• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年04月04日

AZ-1 復活日記 そのにじゅうよん

AZ-1 復活日記 そのにじゅうよん 前回の続きから。

その前に、
やっぱ戯言を先に書いて読む気を削がないと気分が乗りませんね。
フロントのブレーキディスクとベアリング交換は終わっていたので、
とりあえず試走に行ってきました。
自分の作業で正しいのかどうかわかんないですもんね。
でも日中に何かあると危ないわ恥ずかしいわなので、夜も更け始め交通も少なくなったころに出発。
きたせん(横浜北線)が開通しても走る機会が特にないので、試走ルートにしてみましょう。
でもいきなり首都高だと死ぬかもしれないしブレーキのあたりもつかないでしょうから、
まず様子見に下道で都築まで行って、大丈夫そうなら第三京浜で1区間高速を試して、
大丈夫ならきたせんに入って生麦で降りる、というルートを選択。
費用的にも一番理想的?なルートじゃないかな。

結果的にはまったく問題なく、ブレーキの振動もないしアライメントなんか取ってませんが
ステアリングもまったくぶれたり取られたりしませんでした。
強いブレーキはかけていませんが、いきなり固くなるタッチが変わってコントローラブルになった様子です。
パッドも換えましたが、なんか知らないメーカーの粉が出にくいってやつです。
全然参考にならんですね。粉が出にくいタイプでは一番安いものでしたが、
発注したら納品に2か月くらいかかりました。
白いホイールなので、粉の出にくいのを選んでみたんですよ。
今まで使ってたのはあの錆ディンプルローター+フェロード。

摩擦材がすごい光っているのでメタルパッドなのかなぁ。
車両を買った時から付いていたので、おそらくマツダスピード扱いだったパッドだと思うんですが。

きたせんは当然ですが道がものすごいきれいで、しかも第三京浜からきたせんに入ったら
前後まったくクルマがいなくて、土曜の夜なのに完全に1台走行でした。
しかし、あんなところにトンネルがあることが信じられない。
いつの間に穴掘ってたんだろう。

それでは続き。
懸念のベアリング。
抜けましたよすっぽり。
ベアリングプーラーを使え、という天の声で、抜ける確証を得たでの使えそうなのを購入。
抜けました。よかった。

しかし相変わらず作業が遅くて、作業:休憩が1:3くらいなのでまったくはかどらない。
フロントの作業時は、結局3週間ウマに乗りっぱなしでした。
1:3はともかく、錆び落としたり塗装したりするのでけっこう時間かかるんですよね。
二日で1輪しかできあがらない感じですが、もう残すは左後ろのみ。
仕事普通に帰れたら1時間作業をしましょう。

整備は1日1時間!

ということでナックル外してきました。
せっかくなので、最後の1輪は作業写真を撮って備忘録にしましょ。


まずはホイールを外して、ハブを抜くためにブレーキキャリパーも外します。
キャリパーは吊っておきましょうね。
ハブセンターナットのカシメを何とかして起こしたら緩めます。
インパクトでガガッとやれば緩みますが、ない場合はホイールを付けたまま
タイヤ設置状態でブレーキをかけておけば緩むんじゃないでしょうか。


緩めたら、ナットを緩めて残したままスライドハンマーを装着。
うちの車庫は狭いのでスライドハンマーを振るうスペースがなく、
玄関にまではみ出しています。
装着したら容赦なく引っ張ります。ちょっと抜けたら、ハブナットを取ってさらに引っ張ります。
ナットは最初から取っちゃってもいいと思いますが、なんとなく。


抜けました。
ちなみに、ドライブシャフトの入っている車輪ならハブプーラーと言うのも使えます。


こんなの。
ドライブシャフトを押してハブを引き抜く工具です。
実は右後ろはこれを使ったんですが、右後ろはスライドハンマーを付けると
アウトランダーのバンパーにぶつかるので、先にバンパーを外さなきゃいけない。
それは嫌だなぁということで。
アウトランダーを一時だけ外に出せばいいんですが、
ハンマーの音がけっこうデカくて躊躇するんですよね。
作業のめんどくささはプーラーもハンマーも大して変わらないと思います。
で、プーラーを使ったらベアリングも一緒に抜けてきたわけですよ。
ただ、この後ベアリングを叩き出すんですが、これが結構大変で、
もうベアリングプーラーも買ってしまったんでベアリングは抜けてきたほうがいいかもしれません。
プーラーを使わなかった理由は、ドライブシャフトの先端に傷が付いたので、
引っ張ったほうがいいかなー?と。それだけです。
あ、もちろんドライブシャフトのないフロントはスライドハンマー必須ですよ。

さて続き。
ナックルに付いてるボルトナット類を全部取ります。

タイロッドエンドはこんなので抜きます。タイロッドエンドプーラー。
アウトランダーのラグボルトを交換したときに流用したやつです。
ハンマーでひっぱたけば抜けるようですが、私は持っていたのでこれで。
ギリギリ締めこむとパキッと音がして抜けます。
あ、タイロッドエンドのボルト部分は緩み留めのコッターピンを入れる穴が開いているので
強度がなく、むやみにひっぱたいたりプーラーで締め付けたりすると破損する恐れがあるので、
外した溝付きナット(キャッスルナット)をひっくり返したり普通のナットを入れたりして
シャフト部分に直接当たらないようにします。

あとはアームとストラットブラケットの接続を切れば

ナックルが取れます。
今日はここまで。

そうそう、ベアリングプーラーを買った時はアストロプロダクツのセールで、
エアコンフィルターがちょっと安くなっていたので一緒に買いました。
12か月点検のときに「そろそろフィルター換えたほうがいいですよ」とセールストークがあったので。

860円くらいだったかな?安。
もちろんアウトランダー用です。
抗菌効果はないそうですが、いちおうPM2.5も有名メーカー品並みに取れると書いてありました。
もし不満でも、3か月以上使えればいい感じの価格です。
さてこれはいつ交換できるんだろう。
ブログ一覧 | クルマ
Posted at 2017/04/04 00:54:11

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

リアハブベアリングの状態確認
よたよた111Sさん

ハブベアリング交換
YAJIさん

盲点
ゆっけさん

プジョーpeugeot 106 S ...
T1Ntransporterさん

そっちかよ・・・
ごさく@ジムニー(●´д ) んださん

ニューアイテム!
エスコンさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「AZ-1 復活日記 そのにじゅうはち http://cvw.jp/b/165266/41899367/
何シテル?   09/01 14:38
なし

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

第4回AZ-1.CARA. OWNERS.MEETING 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/01 19:25:16
最終チェックを行っております。もうしばらくお待ち下さい。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/11 18:28:55
三菱自動車(純正) MU670022 プラグ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/01 19:12:57

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 アウトランダーPHEV なんの変哲もないアウトランダーPHEV (三菱 アウトランダーPHEV)
13/2/16キター!! 市販パーツが少ないですが、手をかけてやっています。 現在の主 ...
マツダ AZ-1 下町のスーパーカー (マツダ AZ-1)
復活計画開始記念
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.