• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月15日

自動車税等見直し案の提言

自動車税等見直し案の提言 さて、今年もまた自動車税の時期がやってまいります。
過去にこんなことこんなことなど書いてみたりしたわけですが、久々にまた(性懲りも無く)このネタを引っ張り出してきたりしてみよう。

基本的な考え方は変わらないです。
現状の自動車税に関連する不満点は大きく2点。
・排気量が500cc区切りでザルすぎる
・軽自動車と普通車が別である

特に軽自動車については強く思うのです。そもそも全く同じように使用できるものなのに税金が大きく違うって納得しがたい。軽自動車に乗っていた時ですらそう思っていた(普通車も並列で持ってましたからね)。そもそも区別すること自体が疑問だ。
軽自動車を所有、使用する人たちも、区別されることは快くないって感じる人が少なくないっていうことがわかってきましたよね。。。それは、白ナンバーに変更することができるようになってわざわざ変更する人が少なくないことから伺えます。
やはり今でも私の中には軽自動車規格は無くすべきという考え方はありますが、それは庶民の足を奪っていいということではなく、庶民の足としてもっと適しているものを検討して新しく規格化してみた方がいいんじゃないかって思うのです。現状の普通車ユーザーから見た不平等、軽自動車ユーザーの妥協や劣等感といったものから、もっと生活の足として利用する人もそうじゃない人も不満のないような規格・制度にしようじゃないか、という提言をしたいのです。

同じ軽自動車でも生活の足として近所の街乗りのみで使う人に対して税金を上げようというとそれはどうかと思いますけど、趣味車として使用している人だったり高速道路等頻繁に走ったりして普通車のように使用している人ならそれなりの税金となってもいいんじゃないかと感じるわけです。逆に、普通車だからといって生活の足として近所の街乗りにしか使わないのなら現状の高い税金は下げたらどうかと思いますし。

そこで、軽自動車に代わる新しい規格として「シティ・コミューター(名称仮)」を創設することを提案しよう。名称はもっとイケてるものが欲しいけど、私には語彙力がないので・・本記事ではシティ・コミューターでいこう。
そもそも、買い物や通勤として使用する車が高速道路を走行して遠くまで行けたり多くの人や荷物を載せられないと困るでしょうか。困らないケースも少なくないでしょう。そういう人・場面に適した乗り物をシティ・コミューターとして規格化することを考える。
というわけで、シティ・コミューターは以下のようなものとしたい。
・庶民の生活の足としての乗り物という基本コンセプト
・高速道路等の自動車専用道路は走行不可(=自動車ではない)
・自動車ではないので自動車税はかからない
・まぁ、代わりにシティ・コミューター税はかかっちゃってもしょうがないね
ポイントとなるのは、「使われ方」だろう。車の大きさで考えるんじゃなくて用途で考える。なので、全く同じ車でも「自動車」として登録すれば現状の普通車のように、「シティ・コミューター」として登録すればシティ・コミューターとして使用するという姿となる。まぁ、あまり大きな車がシティ・コミューターというのは馴染まないしおかしいと思うので大きさの制限は設けるのが自然かとは思うが、現状の軽自動車やコンパクトカーはどちらでの登録も可能でユーザーがその用途から好きな方へ登録できるという感じになろう。もちろん全ての車が両方へ登録可能ということではなく、今後新しく開発される車としてシティ・コミューター専用車両というものも出てきてしかるべきだろう。
シティ・コミューターの想定される大きさ的にはざっくり5ナンバー幅、高さ1600mm、長さ4200mm、1200kgまでくらいだろうか。


このような考え方をした場合、有利となることがいろいろ出てくる。
まずは街乗りのみで自動車専用道路は走行できないということから、要求される速度域が低くなりコストや重量を抑えた車両を作成することが可能ということがある。ざっくりいってしまえば、60km/hに耐えられればそれでいいという割り切りが可能ということ。(さすがにギリギリっていうわけにはいかないでしょうが)
また近所の足と枠組みを設けることで、EVとの親和性が良いといえる。そもそもシティ・コミューター専用車両なら航続距離などというものから解放された商品を出すこともでき、バッテリー容量を減らして重量を減らしたらモーターもより小型化できてバッテリーはさらに減らせて・・・ステキな好循環が生まれる。なんてことも可能だ。


軽自動車税と自動車税は一体化。軽自動車という規格をなくすのだから当然だが。
大雑把には2000cc以上は現在の枠組みのまま、税額は段階的に微増させる感じ。2000cc未満は200cc区切りで800cc未満は一律、といったあたりが実情にあった枠組みになるのではないだろうか?これらは現状の自動車税と同様の都道府県税として。まぁ、ある排気量以下は市町村税というバランスの取り方もあるかもしれない。
シティ・コミューターについては、一律5,000円/年程度のシティ・コミューター税でどうだろう?細分化する必要性は感じない。位置づけから考えて。これは現状の軽自動車と同じ市町村税としてやれば良い。

制度の移行については、、、
現状の普通車はなにもしなければ普通車のまま。シティ・コミューターとして登録可能な車両でシティ・コミューターとして登録したいユーザーは登録変更可能にする。
現状の軽自動車は何もしなければシティ・コミューターとして自動車専用道の走行などができなくなる。普通車として登録したいユーザーは普通車として登録変更可能にする。
制度移行の一定期間については登録変更の手数料は無料で。そして、新規にシティ・コミューターとなった車は黄色いナンバープレート、普通車となった車は白いナンバープレートとなる。

どうです?
実はこの制度で現実的なEVが普及して建前じゃない本音のCO2削減することが可能なんじゃないかと密かに思っている。
自動車業界も日本Onlyの軽自動車開発から解放され、新しいビジネスチャンスとなるのではないかと期待もある。
なにより無駄に値段が高くて重くなってしまった軽自動車が改善され、あるべきスマートな庶民の足が生まれるというのが理想的じゃないですか。


まぁ、夢物語ですかね。。。
ブログ一覧 | Opinion | クルマ
Posted at 2018/04/15 20:52:02

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

コンパクトEV車が最近多くのメーカ ...
仁政さん

エコパサンデーラン(2017120 ...
ほーりーさんさん

アメリカからの
ゴガンさん

ハイエース・ワイドスーパーGLにコ ...
たかきち(ヾノ・∀・`)さん

シティ・コミューター
かわねこさん

キャンパスクイーン が 新型 ミツ ...
アクア ASX Ralliartさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「111777」
何シテル?   04/13 19:42
かわちゃんです。名前被り回避のため変なのついてますが気にしないでください。 Automobile Driving and Motorcycle Riding ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
以前からいいなぁと思っていたロードスター。 このたび『このクルマを手に入れるほんの少しの ...
ドゥカティ モンスター821ストライプ MONSTERstrada (ドゥカティ モンスター821ストライプ)
中古車です。DUCATI Japanの広報車両だったようです。走行の少ないお得なタマです ...
ルノー トゥインゴ 5代目通勤車 (ルノー トゥインゴ)
5代目通勤車。2017.03.18〜 カタログモデルとして存在しない、ブランクリスタル ...
ヤマハ メイト 足バイク (ヤマハ メイト)
足バイク これで車が停められないところへもサクッといける

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.