• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年05月14日

GW遠征後半戦02_第5次国道418号深沢峡実地調査 Vol.01。

GW遠征後半戦02_第5次国道418号深沢峡実地調査 Vol.01。






2017/05/08 1000時
岐阜県八百津町

バロー車中泊からR418でいつもの場所へ




R418丸山ダム側。柏木TNは1年経っても復旧せず


道路とか取水口とか工事してた。新丸山ダム絡みだろうか




迂回してr353でR418に合流する

ところでこのr353、最近の地図では県道表記が消えている


青看上では353のヘキサシール貼ってあるけど

この地点までは5年連続で5回来てる

丸山ダム方向(通行止め区間)湯谷橋

(まあ旅足橋までなら良いでしょ...)

湯谷橋西側のこのおにぎり(2本ペア)は丸山ダム~笠置ダム間のR418上で唯一のものらしい


旅足橋




県道分岐まで戻り、いつもの区間突入
ちなみにこの深沢峡沿いの道を「黒瀬街道」とも呼ぶ(by Wikipedia
黒瀬さん好きとしても嬉しい名だ

いつもは路肩の草で白線が見えない。早い時期に来て良かった



1年前と同じく降雨後でも無いのに水溜まり
その辺の竹で突いてみたら路面はしっかりしてたのでそのまま進入




二股隧道






1年前よりかなり漏水が少なくて綺麗。これも時期によるのか
まさかここに補修が入っているとも思えない


隧道内待避所
作業灯が威力を発揮してくれるのはこういう時






いつか、この待避所を使って「四輪車両同士」の離合をしてみたいものですね

二股隧道先の区間は3年ぶり
そしてこの先は若干ながら難易度が上がる















この三角柱の裏の「418号」のプレートが剥ぎ取られてしまっていた
同業者では無いと信じたいが誰にしてもそういう事するのやめような





未舗装路で洗い越し(鬼か


この区間内に洗い越しはそれなりの数あるがいずれも路面は健在で、今のところタイヤが沈み込むようなことも無い
ただ、フラットではなく深さ10cm程度の溝を掘って水を通している箇所もいくつかある

7.2km地点


国道です










8.4km地点
後ろに見切れているのは...



8.4km地点を過ぎ、若干の上り勾配のあと

1400時
3年ぶり、3回目のR418深沢峡ゲート到達

やっぱり馴染みの場所は落ち着く






左に分岐する町道十日神楽線
2014年度は崩落により通行不能⇒そのまま放置だろうと思っていたのだが、この1週間前にアクネス氏がビートで町道を突破したとの情報を頂いており、いつの間にか復旧された様子。またそれが今回のアタックを決断した理由の一つでもある
それとちょうどこの地点に到達したときにダンプ車が町道を上っていくのも視認した(何しに来てたのか知らんけど











さて今回はここからが本番
そのための車載輪行


という訳で「国道上」に路駐して

ちょっとゲート内行ってくる
ちなみにこのゲート、2011年~2012年のうちに設置された模様

岐阜r352起点

この先に、先ほどの8.4km地点より見切れていた五月橋があるのだがまずはR418を進む



この四輪車両の轍は誰がいつ付けたのか






朽ちかけたデリニエータ


国調多角点








この「418号」のプレートも失われていた
「終点」の意味が分からなかったが、ググったら「恵那土木事務所の管轄の終点」だという説


橋の銘板も失われ、名前も竣工年も分からない

古い突破記録で見掛ける、かつてのゲート地点かもしれない

橋の袂、幅員2.0m制限標識
裏面に「昭和59年11月製造」とあった


この橋の先で古い通行止め看板が現れる

それより道路附属物たる看板に落書きとは道路に対する冒涜でしかない、例えゲート内だとしても。先のプレート損壊に、今さらではあるが二股TN内の落書きも酷かった。誰かが心霊云々言い出すと道路趣味者だけでなく偏差値低いDQNまで沸いてきちゃうからなぁ


この「5500m」という数字、深沢峡ゲート地点で見たこの迂回指示看板に書かれていたものだ

ということは深沢峡ゲートから2km地点。この2枚の看板も同時期に設置されたはず

しかしこの迂回指示5500m区間が始まると、何故か舗装が復活して走りやすくなる

調べてみるとどうやらこの簡易舗装、現役当時のものではなく近年になって敷かれたものらしい(それはそれで何故??ってなるけど

有名な廃車地点


SUBARUのレックスとジャスティ



うちの車両も廃車にするときはここへ持ってきて並べようか(笑

舗装は続く。この区間の古い走破記録(”隕石”と呼ばれた大落石に法面崩落、藪に覆われた完全な廃道時代)に比べて拍子抜けするほどの快適路になっている






深沢峡ゲートより数えて2番目の大きな橋梁(銘板無し)と


その袂から左方向へ分岐する謎の車道及び施錠ゲート。こんなものがあるとは聞いたことが無い


ガードレールも法面も明らかに新しい。恐らく過去数年以内のもの




比較:418上ガードレール


ゲート先も見てみる




ごく最近に造られた車両通行前提の作業道のようなもの、という事までしか分からない。現地には文字情報も全く無し

航空写真で確認するとこの先も北東方向に伸び、r412に合流出来る様子


しかしこの道沿いに目立った構造物などは無く、廃道区間上からこれほどの道を新規に開設する理由がどうしても分からない。新丸山ダム工事に関係する何かしらの作業道か、鉄塔などの監視路線か、全く関係無い民間の何かか...
或いは全く逆に「この国道418号通行不能区間を整備・維持するため」の作業道(重機搬入路とか?)という可能性

ただこの道を見て思ったのは、
・ゲート内にあった轍はこの道へ来る(若しくはこの道から来た)車両が付けたものではないか?
・開放されている丸山ダム~深沢峡ゲート間だけでなく、施錠された深沢峡ゲート~笠置ダムゲート間まで維持管理されている理由の一つがこの道なのではないか?
というような事

---※05/16追記※---
この分岐路は平成15年より開設された「大沢林道」だという事が判明。r412側からこの地点までは進入可能らしい。施錠ゲートがあるのは、一応ここが通行禁止区間内だから?
R418接続部付近が真新しいのは災害復旧によるものなのか、単に開設に時間が掛かっただけなのかは分からない。いずれにしても、今になってこのR418合流点まで林道を延ばすだけの理由や需要があったのかという疑問は残る。
---※追記ここまで※---


恐らくこの先の笠置ダムまでの区間も車両通行可能なレベルに整備されていると思われ。(というか2013年に私が深沢峡を初訪問した2週間後、笠置ダムゲートまで四輪車両で走破した記録がみんカラ内にあったのでリンクさせて頂きます
酷道418号通行止区間を行く♪
https://minkara.carview.co.jp/userid/498032/blog/30416864/

確かに当時ゲート開放されてたけど、あの時既に復旧されてたんだな)


ここで時間的な問題により笠置ダム到達を断念し引き返す
最終到達点はここ




帰りは上り勾配多くて辛い




r352起点まで戻ってきた




⇒文字数制限引っ掛かったので五月橋編に続きます
ブログ一覧 | 酷道 | 日記
Posted at 2017/05/14 18:53:14

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

雨宮天2ndライブ名古屋公演/第6 ...
LilyKnightさん

前略、道路(みち)の上より vol ...
黒豹@萌姫丸急行さん

GW遠征後半戦03_第5次国道41 ...
LilyKnightさん

八百津へ
もちたまさん

R471楢峠/R157温見峠/R4 ...
LilyKnightさん

第2次利賀村r34調査遠征。Vol ...
LilyKnightさん

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「今でも好きだよ。」
何シテル?   05/21 00:29
Pyxis/伊藤美来/豊田萌絵

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

愛車一覧

スバル ステラ スマイル号艦載車両 (スバル ステラ)
2006/09 製造 2015/08/14 配備 配備時ODO:63,630k ...
その他 自転車 汎用軽車両Ⅱ型改 (その他 自転車)
2016年度 製造 2017/02/14 配備
スバル ステラ スバル ステラ
2008/04 製造 2012/05/25 配備 配備時ODO:40,403k ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.