

ノーマルだともっさりしてますが、チューンナップパーツが今でも豊富で、ものすごい馬力が出せるエンジンですよね。



ブルーバード510SSS
スーパーソニックラインが美しいです。



ホンダ

S800今回はビートはありませんでしたが、これが目を引きました。



エンジンの手入れが行き届いてますね。
ケーヒン精機製4連キャブ。





初代シビックRS
こちらは『ロードセーリング』今でもFITにこのグレードありますよね。
販売期間が短かったのでこの車自体かなり貴重です。



トヨタ

AE86&TE27のレビトレ
昔は峠に行けば必ず見かけた車です。
そしてスクラップ置き場にも・・・。
何人かの友人が所有していたので懐かしい。
ね。千葉のAさん。横浜のTさん。91だけど愛知のKさん。



特にTE27の2T-Gのエンジンに釘付けでした。



結晶塗装がスゴイ。そしてエンジンマウントにもダンパー!!



ヨタハチ



現在のトヨタ86は水平対向エンジンですが、こいつも水平対向2気筒です。
でも超シンプルなOHVエンジンでレースの最中にエンジン交換したことあるそうです。
そしてこのタルガトップはポルシェよりも採用が早いんですぞ。( ̄ー ̄)

現在はトヨタのトラック部門の日野

コンテッサ

リアは何気に結構いじってました。
ポルシェと同じくRRです。



トラックつながりでイスズ

ベレット
尻下がりデザインは日本であんまり成功しませんが、これはI・DA・TENも好きです。
漢を感じる車です。



なんて感じで記憶で書いてます。
間違っていたらごめんなさい。
とりあえず、興奮状態のI・DA・TENでした。(^O^)

キリがないので今日はこの辺にしときます。

そういえば今年も半分終わっちゃいましたね。
それでは。


















Posted at 2013/06/30 23:09:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | | クルマ
2013年06月29日 イイね!

こんなもんか・・・。 (^_^;)

こんなもんか・・・。 (^_^;)こんばんは。

本日は珍しくお休み。
午前中は朝風呂などしてのんびり過ごしました。






なんとか天気がもっているので、昼食に出かけました。
行き先は七ヶ浜町の『とうふ屋ラーメン』

釜揚げ豆腐をはじめ、「ご自由にお召し上がりください」の豆腐がいろいろあります。





そしてワンタンメンにひき肉ご飯を食しました。なかなかGOODです。(^O^)



帰宅すると、近所に人だかりが。
聞いてみると近くを走る東北本線でSLが走るというのです。
普段、鉄道は通勤のみで撮影の対象ではありませんが、撮ってみることに。

タイミング悪く、上りの貨物列車がすれ違い、『ヤバイ』と思ったら、間一髪撮れました。



連写しましたが、相変わらずピンと合わんし、遅い・・・。(-。-;
まともに撮れたのは数枚でした。
マニュアルで置きピンした方が良かったです。
でもこんなもんかという感じです。
そういえば、以前も似た様な写真撮った記憶が・・・。




それにしてもSLは迫力ありました。(^O^)

さて、午後は床屋に出かけついでに今持っているカメラの価値を知りたくて、買取屋さんへ。



しまいこんでいたOM-4とレンズ4本やフラッシュ、そして今使っているE-30とレンズ3本とフラッシュ、そしてマウントアダプターと仕事で使っていたビュアーまで持って行ってみました。
結果は・・・。
聞かないでください。
4万円しませんでした・・・。
来週、ほかの店に持っていってみます。
こんなもんでしょうか。
オークションは面倒なので。

それでは。





Posted at 2013/06/29 19:57:38 | コメント(4) | トラックバック(0) | 趣味 | 趣味
2013年06月28日 イイね!

うあ イラナイ (-。-;

うあ イラナイ (-。-;こんばんは。

仙台の梅雨は寒いんです。
最高気温20度前後で霧雨のような雨が続いています。

蒸し暑くて雨がザアーザアー降る西日本の梅雨とは違います。
以前と比べれば帰宅時間は少し早くなりましたが、I・DA・TENは完全お疲れモード。
缶ビール1本で回ってしまいます・・・。(@。@)



さて本日はこちら。

えっ! ミニアテンザ? 次期マツダ「アクセラ(Mazda3)」欧米デビュー! 日本にはハイブリッド投入!!

マツダのCセグメントの新型がいよいよ市場に投入されます。
でもこの車、タイトルにもあるようにアテンザと区別がつきません。

こちら新型アクセラ



こちらアテンザ



リアもこちら新型アクセラ



こちらアテンザ



メーカーとしてのデザインの方向性は持つべきにせよ、個々のオリジナリティをここまで消す必要があるのかなという疑問があります。
個人的にはちょっとやりすぎの印象があります。

パッと見た感じ、ただのアテンザのショートホイールベース版にしか見えない現実は、購買意欲をそそるか、そぐか果たしてどちらでしょうか??

全車スカイアクティブとかマツダで初のハイブリットが搭載されるとか話題も多い車ですし、頑張って欲しいと思いますが、車のデザインに関しては一言言いたいI・DA・TENでした。
あくまで個人的な印象です。
例えばレガシィとインプレッサ、3シリーズと1シリーズ、CクラスとAクラスが全く同じデザインだったらと考えてみてください。

そして、もう一つ

パガーニ「ウアイラ」 クルマ好きの夢を実現。イタリアから真のスーパーカーが上陸



あのパガーニから新型の発表です。
従来型のずんだ 失礼ゾンダもかなり過激な車でした。個人的には『まんまグループCカーが何で公道走れんの??』といった車でした。



そして新型の『ウアイラ』はさらに過激になりました。



しかし・・・。
個人的にはやりすぎではないかと・・・。



車好きが果たしてこんなゴテゴテなもの(特にインテリア)を望むんだろうかという印象を持ちます。
この車は、いろいろなオーダーコーディネートができるそうで、センスもオーナーで変わるようですが、1億5000万円というお値段。もし、買える経済力があっても、この車を見て『うあ イラナイ(-。-;』と思ってしまいました。

そんなお金があったらI・DA・TENは例えばこちらの方が良いですね。











まあデザインの世界なんて完全に好みですから (^_^;)

それでは。

Posted at 2013/06/29 05:34:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ
2013年06月26日 イイね!

今年も来ました。 (^O^)

今年も来ました。 (^O^)こんばんは。

突然口内炎ができて困っているI・DA・TENです。
それもなんと2箇所。
こんなもん飲んだら・・・。



ひえ~。(>_<)

さて本日 帰宅してみると『インフォ ブライトリング』が届いていました。

裏表紙はこれ。



サロンではめました。(^_^;)



脱線しましたが・・・。

年に1度送られてきます。
今回はやはりBJTの特集でした。



各地でのフライトのことが載っていました。



そしてあのいわきでの1件。



笑顔で私たちの前で話してくれた後、空港に戻り、天候回復を待っていた時のやり取りが書かれておりました。



本当にあの霧は突然でした。
かえすがえすも残念。

ほかにもこんなものが



右から
『フレッチェ・トリコローリ』
『パトルーユ・ド・フランス』
『ブルーインパルス』
のそれぞれ1000本、600本、400本の限定モデルの紹介。
どれも1本100万円前後のモデルです。

3本とも所有している人なんているんだろうか。

まあ、色々と楽しませてもらいました。
御三家(ロレックス、オメガ、ホイヤー)では定期的にこのようなものが送られてくるかどうかも知りませんが、毎年、イヤーカタログ、サロン、インフォを欠かさず送ってくれるブライトリングは凄いですね。
なんたって最後に買ったの10年以上前ですから。

そういえば、ベルト切れたジュピターパイロットまだ引取りに行ってなかった・・・。(^_^;)

おやすみなさい。









Posted at 2013/06/27 00:35:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | 趣味 | 趣味
2013年06月25日 イイね!

伝統の6気筒と伝説の4気筒 ( ̄ー ̄)

伝統の6気筒と伝説の4気筒 ( ̄ー ̄)こんばんは。

最近、暑いですね。
仙台は梅雨明けしたような快晴でした。どっかにドライブに出かけたくなるような気持ちを抑えて仕事をしておりました。

さて本日はネットのネタではございません。
珍しく(?)BMWのネタでございます。





現在、I・DA・TENが乗っているF30型の3シリーズは世の中のダウンサイジングの流れの中でラインナップはガソリン・ディーゼルともに4気筒が中心です。
E46まで存在した2000ccの6気筒も既になく、6気筒のラインナップはAH3とGTとツーリングくらい、あとは今度追加される4シリーズにも導入されるそうです。
1つ上の5シリーズにも4気筒がラインナップされている(3と同じN20系)わけですから仕方ありません。

この状況に以前からのBMWのオーナーの皆様からは『伝統の直6』を堪能できる選択肢が極めて少ないという嘆きが非常に多いと聞きます。
所有したことはありませんが、直6のシルキーシックスは確かに素晴らしいエンジンです。
しかし、直6だけがBMWの魅力なんでしょうか。



既に直6を作っているメーカーも激減し、I・DA・TENが知っている範囲ではBMWとボルボくらいでしょうか。(ボルボはなんと横置きですが)間違っていたらゴメンナサイ。

I・DA・TENも以前は国産ですが、直6エンジンを3台(R30のL20ET、R32のRB20DE、R34のRB25DE)乗り継いできたこともあり、直6信奉者でした。
でもBMWの直4も素晴らしいエンジンですよ。

I・DA・TEN担当のディーラーの営業マンによると社内教育では『伝統の6気筒、伝説の4気筒』と教えられるそうです。

もともと3シリーズやそのご先祖の02は直4でスタートしています。
そしてBMWと関係の深いモータースポーツの歴史はまさに直4の歴史でもあります。
もちろん直6も大活躍していますが、直4の方が要所をおさえている気がします。

F2用の名機M12/7エンジン



BMWの市販車用エンジンM10をルーツとし、レース用としてヨーロッパF2選手権や全日本F2選手権で一大勢力を誇っていたエンジンです。

F1用のM12/13エンジン



予選仕様で5.5バールの過給圧を掛け、M10と同じ1,500ccの排気量ながら最大1,300馬力を発生したというモンスター直4エンジン。
このエンジンのシリンダーブロックは、実際にBMWの市販車用エンジンの生産ラインから抜き取ったものが使用されたそうです。
このエンジンは1983年から86年にかけてブラバム等に供給され8勝をあげました。
ネルソン・ピケもこのエンジンでタイトル獲得。

初代M3のS14エンジン



M1、M635CSiなどに搭載されたM88型DOHCエンジン3500cc直列6気筒エンジンを2気筒を切り取ってつくられた2300ccエンジンで、数々のレースで大活躍。
最終的には2500ccまで排気量が引き上げられました。
WTCディビジョン2のタイトルも獲得。

E90シリーズのスペシャルエンジンN45B20S



ホモロゲーションモデル320Si用(2600台限定)でコベントリーのハムズ・ホールにあるBMWのエンジン工場でハンドメイドされたエンジンです。
シリンダーヘッドはF1用エンジンブロックと同じランツフートのBMW鋳物工場で鋳造。
シリンダーブロックは、ピストンが接触するシリンダーライナーをねずみ鋳鉄製から特殊アルミ合金製に変更。
吸排気バルブを大型のものに変更して吸排気効率を高めバルブトロニックを取り外し従来のスロットル方式に変更。
エンジンは10kg軽量化されています。カーボンヘッドがそそります。
ホンダで言えばタイプR、スバルで言えばSTiでしょうか。
最高出力173ps(ノーマルより23psアップ)

なんて具合に挙げればどんどん出てきます。
現行のN20系が今後どのように進化していくかはわかりませんが、間違いなくBMWの屋台骨を支えるエンジンです。
スペックは平凡ですが、こんなすごいエンジン屋のBMWが作る直4です。
直6じゃないからといって卑屈になる必要はありません。
直6も素晴らしいですが、直4も素晴らしいエンジンですから自信を持って選びましょう。(^O^)

それでは。
Posted at 2013/06/26 04:38:45 | コメント(4) | トラックバック(0) | | クルマ

プロフィール

「遅めの夕食と写真修行。(^^ゞ http://cvw.jp/b/1591082/43533041/
何シテル?   12/10 21:58
I・DA・TEN (イダテン)です。 スーパーカーストライク世代です。 今はスポーツカーやスポーティーなセダンが大好物。 絶滅危惧種MT車を一生乗り続けた...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

東京都内 無料駐車場まとめ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/07 06:27:26
エスプリS4 売ろうかと 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/12 06:14:05
もし次期戦闘機としてエスプリでサーキット走行を楽しむ場合、どのモデルを選ぶべきか?  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/01 12:44:29

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン M-SPO号 (BMW 3シリーズ セダン)
初めての輸入車です。 国産車では絶滅危惧種のMT車ですが、やっぱりこれにしてよかった。 ...
日産 スカイライン 黒スカ号 (日産 スカイライン)
1999年式のR34セダンMTです。(青バッジ) NISMOのリアスポイラーは自分以外に ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
スキーにかなり行っていた頃に購入しました。初めて購入したAT車でしたがどうしても馴染めず ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
就職して初めて購入した新車です。 ターボが欲しかったのですが、当時の東京都での維持を考え ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.