• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

うりpapaのブログ一覧

2021年03月10日 イイね!

リアキャリアにツールバッグを取り付けたお話 エストレヤ

リアキャリアにツールバッグを取り付けたお話 エストレヤ昨日 中華からの船便で直送されて来た「ツールバッグ」を、今朝 エストレヤのリアキャリアに取り付けました。

問題となっていた「中華からの直送品」の残る一つもこうして無事に配達されたというわけです。
3月17日までに配達するという連絡でしたので、期限内での配達となり、先の2シーターカー用に購入したTCMSの配達期限を大きく過ぎた配達よりもはるかに優秀であります。

ただ、通知してきた荷物追跡番号の反応が一切ありませんでしたので、配達されるまではかなり焦りました(笑)
まぁー、信用できない中華業者と言えども、尼村の登録業者ですから、詐欺じみた真似は滅多なことではないだろうと考えています。
しかし、なんぼお安いと言えども、もう二度と中華直送品には手を出しません(笑)



エストレヤのテールランプ・アッセンブリーを下方移動しましたので、リアキャリアの下部がスカスカ状態となってしまい、とてもカッコ悪いので、フロントに取り付けているツールバッグと同じようなものを取り付けることにしたのです。

本当はフロントツールバッグのような、のべーとした地味なやつが欲しかったのですが、安価なものでは鋲打ちのアウトローなツールバッグしかありませんでした。

このリアツールバッグに何かを収納するかというと、それはありません。
100%デコレーションですので、空っぽのままにしておきます。
仮に何かを入れると、ベルトが弱々しいので、おそらく千切れてしまうのではないかと思います…何せ安物ですからね(汗)



リアビューです。
どうですか?
スカスカ感満天な空間は無くなり、鋲打ちはそんなにアウトロー感もなく、なかなかいい感じになったと自画自賛です。
積載している段ボール箱でサドルシートは見えませんが、リアビューはこれで満足な仕上がりとなりました。



サイドビューです。
リアツールバッグの前の空間は埋まりません(汗)
今朝は嫁さんの命で、近所の激安スーパーに伊予柑や八朔などの柑橘類とバナーナを買い求めてから出勤しました。

このように、エストレヤに段ボール箱を積んで走っていることは珍しくなく、ホンダ CD250のような実用車の用途が半分以上あります。
昭和時代を思い起こすスタイルであり、近年ではとても珍しい光景のことでしょう!(笑)

ちなみにリアキャリア上に取り付ける牛皮革製のセパレートシートを用意していますが、もう昔のように嫁さんは跨ってはくれません(汗)(笑)
他に跨ってくれる女もいません(汗)(笑)
Posted at 2021/03/10 11:11:18 | トラックバック(0) | エストレヤ | 日記
2021年02月22日 イイね!

ウインカー付きテールランプのお話 エストレヤ

ウインカー付きテールランプのお話 エストレヤ昨日は4連休の2日目でしたが、何もせずに極潰しの生活で無為に過ごしてしまいました。
3日目の今日こそは意義ある一日としなければなりません。

今日は小春日和でしたので、SL125Sかエストレヤで日帰りツーリングにでも行きたかったのですが、いかんせん、新幹線!
花粉が多いに飛び散っていて、玄関から外に出ただけで、ドド鼻がドバーッと溢れて出ましたので、手鼻の嵐であります。

これではとてもツーリングどころではありません。
走りながら手鼻をしたら、ヘルメットや被服にドド鼻がコベリ付いて慌ててしまい、取り拭っている間に前方不注意で事故ってしまいます(笑)
それに、手鼻の勢いが良過ぎて対向車にドド鼻がズバーっと降り注いだら、相手から「煽り」とか何とか言い掛かりを付けられてトラブルになるやもしれません(笑)

そんなことで、お出掛けは中止しまして、前後左右ともにゴム部分がモザイク状にまるで墨の表面のごとくヒビ割れて超劣化しているエストレヤのウインカーの交換作業に専念することにしたのであります。

画像を大きくしてご覧ください。
びっくりするほどエグい状態であります(汗)



尼村で手に入れた小型サイズのウインカーであります。
これが目が飛び出るほどお安いのであります。
物買いは何でも尼村な私で、売払いは何でもヤフオクな私であります。



リアのウインカーから交換することにし、テールランプブラケットを外しましたら、アララのラーメン!
DIYアルミブラケットにヒビが入っているじゃーあーりませんか(汗)

テールランプ、ウインカー、ナンバープレートを一つのブラケットに組み込むと結構な重量になります。
そんなものをアルミ板1枚を軸として支えていたのですから、ここに金属疲労が発生するのは火を見るよりも明らかです。

当時、Rフェンダーには取付穴を開けたくないという理由から、リアキャリアぶら下げ方式しか思い付かなかったとは言え、誠に愚かでありました。
千切れてこのブラケットがどこかの路上に落下するのを、こうして事前に発見できたことは、不幸中の幸であります。

…ということで、新しいブラケットの作成であります。
この際、どうせなら前々から「いずれはやる」と考えていた「テールランプの下方移動」を敢行することにしたのであります。



それ用の新たなブラケット作りです。

厚紙でイメージにあった型紙を作り、これを元にしてアルミ板からブラケット板を切り出します。



ブラケット板を折り曲げ、穴を開けて新ウインカーを仮に取り付けてみます。



テールランプを取り付けて、位置決めをします。

これまでの位置は左側なんですが、高過ぎてバランスを欠いているのは重々承知していて、多いに気になっていたのです。

今回取り付ける位置は右側です。
普通のレイアウトとなっています。



これまでからほとんど手入れをしていませんでしたので、前後のアルミフェンダーからは錆の粉が噴いていました。
これではあきまへんので、この際、軽く磨いて照からせました。

Rフェンダーにはすでにテールランプブラケットを取り付けるための穴を2箇所開けています。
この穴は残念ながらセンターには来ていませんが、同じようにズレた位置に穴を開けているブラケットを取り付けてしまえばこの愚かな失態は誰にもわかりません(汗)



ウインカー付きテールランプを正規に取り付けました。
ほら!失態穴は見えません(笑)

ブラケットにはアルミ製の蓋をしてコの字構造のブラケットを補強し、体裁も整えて完成と相成りました。



前後のウインカーやテールランプは初々しく、フェンダーも綺麗になりましたので
有意義な作業となりました。



この際ですから、エンジンのクランクケースの両カバーもバフ掛けしようかなと考えてしまいます。
それにリアキャリアの下がスカスカになりましたので、ヘッドライトの下に取り付けているツールバッグと同じものでも取り付けることにしましょうかね。

あっ!もうすぐ嫁さんがパートから帰って来ます …
Posted at 2021/02/22 18:15:38 | トラックバック(0) | エストレヤ | 日記
2021年02月13日 イイね!

ライディング・ポジションの確認のお話 エストレヤ

ライディング・ポジションの確認のお話 エストレヤライディング(ドライビング)・ポジションがしっくりきていないと、首肩がこったり、腰痛になったりしやすいのが乗物であります。
エストレヤはサドルシートを少し後退させつつ、後部を下げ、これに伴ってハンドルグリップを少し上げましたので、以前よりは微妙にポジションが変わっています。

本日、そのライディング・ポジションを確かめるために、中距離ツーリング(140kmほど)に出かけました。

画像のバックに写るお山は日本武尊で有名な「伊吹山」であります。
この辺りは、雪国の入口になるようで、中腹から積雪となっています。



せっかく、長浜に来たのですから、例の「茶しん」に寄らない手はありません。

リアキャリアに段ボール箱を括り付けていますが、これは嫁さんの下命で焼栗と高級莓を買って帰るのに、それを放り込むためのものです(笑)



ここに来たら、「イタリアン焼そば」であります。
ホワイト餃子も注文しましたが、30分ほど時間を要するということでしたので、残念ながらこれはキャンセルしました。

久方ぶりに食しましたが、大変美味しかったです。

目的地を往復するコースです。
ライディング・ポジションは窮屈さが無くなって、ゆったり感が増し、首肩腰への負担は少なくて、これなら日帰りツーリングに不安なく使用できます。

サドルシートの改造は「大成功」でありました。
相変わらず 自画自賛!! …(笑)
Posted at 2021/02/13 15:35:10 | トラックバック(0) | エストレヤ | 日記
2021年01月31日 イイね!

必殺錆封じを使って綺麗にしたお話 エストレヤ

必殺錆封じを使って綺麗にしたお話 エストレヤ昨日はJB64Wを弄ったんですが、本日はエストレヤを弄りました。

ようやく「必殺錆封じ」で除錆・防錆などを施して、サドルシート下を綺麗にしたのであります。

必殺錆封じって、昔、プラモデルに付いていたセメダインの匂いがするんですね。
いやいや、この匂いは私にとって決して嫌な匂いではなく、小中学生当時を思い起こさせてくれる匂いです。



エストレヤはずっとカーポート下で、しかもボディカバーを被せていますので、年式の割にはそんなに錆の発生はありません。

しかし、サドルシート下のフレームの繋ぎ目辺りやサドルシートの二つのコイル、それに後付けのサイドバッグの金具等に錆が出ているので、ここに必殺錆封じを塗布します。

赤色の錆がすぐに焦げ茶色に変化します。
この状態において変化した錆の除去措置をする必要はなく、上から塗装ができるので、この溶剤による除錆・防錆処理はとても楽ちんです。



必殺錆封じは塗布した後しばらく置いておいた方が良いようなので、その間に、サドルシート下のカバーを作ります。
サドルシートの下には電装品やバッテリーが収納されていますので、雨除けが必要であります。

元々、サドルシート下には鍵付きの純正カバーがありましたが、純正サドルシートと一緒に売却してしまったのでもう手元にはありません。
仮にあったとしても、今のサドルシートのコイルが収まらないので使うことはありません。

厚紙で型を取り、これを元に百均のプラ板を成形します。
そして、大好きなカーボン調シートを貼り付けて化粧板に変身させます。



必殺錆封じを塗布した部分が乾くと、黒色ラッカーを塗布して仕上げます。
これで錆は無くなりました。



カバーは前後の空いて部分に差し込むように作りましたし、センタースプリングが押さえ込んでいるので、走っていてどこかに飛んで行ってしまうことは無いと思いますが、念のために、マジックテープで飛ばないように固定をします(笑)

これでようやくエストレヤのやりたいことの一つを消化できましたが、配線束が干渉してカバーが少し浮いてしまっているようですので、後日修正しておきます。

次はSL125Sでも弄ろうかと考える今日この頃であります。


P.S.

カバーの浮きを修正ました。
Posted at 2021/01/31 15:55:19 | トラックバック(0) | エストレヤ | 日記
2021年01月23日 イイね!

片側の牛皮革製ニーグリップアシストパッドのその後のお話 エストレヤ

片側の牛皮革製ニーグリップアシストパッドのその後のお話 エストレヤ今日は予報通り、朝からずっと雨です。
冬の雨は冷たくてドアの外では何もする気が起こりません。
せっかくの土曜日だというのに … なんちゅー日じゃー!!
今回は片側を無くしてしまった牛皮革製ニーグリップアシストパッドのその後についてお話をします。

今日は、郵便局が開局してすぐに、前夜にヤフオクで売れた商品3個を持ち込んで、発送手続を済ませました。
その足でホームセンターへ行き、嫁さんから注文を受けていた前後に籠を付けたママチャリに適合する自転車カバーを買い求め、ついでにかなりの年数で使い込んでボロボロになっているエストレヤのカバーも買い求めました。

本日の外出はこれだけです。



ログでもないテレビ番組を観ていても、定期的に小腹が減るので、冷蔵庫へ走ると、冷蔵庫のドアにマグネットの力で貼り付いている片側しかない牛皮革製ニーグリップアシストパッドがその都度目に入り溜息が出てブルーになります。



そう言えば「余っている牛皮革の端切れがあったなー。」と思い付き、失った大切なものをなんとか蘇らせることはできないものかと踠(あが)いてみることにしました。

牛皮革の端切れは、かなり前にヤフオクで手に入れたもので、エストレヤの腰当てやペスパのシートを元にしたタンデムシート、2シーターカーのアームレスト等々を作成しています。

牛皮革製パッドの膨らみは、腰当てやタンデムシート、アームレストなどで使用し、使い心地がとても良好である画像の繊維質のクッション材を挟んで実現します。

牛皮革の端切れから片側のパッドを型にした2枚の材料をサクサクと切り取って準備ができました。



牛皮革の端切れは、表皮を見れば品質がかなり劣るのがわかります(汗)
「返し縫い」の手縫いにより外周の縫い合わせを終わらせました。

素人縫製で、かつ縫い目の間隔がかなり粗いので当然ながら出来は良くないに決まっていますが、実は小学校5、6年の授業にあった「家庭」の成績が5段階中のなんと「5」でしたので、裁縫や料理は得意中の得意なのであります。
しかし、これまたお得意の「手抜き」も当然のごとくございますので、出来栄えに楽観視は禁物です(笑)



下手くそですが、内側のデザイン縫いも終わりました。
ガソリンタンクの両側に別々に取り付けてしまえば、左右を同時に見ることはできませんので、多少の違いは誰にもわからないのであります(笑)

取外し可能とするために、懲りもせず裏側にマグネットシートを貼り付けます。
実は左右一緒に冷蔵庫のドアに貼り付けておくためなんです(笑)



出来上がりました。
今日一日の成果物です(笑)



片方無くしたことのその失意がこれでやっと癒されることになりました(嬉)
それどころか、他の人には見えないかもしれませんが、もう片方は出来が悪くとも私の魂が目一杯注入されていて大いに輝いています(笑)



貼り付けてみると、こんな感じです。
磁力が強くないから、手で払うと簡単に落下してしまいます。
これでは紛失するはずです。

先日購入したキジマ製パッドと見事にバッティングすることになりましたが、貼り付けるとしたらキジマ製パッドです。
しかし、両面テープのキジマ製パッドを貼り付けてしまえば、おいそれとは剥がすことができません。
貼付けにはそれなりの覚悟が要りそうです(汗)

Posted at 2021/01/23 20:04:51 | トラックバック(0) | エストレヤ | 日記

プロフィール

「[整備] #SL125S 若いもんにゃー負けへんでー! 冷却風導流板など https://minkara.carview.co.jp/userid/1608170/car/2883992/6496285/note.aspx
何シテル?   08/09 20:40
≪車両管理分担≫ ウンチク平 … JB64W モリチク平 … SL125S ≪オタク度≫ ● 何かにつけて、ウンチク平モリチク平すること半端ない! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/10 >>

     12
345678 9
10111213 141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

エアコンドレン延長 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/07/11 13:34:28
オートライトのセンサー調整 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/07/06 19:07:31

愛車一覧

スズキ ジムニー コックピット ジム兄ちゃん ウンチク平 (スズキ ジムニー)
オヤジのカスタム玩具 JB64Wであります。 納車に9ヶ月待ちました。長かったですね。 ...
ホンダ SL125S 不死鳥の老兵 SL爺ちゃん モリチク平 (ホンダ SL125S)
半世紀前、すなわち50年前と言えば、「1970年」で、大阪万博開催の年であります。 関西 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.