• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

HinaSaraのブログ一覧

2016年03月21日 イイね!

アテンザ最終回!!!(解体祭りだワッショイワッショイ~☆★)

アテンザ最終回!!!(解体祭りだワッショイワッショイ~☆★)先日のブログ

ドナドナど~な~ドーナー 』にて
↑クリックでドナドナブログへ


ポンコツの


ドナー先や
嫁入り先を募集
しましたところ


まだ、13年オチの
こんなポンコツに
乗る覚悟がおアリ
な 


モノ好きか・・ 

変態か、 

貧乏人か・・・


それなりにお問い合わせがありまして・・・




とある平日・・・

個人メッセでシッカリ自己紹介の出来る方々から



ケンカしませんよーに、
欲しいパーツを決めてもらいました


貧乏人なワタクシもちゃっかり・・・


大爆笑





そして先日の月曜日


我が、バイクカスタムの秘密基地こと
Hina☆Saraベース



みんカラさんの


沖縄人だったクン 
とそのお友達
いわさきデミ夫クン

遅れて
キックアス☆』クン
をお招きしまして


ポンコツの
 臓器移植
  &
 解体祭り
を開催



沖縄人だったクン
→ プロの整備士!!

いわさきデミ夫クン
→ プロ顔負けの変態級なクルマ好き(笑)

キックアス☆』クン
→ センス無き大学生(爆)


整備士2名、まだ21歳っちゅうのに
仕事が早い!!!!!!!!!






あっちゅう間にマフラー撤去(出番無し!!)




おっさん、完全邪魔モノな為



内装剥がし








沖縄人だった』号より

純正マフラーフランジ部切断しーの




ワタクシも急く急く働きまして


全シート撤去



23Sのモケット椅子
23Zのハーフレザー仕様に。



モケット椅子は
スクラップ車両へ



取り放題の解禁状態のため


ボンネットダンパーやら
タワーバーも、ロアバーもフロアバーも



グリルも移植



23Zのリヤゲートウィングに至るまで



骨まで愛して~♡






ビルシュタイン



インテークサクション
レーシングプラグケーブル




ビルシュタイン(通称:黄ビル)
ダブルウィッシュ



どんどん移植



限られたパンタグラフ+馬しか無いため


片方づつ・・・
職人2名の連携プレイ・・・




とまあ、
フロントは外して付けりゃいいだけですが・・・



知恵の輪と有名なアテンザのリヤ



マルチリンクのビルシュタイン





取り外すのにもまー大変



昼も喰わずに屋外で
ぶっ通し軽く12時間






キックアス☆クンには
補強バー類の移植予定でしたが時間切れ
小物だけ移植して後日って事で・・・




沖縄人だったクン
・ビルシュタイン足回り一式
・ハーフレザーシート一式
・リヤフロアバー
・インパネ装飾品
・ボンネットダンパー
・フロントグリル
・レーシングプラグケーブル
・インテークサクションパイプ
・ラゲッジルームマット
・トノカバー
・LEDドアウィンカー
・リヤゲートハイマウント&ウィング

〆めて諭吉1.8名様


キックアス☆』クン
・タワーバー
・ロアーバー
・カスタム給油口
・カオスバッテリー
・車内カーペット
・23Z用18”アルミ+スタッドレス225/45R18 x4

〆めて諭吉1.3名様

18インチRX-8アルミとタイヤセットは
アップガレージ諭吉1名様と
ブツブツ交換


捨てる神
アラバ


拾う神アリ




悪巧みのオッサンは『お気持ち』で
納車前妄想でMercedes CLAを
122馬力から156馬力にRaceChipで変更を
企んで居りましたが届かず(笑)




Mercedes購乳のうち200諭吉は自腹(汗)
株式投資売ったが足りず(笑)



今回のトータル
諭吉4名様のお気持ちは


嫁ハンに上納(多汗)


貧乏人仕様のMercedesには
足休めが無いため
12万Kmを共に過ごしたポンコツから



CLAってたしかウーハー積んでなかったよな。
って事で・・・
GJ(現行アテンザ)より音がマシな
GG/GY純正BOSEサウンドシステムから
保険でアンプとウーハーも拝借。


弄るつもりは全く無いMercedesさんですが
妄想が一人走りしてしまって居ます(笑)



本日、ラストランを兼ねて
丸裸に成ったポンコツを出張に使用w
160で空飛ぶ足回り仕様に(笑)


あと4回寝たらついに・・・


楽しみだなぁ~☆


GY3W:述べおよそ12万Km
BK3P:14万Km弱で猿人ブロー
その前:15万Kmで捨て

次も長持ちしますよーに

2016年03月06日 イイね!

貧乏サラリーマン。車を飼う。☆☆☆Mercedes-Benz編☆☆☆

貧乏サラリーマン。車を飼う。☆☆☆Mercedes-Benz編☆☆☆☆☆☆ドモ~☆☆☆

★★貧乏シリーズ第四弾★★

最初からなんとなーく予想はしていましたが

ついにやってまいりました

Mercedes-Benz


VWパサートバリアント大作戦
失敗
してから・・

無駄にプジョー308SW
SUBARUレボーグを観てきた訳ですが


ワタクシの妄想癖は
クルマも同様・・・



当初から貧乏サラリーマンに飼える筈も無いメルセデスベンツを調べまくる日々・・・


歴代いろんなステーションワゴンを乗ってきましたので


当初から候補にしていた1台は


メルセデスベンツ
C200 or C250
ステーションワゴン
 


S204型の後期モデル、最終型
すなわち2013年7月以降の生産モデルに絞って
(庶民クラスの)
極上の中古車
を探していたわけです★★

必須オプションとしまして・・・
・レーダーセーフティーパッケージ
・AMGスポーツパッケージ(最終型は標準仕様)
(もしくは専用サス付きのスポーツパッケージプラス)
・ユーティリティーパッケージ
・ベージュのフル本革(黒は嫌)&シートヒーター

これが最低条件でした


昨年からほぼ毎日メルセデスの正規ディーラーサイトをチェックする毎日・・・

激レア車だから当然出てくる筈も無い・・・

そんなある日・・・

あった。

でも、貧乏シリーズのはじまりは嫁の一言から始まっているため
我が家から出る軍資金はたったの諭吉200名様

残りは貧乏サラリーマンのおこずかいから捻出が必要なのでしたが・・


たまたまアメリカのサイトで見つけたカッコいいバイク

完成品で売ってなかったので
直接USAのビルダーさんに問い合わせて


ド素人が真似して
作ってみようと3年・・・


中華製のベース車両(右)を
わずか20万で購入し・・・


パーツ移植から




適当に図面を書いてみたり


ド素人のスーパー愉しいバイク創りの日々で・・・

塗装をはじめてみたり














CGをやってみたり


世界中から湯水の如く銭を叩いて

パーツを仕入れたり



道具から揃えてカスタムしたりで・・・



すべてみようみまねでひたすら挑戦し続けること・・
気が付いたら株式投資で得た200万をすべてバイクのカスタムに使い切ってしまった【爆】


ローンで組めばよいとお思いの方もおられるかと存じますが・・・

うちの嫁はん。
ローン、すなわち無駄な銭払いが大の嫌い・・・
大手企業で給与計算・税関連の仕事していただけあって数字にうるさい


・30年で契約した住宅ローンは既に10年で完済
・狭小スラム街に、追加で買った隣地(わずか6坪(笑))も完済
↑これで軽く現行Cクラス買えた(汗)

Hinaさんも、Saraさんも
まだ小学生なので対して銭は掛からない筈なのに
我が家のクルマ購入資金はニコニコ現金払いが絶対条件・・・


どうしてもメルセデスベンツが欲しい!!
と申しておりましたら・・・

あなたの株売ればいいじゃない!!!!
(いくら持っているかは全く伝えていません)


今後もう1台のバイクを創る予定ですし・・・

株式投資には限界(外資系企業のストックオプション=ボーナスの代わり的な感じのため)
株式投資で得た利益を外国為替取引(Fx)で
軍資金を増やしてからと思いましたが



残りの殆どの株式を売却する事に(T_T)・・・

とわ言え、外国株なのでOrderしてからチェック(小切手)が郵送されるまで
それなりの日数が掛かり、小切手を現金化(入金)までにまた数日・・・


銭は準備できていないので指をくわえて待つ日々が続き・・・


気が付いたら激レアS204:C200ステーションワゴンさん、居なくなっていた(T_T)号泣


こんな極上車、Cクラスワゴンで今後絶対出てくる筈が無い。


現行Cクラス(S205)

内装は極上なのはTMS2015で確認済み


庶民が飼うC180でも同じこの内装
(木目調では無く、ホンモノの一枚木を鞣したウッドパネルはしゅぽると以上のグレードぢゃないとついてこない)

でもクルマごときに700万も800万も出せない・・・・

しかも


嫁ハンが許すボデーサイズ
は4600台、幅1800以内・・・

俺は居乳のボデーサイズが好みなのに・・

品乳ボデーぢゃないか・・・

無理だ・・・


ひとまず、フランス車や国産ワゴンを観るも
どれもバランス悪くてしっくり来ない


でイロイロと俳諧しておりますと・・・

嫁のボデーサイズ
で良いのが有るじゃないか!!


CLA Shooting Break

その昔、由緒正しき貴族がオーダーメードした事から始まった
Shooting Break・・・言葉は聞いたことがあるが


路線は従来のMBとは一線を画す
流線型でアバンギャルド感満載のCLS

それの廉価Aクラス版・・・
メルセデスなのにFF・・・
そして1.6Lエンジン・・・


心配な事が多すぎるが外車は乗ってみないと数値では判断できない乗り物


連日MBのHPを俳諧していると
(YANASEは怖いのでシュテルン限定)


きたあ







でも株はまだ売れてない。
待っていたら前回の二の舞に成る。


とりあえずアポとって観に行く事を伝え、
前日、怒られながらも嫁ハン同伴の承諾を得て


いざ出陣


貧乏サラリーマンには
敷居が高いMercedes-Benz



ガクガクブルブル(;´Д`A


恐る恐る、入店しますと・・・



つなぎ来た営業さんから


○○小学校のHinaSaraさんですか??


ナニぃ~??

1977年・78年生まれですよね??

はい。

私、○○小学校の・・・

同級生
o(≧▽≦)o



こんな偶然ってあるのか・・・

名刺を交換し、お互い外資系で働いているが過去の話を暴露してゆくと・・・

お互い、地元ぢゃ(悪名で)有名な工業高校卒のバカばっかりやっていた奴で・・・

初めて訪れた
メルセデスベンツ

ゲラゲラと過去のバカ話しで
大声で笑い連発
ムプププ(〃´艸` )ププププ

入店数秒でお互いタメ語(爆笑)

とても敷居が高いMBに居る

一元さんの雰囲気は

まったく無し(笑)


さっそく彼と嫁をうまく巻き込んでくれとひっそりと伝えて・・・


CLA
ShootingBreak180 Sport

<シュテルン横浜東のDemo Car>


オプション全部のせ。

<C180 Shooting Brake Sportsがベースなので、AMGレザーエクスクルーシブパッケージだけは付いてません>

コレ、

欲しかったケドなぁ~

☆★さっそく試乗★☆

はじめてのメルセデスベンツですが、となりに乗る営業は同級生。
一切気を使う事なく、ベタ踏み、急ブレーキ、急ハンドルからの鬼加速・・・



一番心配していたのはベースがA180
エンジン馬力122
トルク 200N



ついこないだ乗った化け物(レボーグ)の半分も無い・・・


大丈夫か??

ベタ踏みでレボーグのような天井不明な暴力的加速は無いが
ピークが分かるものの、街中を走る静けさと売って変わって


エンジンのフィーリングがとても良し!!
まるでNAの2Lに乗ってる感じでめちゃくちゃ楽しい
トランスミッションはVWのDTCのよーにすこぶる良好で
ギヤの変速はただ素早くチェンジする国産のようでは無く、
クラッチを切って→アクセル離して→シフトチェンジして→アクセルベタ踏みのよーな

まるでマニュアル車のゲームをやっている感じ。
(ポルシェのようなレスポンスの良さは皆無)

それで居て、日本仕様は最初からスポーツサスペンション搭載
タイヤはランフラットの225/40R18、MBにしては足が硬くてイイ!!

街乗りでアスファルトのザラ付きはうまく往なすものの、かなりゴツゴツ
ハンドリングもサーボが掛かっているおかげで低速はラクラク、
速度が上がるにつれてサーボが程よくほどけてゆく

モードを完全Manualにすると、エンジンが高回転にまーひっぱる事ひっぱる事・・・
早々簡単にはシフトチェンジはさせない。おかげてアクセル戻したフィーリングは
まるでNA車のようで楽しい。ブレーキもレボーグの比にならないほど、
踏めば踏んだ分だけダイレクトに利くし・・・ボディ剛性もレボーグ以上で
ハンドリングも申し分無し・・・こりゃあ楽しいクルマだわ。
(たぶん余裕な250 4MATICと味付けが全然違う)

レーダーセーフティーパッケージによる自動追従も申し分無し

(ブレーキの自然感と、応答の良さはSUBARUのほうが上)

嫁ハンのチェンジして・・・
過去に海外でも運転させなかった俺が悪いのだが・・・

ウインカー間違えて、ニュートラルに入れる(CLAはコラムシフト)

僅かディーラー1週しておなかいっぱいに(笑)


室内も当たり前ながら、国産や適当なヨーロッパ車とは桁違い
CLAクラスでありながら、DINAMICAレザーとステッチの質感は別次元

エアコン口やダッシュボードのデザインは秀逸
HUインパネこそ、Cクラスの一枚モノの本木目のような上級感こそは無いが
この価格帯にして必要にして十分。

シートの形状もまたスポーティーでイカつい顔面に負けていない!!!
COMANDシステム(i-PADのモニタみたいな奴)やETC2.0
自動開閉式テールゲート、メモリーパワーシートや
パノラミックスライディングルーフなどのオプションも全部乗せ
オーディオも特殊仕様なharman/kardonロジックは付いてなくても十分な音質

すべてにおいて上質。
対価以上の幸福感

外から眺めてうっとり(人´∀`)

ベタ踏みで走ってワクワクψ(`∇´)ψ

インテリアを

眺めてにんやり(*´~`*)



(後部座席は結構せまく、天井も圧迫感。リクライニングもせず、せもたれは直角に近い
ここは子供専用椅子になる)



ラゲッジがやや狭いのは積み方工夫で我慢しよう。


この車両・・・

ネット公開3日でアクセス400件(ダントツ)
問い合わせ十数件・・・

昨日仮契約者はローン申請やらで没
本日午後予約者は現金もって即買い予定

ガチでどうする??
と同級生



でも株はまだ売れてないので
嫁ハンに泣き付いて(◞‸◟ㆀ)土下座からのぉ~


嫁に借金(奴隷生活)


ボディコーティング&ホイールコーティング(外注)
内装抗菌コート (お友達サービス)

値引き等の帳尻合わせでキーケースなどを購入で。

小学校の同級生だけあって、住まいは近所なのでイロイロと融通が利く

諸経費コミコミ415万のところ・・・
ニコニコ現金一括払いで400に♪

ポンコツアテンザも11万Kのため廃車も
改造パーツ沢山ついてるのでタダでもってってもらうよう交渉


末永くお付き合いする相手が同級生なら・・・
嫁もしぶしぶ承諾し


契約

人生7台目にして、ついに初のドイツ車
初めて欲しいクルマを買えた気がします


納車は38歳になる誕生日に~♪

こんなに気持ちを高揚してくれる庶民でも頑張れば飼えるクルマはほかにありません
納車が楽しみだなぁ~


という事で・・・
約半年に及ぶ貧乏シリーズはこれにて閉幕


暫くバイクに金掛けれないのでひっそーりとバイク弄ろうと思います

でわでわ~♪
2016年03月05日 イイね!

貧乏サラリーマン。車を買う。SUBARU LEVORG編

貧乏サラリーマン。車を買う。SUBARU LEVORG編ハイ~♪

貧乏シリーズ第三弾!!


(明日ネタが追加されるだろうなので頑張って作りましたので眠い)

VW パサートバリアント

 (VW ゴルフバリアント

プジョー 308/508 SW




に次いで第三弾!!

いつかはおいらもスバリストに!!
ボクサーエンジンでドカドカしてやるぜ!!


でもCVTは無いでしょ!!っと考えている頑固者
(バイクはギヤ付きでナンボ、ビックスクーターはバイクと呼ばない偏見の塊)
セカイ的にも多段式トランスミッションに変わるなか、なぜこの時代にCVTを出す神経が分かりませんでした・・・

が、後程
良い意味でこのCVTが裏切ってくれるのでした♪


とはいえ、第三弾もワタクシの『素直さ』な表現が露骨に出ています。

スバルをこよなく愛す方、スバル信者の方、
スバリストの方は、すみやかに退出頂くのが良いかと思います。
悪い気されましても責任持てませんのであしからず。




食わず嫌いはよくありませんw
の第二弾でもあります(笑)


第一弾、第二弾ともに
時代の流行のダウンサイジングターボ車。


見た目はいいのに、運動性能がいまいちだったり・・・


で、ありました。
CVTを受け入れられれば
貧乏サラリーマンでもなんとか飼える


ひつじを被った
オオカミが



SUBARU LEVORG

2.0GT-S


カタログ値だけでも脅威的
2リッターターボ


300PS
トルク400N



とりあえずいつものよーに予約もせず来店・・・
仕事帰りに寄った事もあり営業も業者だと思ったか(笑)
入店しても応答無いまま5分黄昏る
(たくさん営業居たのに。。。)


ま、これが国産営業品質


さっそく、

レボーグ発見。

1.6Lにビルシュタイン入れた廉価版
らしい。


どうもこの昭和くさいボンネットの穴が気に食わない事もあり
最近のスバルには近寄らなかった。
ボディサイズはいいのに、ボンネットのプレスといいノーズがとてもショートに見えて仕方ない

デザインも走りにばかり向いており、官能的なデザインが一切ない

サイドのキャラクタープレスラインも一切無く、まるで昭和なデザイン。


2003年の我がポンコツと比べても全く違和感を感じない。

外観は何がいいのか全くを持って理解不能

(間違いなくスバリストに殺される(笑))


ボンネットを開けてみる。
水平対向エンジンはとても魅力的


ボンネットをデザインルールに重んじて昭和の方法で閉めると営業が飛んでくる
どうやらボンネットだけアルミ製だったらしい。
勉強不足ですみません(=_=)


あまり勉強していなかった事もあり、廉価版で色々確認。


ボディサイズは、さすが日本車
日本の関東のスラム街に特化したサイズ。
このボディサイズがあるからこそ、4m道路に適用出来、
裏道を爆走出来るのである。


リヤゲートを開けてみる

自動開閉のスイッチが見当たらない

トノカバーまでの高さがだいぶ低く、

嵩のある荷物を積んだ際にはトノカバーを閉められない可能性があるように感じた。

(現在ポンコツには多量の工具がこんな感じで)


ステーションワゴンにもかかわらず、

リヤシートがリクライニング出来るのは素晴らしい

スポーツ仕様ではアルミ?ステンのペダルが点くので良いが

廉価版はゴム仕様。

13年前のポンコツも金属仕様になってるので、2.0GT-S以外は社用車にしか見えない


とりあえず試乗

花粉まみれの車両を観て、このクルマだったら絶対自分じゃ洗車しないだろうなぁ~と想像してしまった。外観に保有する喜びが一切ないからであろう。
2003年製のポンコツと大した差が無い。電球がLEDになった位??



とりあえず乗ってみる。



ダッシュボートを観て、思わず吹いてしまった
これ、一人だったら声を出して笑ってしまう内装がとこせましと並んでいる


なにせ、内装が2003年のポンコツレベルでは居ない。
群を抜いてすごいセンス。1300ccクラスのレンタカーですらこんな内装にはなかなか出会えない。

未だに2D-IN-ONE的なカーナビ??が着いている。
自社のデザインに自信が無いのか??

電気メーカーとの癒着が有り商品売ってあげないといけないのか??

内装のデザインを観れば見るほど勝手な妄想が込上げてくる
デザイナーは全員昭和メンバーしか居ないんだろう。
若い意見は汲み取ってくれない会社なんだろう・・・


エアコンのダクトから横のデザインの線の統一感が無い。

言い出せばキリが無い
いいところを探そうとしても古臭いところしか見えてこない。

決してSUBARUが嫌いなのでは無い。
むしろエンジン、足回りに特化したお堅いエンジニアの塊的なイメージがありT社の数十倍イメージが良かっただけあって残念極まりない。


後程WEBカタログを見てみるとさらに恐ろしい表現方法を見つけてしまう

自信満々ぢゃないか。
このカタログは昭和のモノでは無いよな(汗)


人間工学を考慮したって、どうでも良い、しかもデジタルのブースト計を
一番フロントガラスに近いところにレイアウトし
普段、注視するだろうナビのモニターがかなり下にレイアウトされる。

こいつは社用車では無い。コンマ数秒が命取りな化け物な筈なのに、
あえて下を向け!!ってレイアウト。
エアコン周りの青いLEDは何のためだ??
夜間走行においてはストレス以外の何物でも無い

ドライバーを殺すための内装か???


シフトノブ。

きっと拘ってレザー使って、他車まねて自社カラーのステッチ入れて
ご満悦に浸っているんだろうが、樹脂成型の形状がこりゃまた昭和プリウスを観ているみたいだ
色の使い方とかもう何をしたいのかわからない・・・


そしてこのあまりにもお粗末なデザイン設計が実車へ堂々と採用を許してしまう企業体系って恐怖だ。


ハザードボタンのスイッチの場所もたぶん昭和。

それでいて、裏切らない、昭和風な他との調和を一切許さないハザードスイッチ


いろんなところを観れば見るほど、笑いを隠さずに居られない。
その笑いが増幅されてパルプンテ状態が続く・・・


僅かなCPUでネガティブな要素がどんどんあふれてゆく・・・

なんとか必死に笑いをこらえて、フロントガラス以外は見ないようにし
頭の中を真っ白になるよう呪文を唱えた。


でとりあえず発進


ここからが本気の恐ろしさ。
300馬力なんてクルマ、操ったこと無い


今まで試乗したステーションワゴンはすべてアクセルベタ踏み。


初回、ECOモードでアクセルベタ踏みにしてしまった。

(最終的に分かった事として:発信後のターボ特融のタイムラグは全く対処されていない感じがあり、スタート時のみ、どのモードにおいてもモタツキが隠せずストレスである。

ただし、そんな事を考えさせる余裕も無く、数秒でメーターは130Kmを超える

ハンドリングもスポーツ。となりの営業をしっかりつかまらせ、
100Km台で急ハンドル。一切の遊びを許さず、かっつりと向きを変える。
コーナーにおけるハンドリングと足回りの限界もとても分かりやすく、
というか車両の出来が良すぎてそこまでの速度で曲がろうとは思わないくらい
ポテンシャルが有り過ぎる。たぶん半分も生かし切れていない。

サスはダンパーは今ポンコツにつけているのと同じ、通称『黄ビル』ことビルシュタイン
緩やかに反応速度は速やかに、街乗りかっ飛ばせ仕様にもってこいなダンパー。

に対し、バネはどこ製なんだろうか、レートが弱い気がする。
軽く200Kmは出るだろうからこの足では不安だと感じる。
タイヤはあとあと気が付いたら18を履いてたけど、17の50位に感じた。
路面の凹凸は拾うが、アスファルトのザラつきはうまくいなす、角の取れた足に感じた。
(2003年のポンコツはもっとガチガチ)
AWD特融の高速時のハンドリング感はあるが気にもならない。
パドルシフトもフルMT仕様にすると8段のクロスレシオがとても面白い。
エンジンブレーキも100Km位からパスパスとエンジン音を高らかに掛けてくれる。


折角のスポーツ仕様なため
・シートはもっとバケットモノが良い (プジョーのほうが上)
・スプリングをもっと硬くしたい (ワゴンじゃなくなる??)
・ブレーキの利きが弱い。

かなり高レベルな評価をしたうえでも走りの欠点は見つからない。
完全なMTモードでトルクをどっかんMAXの2#??にすると、もうそれは
走る『暴力』と化す。それでいてハイオクでリッター5位は走るらしい。街乗りで10位。


これはバーゲンプライスのドリームカーだ。


こりゃあすごいの言葉が連発。
完全にハイ状態になってる。


外装や内装があまりにもひどかったことはとっくに忘れてしまっていた


通常の試乗コースを4~5往復させてもらい、いろんなモードで走った。
ECOモードでも踏めば暴力的加速。
スポーツでは出だしからMax400Nトルクで加速するので、馬力感を感じず軽く百数十キロに達する。
ある意味でCVTなのかもしれない(笑)


つづいて
レーダー関連で遊んでみる

アイサイトは初めて使うんだけど、これがまたちょー便利。
ハンドルに手を置いておきゃあ、前の車に自動でくっついてゆき、
前車が止まればとてもスムースにブレーキ停止。前が進めばハンドルのスイッチを上に倒すだけでまた勝手に進む。止まる。

クルマで数時間かけてスノーボートしてからの帰りとかは、
4WDだし、足は永遠休ませて手だけで運転できるのはとてもありがたい。
(というかこの要素無しのクルマはこの時代買うべきクルマでは無いと考える)

ただ、レーダーといえはSUBARU、と思う位なんでもついていると思ったら、
斜め後ろ方向の死角のレーダーがオプションだったり・・・

『全部のせ』と思っていたレーダーがそうでもなかったのが少し残念感。
とは言え、前車自動追従を0~114Kmまで使えるのも国産では唯一SUBARUだけ??


走行性能は暴力的レベル (自分にこのポテンシャルを使い切る事は一生無いだろう)

安全性能(センサー系)もかなりハイレベル

・それで居て衝突評価も世界トップレベル

日本の誇り、として世界にアピールできるレベルなのに、
日本でもあまり見ないのがこのレボーグ・・・


やっぱりみんな、内装に発狂しているに違いない。


見積もりとってみた。

値引きは5万だったか、10万って言ってた。

何があっても引かない様子。金の話になると、営業は目を見て話をしなくなる。
言い値感は無く優良企業なのかなとイイイメージを感じた。

今だけ限定で10万キャッシュバックとかで・・

結果、430万の価格が、
最終的にはコミコミMax 400位だと


1年落ちが300を切る位で売って居るので買うなら中古で十分なクルマ。
なにせ内外装に400万の価値が一切無い


アドレナリンでまくりで帰宅。
嫁にも食わず嫌いでレボーグは無いって居ていただけあって、
ありゃあすごいクルマだったと。
(この時点ではレボーグ命に変わってた)



嫁:カタログを見る

嫁:(外観を観て)なんだかつまらないわね。

嫁:(内装を観て)うちのと

(2003年)何が違うの??

一瞬でアドレナリンは無くなり我に返る

自分の性格上、
SUBARU レボーグは極上に楽しいだろうが
買ってから後悔するクルマだと感じた。
あの速さになれたら、きっと要らなくなる


(外、中ともに所有する喜び、付加価値が一切感じない)

そして仮に買っても、
免許がいくつもあっても足りない(笑)



今思えば、
VWパサート、そんな速くも無かったケド
ハンドリングも俊敏にとは言えなかったケド
冷暖房付きの本革シートや、内外装の充実感で

総合的に不満感は出なかった・・・


とすると・・・
絶対的な速度感は要らない。
たぶん重要なのは少しのハンドリングと足回り性能。

あとは快適さと、装備の良さ、細部に至るまでの気遣いの良さ。

きっとこれが欲しいんだろうなぁって事に気が付いてきた。


今のマツダには



これがそれなりにある。


ただアテンザは

デカい。

そして何より、ここんとこ、2台連続でマツダにのっているので安く保有できるが楽しみが無い気がする・・・


という事で、いよいよネタが無くなってまいりました。


元々、ある意味なんとなく分かっていましたが・・・


貧乏サラリーマンには向かないと自ずと壁を作っておりました。



明日はこの壁を壊して、ファーストメルセデスを探してまいりたいと思います。





2016年02月21日 イイね!

貧乏サラリーマン。車を買う。<第二弾>PEUGEOT編

貧乏サラリーマン。車を買う。&lt;第二弾&gt;PEUGEOT編ども~♪

昨年から密かに活動しております貧乏サラリーマンの足の代替え機選び・・・


気が付けば朝も昼も夜も休日もクルマ調べな日々でして・・・
バイクカスタムが手につかない日々・・・
早くクルマを飼わないと、バイクがはじめられない!!!!


前回(昨年12月):は
クリーンディーゼル詐欺騒ぎ直後のVW
フォルクスワーゲン
パサートバリアント


飼いにいったら
怒涛の80万超えの値引き
+オプション塗装サービス
+5年のメンテ代全無料
+3年目の車検代、税金全額負担
というトータル100万超えの値引き

認定中古車よりも安い価格提示にも関わらず・・・

嫁から

車体がデカい!!との一声で


芋くさい、
ゴルフバリアントの罠にはまり
ゴルフは乗れねえやぁ~と
断念をしていたわけです・・・

(2008年式のラピット2.5Lを自由の国で数か月乗ってましたのでGOLFがこんな劣化したとわ思いも寄らず)


12/12ブログ
貧乏サラリーマン。クルマを買う。ゴキゲンワーぁ~ゲーン♪編

↑クリックで過去ブログへ飛びます




っと、
今回もまたいつものように
『素直』な貧乏人の声が
出まくります。

プジョーをこよなく愛す方、プジョー信者の方は
不機嫌になりましても責任持てませんので、早いとこページを閉じてください。


で、
なぜプジョー??

そこにDがあったから。(近所)


加えて・・・

そもそもステーションワゴンってカテゴリは今や世界中で売れない狭い市場・・・

日本では一昔前に
ホンダ:アコードワゴンから始まり・・・
三菱レグナム(個人的にはディアマンテ(笑)・・・
最終的にはGT-Rエンジン乗せたステージアまで・・・と

今ではすべてのメーカーがステーションワゴンを作っていませんよねw
気が付けばステーションワゴンは国産では
・SUBARU
・MAZDA
しか作ってません。。。

商用グレードの日産系やトヨタは除かせてもらいます。
ハンドリングや足回りがグニャグニャなトヨタ車も車用グレードとさせていただきます(笑)

あっ。
トヨタをこよなく愛す方、トヨタ信者の方は
不機嫌になりましても責任持てませんので、早いとこページを閉じてください(笑)



もうすぐ40にもなるおっさんになってしまったので
食わず嫌いでは人生損をすることようやく気が付きましたので


とりあえず、ひととおりステーションワゴンを見てみましょうと。


という事でカタログを貰いに
PEUGEOTの寺へ。
308 GT-Lineが置いてあり


すっきりモダーンなインパネやら


お上品で上質なアルカンタラ椅子。


おー、さすがおフランス。
貧乏仕様で退屈なドイツ(ゴルフバリアント)

よかおしゃれ。


っと自らモチベーションをアゲアゲにしまして

クルマ飼うなら
最低18インチ以上
でしょと。
納車前のGT-Lineを見せてもらったり。









失礼の無いように予めカタログで
お勉強
をした上で後日


おっ。
発表したばっかの270馬力仕様


現行、GT-Lineにしか載せなかった
人工革+アルカンタラ椅子も
さらに上質な革が張られれてまるでソファー。




でも日本はハッチバックしか設定が無い。

しかも左ハンドルのみ・・・

オートマ設定は無し(嫁はんAT限定免許)

日本で売る気があんのか無いのか・・・・


で、
このプジョー新型308
(2014年以降モデル)

オサレな国製だけあって、
ユニークなアイデア豊富

天井すべてガラス張り 

(ラブホテルではありません)

*2014年の初期Cieloって中堅グレードがあったころは

ハッチにもSWにも標準搭載可能でしたが、現在はSWのみで追加オプション設定に。


アルカンタラの上質な椅子も、
すわり心地はかなり上質・適度な座面の硬さのおかげで疲れないよおーな気がしました
(ゴルフはまるでカローラワゴンの椅子)

センター部にアルカンタラ素材を使用した椅子は2014年式ではSWのCieloグレードにて標準搭載されていたようなのですが

現在は
SW(スポーツワゴン)ではGT-Lineのみにオプションで搭載
でもなぜかハッチには2015年モデルでも載っている!!
SWだけしょぼい設定に。。。
この椅子が無いモケット仕様の308SWなら要らない。

聴くと、GT-Lineも今後日本に入ってくる椅子は仕様変更が入るためセンター部はアルカンタラからモケットに替わるとの事。

おフランスは気分屋さんなようなのですぐにビジネスモデルを替えるようですw

モケット表皮の椅子、家で使いますか?
革の椅子に座りますよねw
たぶん家で椅子に座るより長い時間座っているのでクルマには最低人工革、アルカンタラは条件です。今乗ってる13年前のポンコツもその仕様ですから。

左右シンメトリーにレイアウトされたメーターが官能的!!


細部の仕上げやら
ダッシュボードとかの
樹脂部品の質はまぁ雑だなぁ。と
スルーしてあげて


オーディオコンソール周りが
とてもすっきり!!これが新車を買う喜びって奴!!


安い車なのに、ALL LED仕様

(一番下のグレードは絶対買ってはならない)

サイドのプレスラインといい、
シルエットが細部まで拘っており
とても官能的なデザイン♡

それでいて、最近のアウディのよーな
やり過ぎデザインとは異なり、長く乗れるようなデザインにしている。



ドアにグリップがあるクルマもなかなかレアで◎



トランク容量も小型なDセグでは申し分無し、
ハイト(トノカバーまでの高さ)が
それなりにあるので、デカめな荷物乗せて隠すにも心配いらなそう。
床面にフックを掛けるレールがあるのも
仕事にクルマを使う人間にとっては◎

リヤシートは昨今の国産車同様、
60:40でしか倒れない。これは使えないが
真ん中が開くので長モノ入れるとき用としてよしとする。


とまぁまぁ良いところもありますが・・・

すっきりをやり過ぎた為か・・
エアコンの操作がモニターのみ。
そしてそのモニターをタッチしないとならないというセンスの無さ!!

メルセデスやBMWはおろか、最近のマツダですら手元で操作できるのにこれは残念!!
(写真反射しててすいません)

そして、言語選択に『日本語』設定が無い。

カタログは見栄っ張りで『英語』にしていると思っていたくらいだった(笑)

モデルチェンジから丸1年経っても変わらない時点で対応していない=バカにしているとしか思えない。

やはりプジョージャポンは日本で売る気が無い模様

とりあえず試乗。


『ハンドルの上からメーターを観る』
唯一なデザイン、も気にならず。

<街乗り>
ひと回り小さいステアリングが運転が楽々!!
ハンドリングは余計な戻しとかが一切要らなくて思うようにトレースしてくれる、この辺のハンドリングは素晴らしい。

ターボ特融の低回転でのモタツキも一切無く3~4000回転まではとてもスムースなエンジン。
高回転でトルクがガン落ちするので回しても楽しいエンジンではなかった。

残念なのはオートで直ぐハイギヤに居れるくせして、1500回転でのゴボつき(バイクでトップギヤで20Kmで走ってるみたいな)振動がある。
レスも悪いのでちょいとイライラする。

センターコンソールに『SPORTS』ボタンがあり
押すとスピーカーからチューンされた3気筒サウンドが出るのと、メーター中央にG、ブースト圧等が表示される。
今乗ってるポンコツの車検通る静かなマフラーよりも音が小さいので楽しさは無い。
爆音設定とかGain Controllできりゃいいのに、設定も出来ない様子。

マニュアルモードで運転するが、パドルシフトがステアリングの回転についてこないので使い物にならない。

直ぐにトルクMax設定のため1.2Lの3気筒とは言われてもわからない。流石エンジンオブザイヤー車。
100Kmまでスムースに加速(それ以上は一般道のため未知数)
最高速は207Km出るらしいのでギリで合格って所ですかね。

うっすらGを感じる程度は出来たので鬼ごっこ程度には遊べるかな。(昔のトヨタの3気筒のような酷さは無い)

トランスミッションも癖は無いけどこちらは楽しくも無い。特にスポーツモードでベタ踏みしたときの5000回転以降でのモタツキは許しがたい。
NAに慣れ過ぎた為なのかな。。。


タイヤは16インチ履いてたせいもあるが、ハンドリングのレスポンスも若干遅め、
オーバースピードでコーナーを突っ込むとボディ剛性はしっかりなのに、ロールが酷い。

急ハンドルを切ったときの挙動は社用車みたいなレスポンス。これは18インチにしたところでカバー出来ない。


という事で厳しい評価ですが、
13年前の今のポンコツ以下なので要らないとなりました。


とりあえず、見積もりをもらいましたが、
この金額出しても最新鋭なレーダー等はブラインドスポット(後方レーンチェンジの警報)と駐車アシストしかつかないので、
・運動性能:普通車としてはまぁまぁ
 (スポーツワゴンとは呼べない)
・安全仕様ほぼ無し
・内装やら装備、まだ発展途上感をバリバリ感じ熟成されている感が一切得られなかった。


最上位レベルの508-Griffe(本革仕様)も見ました

ボディサイズ故かもですが、デザインはかなり官能的でセクシーです。
デザインいいと思います(ホイールが17で残念)

同レベルのパサート比較でも安全仕様(レーダー系が308と一緒。

エンジンはBMW共同開発のRCZに載ってるレベルの1.6Lなった位なので4~500万の価値は無し)

価格表:




VWのGOLF バリアントの40周年のしょぼい奴とほぼ同じ位の価格なので、GOLFを飼うよりはかなりお買い得感はあると思います。


GT-Line限定で見に行ったので値引き幅は少なく車体価格:10~15%がいいところっぽい。
(ノーマルグレードなら在庫抱えてるからもっと安くなりそう)


<次のクルマで化け物に乗ってしまった為、さらに酷い評価なのかもしれません>

という事で、第三弾に続きます。
2015年12月12日 イイね!

貧乏サラリーマン。クルマを買う。ゴキゲンワーぁ~ゲーン♪編

貧乏サラリーマン。クルマを買う。ゴキゲンワーぁ~ゲーン♪編久しぶりのブログ投稿になりますが

バイクのネタは溜めたまま・・・


そして弄る時間も無い・・・


めんどくさい事に


クルマにキョーミの無い
うちの嫁はん。が・・・


来年のクルマの車検通さないから
テキトーな車買っちゃうけどいい??



はぁ?


って嫁にクルマを飼わせたら
流行りのつまんねーハイブリットCVT、
ゴミみたいなクルマ
になること間違いない


って何故でしょうか???

問いただしますと・・・



理由が
くだらな杉!!


(なんとも主権を握った日本の嫁的思考)

13年を超えた
クルマの増税
なんぞ

FUCK OFF!!



貧乏サラリーマンの足。


工具を積んできょうもあなたの住む街に~♪

貧乏サラリーマンの巡業で
日本全国飛び回っていたのですが・・・

2003年から来年で13歳
・・・
走行10万キロ超え・
・・

前車:BK3P-23S(アクセラ)も
10万キロ超えて:

オルタネーター脂肪
コンプレッサー脂肪
エンジンマウント数個脂肪と
諭吉40数名
を掛けてからの

出張帰りの湾岸線で:
R8とポルシエ様の鬼ごっこについてゆき エンジンブロー(笑)

その前のカルディナWも16万Kで脂肪


嫁はん。
10万キロという響きが
嫌いらしい。



黄ビルもまだまだ好調で♪

ときにはリミッターで走れる

自称まだまだ走るポンコツではありますが


何故手放さなければならないんだ




(主権は嫁にあり。)





せめて

工具積んで(駆け抜けて)走れる
ワゴンにしてください


スノーボードにも逝けませんし・・・と


説得しまして・・・


今が旬な
ゴキゲンさんに。


5年間
Maitenance Free
凄杉



ゴキゲン
ワーアーゲーーン♪

という事で・・・

嫁はんにナイショで・・・


既に事前調査・・・


VW Passat Variant
全4グレード
エンジン共通1.4TSI
150馬力/25.5KgN
L:4775 x W:1830 x H:1510

(写真はセダンのR-Line)

AUDI超えたんぢゃってデザインしてます。

おしりも


ドン臭い感じがなくなりました




でも



インパネ周りは庶民臭がクサ杉(-_-メ)


でもアタクシは
庶民以下の貧乏サラリーマン




株式投資で得た収益金
およそ250名様

セカイヂュウにばら撒きまて・・・


残ったのは2年間の贅沢な時間の過ごし方と
自作のこのポンコツ
(自爆)


残りの1号機にも

これから
湯水の如く
銭をばら撒く
予定
ですのでクルマに銭を掛けたくありません


パサートが


ゴルフに

化けてしまわないよーに注意して。



いざ
出陣。





予想どおり隣にはゴルフがいやがった!!


内外装の違いだけのR-Line。勿体ない。
この金額出すならメルセデス飼うべき。


正直1.4LTSI。
大丈夫?!

試乗。



コクピットはとても静寂感。
アイドリングは無音。

150馬力とわ云え、踏めば出るし
7速ダブルクラッチはパスパス入って気持ちイイ~
ぶん回すとエンジン音も室内に入って楽しめる。
ブレーキもドイツ車ぽくカッツリと利く。

ボディは庶民車とはいえ流石ドイツ車。
とても安心できる剛性/ロール感も無し。
ただ足は万人用に柔いのと、
クイックなハンドリングに
ワンテンポ遅れる反応・・・

これでは高速は安心して攻めて
かっ跳べない。

ハンドリングは
2003年のアテンザ以下で残念


High Lineの17インチを19位にすれば
もうすこしマシになるかなという感じ。

内装はというとホールド感のイイ
肌触りがよく程よく固めのナパレザーシート
直ぐ利くシートヒーターやベンチレーションは真夏の運転にぴったり。

プラットフォームが共通化されてて
アクセルペダルが吊り下げ式なのがとても残念!!
ブーツ履いての長時間運転で足首が脂肪する!!

ま。もしも。
貧乏サラリーマンに飼えるなら十分かなと。

ゴキゲンワーゲン



お値段
おいくらなんでしょーか。






とりあえず
本革の野望は諦めまして・・・

4ランク中、下から2個目:
R-Line:   4,809,700
High Line:  4,339,900
Confort Line:3,789,900
Trendline:  3,489,900 ←鉄チン履いてます(汗)

Confort Lineだと結局:
+Discover Proパッケージ(+216,000) と
+LEDヘッドライトパッケージ(+162,000)を
付けないと受注生産に成るとの事で・・・


お値段:450マソ

車両価格から
70も増えた
 (高っ!!)

しかも
5年間のメンテナンスフリーも
見積もりには堂々と計上されてる(なぜ!!)



フキゲン
ワーアーゲーン~♪



御見積書には掛けませんが・・・
追加色パール塗装(+7万弱入れて)

818,150円引きの
369マソ
でどーでしょーか。
(↑即買いでしょ!!)



予想どおり嫁はん。

ゴルフ
でいいんぢゃね!!って(多汗)


限定車でモケットに謎のシートヒーターと
前車自動追尾レーダーのみ、と
LEDパッケージがついた
GOLF版:
コンフォートとHigh Lineの間仕様。


Golf Variant Anniversary Edition
1.2L TSI
105馬力/17.8KgN
L:4575 x W:1800 x H1485


こちらはコミコミ。
3,584,860-


追加色パールを入れて
585,860円引きの
3,000,000マソ


でどーでしょ~
って1.4L と 1.2Lの違いを確かめないと・・・



GOLFの1.2L試乗
(基本プラットホームからオーディオまでパサートと同じとは云え)
エンジンはトルク無し、踏んでも下品なエンジン音。
回転で稼ぐも伸びの悪いエンジン。
7速DSGのみパスパスと気持ちがイイだけ。
シートはホールド感無しのモケットシート。
街海苔でもストレスを感じるエンジン。

ドアに重厚感有るカローラじゃね??

無いわ―。

ともに即日契約の可否を決めてほしいという
購入者に選択の猶予を与えない
へーベルハウスのような契約に出てきたため

ご縁が無かったとチャラとさせていただきました
<m(_ _)m>


パサートは良いクルマでした。


ひととおり、
ステーションワゴンメーカーのクルマに
乗ってみよーと思いました。

嫁はんと合意が出来る
良いクルマに出会えますよーに♪

プロフィール

「[整備] #エストレヤ ネグロス式シートフレームレール工法 https://minkara.carview.co.jp/userid/1621560/car/1204979/5364022/note.aspx
何シテル?   06/17 22:09
ド素人の自分の無駄な挑戦&経験や失敗をブログを見て救われる(笑って貰える)方がヒトリでも居れば・・と思いみんカラを始めましたが、最近お歳のせいか、自分の備忘録と...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

国土交通省北陸信越運輸局とホンダカーズ新潟  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/10 13:30:16
ロック・オタクなのかもです。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/23 11:19:28
ビルドについて、真面目にやってみる(´∀`)っ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/01 20:01:57

愛車一覧

カワサキ エストレヤ 川崎出身。24歳。 (カワサキ エストレヤ)
シロウトのシロウトによるシロウトのためのエストレアのレストアをやってます。 故障の多い ...
クリーブランドモーターサイクル ヘイスト 変態専用機(一応アメ車(^。^) (クリーブランドモーターサイクル ヘイスト)
Cleveland Cycle Werks(USA) 『THA HEIST 250』 ...
メルセデス・ベンツ CLAクラス シューティングブレーク 構ってあげないと直ぐ拗ねちゃぅか弱く非力なメル・セデ子 (メルセデス・ベンツ CLAクラス シューティングブレーク)
貧乏サラリーマンが無茶して買ったShooting Brake 初めて訪れたメルセデスベン ...
その他 その他 バイクショー、ミーティングなど用のブログ (その他 その他)
モーターサイクルショー ライダース、バイカーズミィーティング ビンテージバイクミィー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.