• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

シュワッチのブログ一覧

2018年03月29日 イイね!

アコード一連の作業完了!

アコード一連の作業完了!先般から店に作業を依頼してた、17万kmを超えたユーロRのクラッチ&フライホイールの交換。
先日やっと作業が終了したとの事で、仕事帰りに引き取りへ♪

今回は作業に際し、アームなどのブッシュ類も状態確認してもらったが、そちらは交換必要なレベルではないとの判定。

またアクセルペダルが他車に比べ、感覚的には踏みだしが重く、発進時の微調整がしづらい感じがあったので確認してもらったが、イマドキのような電気じゃないアクセルワイヤー(!)の引っ掛かりや伸びなどもなく、とくだん問題ないとの事。
まぁオルガン式ペダルは元から、重い場合が多いらしい。

そして昨年交換したアラゴスタの車高調、その後も大きな段差やウネリでは底付きのような突き上げがあるが、どうやらバネが縮んだ時に当たってるっぽいとな ( ̄□ ̄;)
え~っいくら車高調とはいえ、そんなんあるの?(;´д`)
とりあえず更に減衰力を高めて様子を見るが、あまり改善されないなら某変態オススメのナントカXみたいなバネへ交換も、要検討かなぁ…?

今回併せて交換してもらった、革を張りかえたばかりのハンドルは、最終的に本人が好む位置でセンターを出すという事で店主を乗せて実走し、合間合間で車を停めてタイロッドを調整し、角度を合わせてもらった。




ぶっちゃけ毛が冴えなければ…いや怪我さえなければ、さすがにハンドル交換ごときで店にカネ払うなんて!と思っていたが、どうやらボスのセンター精度もイマイチだったようで、実際ポン付け状態では角度もズッコケてたので、ここまでしてもらえるなら、なんてオトクかと!

さすがにクラッチは、もう息絶える寸前だったとか f^^;)
前車エイトで13万5千キロで交換した時は、まだ半分くらい残ってて20万キロ持つかも?なんても言われたけど、やっぱこの位の距離が限界か(笑)




またクラッチペダルを踏む時にギコギコ音がしてたが、これアコードあるある話だが取付け部のブラケットが貧弱で割れてしまってて、現に社外品で強化ペダルも出ているが、今回は溶接で補強して頂いて解決♪

そしてペダルも軽くなってラクチンに。
っても前車までなら、むしろ踏み応えがなくて使いづらいレベルだが(実際エイトで交換した時も…そういや86試乗でもそうだった)、どうも足を怪我して以降は重いの辛くて(^^;)、今回は狙い通り。

今回はついでに予防措置的にと、ミッションを外さなければ交換できない部分のオイルシールも交換してもらったが、ここもすでに滲みが出てたらしい(((( ;゚д゚)))




そしてフラホは預けた日に、交換するタイプR用のを持たせてもらったが、今回取り外したユーロR用を持ち比べると、明らかにズッシリと重い (;゚Д゚)!
改めて上記リンクの預けた日記の写真を見直すと、タイプR用はシッカリ肉抜きの穴も開いてて、見るからに軽そう♪




そんな軽量フラホは、エイトでもオートエクゼのヤツに交換したけど…
今回は元々ロータリーよりトルクのあるエンジンだからか、あるいは軽量といえど「純正」の範疇だからか、エイトじゃ少々差を感じた発進も問題ナシ…どころかクラッチ周りのリフレッシュ効果もあるとしても、かえって今までよりスムーズに発進できるくらい!

クラッチはナラシも必要だろうから、まだ全開まではくれてないけど、全域でむしろギクシャク感もなくなり、シフトダウンで回転を合わせるのにブォンとブリッピングする時の、回転の上がり方だけでもゾクゾクくる (*≧∀≦*)

クラッチそのものの切れが良くなったのと、マウント交換の効果もあるのか、シフトも棒がスムーズにスポスポと (*´Д`)=з




総じて…楽しく・気持ち良くもなったけど、それ以上に乗りやすくなった!のが何よりの第一印象。
何から何までスムーズだし、社外チューンらしい「激変」じゃなく、これが本来の姿だろうと思うような乗り味で、とくにフラホなど多少は快適性を犠牲に…と覚悟してたのが、むしろますます快適にも。

むろん自分に合ったハンドルも、やっぱ効果絶大♪




ロドには当初からナルディ付いてるけど…そっち用にもイタルボランテを仕入れようかな(笑)

Posted at 2018/03/29 10:59:19 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月25日 イイね!

おっ、お股せされても乗らしてください(*´Д`)=з

おっ、お股せされても乗らしてください(*´Д`)=зさて、さらに遡る話だが先般、ロドり下衆野郎どもが皆して仕事帰り時間がカブッたので、集うことに(爆)

集合地のコンビニに先着し、翌日のエサを仕入れてたら、その間に赤ロドどうでしようさんと…
さらに、通りがかりのカプチ野郎も乱入(笑)

どうでしようさんは前週、OHさんショップから格安で購入していたTE37に、履き替えてた。
こりゃカッコE~~!(*≧∀≦*)




腰痛に悩む白ロドかっさんは、社外イスに興味津々のようなので、ウチのブリッドを試座。
でも、やっぱ三角木馬でないと満足できなそう Ψ(`▽´)Ψ




そして同じ初代NAロドの、パイ突くエロさんは…
なんと最近増車した、クラシック・ミニクーパで乱入 (;゚Д゚)!




ほとんど最終モデルのようで…なんと2000年頃まで作ってたらしい!( ̄□ ̄;)




この形でNAロドより新しいのに驚き…そう言われると内装も、この形らしからぬ近代的な違和感が(笑)




…でもこれ、いいなぁ(*´д`*)
思えば昔、同僚の身内がこうした古い外車のショップをやってるって事で、自身もこの手のミニやらフィアットやらに乗って…いや乗らされてたけど(笑)、当時こちらはスカイラインで国産スポーツカーのチューニングに目覚めた頃合い…

現に職場前の坂道で止まって社員総出で押した事もあったし、こんな車のドコがいいんだかと思ってたが(爆)、いつしかこの手のに惹かれてて

でも、そんなエピソードが当然の車だと…実際この最終モデルでも、そのへんは変わらないようだし (^^;)、現実的には乗れないと決めつけてたけど、こうして目の前で仲間が乗ってるのを見ちゃうとね、がぜん妄想にも火が点いてしまう。

解散して、お帰りになる時も…あぁ~近代の車じゃ、こんな音はしないな~(*´д`*)
ご本人いわく「中古のNDロドが買えるくらい」したというが (;゚Д゚)、それでも考えようによっちゃ近年えらく高騰している国産旧車よりは、お手軽に当時の気分を味わえるのかな?

こちとら、あとは10年以内に以前も書いた商用バンでも買って(笑)、もう人生のカーライフも終わりが見えるかな…とまで見越してたけど、いや~まだまだ夢は尽きませんぜ( ̄∇ ̄)

いずれ、のっ乗りたいです (*´Д`)=з






Posted at 2018/03/25 08:27:49 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月21日 イイね!

平日の昼から中年男性2人組が、マリリンの目前で開け拡げていた事案が発生

平日の昼から中年男性2人組が、マリリンの目前で開け拡げていた事案が発生先日は午後からコペンに乗る、つよぽんさんと会合。


この方との馴れ初めは軽く20年近く前に、共に同じ前の車のクラブに属してた時からだが、その頃は直で会う事はなく存在を知ってた程度で、こうして会うようになったのは、とうにお互い乗り換えて久しい数年前に、みんカラで見つかってから(笑)




今回は共に、泊まり仕事明けで妙なテンションの中(爆)、新たに付けたというデカい羽根やらに歓喜♪




そして互いのに乗り換えての、プチ・ツーリング。
写真じゃ端っこしか写ってないが前回以降、助手席にも大きなタブレットが追加されてて、これアタシも所有する両車ともナビ設置に悩んでるので、じつに参考になる♪




そして走れば、やっぱ軽とはいえターボパワーの加速感もイイね♪




マリリン・タワーのほうまでイキ突き、ほとりの喫茶で もぐもぐタイム。
こりゃンマいね~、そだね~♪




その後は近場の駐車場まで移動し、夕刻まで飽きずに歓談(笑)




実はマーチからロドスタへ乗り換えたキッカケの1つに、やはり昨年こうして乗せてもらった際に、とくにエイトを手放した後遺症も引きずってたのもあり、こうしたスポーツ志向のシャキッとした乗り味に惹かれ…

反面マーチに乗ってもらっても、ハンドルの反応がダルくて怖いと言われた(笑)のもあり(これはこれでマーチの良さとは理解してるが)、今やそのコペン乗りですら、ロドはハンドルの反応が超クイックで楽しいですと (*≧∀≦*)
最近交換したセミバケも好評だったようで、ハンドル剛性を上げる部品と共に次回イジリの急先鋒になるかな? ( 艸`*)




このコペン、屋根は電動のメタルトップだが、よく機構が不具合を起こすのは有名な話。
現に前回も不調だったが、その後ポンプを交換して復活した…のも束の間あっという間に再発し、再び手で力を加えないと開閉しないとか (^^;)




解散時、まだ暖かいのに「もう寒いから」と閉めて帰られたが、まぁ道中で閉めようと思っても大変なのも、あるんだろうなぁ…
勿論そんなアタシは、帰路も開けっぱでした(*≧∀≦*)




しかしまぁ当日は午後には雨と聞いてたけど、日ごろの行いが良いから最後まで持って良かった♪


【その他の写真】














Posted at 2018/03/21 18:51:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月18日 イイね!

アッコ、クラクラきてフラフラしちゃう

アッコ、クラクラきてフラフラしちゃう さて先の、ユーロRのハンドル交換に際しては、手の負傷で力を入れられなくなってしまい…
ちょうど別の作業で店へ入庫させるタイミングだったので、ついでにお願いしちゃいました(笑)

それ単品なら、ハンドル交換にカネかけるなんて勿体ないと思うけど (^^;)、ついでなら誤差程度に思えるマジック!(爆)

でまぁ本来の作業とは…
17万km以上の現在も無交換のままだった、クラッチの交換。

そもそも15万kmを過ぎてた納車時点から、売主のヒロユキさんにも交換してないからとは釘を刺されてたが、それでも前オーナーさんも上手に乗ってたのだろう、とくに滑ってる兆候は感じなかった。
もっともエイトでも13万5千kmで交換した際、まだ半分くらいは残ってたが (^^;)

ただ、それでも程なくの車検で初めてショップに預けた時から、店主さんにはペダルの繋がる位置から減ってるかもと示唆されたし、元からなのか減ってるからかは分らないけど、繋がりがシビア気味だし踏力も重め。
とくに納車後に足を怪我してからは、そんな重さも更に堪えるようになり (^^;)、どのみち早いうちに交換はするつもりであったが…って、そっから2万km以上も乗り続けてんのか(笑)

種類的にはエイトの時と同様、強化は必要になってからやるモノだと思ってるし、まして今は上記の通り従来以上に軽さも大事なので (^^;)、純正で一択。
むしろ迷いは、フライホイールを軽くするか否か。

上のリンク日記の通り、エイトでも同様に軽くしたけど…結果的には、やらなくても良かったかな?って思いも (^^;)
ただ、これも直後からミッション交換を迫られて後期のミッションにしたり、同時にデフもファイナルの違う後期に換えてからの総合的な状況での事で、最初にフラホだけ交換した際の吹け上がりは功罪あったとしても、感動したのも本当のところ。

その辺の迷いも、納車後から今まで引っ張ってきた一因ではあるが…
ただエイトに比べても、パワフル・トルクフルに感じるK20AのVTECだが、でも高回転はエイトのように自然にヒュイィーン!ってよりも、無理くり回ってるような感覚も。

そもそもアタシのVTECイメージは、たぶんコレ以前の「下はないけど上はビンビン」ってモンだと思ってて、ぶっちゃけエイトから遜色ない4ドアをと思って選んだのも、まさにそんなイメージから。
そして同じK20Aであっても後発の、FD2シビックのタイプRなんかはユーロRに比べて、快適性に関する部分の「足かせ」を省いて、さらにビンビンだとも分ってきた。

もっとも、そもそも乗り換えた理由からも、そう単純に「走りのために快適性なんか犠牲に」とはいかないのも難しいところではあったが、以降のマーチ→ロドへの乗り換えも経て総合的に、やっぱアクセル踏んだなりの感触は気持ちよくありたいかなと。

そんな訳で目標は、ちっとFD2寄りにする!って感じで(笑)、まさにFD2用の純正フラホがユーロRより軽く交換の実例も多いので、それに交換。
現に手で持っても、純正らしからぬ軽さだって♪




加えて今回は作業ついでに、エンジン・ミッションのマウントも新品交換する事に。
ほか細かいところでは、エンジン後ろ側のオイルシールが、やはりミッション外さないと交換できないので、距離も距離なので予防措置的に交換。
…これロドのオイル漏れでも怪しい部分で、そっちの作業だったら良かったのに (^^;)

そんな訳で店へ預けて、代車をお借りする。
オートマだけど、それでもエンブレ効かせたりするのにシフトレバーは動かすが…頻度は少ないとはいえ、この形はMT以上に手が痛む (^^;)




っても家まで戻ればね、あとはロドがあるので…渋滞にハマる昨今の通勤では当初は、オートマの軽も良いなと思ったけど、今はそれでもロドで行く(笑)

預け中に代車に乗ったのは今のところ、家族総出で1人2個までの便所紙安売りに駆り出された時くらい (^^;)
おお~積まる!




んでセダンに比べても乗り込む際の高さがあるので、ここまで高いと乗るのもラクだねぇ…と気づかれてしまった(((( ;゜д゜)))
ただ、これが移動中も快適に…となると、むろん乗り慣れてくれば違うのだろうけど高い重心で、体が力むような遠心力を車内に発生させないように曲がるのが、もう止まりそうなくらいにスピード落とさないと難しい (^^;)
ほんと嫌味じゃなしに、この手で同乗者も快適にスイスイ走れる人は、マジで尊敬する♪

なお、そんな滅多に乗らない…しかし借りない訳にはいかない代車だが、まさにアタシが預けた翌日に、とある変態イバラギ人も店で作業してもらいたく連絡し、しかしアタシの作業が終わらないと代車を貸せないって事で、アタシより遥かに「早く終われ」と気を揉んでいる Ψ(`▽´)Ψ


※そして買い物以降は殆ど乗らないからと…ロドは外に出しっぱなしで、代車を車庫に仕舞い込むという暴挙に(笑)


Posted at 2018/03/18 16:10:30 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月14日 イイね!

ムケた皮が、また被っちゃった(;゚Д゚)!

ムケた皮が、また被っちゃった(;゚Д゚)!ユーロRには純正で、エアバッグの付いたモモ製のハンドルが。
昔の純正じゃ考えられないくらい握り心地もいいし、大きさも外径は気になるレベルには感じない。

※もっとも自身の歴代車じゃ純正では、R32スカイラインはヘタな社外品以上、またエイトも少々妥協があったとはいえ、エアバッグと手元のオーディオスイッチを捨てるには相殺以上の出来を感じてたので、ふとしたキッカケで社外ハンドルに交換するまで7年以上は、満足して使える範疇だったが。

でまぁ今の純正モモも出来は良いほうとはいえ、やっぱエアバッグ仕込みゆえの重さによる慣性や、さすがに納車まで15万kmを走り込み、当初から部分的に表面がスレてるのも気になるが…




あくまで個人の好みの範疇だが、これまた昔の純正じゃ考えられないくらい、握りが「太すぎ」。
太いのは家で握りすぎて…
いや…なんかねシフトノブもそうだけど、太いほうが余計な力が加わりすぎて…さらに上記の慣性も加わり、どうも狙ったように回せない。




また純正には「発話ボタン」が付いててナビの音声操作のみならず、例えば「暑い」というと空調の温度が下がったりと(笑)、それなりに便利とはいえ現実的には滅多に使っておらず (^^;)、ここまで1年4ヶ月乗ってきて未だ慣れないんだから、今後も慣れる事はないだろうと交換を決意。




モノはエイトでも付けてた、当時3000円で中古落札したイタルボランテのイモラを引き継ぎ。
過去、何種もハンドル交換してきたけど…とくに上述のR32スカイラインで唯一、自分にとっては純正より使いやすかったのがイモラで、幾多の銘柄と時を経てエイトで交換しようって時には、もう廃盤になってるからこその中古ながら一点買い。

が…やはり最初から使い込まれてただけあって、数年後には握りの部分が持ち主に似てズルムケてきて…
エイトを手放すにあたり取り外す時は、もうこんな感じに (;゚;ж;゚; )ブフォ




ムケてきた当初から再びオークションで、イモラ出品を覗いてみたが勿論どれも使い込まれて、いずれ同じ道を辿るのは明白なモノばかり。
かといって、いま売ってる新品で欲しいハンドルもないので…

ヘタすりゃ新品ハンドルを買う以上の値段になるのを承知で、このイモラの革を張り替えるのを決意!
何年も前だが、みんカラで地元のテント屋さんで張り替えられた日記を拝見し、その時から興味がありコメントで質問もさせて頂いた。

余談だが当時の居住は、転勤していた先だったが改めて見返すと、その方も地元のロドスタ乗りだった!
地元に出戻りロド乗りになった今こそ巡り会えれば、いいお付き合いが出来そうだが残念ながら、もう何年も更新されてない模様 (´・ω・`)

さておき迷いは、上記のように新品を買ったほうがイイんじゃね?って値段なのと、真骨頂はトップ画のようにワンオフで自分好みの色合いにできる事のようで、でもそこまで明確なビジョンが思い浮かばないアタシとしては、ヘタに思い付きで違う色にするくらいなら無難なオリジナルのほうが後悔しないだろうけど、わざわざ張り替えるのに代わり映えしないのも、勿体ないのでは?って意識もつきまとうところ。

そんな迷いも、納車後ここまで引っ張ってきた一因でもあるが、最終目的は「いかに自分が気持ち良く運転できるか」。
損得勘定がどうあれ、それが最善というか…それしか道がないと決意し、まずは店へ連絡して打ち合わせ。

オリジナルで…と伝えたところ、この部分の刻印まで復元するなら金型から作るようになるからと、べらぼうな値段に!( ̄□ ̄;)
でも、いかに自分が…なので、ここはノッペラボウで構わないから革の張り替えのみで、新品ハンドル程度の値段に抑えた (^^;)




そして、そこまで電話やメールで決定して、いざ店へ持ち込み。
…その模様も即時、お何ぃシテルぅ?には載せたが、同時期にロドの幌がスリ切れてきた事も載せたから、一部の人は幌を張り替えるためのテント屋さん訪問だと勘違いしたみたい (^^;)




そして数週間後に、完成して引き取りへ♪




ふふふ綺麗だよイタルヽ(´∀`)ノ




赤いステッチも見事に復元♪
この処理は上記の方も当時、絶賛していた。




ただ…それまでに、先述のロドスタのシート交換でシートレールと共に、ボスも通販で仕入れていたのだが…
そこでも書いたように、ガッツリと手先を負傷!( ̄□ ̄;)
今でも、シフトチェンジでも力の入れ具合によってはズキッと痛むし、とくに握るような事が未だに影響している。




ハンドル交換ね…とくに初めての時は、シャフトのボルトなんて親の仇のように締め上げられてる。
またユーロRの手順を確認してたら、サイド部にもトルクスで締まってる部分があるが、そこも手狭なうえ緩み止め剤(?)が塗ってあるので、最初はパイプでレンチを延長でもしないと外れんよと、説明書にすら書いてある (;゚Д゚)!

そんな作業、今の手では無理だぁ (;´д`)

そこで…

Posted at 2018/03/14 20:44:15 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ちと家でも忙しいけど、んでも晴れてきたし少し息抜きにオープンドライブすっか…と思ったら晴れてるのに、激しい降りっぷりの雪!Σ( ̄□ ̄;)」
何シテル?   02/27 16:47
みんカラ暦13年で、同じく新車購入してから13年乗ったRX-8を19万km近くで…さらに2ndカーで10万km近くのを25万円で買ったマーチ・カブリオレも、10...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

まぁ、そういう事を書くライター氏もいる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/26 18:31:43
ロードスター 「楽しさ」にある背景 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/24 10:51:23
ETC会の日常 『来年のイベント集!!(前編)』 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/12/29 21:27:28

愛車一覧

ホンダ アコード ユーロR ホンダ アコード ユーロR
13年・19万km近くに渡り、乗り続けてきたRX-8。 エンジンのオーバーホールまでも見 ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
元来マツダのRX-8に乗りながら、マーチカブリオレを購入しオープンの魅力にとり憑かれると ...
日産 マーチ マーチ被り俺 (日産 マーチ)
H9年式・MT 降雪地に転勤したため、冬用に買い足しました。 ・・・・・屋根は開きます ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
JZX100チェイサーから、2004年3月に乗り換えました。 ツアラーVのターボパワーを ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.