• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Kakunzoのブログ一覧

2014年05月30日 イイね!

勝手に予想、Golf GTI Edition 40

勝手に予想、Golf GTI Edition 405/29のWorthersee GTI meetingでお披露目された
Golf GTI Wolfsburg Edition

これ見た自分が真っ先にピンと来たのが、GTI Edition 40への期待ですね。
何か、ヒントが隠されている気がします。
(てゆうか、Wolfsburg Editionカッケーな!)

実際に発売するのは2016年になりますので、まだコンセプトも固まっていないでしょうが
予言的に書こうと思いますので、再来年に答え合わせしましょう!! (爆)


まず、価格はその時のGTI(標準・ナビ付)+50万円て感じ。
今回はエンジンであまり差別化出来ないですから、魅力的にするためにはかなりガラッと変える必要があるでしょうね。

ベース車は本国では既に売られているGTIパフォーマンスパッケージ
ブレーキや駆動系が強化されているので丁度良いでしょう。

エンジン出力は240PSと標準比+20PS、パフォーマンスパッケージ+10PSを狙うでしょうか…
(Edition30は230PS・同35は235PSでしたからね、語呂的にです)




外装関係は完全に「勘」ですが、ヘッドライトをGolf RのLEDウィンカー仕様へ
サイドスカートもGolf Rのヤツにするのが王道でしょうが、
画像にあるような独自のヤツになると魅力的でしょうね。



Wolfsburg Editionのシート表皮は、結構いい差別化ですね。
ハーフレザーは固いでしょうが、レザーのサイドサポートがこんなチェック柄だったらかなり良さげなので、このデザインモチーフが採用されると予想しときます。

もし、大筋当たったら誉めて下さいね〜

Posted at 2014/05/30 23:34:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他クルマ関連 | クルマ
2014年05月27日 イイね!

クルマデザインの「濃い口」に慣れ過ぎちゃってませんか??

クルマデザインの「濃い口」に慣れ過ぎちゃってませんか??日曜の話ですが、家族で車に乗っているとき、妻が「なんか変なクルマがいるよ」とか言う。

最初、どの車のことか分からなかったのですが、妻はどうやら某国産のハズシ系クルマのことを言っている様子

その車は黒い外観なのですが、チューン系特別仕様のヤツなのでドアミラー部は赤く着色されているのですが、それが超ダサいと思っているようなのです。

自分が「最近、アクセントに赤いドアミラーにしてるヤツがあるんだよ〜スポーティ路線系かな」と言うと「あの車こんなのゼッタイに有り得ない!!!!」とか必死に返してくる訳です。

自分は、クルマのデザイン系の話は結構中立的な立場にいると思っているので、妻の言い分も分からなくはないのですが、ここまで拒否反応が出るとは思いもしませんでした。


これは、永遠の課題といえなくは無いですが...
趣味・趣向が多様な分野(≒ヲタが発生する分野)に関しては、その趣味にドップリ浸かっている人とその他の一般人とでデザインの価値観がかなり異なります。

クルマに関しては、まさに追い込めば追い込む程に味に慣らされて「より濃い口」になり易い分野であり、その乖離が一般人の理解されにくさに繋がっていますね。


まぁ「濃い口」を否定している訳じゃないです。
その分野を極めるとして「王道」でいくか「異端」でいくかはホント個人の趣味・趣向の世界ですから。

ただ、「王道」を目指す人にとって、一般人の中立的な意見は参考になりますよって事です。
「ホント素人は何も分かってないなぁ」と思っている人も多いと思いますが、ドップリな人は知らぬ間に「濃い口」に慣れ過ぎてるかもしれませんよ。

つまり、一般人の中立的な意見は人間界のゼロ点調整みたいなもんです。

なので、「王道」を目指す人は、是非ともその手のヲタの息がかかっていない一般人や異性・違う年代の人にも声掛けて、屈託ない意見を貰って下さい。
趣向が異なる奥さん・娘をお持ちの方は、全員が満足なり許容出来るデザインのものを選ぶって事は決して間違った事ではありません。


以上、個人的に好きなクルマデザインは「出汁をきちん取ったうまみ味で、ちょっとピリッと山椒を利かせたヤツ」がいい、Kakunzoでした。
Posted at 2014/05/27 23:27:04 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他クルマ関連 | クルマ
2014年05月22日 イイね!

道路を管理されている方からの1本の電話

道路を管理されている方からの1本の電話今日原2スクーターで通勤しておりましたら
うちの近所のバイパス道路がキレイになっておりました。
(何か嬉しくて、信号待ちで写真撮ってしまいました)

今年2月の2度の大雪によって、チェーン走行する大型車が長期間に渡ったため、昨日まではアスファルトが削れて路肩の方にずっと堆積したままだったのです。
(その件について書いたブログはこちら)


こちらは、中央道と東名高速を繋ぐ重要路線な上に、速いスピードで走行される方が多いので、「クルマの当て石被害」であるとか、「バイク・自転車のスリップ転倒」といったリスクが通常より明らかに高い状況でした。

 


そこで、5/2に道路管理をしている国交省の地方整備局に通報しておいたのですが、本日ご丁寧に本件の対応に関するお電話を頂きました。

こういうのは2度目なので、ちゃんと現地調査とかしてくれるのは知っていたのですが...
本件のために道路清掃の業者さんの選定・契約を早急に進めてくれ、作業優先も段取って頂いたようで、こちらの方が頭が下がる思いでした。

多くの市民の方が感謝するであろう道路清掃ではあるのですが、あまりに担当の方がご丁重にご説明されるもので、わざわざ自分の為に動いて頂いたようにも感じてしまい、感謝感謝の話し振りになっちゃいました...


皆さんも、明らかに直した方が良い道路状況などありましたら、積極的に通報してあげて下さい。
Posted at 2014/05/22 21:46:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談/つぶやき | クルマ
2014年05月20日 イイね!

レースモードをもっと使いやすくしたくて...

レースモードをもっと使いやすくしたくて...先に整備手帳の方を書いちゃったのでアレですが、こっちにも似たような内容を書きます。

昨日、慣らし解禁ということでワインディングをエンジン回転上げて走ってみたのですが、レースモードが微妙に自分の趣向と合わないという事態に陥りました。

サスペンションが高荷重向けの設定に変わり、ハンドリングにダイレクト感が出て良いのですが、平気で7,000rpm位まで回ってしまう点がちょっと気になりました。

7Rは従来より高回転の伸びを捨てたエンジンなので、もう少し中回転域をうまく使って欲しいと思ってしまったのですよ。


今日は有休2日目(最終日)なんで、ボケーっと昼過ぎにテレビを見ながらそんなこと考えていたんですが...
「そういゃ、ドライブモードにカスタムあんじゃん!!」と気付きました。




自分的には、ワインディングだとレースモードはエンジンの回り過ぎ以外好印象だったため、まずは「レースモードのエンジンだけノーマルに落とした状態」にしてみます。
ノーマルはノーマルでちょっと高いギアを使いすぎる傾向はあるのですが、設定が如何せん「スポーツ」「ノーマル」「エコ」の3択しか無いので致し方ありません。

 

ということで、勢いで日暮れ時に来ちゃいました。
道志みちと道坂峠


このコースは完全な中低速なのですが、走ってみたところかなり好印象!!

ノーマルモードに近い印象になるかと思いきや... (当然ですが) 車体は明らかに安定するわ、ハンドリングもダイレクト感が明確に増すわで、比較でノーマルに戻すと動き過ぎてちょっと怖い位でした。
レースモードのように美味しい回転数ばかり使う設定じゃないんですが、低回転からのトルクを使って軽快に走れるので、自分的にはレースモードよりよっぽど印象が良いです。

日頃ノーマル固定な方、ダマされたと思ってこの設定でワインディング走ってみて下さい!!
7Rの魅力が20%くらい良くなること受け合いです。



やっと、ドライブモード設定付きDCCの神髄に触れた感じですよ。
こりゃいい機能ですハイ!!
今後ワインディングに入ったらヘビロテ確定です。
Posted at 2014/05/20 20:09:04 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマのインプレ | クルマ
2014年05月19日 イイね!

今回のドライブからレースモード解禁で!

今回のドライブからレースモード解禁で!ここ1ヶ月は仕事や家事都合で忙しく、300Kmも走れないという状況だったのですが、今日有休頂いてドライブに行って来ました。
(もうね、1,000km超えてからODO進まないし...)

今日走ったのは360kmくらいですが、ワインディング中心でうまいトコ経路を組んだので、低速から高速コースまて満遍なく走る事が出来る満足なルート設定でしたね。

幸いにして、ワインディングは結構クリアラップで走る事が出来ましたんで、色々と試すことが出来ましたし。

今日のドライブは以下のワインディングがメイン扱いだったのですが、何処だか具体的に分かる人も多いんじゃ無いかと思います。

  • 道志みち (国道413号)
  • 道坂峠 (山梨県道24号)
  • 富士山スカイライン
  • 修善寺戸田線 (静岡県道18号)
  • 西伊豆スカイライン
  • 伊豆スカイライン
  • 箱根新道




    Golf 7Rで走ったところ、最も合っていた道は富士山スカイライン
    西側から登っていくと4MOTIONの恩恵受けまくりで、とても安定して前後タイヤのグリップが維持出来ますので、ホント心配要らずで楽しく走れました。
    (他のコースも特に苦手という感じではありませんでした)




    今日の朝の段階で1,500km行ってなかったので、一応上限4,000rpmを目処に走っていたのですが、途中で1,500km超えたので、禁断のレースモードを解禁

    修善寺戸田線西伊豆スカイラインでテストしてみたのですが、平気で7,000rpm位まで回ってしまうので、正直回り過ぎな印象を持ちました。
    エンジン自体は6,000〜7,000rpmとかでも力強さがあれば別ですが、ホント惰性で回っているようなフィーリングなので楽しくなく、ドライブとかだとちょっとやり過ぎですね。

    これじゃ家族乗ってたらまず使えませんね。
    個人的には、ノーマルモードとレースモードの間に相当するモードがあればいいと感じました。
    (大体、5,000rpmくらいでシフトアップしてくれる位だといいんですけど)




    それにしても、DRLのせいか知りませんが、抜く気なんてサラサラ無いのに、後ろに付いた瞬間に譲るクルマが何台かいました。
    DRLのせいか、目付きが悪いせいか知りませんが、今迄のクルマでは無かったことです。
    (恐縮...)

  • Posted at 2014/05/19 22:57:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマのインプレ | 日記

    プロフィール

    「会社から「勉強してこい!!」と言われたから来ている。道中でiPhone Xを落としてバキバキで鬱だ... >_<」
    何シテル?   11/13 12:43
    バイク(乗る(元)&レース観戦)・オークリー(OAKLEY)・アップル(Mac)をこよなく愛する自称「衝動買い男」です。 献身的であり、家族愛に燃え、マイホー...
    みんカラ新規会員登録

    ユーザー内検索

    << 2014/5 >>

        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    リンク・クリップ

    RS3 Sportbackは、更に完成度を高めた最強ホットハッチ 
    カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
    2018/07/26 07:28:08
    アウディS1純正ホイールのサイズ 
    カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
    2017/04/07 12:41:32
    ドライブレコーダー 取付 
    カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
    2016/06/19 01:13:59

    お友達

    自分から誘うようなことは殆ど無い人ですが、お声掛けて頂ける事自体はとても光栄だと思っています。
    どうかお気軽に誘ってやって下さい。宜しくお願い致します。
    97 人のお友達がいます
    Avanti YasunoriAvanti Yasunori * 津久茂津久茂 *
    じゅんきち♪じゅんきち♪ * だじょーだじょー
    TakaJunTakaJun ぺちゃ1号ぺちゃ1号

    ファン

    104 人のファンがいます

    愛車一覧

    アウディ RS3 スポーツバック 2代目 RS 3 Sportback (アウディ RS3 スポーツバック)
    前車もRS3の8V(前期型)に乗っていたのですが... 迫り来る車検、つまり保証切れを前 ...
    三菱 eKカスタム 妻車 (三菱 eKカスタム)
    妻(40)が急きょ免許取得を言い出しまして、勝手に免許取得しちゃったモンで、急いで手に入 ...
    ヤマハ シグナスX 2013 CYGNUS-X SR(国内) (ヤマハ シグナスX)
    2004年モデルEU仕様からの買い換えです。 本当は台湾仕様にしようと思ったのですが、 ...
    アウディ RS3 スポーツバック 初代 RS 3 Sportback (アウディ RS3 スポーツバック)
    ホットなハッチバックの最終兵器RS3です。 これでCセグハッチバック5台連続と偏った好み ...
    ヘルプ利用規約サイトマップ
    ©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.