• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年11月06日

「ARCインタークーラー」、「リサーキュレーションバルブ」流用 追記あり

「ARCインタークーラー」、「リサーキュレーションバルブ」流用 追記あり 前の記事にも書きましたが、インタークーラー流用が完成したので、ここにてまとめます。

インタークーラーについて
DR30純正インタークーラーをそっくり交換できるARCインタークーラーはDR30専用のものではなく、AE92専用のものを加工流用されたものでした。

インタークーラーの入口と出口はDR30とAE92は反対です。

上(DR30純正) 右:出口(スロットルへ) 左:入口(タービンから)
下(AE92のARC製) 右:入口(タービンから) 左:出口(スロットルへ)

配管について


配管の純正位置


入口と出口が逆を知らなかったとき、純正と同じ位置に配管。
普通に走れば、問題ないが、中高回転になると詰まっているような感じ。
それで調べたら、逆と判明。


入口と出口が逆であることから、配管を見直した結果。


インタークーラーへの通気は純正と変わらない。


裏と底辺も純正を生かしているので、インタークーラーを保護できる。


この機会に、新しい技術部品を流用しようと研究した。
それは「ブローオフ」、純正部品でいうと「リサーキュレーションバルブ」である。
ブーストがかかった状態でスロットルを閉じたとき、行く先を失ったエアーがタービンへ戻り、タービンの動きを止めようとする現象(バックタービン)などレスポンス低下が起こる。
昭和時代の日産ターボ車はサージタンクにリリーフバルブがついていたが、ブーストがかかった状態でスロットルを閉じて、開いたときのターボラグが生じており、レスポンスの悪さを感じながら走っていたものだ。
自動車業界もその問題を知っていたのだろうか、平成に入り、R32、S13など平成ターボ車はリリーフバルブの進化となる「リサーキュレーションバルブ」を使っている。
「リサーキュレーションバルブ」が登場したときは、インタークーラーの出口か入口に付いていた。それでもエアーの流れにレスポンスの悪さがあるというので、スロットル手前に付ける車が増えてきた。

こうなったら、「リサーキュレーションバルブ」の流用はDR30の進化バージョン、レスポンス向上につながると信じて、研究をしたのでした。

「ブローオフ」、「リサーキュレーションバルブ」、どちらにするか? 悩んだぞ。

インターネット情報と友人に聞くなどして、まずは純正からスタートしようと決めた。
(将来はトラストのブローオフをつけたいものだ)。

リサーキューレーションバルブの流用



シーマ HF50 VQ30DETのリサーキューレーションバルブと配管セット

パイプ径は7064パイだったかな(計るのを忘れていた)

リサーキューレーションバルブを強化します(ネットでは有名な話)。

画像の左にある小さな穴にタップをかけて、イモネジで塞ぎました。
理由は、ブーストが逃げないようにするため。


イモネジで塞いだので、内圧の逃げがなくなり、正常に動かなくなるため、小さな穴をあけ、大気圧と同じにすることで、正常に動作できるようにする。


純正番号のメモ


流用完成です。スロットルの手前に付けました(これが大事)。


大気解放にしません。エアクリ後に戻します(これはもっと大事!)。

画像はありませんが、リリーフバルブをトラスト製品に交換し、動作しないよう固定しました(将来、ネジ穴を塞ぐ予定)。


走行しての感想
ホンマにマジで激変しました。これは絶対おすすめです。
ネットの口コミにあるとおり、ブーストがかかった状態にてシフトチェンジするためスロットルOFF、ONを行ったとき、ターボラグが大きく短縮されたかのようにシフト後のアクセルONでの加速力が強烈です。
いやー、これは驚きました。すごいです。すごいです。
リサーキューレーションバルブ、侮れません。
リリーフバルブは卒業です(ありがとうございます)。

また、インタークーラーの入口と出口が逆だったことから、配管を逆に組みなおしたことで、中高回転での詰まりが解消でき、エンジン回転がスムーズに回せるようになりました。
ブログ一覧 | エンジンルーム | 日記
Posted at 2016/11/06 19:02:24

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

マフラーの認証試験が合格したとの事 ...
和★輪★環(読み方「わりかん」)さん

インタークーラー取り付けへの道
三毛猫テリキさん

N-ONE 禁断のスロットル加工
Rinnさん

3週間かけて
190さん

ブローオフバルブ付けてみた
z1fさん

インタークーラー移設と、その関連の ...
ひーーさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「岐阜を含めて西日本方面からロクミーへ参加する方は御在所SA以外で集まる予定があれば、教えてください。」
何シテル?   06/01 10:16
『紀州狂走旧車連盟』メンバー 入会方法はこちら → http://minkara.carview.co.jp/userid/1602864/blog/358...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

薄型電動ファンの流用 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/10 11:23:19
ロクミ集合場所 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/15 21:43:51
MISTスイッチ取り付け!part2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/13 09:30:09

お友達

●スカイラインR30有志へ、友達になりましょう。
●80年代までの旧車をもつ和歌山の有志へ、友達になりましょう。
145 人のお友達がいます
z-machinez-machine * スタッピスタッピ *
REIZ TRADINGREIZ TRADING *みんカラ公認 鉄仮面鉄仮面 *
シュアラスターシュアラスター *みんカラ公認 ドリフト11ドリフト11

ファン

39 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
2018年3月24日更新 ●エンジン● エンジン:ノーマル マウント:ニスモ強化マウン ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.