• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LilyKnightのブログ一覧

2013年06月28日 イイね!

AMCGマークステッカー。

何となくリアが寂しいのでステッカー追加。

最近まで初心者マーク貼っていたところです。







また手切りで作りましたが、細かいとこ色々ミスりました。
Posted at 2013/06/28 19:25:18 | トラックバック(0) | 日記
2013年06月17日 イイね!

酷道418号 - 温見峠・八百津_深沢峡に行ってきました。 その2   -八百津深沢峡周辺-

 

 その1の翌日6/11。
 
 関広見ICから東海環状自動車道で可児御嵩ICへ。


 ここから八百津町へ入り一度給油。
 



 
 そして丸山ダム付近から、丸山バイパスではない方の川沿いのR418に入りました。

 入るとすぐに1.5車線の道幅になり、歴史を感じさせる隧道もいくつか。



 さらに進んでいくと旅足橋が。
 
 手前側から


 通過後


 あとで調べたら、日本で唯一の構造を持つ非常に珍しい吊り橋とのこと。


 
 この先で通行止めの看板に遭遇。


 でもネットで調べた限りでは、深沢峡までは通れるみたいだったので進入。
 少し進んだところで、恐らくダム関係と思われる車とすれ違い。この区間で出会った唯一の四輪車でした。

 
 道はもはや1.1車線くらいの感覚。


 舗装もボロボロでした。


 
 その先はもうダートに。それと上や横からの草やツタが凄い。

 


 
 そして・・・
 これもまた有名な「二股隧道」。




 もう入口からして異様でした。先が全く見えないし。途中で止まるのも嫌で一気に通り抜けましたが、トンネル中盤から濃い霧が立ちこめていて本当に恐ろしかったです。
 あとで分かったのですが、この隧道は心霊スポットとしても有名だったみたいです。この情報は知ってなくて良かったですねw



 二股隧道を抜けた先で・・・

ん?




 カモシカ・・・!? 
 なんかずっとこっち見てました。


 ここからさらに進むと本格的に車はマズいような道に。







 仮にも「国道」という名前が付いてるのが信じられません・・・。
でもれっきとした国道。











 さらに進んでいくと、丸山ダムからの距離を示した立て札が。

 
 7.2km・・・これは・・・

 やるしかなかったんだ!


 というかここ崩れたあと?



ここから1.2km進むと、





ここは路面が崩れたのかな・・・


 8.4km地点。


ここでは車載用やよと一緒に



 この地点から5分ほどで、深沢峡付近、町道分岐の通行止めゲート前に到達。





ここを抜けてきたんだ・・・



 このゲート、前に走破動画を見たときは閉じられていたけどこの日は開いてる。
だけど路面は今まで通ってきた道より荒れている感じで、とてもこの非力なFFの軽では不安。なので歩きで少し進んでみます。



 

 100~200mほど進むと、岐阜県道352号大西瑞浪線の起点が。





 またゲート前に戻ってセルフタイマーとか


 
 そんな感じで他にもテンション上がって色々やってたら、ゲートの向こうからバイクに乗ったお兄さんが!
 こんなところで人に会えるとは・・・
 でもここはかなり有名スポットだから来る人も多いのかも。現に自分も来てるし。

 少し話をお聞きするとお兄さんは地元の方で、自分と同じように酷道が好きで来たとのこと。それからこのゲートの反対にある笠置ダム側のゲートはやはり閉じられていて、通り抜けることは出来ないということを教えてくれた。 多分お兄さんはこのゲートから入って引き返してきたのかな?

 
 
 その後一通りこの地点を堪能したところで、左側の町道(懲道)を通って脱出することに。


 


 
 この道、路面は今までと同じような状況なのに、かなりの登り勾配とヘアピンカーブの連続で大変でした。




 



 舗装が回復してくると




 やっと人がいるであろう集落が。



 この後は県道412号で通行不能区間を迂回し、笠置ダム側の通行止めゲート前へ。




 ガッチリ閉じてます。


 このゲートの向こうの道もネットで見たときにはかなり荒れていた感じでしたが、この時はパッと見通れそうなくらいきれいでした。
 分岐ゲートも開いていたし、誰かが整備をしているのでしょうか?


 
 でもさすがにここを乗り越えて探索しに行くのはやめておきました。



 
 そして目的を果たした自分は、恵那ICから高速で北上し、更埴ICで降りて家へ帰ってきました。
 
 
 痛Gは前夜祭から行っていたので、計4日間の一人旅でした。総走行距離約700km。本当に疲れて大変でしたが、良い経験が出来たと思います。

 

 関連情報URLは、ぱぺいこ氏の418号車載動画です。自分は逆方向から走行しました。
こちらの「其の八」と次の「其の九」を参考に、今回の八百津、深沢峡アタックを計画して行ってきました。
Posted at 2013/06/17 19:33:57 | トラックバック(0) | 日記
2013年06月17日 イイね!

酷道418号 - 温見峠・八百津_深沢峡に行ってきました。 その1 -温見峠-

 まず6/9に、めいほうスキー場で行われた第7回痛Gふぇすたに行ってきました。(←詳細は他の方がまとめてくれてると思いますw)
 
 それでせっかく岐阜県まで来たのだからと、同県内にある国道418号の難関区間と言われている温見峠、八百津深沢峡の周辺へ行ってみることに。

 
 痛G翌日6/10。
 めいほうスキー場から西に向かい、福井県・大野市側からR157(R418重複)に入り温見峠へ。

 


 
 入り口(?)の最初の看板&電光掲示板。


 この先しばらくは普通の峠道みたいな感じでした。
 
 しかし途中から道幅も狭くなって、この有名なおにぎりも出てきました。




 
 この後は更に勾配もきつくなり、すれ違い困難な1.5車線が延々と続き、舗装も怪しいような箇所も。





 ↑から少し進み、上から同じとこを撮影。


 高低差もそれなりにあったと思いますが、当然のようにガードレールは無し。まあほとんどの区間でガードレールは見かけませんでしたが。



 そこから10分ほど進むとようやく峠の最高地点、岐阜県との県境に到達。(岐阜県側から撮影)



 このバス、どちらから来たにしてもよく通れたなとしか・・・
 バスの陰になっているところに能郷白山という山への登山道入口があり、登山客を乗せてきたみたいです。

 

 そして岐阜側へ入り、峠を下っていきました。
 
 
 
 洗い越しがあったり。


 廃墟(?)があったり

 
 ちょっと怖いとこもあったり





 こんな感じで県境から2時間ほどかけてゆっくり下り、





 ついに岐阜県側の超有名な「落ちたら死ぬ!!」看板のゲートに到着。




 
 落ちなくてホント良かったです。
 
 でも転落や落石より、何より怖かったのは「対向車」でしたね。十数台の車とすれ違いましたが、運良くバックすることはなく離合出来たので助かりました。

 あ、それとほぼ全区間に渡って携帯が圏外っていうのも怖かったです。万一の際に助けを呼べないという不安がずっとありました。
 でもこんなとこで万一が有ったらもう・・・
 


 この後は道の駅「うすずみ桜の里・ねお」で休憩し(定休日で誰一人いませんでした)、樽見駅に寄った後、R418を通って関市へ入り、車中泊しました。

 
 その2へ。



 
Posted at 2013/06/17 17:58:15 | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「今でも好きだよ。」
何シテル?   05/21 00:29
Pyxis/伊藤美来/豊田萌絵

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

愛車一覧

スバル ステラ スマイル号艦載車両 (スバル ステラ)
2006/09 製造 2015/08/14 配備 配備時ODO:63,630k ...
その他 自転車 汎用軽車両Ⅱ型改 (その他 自転車)
2016年度 製造 2017/02/14 配備
スバル ステラ スバル ステラ
2008/04 製造 2012/05/25 配備 配備時ODO:40,403k ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.