• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

I・DA・TENのブログ一覧

2015年02月28日 イイね!

最新型4モデルを一気に試乗!! (^_^)/

最新型4モデルを一気に試乗!! (^_^)/こんばんは。
今日はなんとか天気がもつ予報でしたので、2週連続で「えぼし」へ出撃してきましたぁ。

ゲレンデ1番乗りを目指してみようかとも思いましたが、中途半端な眠りで頭がぼぉーっとしてたので諦めました。







ということで朝食。



無事到着。
もう道路に雪はありません。



前日、山は結構荒れたようです。
おかげでゲレンデは新雪でした。



今回のお目当ては「ニューモデルスキー発表&試乗会」です。



ニューモデルを一気乗りしてきました。

まずはOGASAKA KS-ST ショートターン重視のオールラウンドモデル。102,600円



板の肉厚も薄くてかなり軽い。
くるくる回りました。



続いては昔を思い出してFISCHER W.C. GS MEN BOOSTER GS用のレーシングモデル。178,200円



ブレずにしっかり安定する素晴らしい板です♪



SALOMON X-MAX  カーボンとチタンで軽量化されたデモ用モデル 120,000円



右と左で違う板履いているわけじゃありませんよ。
やはり万人に愛されるSALOMONらしい癖のない滑りやすい板でした。



大好きなFISCHER をもう1本。 PROGRESSOR F19TI 122,040円



I・DA・TEN的にはこれが一番しっくりきました。



車の試乗会ですと2台も乗れば、もう1台なんてとても言いにくいもんですが(小市民)、その点スキーの試乗会は気軽に何本でもイケちゃうので楽しいです♪



天気も良くなってきました。



本日はあまり混まなかったですねぇ。



欲しい板はたくさんありました。
今の板は2006/2007モデルを1年落ちで買ったもの。
もうずいぶん古いので買い替えたいのですが、先立つものがありません。

車、写真、自転車、スキー、楽器(これは休眠状態)と趣味は色々ありますが、どれも中途半端ですね。(^_^;)
どれかに割り切って投資すれば良いのでしょうが、なかなかできないのであります。

さて、本日のランチは帰り道にいつものロッソへ。



周りの方とくっちゃべりながら、カルボナーラを特でいただきました。



試乗会そのものは楽しめましたが、買い替えできない自分にフラストレーションもたまってしまいました。

それでは。














Posted at 2015/02/28 23:58:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | 趣味
2015年02月27日 イイね!

真相は??? (^_^;)

真相は??? (^_^;)こんばんは。
本日は爆弾低気圧の影響が出て、列車に遅れが出始めたので、早々に帰宅しました。
ということでトップの写真は使いまわしですが、「オモチャドラムで久々に楽しんだぞ」の図です。

さて本日は、久々ついでに歴史モノです。
興味のない人さようなら~。


I・DA・TENはもともと歴史好き。
まぁ社会科系全般が好きなんです。
大学も史学部系に行こうかと思っていたくらいでしたが、就職ないからと大反対に遭い、経済学部に進学しました。
でも、今の職場の後輩が史学部出身だったりします。(ちゃんと就職できるじゃん)

新聞にセンター試験の問題が掲載されると無意識に解いています。
以前は7割くらいはできている感覚でしたが、最近は全然ダメですねぇ。(^_^;)

その歴史(特に日本史)ですが、I・DA・TENの学生時代と今では記載内容がどんどん変わってきていることがあります。

例えば~♪

その1 鎌倉時代のスタートは1192年じゃない。

 「いいくにつくろう」なんて語呂合わせで覚えましたが、この年は源頼朝が征夷大将軍になった年です。でも現在の説では1185年に守護・地頭を設置した年が有力とされています。

その2 肖像画が別人

その源頼朝と伝えられているのがこちら。



でもこれは、頼朝が死んでから100年以上後の室町幕府を築いた足利尊氏の弟の足利直義説が有力です。

さらにはその足利尊氏は、こちら



でしたが、こちらはその部下で側近の高師直説が有力とか。

時代は、下って明治維新の時代。
あの西郷隆盛も



違うらしい。
写真嫌いだったらしく、現存するものがないそうですが、諸説あって良くわかりません。
この肖像画は実弟の西郷従道の顔を下地に、がっしりしていた父方の従弟・大山巌の体つきを合成して描かれた物だとか。

つまり架空の顏。
上野公園の銅像の除幕式に出席した西郷の未亡人が、「宿んしは、こげなおひとではなかっ」と叫んだという逸話があるそうです。

番外編で織田信長。



これが違うというものではありませんが、当時の宣教師が描いたという織田信長の顏と全くイメージが違いますね。



醤油顔から、ソース顔へ大変身!!
本物に似ているのはどっち??
そして、よく言われる「革命家」ではなかった。という説もあるようです。

その3 関ヶ原の合戦は日本最大の合戦ではなかった??

「天下分け目の関ヶ原」と言われている、大戦ですが、歴史的な意義は当然大きいものの、ご存知のように西軍に裏切り者が続出しました。
実際に東軍に寝返った武将も多くいましたが、何もしなかった武将も多く、戦った数では、最大ではないというのが通説です。

ただ関ヶ原以外にも、同時期に全国各地で東西入り乱れて戦われてますから、そういうくくりでいいますとやっぱり最大だと思います。

じゃあ、激突した軍勢での最大の戦いはと言いますと。
大坂の陣です。

とくに最後の夏の陣は、堀を埋められた豊臣方がなすすべなく、滅ぼされたイメージで、真田幸村だけが、活躍したイメージの人も多いと思いますが、そうではありません。

徳川方155000と豊臣方78000がガチンコだったのです。

特に後のない豊臣方の戦いぶりはすさまじかったらしいです。
徳川方は全然楽勝ではありませんでした。

最終戦の天王寺・岡山の合戦

天王寺口
毛利勝永・真田幸村が徳川方の武将クラスを何人も討ち取って怒涛の突撃。
家康の本陣が最前線となって、大混乱。
真田幸村の三度の突撃で、切腹も覚悟するほどの状態だったそうです。
あんまり有名じゃないですが、この毛利勝永という武将が、豊臣方では最後まで強力で、徳川方の苦しめ続けていました。
大阪城に撤退するときに、藤堂高虎が攻め込んできましたが、見事に撃退しています。
毛利勝永は豊臣秀頼の介錯をした後、自刃しました。

岡山口
こちらでは豊臣方の大野治房が徳川秀忠へ猛攻撃。
天王寺口が崩れてそっちへ救援に向かった部隊が出たことで、更に突撃して、秀忠の本陣近くまで兵が押し寄せました。
黒田長政・加藤嘉明・立花宗茂が必死に食い止め、戦線を維持しました。


結果的に数で勝る徳川方が押し返しましたが、野戦が得意な徳川方が、親子ともども本陣に肉薄されるという始末でした。
歴史にIFはありませんが、「ひょっとしたら」を想像してしまいます。

今回のお話は最近テレビでも取り上げられたりしているのでご存知の方も多いのでは??
「なんだ そんなこと知ってるぞ」と思った方、ごめんなさい。

歴史の研究が進むと、それまでの定説も崩れることがあります。
こういう質問の答えで世代がわかっちゃうかもです。

全然車の話題じゃなくてスミマセン。

それでは。








Posted at 2015/02/27 23:14:10 | コメント(3) | トラックバック(0) | 趣味 | 趣味
2015年02月26日 イイね!

ドラマじゃなくて公務です。(^_^;)

ドラマじゃなくて公務です。(^_^;)こんばんは。

とっても忙しくて、ブログの更新もお休みしていました。

まぁ特に毎日更新を絶対にしようと思っていないので、別に良いんですが、生活に余裕がないですねぇ。(ーー゛)

仕事のことはあんまり書きたくないですが、突然の人事異動が発生しました。
I・DA・TENがいる部署じゃないんですが、突然退職者が出て、玉突きのとばっちり人事で、1人出すことになりました。
代わりに来る方は、以前この部署にいた方なので、なんとか仕事は回りそうです。

ただ引き継ぎの手配やら、異動する人の担当業務を一時的にやらなきゃいけないやらで、1日終わっちゃいました。

自分の仕事はデスクの上でアンデス山脈になってましたぁ・・・。

ということで、夕食はいつもの立ち食いそば屋を活用しまくってます。

本日はから揚げ蕎麦。



本日はそんな仕事の合間に警察署へ行ってきました。

別に悪いことしたわけじゃありません。

免許証は15年以上ゴールドカードです。(運が良いだけ??)

年に1回仕事で行ってるだけです。

でも悪いことしてないのに何で緊張するんでしょう??(小市民)

警察へ行って思い出したんですが、世の中にはこんな警察ありましたね。

ドバイの警察です。



観光の目玉にしたいみたいでプロモーションビデオがあるようです。

決して、ドラマの撮影じゃありません。

かつて『西部警察』なんてありましたね。
当時の石原プロが金と力にモノを言わせた刑事ドラマでしたが、本当の警察であるドバイ警察の方がはるか上を行ってますね。

こんな公務員ならなってみたいなぁ。

あっ、アラビア語話せなかった。

それでは。

Posted at 2015/02/27 00:04:52 | コメント(3) | トラックバック(0) | | クルマ
2015年02月24日 イイね!

復活の。(^。^)

復活の。(^。^)こんばんは。

ここんとこ、異様に暖かいのでスギ花粉が飛び出すんじゃないかと恐れているI・DA・TENです。
キライな四文字熟語は『休日出勤』です。


さて、本日のお題は『復活』

結構噂として広く知られていますが、次期Z4の車名はZ5になるらしいですね。
そしてなんと、トヨタで復活を予定しているスープラとプラットフォームを共有する兄弟車になるとか。

試作車の写真が公開されています。



外観はまんま2シリーズですが、細かいところが違うようです。



2000cc 4気筒の400psと 3000ccの6気筒らしいとか。

復活の日が楽しみです。

かつて、トヨタはベンツ的、日産はBMW的なんて言われたこともあります。
今となっては、その逆の相手と提携しています。

次期スープラにはZ5と共有のプラットフォーム。
そして、スカイラインにはベンツのエンジン。

時代は変わりますねぇ。

もう1つは『立ち喰いそば屋 復活』。



仙台駅の改装工事で閉店していたお店です。

遅い時間に夕食を食べる時は、蕎麦屋が多いです。
これまでは、1回改札を出る必要があり、不便でした。

メニューに大きな変化は感じません。



新メニュー「上かき揚げ蕎麦」を購入。

お味は・・・。



何か懐かしい味でした。

でもちょっと味が薄かったかな??

I・DA・TENにとって、こっちのお話の方がはるかに重要だったりします。

それでは。







Posted at 2015/02/24 23:59:44 | コメント(4) | トラックバック(0) | | クルマ
2015年02月23日 イイね!

スキーの後は・・・。(^_^;)

スキーの後は・・・。(^_^;)こんばんは。

月曜日って何か嫌ですよね。
でも最近1週間のサイクルがやたら早く感じてしまいます。(年取ったか??)

しかし今日は暖かかった。
薄いコートで十分でした。

となると・・・。そろそろ花粉の季節到来か(ーー゛)

さて、昨日の続きです。

久しぶりにスキーでストレス発散したI・DA・TENは、後先考えずに暴走した結果、早々に電池が切れました…。(汗)

意外と撤収も早かった。お昼前には撤収してました。(恥)

本日は帰り道で昼食。

宮千代にある『ぶたさぶろう』に行ってみた。



以前、バックファイア号でお散歩していた時に偶然発見したお店でした。

帰り道。
何でもない交差点での風景。



リアワイパー付いているのがとっても羨ましかった。
ただそれだけです。

国産車のセダンで標準装備しているのはスバルくらいでしょうか。

結果的に燃費はまあまあでしょうか?



そして最後に戦車 洗車です。



高圧洗浄機欲しいなぁ。



夕方から雨ということは知ってましたが、ここんとこ、ずっと洗車してなかったので無性に洗いたくなりました。



I・DA・TENの場合、洗車した後、いつも家の周囲を一回りします。

車に残っている水を、走って流すのです。
コイン洗車場で洗車する方は、自宅へ戻る時に走るから良いのですが、自宅で洗車してそのままだと、車内の至る所に水がかなり残っており、傾斜したところに停めるていると、角度によってはドレンの穴から水が上手く逃げないこともあるようです。

ドイツ車はもともと錆には強いですが、前のSKYLINEが錆で苦労したので、何か染みついている習慣なのでありました。

ちょっと走ってみると、ちゃんと拭き取ったつもりでも案の定、いろんなところに、水滴がいっぱいついておりました。

これで洗車完了。

Z号は??

疲れたので次の機会に。

おしまい。(^_^;)







Posted at 2015/02/23 22:36:00 | コメント(4) | トラックバック(0) | 番外編 | クルマ

プロフィール

「シチューを食べるシチュエーション・・・。 (くだらなすぎて失礼しました) (^^;)」
何シテル?   11/18 20:41
I・DA・TEN (イダテン)です。 スーパーカーストライク世代です。 今はスポーツカーやスポーティーなセダンが大好物。 絶滅危惧種MT車を一生乗り続けた...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/2 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

リンク・クリップ

東京都内 無料駐車場まとめ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/07 06:27:26
エスプリS4 売ろうかと 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/12 06:14:05
もし次期戦闘機としてエスプリでサーキット走行を楽しむ場合、どのモデルを選ぶべきか?  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/01 12:44:29

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン M-SPO号 (BMW 3シリーズ セダン)
初めての輸入車です。 国産車では絶滅危惧種のMT車ですが、やっぱりこれにしてよかった。 ...
日産 スカイライン 黒スカ号 (日産 スカイライン)
1999年式のR34セダンMTです。(青バッジ) NISMOのリアスポイラーは自分以外に ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
スキーにかなり行っていた頃に購入しました。初めて購入したAT車でしたがどうしても馴染めず ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
就職して初めて購入した新車です。 ターボが欲しかったのですが、当時の東京都での維持を考え ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.