• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月14日

W113 ロッカーアームピンボルト交換

W113 ロッカーアームピンボルト交換 いやっー、もの凄く風の強い日でしたねー。
今日は、タペット鳴りっぱなしの113の修理をしました。

この時代のメルセデスのロッカーアーム調整機構はピンボルトと呼ばれるアジャストスクリューで調整する構造で、英国車等では通常ロックナットでスクリューを固定するのですが、メルセデスはそれが無くスクリューのフリクションだけでネジの緩みを止めています。
ウチの113はこのピンボルトが2回も緩くなっております。
1回目は4年前で2番のインテーク側が緩み出してタペット音が激しくなり、その時はピンボルトASSYで交換しました。
同時期にピンボルトのみもMBクラシックスから買って余っていたので、今回はコレを使用することにします。

早速、ロッカーカバーを外しました。

先にアクセルリンケージ、バキュームホースブローバイホース等を外しておきます。

今回はこの6番インテーク側が緩んでいます。

クリアランス規定値0.08mmに対し0.3mm

スプリングを外します。

コレは簡単に外れます。

SST投入

バルブスプリングコンプレッサーです。

ロッカーアームを外します。

SSTがないと往生します。

外したロッカーアーム2連投


それなりに摩耗していますが再使用

ロッカーアームを外すとピンボルトが現れました。

フリクションが弱く、緩いです。

ラチェットを使って緩めます。

緩めていくと抵抗がある場所もあります。

ピンボルトを外しました。

雌ネジ側は問題なさそう。

上が摘出したピンボルト、下は交換用の新品

ネジ部が2箇所切られていてココにフリクションを発生させるシクミがあると考えられます。

新品のピンボルトを投入

1箇所目迄は多少の抵抗はありますが、ネジ込めます。

2箇所目に差しかかると、抵抗がグンと増します。

1箇所目と2箇所目を別々にダイスを立てて連続してネジ切りしていないようです。

適当な所迄ネジ込みます。

ネジ部が齧っているんじゃなかと思う位の抵抗になりました。

最後の微調整はこのスタビレーの専用スパナを使います。

アストロの安売りで買ったやつ

クリアランスを0.08mmに合わせます。

インチサイズのシックネスを使っているので、0.076mm

上死点合わせはセルチョンSW2号で合わせました。

ウチのミニにも使えます。

無事終了の図、この後試運転しました。

オーッ、静かになりよったでー。

風が強い中での作業でしたので、

カムシャフトとロッカーアーム、バルブ周りに相当ヒノキの花粉を浴びましたがな。
ブログ一覧 | W113 | クルマ
Posted at 2018/04/14 22:40:56

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ロッカーアームと戯れて?
73sevenさん

W113 タペット調整
W113 250SLさん

ロッカーアームスタンド
73sevenさん

気付きたくなかった( 。゚Д゚。)
だだ( ´∀`)さん

タペット調整
Yoshi★さん

シリンダヘッド取り外し
jun930さん

この記事へのコメント

2018/04/14 23:34:22
こんばんは

相変らずの親切丁寧、分かりやすいブログに感心です。
これだけの作業時間はおよそどれくらい?でした?
コメントへの返答
2018/04/15 07:57:41
おはようございます。

ありがとうございます。
ピンボルトのネジ込みが思ったより固く、ネジ切れるんじゃないかというぐらいでしたので慎重に休み休み作業して2時間程度でした。
2018/04/15 03:33:47
おはようございます~。

バルブスプリングコンプレッサー、ゲットされたんですね!

訳あって(笑)、実は今、
身近な所に280SLがあるんですけど、
113って前ヒンジのせいで整備性悪いですね(汗)。

セルチョンSWは要るなぁ、、、って思っちゃいました(笑)。
コメントへの返答
2018/04/15 08:11:30
おはようございます。

いえいえ、お借りした物です。
以前、ヤナセでは一般販売しないと断られちゃいました。

113を整備中ですか。
もう慣れちゃいましたが、後ろヒンジだったらラジエター、補機類に楽に手が届くんですけどね。

セルチョン1個あると便利です。
ソレノイドがエキマニの直下にあるので配線しておかないと接続が大変ですが、手前のオイルパン横の端子盤に接続という手もあります。
2018/04/15 07:27:42
おはようございます。 交換されたのですね。  流石の作業です‼

それにしてもネジの2段ネジ切りでフリクションを発生させるのは凄いですね。 暖まると膨張してフリクションが変化するでしょうに不思議です。

私も音対策で調査のために触らねばいけないのですが気乗りがしませんでしたが250SLさんのブログで刺激されました。 

250SLが花粉症にならなければ良いのですが・・・・それよりは最近はやはり黄砂が飛散して塗装等にはヤバイですね。
コメントへの返答
2018/04/17 21:14:53
おはようございます。
大した作業ではないのでやっちゃいました。

フリクションが変化しても緩まなければ良いのです。
温間時と冷間時で作業性の違いがあるでしょうね。

音対策って内装系の作業でしょうか?
だとすると、面倒ですよね。
メーター周りとかの脱着とか何回もやっていると段々早くなってきてそれ程苦では無くなってきますよ。

花粉か黄砂か分かりませんがボディーに積もる程、最近は本当に酷い飛散量ですよね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

所有歴7年目になります。 所有してからこれまでの顛末記やこのクルマの弱点、維持等、W113について自分が知りたかった内容等をできるだけ紹介し、このクルマに...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

( ノД`)シクシク… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/01 19:03:30
冷却系改善計画(3) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/15 11:47:48
みんカラ9年11ケ月、1962個目のブログは初めての光岡ビュート コンバーチブル 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/13 19:42:47

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ SL メルセデス・ベンツ SL
約5000台しか生産されなかった250SLを手に入れました。 現代の車にはない魅力とこれ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.