• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

shonan breezeのブログ一覧

2014年10月24日 イイね!

やっと入手!…小田急60000形MSE (^^)v

やっと入手!…小田急60000形MSE (^^)v皆さん、こんばんは…

連日の更新となってしまい申しわけありません。m(_ _)m

マイクロエースより4月に発売予定だったこの車両、
約半年遅れで先日やっとTamTamで入手し、本日
やっと入線整備が終わりました。












無事改軌加工を終えてレールに載った全6両…







屋根を含む車両全体を鮮やかなフェルメール・ブルーで纏い、
バーミリオン(朱色)とホワイトの帯を配したこの車両…
ボディの造形とともに、この塗色の仕上がりも十分実車の雰囲気が
伝わってくるマイクロエースの力作です。






<実車との比較>

地元に居ながらこんな画像しかありませんでした。(^^;



箱根湯本・御殿場方:クハ60550形

 *実車の画像は10両編成で、両端の先頭車ともクハ60550形です。




新宿・北千住方  :クハ60250形


貫通扉のブルーリボン賞の 記念マーク」もアクセントに欲しいところですね!





<ライトの点灯状況>

店頭で受け取り時、「ライトが暗いです」と事前説明がありました。
この車両はライトが特異な低位置にあり、製品化の苦労が感じられます。

以下の画像は加工時に出来る限り修正を加え、比較的良くなった状況です。
右側のクハ60550愛称表示部分は光漏れ加工しました。



右側のクハ60550のヘッドライトはご覧のようにとても明るく、レンズの形状
を含め、実車の雰囲気がよく出ています。




左のクハ60250は、修正で左右の光量バランスは大分改善されましたが、
やはり上の画像の右側、クハ60550 と比べるとまだ暗いですね…

オリジナルのまま使用するのであれば、10両編成で中間封じ込めとする
のが良いのかも知れません。


                       ・

                       ・

                       ・


そして、締めくくりは先日引退が報じられたJR371系とのこんな並びで…



1991年3月~2012年3月まで「あさぎり」として活躍し、その後も
JR東海管内で臨時列車などで活躍していたこの左側のJR371系…

来月11月30日に浜松-松田間でラストランが予定されていますが、
「あさぎり」として活躍した日々を偲んでみました。
23年間、お疲れ様でした。


   *JR371系入線時の記事は、こちらです。
  やっと手に入りました・・・JR東海371系 「あさぎり」 (^^)v





おまけ :  以下は少しだけ鉄っちゃん向けの内容です。
--------------------------------------------------------------------

<改軌前後の比較画像>

①正面から…



加工前のオリジナルNゲージ




改軌加工後






②斜め上方から…



加工前のオリジナルNゲージ





改軌加工後





<クハ60550愛称表示部の光漏れ加工>



黄丸の愛称表示部を位置変更と光漏れ加工しましたが、
赤丸部もカプラー部分より結構漏れるので対策が必要か…(-_-;)





<クハ60250のヘッドライト左右光量差対策>



床板が上方に反って、ヘッドライト導光板が浮いてしまうことが
原因の一つでしたので、黄丸部分の反りを修正し再組み込み…








<マイクロエース製車両の今後の改軌取り組み>



今回のT車とM車の改軌加工部…   *12/17 画像追加

車軸のみKATO製です。
交換したTNカプラーは改軌に伴い台車の首振り時にフランジが接触するので、
黄丸部を逃げ加工しています。






今回でマイクロエース製車両(EC)の改軌はご覧のように3編成目…
試行錯誤の末、改軌方法は、ほぼ標準化出来ました。
今後、車種の豊富なマイクロエース製車両の改軌に目処が立ち
ほっとしています。




今回の記事を最後までご覧になった方は、目が「フェルメール・ブルー
の青で染まってしまったのではないでしょうか…(笑


目の補正に車内の画像を追載しておきます。(^^)  … 10/27



5月に乗車した際の、さがみ63号、6号車の画像です。
車内加工のご参考に…





本日も最後までお付き合い戴き、有難うございました。m(_ _)m



                         shonan breeze
Posted at 2014/10/24 22:04:14 | コメント(3) | トラックバック(0) | 鉄道模型 (1/150) | 趣味
2014年10月23日 イイね!

旅行記番外編…湖の底に沈み行く吾妻線沿線を訪ねる

旅行記番外編…湖の底に沈み行く吾妻線沿線を訪ねる初秋の横軽を歩くVol.1~3 は長編に最後まで
お付き合い頂き、有難うございました。

翌日はホテルより直行で帰宅予定でしたが、
折角ですので、白糸の滝~八ッ場ダムの湖底へと
沈み行く吾妻線沿線へと足を伸ばしてみました。










ホテル「音羽ノ森」をチェックアウト…





白糸の滝へ向かう途中、一足早く紅葉を満喫…





フリード君も暫し秋の空気で深呼吸…(^_-)-☆





途中で白糸の滝へ寄ってみました。



                       ・

                       ・

                       ・

そして目的の吾妻線沿線です。

ここからは、やがて湖底へと沈み行く情景を上から、下から
思いのまま画像に収めて来ました。(ここは画像のみで…)


<上から①…不動大橋(湖面2号橋)より>




























<上から②…八ッ場大橋(湖面1号橋)より>




























<下から②…(旧)川原湯温泉駅周辺>























                      …(^^)v



















 
岩島方の新線への切り替え部分…

                       ・

                       ・

                       ・


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

最後に現役時の川原湯温泉駅と現在の様子を見てみました。




工事中の八ッ場大橋(湖面1号橋)と現役時の駅



完成した八ッ場大橋(湖面1号橋)と新駅に移転完了した現在の廃駅







自分の前に佇む、恐らく最後であろうこの跨線橋の姿…



この日記録した画像は200枚以上となりました。
遠回りの帰路となりましたが、やはり水没前の最後の情景を
こうしてしっかりと目に焼き付けられて良かったです。






帰路は渋川より圏央道経由で高速利用…
陽が沈む前に帰宅できました。




<おまけ>
------------------------------------------------------



           今日はお土産のお酒でゆっくり…(^^)


本日も最後までお付き合い頂き、有難うございました。


                        shonan breeze
Posted at 2014/10/23 21:42:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | さりげない日々の綴り | 旅行/地域
2014年10月20日 イイね!

初秋の横軽を歩く…Vol.3(後編) 横川~軽井沢

初秋の横軽を歩く…Vol.3(後編) 横川~軽井沢さて、アプトの道もこの後編で終わりです。

後編は、横川~峠の湯までを往復した後、
一気にホテルにチェックイン、夕暮れの
軽井沢を散歩して「旧軽井沢駅舎記念館」
に行って来ました。







*途中でカメラのBTTが切れ、今回の画像はほとんど葉っぱさんの
 コンデジを借りて撮影したものです。





<アプトの道、横川~峠の湯>

再びてくてくと坂道を歩きますので、
まずは、腹ごしらえ…



ここでの昼食はやはりこれですね!
久しぶりの釜飯…とても美味かったです。(^^)







そして、こちらも久しぶりの横川駅…
エントランスが少し変わっている程度で、駅舎は昔のままの姿で
迎えてくれました。





文化むら寄りの車止めがある付近から高崎方向を見ると、
ご覧のようにロクサンが居ないくらいで、ほとんど昔のまま…

でもホーム付近に行って見ると…



今更ながら、何気なく車両越しに目に入った駅名票から
あらためてここが終着駅になってしまった現実を知る…


                       ・

                       ・

                       ・



さて、早朝から歩き続けてもうヘロヘロですが、最後の力を振り絞って
アプトの道の残りの区間、横川から峠の湯を目指します。(◎_◎;)




途中で立ち寄った碓氷関所跡…





周辺にはこんなレトロな看板も見られます。







暫く歩くと、丸山変電所へと向かう途中に
こんな懐かしい踏切跡が残されていました。
若い頃訪れていた時の情景が浮びます…





そして、ようやく丸山変電所跡…
当時の荒れ果てた光景とは違い、とても綺麗に保存されています。





この丸山変電所跡を過ぎた辺りから、ご覧のように軽井沢側へと
更に急勾配が続きます。
画像奥に峠の湯への分岐点が見えています。




先日の記事(Vol.2)でご紹介したYouTubeの動画より、もう1枚
同じ場所の画像をお借りしてみました。(動画の9:30付近の画像です)

当時はこの直線の先、現在の峠の湯分岐点付近から列車は右側へカーブし
軽井沢方面へと向かっていました。

*この動画に記録されているロクサン2号機の実車両は「旧軽井沢駅舎記念館」の
 旧1番線ホームで静かに余生を送っておりました。






暫く歩くと、峠の湯手前で遊歩道は下り線の下を潜り昔の旧線跡を辿る
コースとなります。





峠の湯駅手前の分岐点…



下り線もここから先は、ご覧のように草むらで覆われています。





この後、遊歩道は新設された峠の湯駅、



そして国道を潜り、1号、2号トンネルを抜け、
早朝に訪れた碓氷湖畔へとアプトの道として続きます。



この後は再度ひたすら横川へと戻って行きます…(◎_◎;)


ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘

ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘

ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘




横川へ戻って来ると、道沿いにはこんな鎮魂碑…



歴史あるこの場所、次の世代へと地元の皆さんで大切に
引き継がれているのですね…


                       ・

                       ・

                       ・

さて、アプトの道探訪も終えて、ここからは愛車FREEDで
一挙に軽井沢の宿泊先へとWarpします。



途中、峠を上り詰めた矢ケ崎付近に立寄ってみました。
ご覧のように当時のレールは未だ確認出来るものの、
やはり新幹線開業でこの付近は大きく変化していました。






<旧軽井沢駅舎記念館>

ホテルのチェックインを済ませ、食事や買い物のため
駅方面へと夕暮れ散歩に…
廃線跡歩きで疲れていた筈の葉っぱさんも目が輝き
何故か足取りも軽やか… (o^^o)♪



軽井沢の町並みはいつ来てもおしゃれ…(^^)





そして閉館間際にここ「旧軽井沢駅舎記念館」に無事到着…





早速、館内を拝観した後、






隣接の旧1番線ホームに出てみました。




YouTubeの動画に登場した当時のロクサン2号機は今はこの場所に…
ご覧のように静かに余生を過ごしておりました。(^^)




同じホームには昨年引退した169系S52編成のクモハ169-6 が
保存されておりました。
車内が公開されていないのは少し残念ですが、現しなの鉄道
から現役時のように隣り合わせに眺められるのはいいですね!




ショッピングモールへと向かう途中、軽井沢駅に寄ってみました。



橋上駅舎となった軽井沢駅から横川側を見ると…
矢ケ崎付近では軽井沢駅に向かって未だレールが繋がっている様に見えましたが、
ご覧のように旧2番3番ホーム(現しなの鉄道の1番2番)とも
車止めと架線終端標識が確認出来る。
そして矢ケ崎付近から伸びて来る新幹線の軌道…

あらためて時の流れが実感できます。





そして、久しぶりに駅舎の入り口に立ってみました。




約35年ぶりのこの軽井沢駅での記念撮影…
さすがに駅舎も本人もすっかり変貌をとげました。(-_-;)






この後は買い物や食事を済ませ、ミカド珈琲のソフトクリームを…






食べ終わった頃は辺りはすっかり暗くなり、西の空が真っ赤に染まっていました。

3編に渡り記事にして来た「アプトの道」も本編にて終了です。

長編に最後までお付き合い頂き、有難うございました。 m(_ _)m



次回は番外編として翌日訪れた、やがて湖の底に沈み行く吾妻線の

レポートをお届けします。

                         shonan breeze



<おまけ>
------------------------------------------------------------------------------

今流行の大根おろしアートの一品を夕食のメニューに加えてみました。



猫ちゃんVer.…と



こちらは、ワンちゃんVer. (o^^o)♪



どうですか?

猫ちゃん、ワンちゃんに見えましたか…(^^; 




そして、締めくくりに今日の格言…



「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助さんの格言です。
Posted at 2014/10/20 21:55:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | さりげない日々の綴り | 旅行/地域
2014年10月18日 イイね!

初秋の横軽を歩く…Vol.3(前編)碓氷峠鉄道文化むらで遊ぶ

初秋の横軽を歩く…Vol.3(前編)碓氷峠鉄道文化むらで遊ぶ先日の旅行記、第3段(前編)は…
碓氷峠鉄道文化むらの様子をレポート
します。

今回も画像が多くなりそうですので、
前編、後編に区分しました。m(_ _)m






_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

長くなってもいけませんので、個々の展示車両のご紹介ではなく、
ここの全体の雰囲気のみをレポートします。

alt

園内にはこんなモニュメント…(^^)



alt

ここはご覧のような国鉄時代の懐かしい車両が
屋外に一同に展示されていたり、各種アトラクション
があり、子供から大人まで楽しめる場所です。




alt

大人はこんな昭和の車両が並ぶ世界にタイムスリップして、




alt

車内で旅情を感じたり…   *実際は静態保存車両なので動いてはいません



alt

国鉄時代の懐かしい車両を背に、ノスタルジックな情景に触れたり…



alt

疲れたらこんなお座敷列車で休憩したり、寝台列車に横たわることも出来ます。(^^)



                       ・

                       ・

                       ・



一方、子供たちは…

alt

園内のいろいろなアトラクションで、ご覧のように


alt

それぞれの今を思いっきり楽しんでいるようです。




                       ・

                       ・

                       ・




alt

ここでは静態保存車両だけではなく、今でも体験運転車両として
このようにまだ動態保存のロクサンを間近で見ることが出来ます。



alt

こんなシーンをファインダー越しで見ていると、
一瞬、ここが廃線になっていたことを疑ってしまう…



alt

一方で、片隅にはこんな車両も…

この区間を仕事でよく利用していた189系という懐かしい特急車両です。
こういう姿を見てしまうと、月日の流れとともに
廃線という現実をあらためて感じさせられました。



alt

今回、廃線後はじめてこの場所を訪れてみましたが、
展示物などを見てもやはり、ここは鉄道史とともに特別な場所でした。

そして、これだけの様々な車両…
屋外での保守は大変だと思いますが、こうして広いスペースで
ゆったりと思うがままに保存車両と触れ合うことが出来るのは
屋外ならではの良さではないでしょうか。

これで、大人1名500円、駐車場は無料…
また、一度入場券を購入すればその日は見せるだけで出入りが可能とのこと。
驚くほど良心的な施設だと感じました。



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



さて、そろそろ時間です。

alt

次なる目的地に向け、今日はこいつ国鉄色189系で出発進行!(笑




alt

あれっ!

アンパンマンまで一緒に付いて来ちゃいました…(o^^o)♪




次回はアプトの道Vol.3(後編)の様子をお届けします。

本日もお付き合い戴き、ありがとうございました。m(_ _)m


                       shonan breeze
Posted at 2014/10/18 09:14:39 | コメント(3) | トラックバック(0) | さりげない日々の綴り | 旅行/地域
2014年10月16日 イイね!

懐かしのカメラ、光学機器、蓄音機展示会に行って来ました。(o^^o)♪

懐かしのカメラ、光学機器、蓄音機展示会に行って来ました。(o^^o)♪

今日は、先日の旅行の記事が纏まっていない中、(^^;
午後から宮ヶ瀬水の郷観光案内所で開催されている
こんな催し物に行って来ました。













これは、相模原市に在住の大塚由五郎さん(67)が、愛蔵のカメラ約800台や
蓄音機などの膨大なコレクションを披露する特別展です。



会場の宮ヶ瀬水の郷観光案内所入り口の案内板…
この手造り感がいいですね!




撮影許可を得て、会場の様子や展示物の一部を
ご紹介させて戴きます。



入り口から見た会場の様子




<カメラコーナー>



懐かしい蛇腹タイプや、二眼カメラ…










箱型カメラや



ミニチュアカメラ…



懐かしい引き伸ばし機…



フィルムやインスタントカメラなど…




更には、



カメラ雑誌や




年表…




カメラの各種資料…






こちらは映写機のコーナー…







<蓄音機>



そして、こちらは楽しみにしていた蓄音機のコーナー





早速、聴かせて戴きました。
デジタルに慣れた耳には驚くほど新鮮で、とても優しく聴きやすい音…
とても針から直接ホーンに導いた音とは思えないほど高能率でのびやかです。


これだけで十分会場全体に音が飛んでいきます。
しかも、ホーンのすぐ近くは凄い音圧ながら、決して耳障りではなく
とても生々しい開放感に溢れた音…とても心地よい (o^^o)♪




Volなんてものはありませんので、こんな風に音量調節はホーンに
タオルを詰めて調整します。(^^)




その他の画像











歴史を感じますね…



中も少し見せて戴きました。



全て機械式で、電源とは一切無縁…

ゼンマイと遠心調速機のシンプルなスピンドル部…
そして、ピックアップとホーン部のみ。

こんなシンプルな構成であれだけの音が出るのですから驚きです。


続いて、こちらは懐かしいアナログレコードのコーナー



SP、LP、シングルと凄い数のコレクションです。
お気に入りを見つけたら、リクエストすれば聴かせて戴けます。




しかし、並んでいる盤がほとんど見覚えのあるものばかり…
やはり歳をとってしまったものだなぁと感じてしまう。(^^;


久しぶりに昭和な世界にドップリ浸れ、懐かしく有意義な一日でした。
博物館と違い、声をかければ会場にいらっしゃる大塚さんが丁寧に説明を交え、
直接機材に触れたり、音を聴かせてもらうことが出来ます。

10月31日(金)まで、開催されています。(月曜は休館日)
カメラの愛好者はもちろん、オーディオ愛好者も是非訪れて見てはいかがでしょう。




<おまけ>
----------------------------------------------------------------------



展示品の片隅には何故かこんなものが…(^^;



お話を伺うと、ギターや管楽器もこなすそうで、大塚さんはとにかく多才…
とても気さくで、素敵な方でした。





記念にご一緒に写真を撮らせて戴きました。



ここ宮ヶ瀬も、



夏色から



秋色へと、日毎に変化しています。



季節の変わり目、皆さん体調管理に十分ご留意くださいね!

本日も、お付き合い戴き有難うございました。

                  

                      shonan breeze

Posted at 2014/10/16 22:57:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | さりげない日々の綴り | 趣味

プロフィール

「@唐草熊次郎 さん、何とか存続できないかJRと三鷹市で検討されて来たようですが、残念ですね…🤔」
何シテル?   01/18 19:57
「生涯青春時代」との思い込みで生きてきましたが、歳とともに少し疑問を抱きつつある shonan breezeです。(^^; 車は時折パーツレビューや整備手...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/10 >>

   1234
5678910 11
12 131415 1617 18
19 202122 23 2425
262728293031 

リンク・クリップ

Twitter (shonan breeze) 
カテゴリ:鉄道模型
2019/03/17 09:45:12
 
泰 茅 轍 道 
カテゴリ:鉄道模型
2018/10/15 22:18:38
 

愛車一覧

ホンダ フリードハイブリッド ホンダ フリードハイブリッド
ホンダ フリードハイブリッドに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.