• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

copper.のブログ一覧

2018年08月31日 イイね!

AZ-1 復活日記 そのにじゅうはち

AZ-1 復活日記 そのにじゅうはちAZ-1はあっという間に車検です。
車検どこに出そうとこの2年悩みっぱなしだったんですが、
8/13日、人気(ひとけ)のない会社で人気がないのをいいことにボーっとしていた時、ふと思いました。
そうだ、ユーザー車検にしよう。
足回りのブーツ類は2年前に全部交換しているし、
特に不具合も感じないし、水漏れも止まったみたいだし。
ユーザー車検でよくね?
あー今週持ち込めばラインがら空きだったんじゃないのー?
でもさすがにある程度点検はしたいので、盆の期間は無理でした。
ただ、今回はテスター屋でヘッドライト光軸とサイドスリップだけ見てもらおうと思いはしたんですが、
前回の車検取得時も結局点検記録簿をもらえる整備はしていないので、
ちょっと今回は点検に出そうかと。

ちょうど前の週にアウトランダーの点検の話を営業としていて、
AZ-1の車検やる?おそらく部品交換は必要ないと思うけど。
前の店長は「お断りします」って言ってたけどねー
という話をしたんですが、今の担当営業の方は、やる、という返事をしてきました。
で、アウトランダーの点検の時に話をして、
ちょーっと気が変わって、24か月点検だけしてもらって
車検は自分で協会に持ち込みたいけどいい?という話をしたところ、
全然問題ない、と快諾。
じゃぁそれでということで、とりあえず自分でできるところは自分で。

涼しくなるかと深夜まで待っていても最低気温が28℃でぜんぜんすずしくならんので、
夜ちょっとと、仕方なく36℃の日中に作業。
エンジン・ミッションオイルは6月に換えたのでいじらない。
結局油量チェックするのも忘れました。
クーラントとブレーキ液の交換をするつもりだったけどこの暑さで涼しくなってからに持ち越し。
ブレーキキャリパーは分解清掃、パッド残りは十分。
馬に載せず見える範囲でブーツ類のチェック。
ストラットのガタ確認、あれ、1本車高調のブラケットロックシートがゆるんでる。
ちゃんと見ておくもんですね。リヤなので、ダンパーが回って車高変わったりはしてないでしょう(きっと)。
ヘッドライトは悩んだあげく、LEDだったのをハロゲンに戻しました。
ライトの光軸とサイドスリップ調整はお願いするので、こんなので時間かかったら申し訳ないし。
ちなみに、15年くらい前の車検の時に明るさぎりぎりで「次は通らないよ」と言われたので
バッ直したからハロゲンバルブでも大丈夫でしょう。
いっしょにアーシング代わりにグランドも後ろから前へ引っ張っています。
後はランプ類チェック。発煙筒も載ってる。
ステアリングも、ホーンマークどうしようと2年間も悩んでいたら車検になってしまったので、
大恵産業の市販のシールを慌ててamazonで購入。
大きさが不安だったけどちっさいシールだったのでボタンの上に貼ってもはみ出しませんでした。
これ、ボタンとどのくらい距離が離れててもいいんでしょうね。スポークに貼りたいですが。
ぜんっぜん関係ないけど、このホーンのシールは、以前看板屋の友人にカッティングしてもらったことがあるんですよ。
でも直径10mmの円に収まるサイズで、と言ったのに1辺10mmの正方形で切りやがって、
しかも彼はブラバンやってたのでなんか聞いたことのない名前のホーンの絵で切ってきやがって
なんだよこれラッパに見えねーよ、こんなの貼れねーよ!!

ともあれ万全です。
点検前日に予約の確認をしてから車検の予約を入れました。
1日4ラウンドあって、2と3は混むとのことで第4ラウンド14:15~15:30受付の回。
もし再検査になったらテスター屋に行く時間を考えると第4はやめたかったんですが、
おそらく大丈夫だろうと踏んで第4ラウンドにしました。

そして当日、朝10時に三菱へ点検に。
もしフロアジャッキ使うときはサイドシルはダメよ、
油脂類は足りなくなければいじらないで。
ハブナットは細いからトルク守ってね。
程度の話でお願いしたんですが、ここで痛恨のミスをしていました。
リフトで上げるときに呼ばれて爪の場所を見せられ、大丈夫でしょうという話をしていた時に、
なんと、24か月点検は車検で入庫したときのみで単独ではやっていないという話。
12か月の内容になるけどいい?と。
なんと。営業出てこいやー!
※今日は遠くへお出かけしているようです。

とはいえ休み取ってるから車検は今日で終わらせたいし、
この後協会に持ち込むことは知っているので、なんとなくそんな感じでチェックをしてくれました。
メカニシャンの方、個人的にはAZ-1をいじったことがあるそうで、
いまだに知り合いに乗ってる人もいるとか。
ボディとフレーム以外は特に変わった構造はないAZ-1ですけが、初見でないのは心強いですな。

アウトランダーなら1時間もあれば終わるところが2時間近くかかり完了。
ここで点検記録簿を見て気づいたわけですよ。
タイヤの溝残が、前6.3後ろ3.2mm。

しまったータイヤ位置変えるなって言うの忘れたー。
コンビネーションスイッチを折ったんじゃないですよ、説明するの忘れたけど。
このタイヤ(AD07)は2年で約5000km乗っていますが、後ろの減りが早いこと。
ある日あまりの減りに気づきびっくりして前後入れ替えてたんですよ。
これ、1万キロ乗れるのかな?
でもリヤが減るのはアクセルを踏めている証拠多分LSDのせい。
申し訳ないけど戻してもらって完了。
結局ヘッドライトの光軸調整以外(自分でいじっているので)、サイドスリップも紐アライメントのおかげか調整不要で何も問題なし。
一点、ロールケージのサイドバーが入らなくなってしまったので、ジョイントが剥き出しなのを指摘されました。
シートより後ろ部分もロールバーパッドは必要じゃないか、とも言われましたが、これは要らんでしょうたぶん。
神奈川はうるさいの?と聞いてみると、最近やらかしたのでうるさくなってる、と。
これじゃないよねぇ、やらかしたってなんだろう。
これが原因だったらいい迷惑だな。

とりあえず帰りにホムセンに寄ってクッション材買ってでっち上げよう。
もう12時を回っているので第3ラウンド(12:45~14:00受付)予約しなくてよかった。
こーなったでロールバーパッド椅子・テーブル脚のクッション材を発見。

こんなのつけるだけでも汗だぐになる気温。偽タイラップ3本で巻いてあるやつです。
汗拭いて着替えて、最近入手難でノーマルのdakaraが買えなかったので、
dakaraのライチ味(味が濃すぎる)を持って出発。
協会の窓口で右往左往するのはわかっているので早く行きましょう。


けっこう渋滞の中を走って、受付開始時間を過ぎて14:30ころ軽自動車検査協会神奈川事務所に到着。
終了は15:45なのでまだ十分余裕はあります。
案の定右往左往して、やっと書類をそろえて提出すると「整備記録簿はありますか?」と。
じつは午前に24か月を受けてと思ったらこうなったと手短に話すと、
半ば不思議そうな顔をしつつ、記録簿は確認されませんでした。


パンフレットを渡され「コースわかります?最近もユーザー車検受けてますか?」と聞かれたので、
20年ぶりくらいですと答えたら「じゃぁコースの見学をした後3コースに入ってください」と。
せっかくなので見に行ってみると、
「ちょっと見たらコース入って。教えてあげるから」と検査官に声を掛けられたので、設備だけ確認してコースインします。


コースイン。


最初は外観検査。
外観とターンシグナル、やホーン、ワイパー等のチェックです。
クルマから降りて、エンジンルームのチェック。
エンジン型式の刻印が見つからず、3人がかりでチェックしていました。
前日に自分でも見ておいたんですが、実は場所がわかりませんでした。
それが終わると車内のチェック。
なんか言われるかなと思ったけど、エレガンスチェックは何事もなく完了。


ここでは排気ガスの検査。
本当は自分でマフラーにプローブを突っ込むようですが、
天龍源一郎張りのしゃがれ声が恐ろしくカッコよい検査官の方がどんどんやってました。
検査票も自分で機械に通すのですが、「こうやるんだよ」とやっていただいたので、
結局検査票を自分で何かすることはありませんでした。


サイドスリップ検査。グレーのところをそーっと通過します。
午前の点検で見てもらっているので問題なし。


スピードメータ検査。
メーターが時速40キロを指したらライトをパッシングします。
針がぶるぶる振れるAZ-1ですが、40km/hはほぼ落ち着いてて大丈夫。
前回の時はものすごいブレてて、ブレの振れ幅中心が40km/hの時にボタン押したっけな。
この時「(クルマ)きれいにしているねぇ」とお褒めの言葉をいただきました。
きれいにしたのの9割は自分じゃないですけどね。


続けてヘッドライト検査。
写真は右ライトをチェック中。


そして左ライト。
今はロービーム検査になっているので、ロービーム検査から始めるのかなと思ったらハイビームのみの検査でした。


続けてブレーキ検査。
最初はフートブレーキから。


はいNG。
すっかり忘れていて、自分なりのフルブレーキをしてしまいました。


NG!
そう、床が抜けるほど踏まないといけなかったんですよね。
これでもほぼ踏み切っているのですが×。
さらにもう一回やって、ペダルが奥に当たるほど踏んで、ここで終了。
ローラーとタイヤがスリップしてものすごいジャダーを起こしていて、検査になってるのかね。
あれ、結果どうなの?もしかして再検査?
ちょっとペダル踏み抜けたのも気になるところではありますが。


続けて駐車ブレーキ検査。
もう●が点いていますが、「もっと引いて」と言われて、
ワイヤー切れるんじゃないかと思うほど引いて


OKです。
ちょっとレバーの遊びが大きくてきつかった。


最後はリフトに乗せて、下回り検査。
下回りを引っぱたいて調べます。ステアリングを切ったりゆすったりした後はやることがなくなり、
暑いのを思い出すと一気に暑くなった気がする…


首振りのスポットクーラーがあったんですが、
AZ-1の窓は動物園のサルが物をねだる程度にしか開きません。
という以前に、ぜんぜん上のほう向いてて全く無意味。
暑い…
しばらくして点検完了。リフト下がってしばらくすると
「あれ、触媒換えてます?」
なんでバレた?というか、なぜ今?
「書類ありますか?」というのでチケットウインドウから出そうとすると、「ドア開けていいですよ」
開けたら涼しいのなんの。
でも閉めて、


またリフトアップ。
同じ絵面ですが、ちゃんと別にキャプチャしましたよ。
触媒の刻印見たのかわかりませんが、リフトを降ろして終了です。
ブレーキどうだったの?と聞くと、
「左右で効きが違って。軽い車だとどうしてもなっちゃうんですよね、OKです」
ということで、


無事完了。
窓口で車検証を受け取り帰りましょう。


渡し間違いがあったりするらしいので、受け取った車検証をチェックすると…
あれ?点検整備記録簿ありになってますよ?
いいですけど、これだと確認のお手紙が来ないですね。

ちなみに、3レーンは自分の前に1台居ましたが後ろには誰も来ず、
業者向けレーン?の1と2も数台しか入っていなかったので車検はガラガラでした。
Posted at 2018/09/01 14:38:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年08月09日 イイね!

ダチョウといまどきのクルマとアルビオン

ダチョウといまどきのクルマとアルビオンご無沙汰しております。
最近いろいろやる気がなくて、何もしてないんですよね。

あ、あれだ。
私のAZ-1の冷却水漏れ、最近収まってはいたんですが、
やっぱり気になるというか危険なことになる可能性もあるので、
ちょっと見ていただこうと埼玉へ。
渋滞を気にしたらけっこう早く着いたので、先に近隣で飼われていると聞いたダチョウを見てみることに。
人懐っこいようですが、あいつら平気で人の頭つついたりして恐ろしいので、鳥好きの私でも一定の距離を置いておきました。

AZ-1はスコープでエンジンの隙間なんかも見てみたんですが、よくわからず。
おそらく漏れた冷却水が乾いて固形化したので詰まって漏れなくなってるみたいですが、
とりあえず漏れてそうな場所はわかった感じなので、単にホースバンドを増し締めするだけで様子見。
昼飯を食おうと出かけることにしたんですが、せっかくなので車種は書きませんが大人気のいまどき軽ミドシップに試乗させてもらいました。
普通に乗る分にはすごく扱いやすく、助手席の足元も広々でおねぇちゃんからの文句も出なさそうな、さすがいまどきと思ったんですが、
個人的にはこれは要らないかなーという感じでした。
あまりに普通に運転できて、コレジャナイト感がなかったです。
なんかいまどきのカローラは自動でブリッピングして、発進時ですらアクセル煽らずクラッチつなぐだけでいいんだって?
そんなのダメですよ初めて乗ったら必ずエンストするようなクラッチついてないと。

それはともかく、
先週末にイギリス海軍のドック型輸送揚陸艦アルビオンを見に行ってきました。

自衛艦はいくつか見学させてもらったことがありますが、
外国のはトルコの戦艦以来です。

駐車場でゆっくりしていたらけっこうな行列になってしまって、30分くらい並びました。
そしてホスト艦として来ていた掃海母艦うらがも見学できたので、

うらがの見学を先にしたらアルビオン見学の列が伸びまくって、ここでもまた待つことに。

途中にこんなのの展示。


アルビオン船内










格納庫から一転、デッキは紅白の垂れ幕でお祭りの雰囲気。


動物パン(試食はできません)


日本人に食料配給


子供も容赦なく使役させられます(でもなぜか表情は喜んでいるように見えます)


大人はもっと使役させられます(さすがにかなり苦しそうです)


お祭りといえば射的!


お祭りといえば射的!


お祭りといえば射的!


お祭りといえば射的!(どれも弾のロード操作やトリガーを引くことができます)


車の上でも射的!(チェーンガン?のロード操作指導もあります)


ここでも射的!


冷水の配給がありました。ありがたい。


出口にあった車両


いやいやこんな展示、自衛隊ではいろいろ言われて無理ですね。
軍事関係に詳しいわけではないので、車両どころか銃器も名前はわかりませんが、
非常に面白かったです。


補給でいただいたミリ飯(なのかな?)

正直、中身はなんだかよくわかりません。
ピーナッツと書いてあったのだけ食べましたが、ピーナッツでした。
Posted at 2018/08/09 01:46:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年06月19日 イイね!

みんカラ:モニターキャンペーン【 fcl. LEDヘッドライト 】

Q1. ご希望のバルブ形状は?
回答:H4

Q2. ご希望の色は?(イエロー・ハロゲン色)
回答:ハロゲン

この記事は みんカラ:モニターキャンペーン【 fcl. LEDヘッドライト 】 について書いています。


※質問項目を変更、削除した場合、応募無効となる可能性があります。
Posted at 2018/06/19 15:29:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2018年02月03日 イイね!

Let's PHEV ! 終了

Let's PHEV ! 終了
車検も終了で車両が戻ってきました。
タイトル写真は、クロスの柄のティッシュひと箱、車用ファブリーズひとつ、
ボロくなってきたので新品の車検証入れ(青から赤になった)、
リコールのお知らせとサービスキャンペーンのお知らせ。
あとクロスのカタログ。
くれくれ言うわけじゃないけど、ノベルティさみしいですね。

さて、合法をモットーにしているので車検は何もしなくても基本的に問題ないのですが、
・フロントブレーキが鳴く
湿気ている日は、もうジムカーナかラリー車両かってくらい鳴きます。
ちょっと温度が上がれば止まるんですが、
24カ月点検で分解整備はするのでグリスアップをお願いしておきました。
でもローターよりブレーキパッドがちょっとはみ出していて、
それが原因のようです。パッドを豪快に面取りしないとダメそう。

・シートの後ろがシェルむき出し
パッド貼るの忘れてました。ラゲッジに積みっぱなしなのでお願いしちゃいました。

・ポジションランプのLEDが点滅しとる
検査の時は点いていたのでOK!だそうです。
安い中華通販の使ってたんですが、やっぱダメですね。
ほんとすぐ点滅する。
これは普通のタングステンバルブに戻します。

・前回の時も話したんですが、ハイビームが点いてるんだかわからんほど暗い。
輝度は出てるから…ということで前回はそれ以上進めなかったんですが、
今回も見てもらうと、カットが出ていなさそうとのこと。
気持ち明るいバルブに変えちゃってたので、ノーマルバルブ発掘しておかないと。
やっぱ保証が絡む場合は純正部品使わないとダメですね。

・リコール対応作業は完了。
何も問題なかったそうで、カップとシャフトの交換だっけ?
ピストンは換えてないそうです。

・プロジェクターのフォグランプも車検OK
今回面倒だったので、あのウインドウウォッシャー液ポンプをぶち壊してくれた
プロジェクターのフォグランプもつけっぱで出してみました。
自分で適当に設定している光軸もOKでした。

バッテリー測定の結果は

私んとこの販社は手書き。中途半端でダメだな、減るなら豪快に減ってくれないと。

あれ、温水ヒーター付いてますよ。


そして

疑惑のシビアコンディション点検。
https://minkara.carview.co.jp/userid/165266/blog/37310434/
ここでも文句書いてますが、今回も平然と追加してきたので、ちょっと追求しました。
また「ほとんどのお車は該当する」という返事で、
シビアコンディションには定義があるので、どれが該当するの。
と突っ込むと明確な返答はないのです。
ほとんど該当するって言って、確認せず全部課金してんじゃないの?
と突っ込むと、実際のところは絶対わかっているはずなので、謝罪ののちに
請求書を作り直しに行きました。

その間に担当営業が来たので営業にも話しておきました。
ディーラー車検に出す人って、ディーラーだから、自動車メーカーの専売をしているわけなので
信用して整備をお任せする人がほとんどでしょ。
明確に返答できないということは、全数説明も調査もせずシビアコンディション扱いに
してるんじゃないの?これはまずいんじゃないの?
と話しておきました。
営業は直接整備内容の説明はしないのであまり気にしたことがなかったらしく、
真剣に聞いてもらえたようです。


あ、発炎筒(一番下)は聞かずに換えたりされなかった!勝利。
※あれ?「発煙筒」だよね?
Posted at 2018/02/03 21:16:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月02日 イイね!

Let's PHEV !

Let's PHEV !現行型 ^_^


いやー速いね、モーターの立ち上がりが凄くいいです。
ECOモードでもうちのよりいいですよ。
ECOモードだったの気づかなかったもの。
Posted at 2018/02/02 20:31:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「AZ-1 復活日記 そのにじゅうはち http://cvw.jp/b/165266/41899367/
何シテル?   09/01 14:38
なし

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

第4回AZ-1.CARA. OWNERS.MEETING 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/01 19:25:16
最終チェックを行っております。もうしばらくお待ち下さい。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/11 18:28:55
三菱自動車(純正) MU670022 プラグ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/01 19:12:57

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 アウトランダーPHEV なんの変哲もないアウトランダーPHEV (三菱 アウトランダーPHEV)
13/2/16キター!! 市販パーツが少ないですが、手をかけてやっています。 現在の主 ...
マツダ AZ-1 下町のスーパーカー (マツダ AZ-1)
復活計画開始記念
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.