• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

copper.のブログ一覧

2013年07月30日 イイね!

リコールその後その2

リコールその後その2塗装問題処理で車両を預けたので、代車にi-MiEV Mがやってきました。
レンタカーなのでナンバー隠すほどじゃないと思いますがいちおう。

それでは今更のi-MiEV Mインプレッション若干アウトランダーPHEVと比較。
過去にGには短時間試乗したことがあるんですが、Mでも260万円なんですね。
当時のインプレッションは自分blogにこう書いていました。

「あと回生協調ブレーキになったモデルですが、踏み初めの踏力、ペダル半分くらいまででしょうか、足応えがありません。ぐにょんぐにょん。XBOX360のワイヤレスレーシングホイールのブレーキペダルみたいな感じといえば、誰もわかりません。そこから踏み込むと、いわゆる液圧のピストンを押してる感じがしてきます。
中途半端に足を保持する必要があるため、距離を乗ると疲れそうですね。」

今回好き勝手に乗れるので20Km程度乗ってみましたが、アウトランダーPHEVの出来の良さを実感することとなりました。
上に引用したブレーキ、スカスカの踏み心地部分で回生量を調整します。そこを過ぎると、液圧のピストンを押してると書いてますが、なんか底付きしたような硬さです。そこから踏み込むような運転はしていないのでわからないんですが、どうなんだろう。
PHEVも回生部分は柔らかいですが、それでも代車レガシィに乗り換えてもそんなに違和感は感じなかったので、柔らか目のブレーキペダル、程度しょうか。

あとアクセルペダルから足を離した時のエンブレ相当回生ですが、回生量多め、PHEVで言えばB3かB4走行って感じで、ちょっと減速が大きいです。
シフトがゲート式で、Bに入れるにも横に動かさないといけません。使いづらい。

発進時や極低速時にモーターからなのかゴロついた感触があります。この現象はなんかちゃんとした名称があった気がしますが、これもPHEVでは感じません。
量産EV発売から4年弱でさすがに進化しています。

ま、アウトランダーPHEVもブレーキはまだまだ課題がありますね。
満充電時近くと、それ以外でもたまに感じる回生ブレーキの効き具合の違い、パラレル走行時にブレーキをかけるとすっぽ抜けた状況が発生する等々。

パワー感や加速力は十分なんですが、最後の一踏みのところで突然加速します。これはなんで?キックダウンかターボの過給イメージを演出したんでしょうか?この辺のスムーズさもPHEVは違和感ないですね。

あとはシートポジションがどうしても足に合わせるとハンドルが遠い問題と、ドア内張りに丸い点々(意匠)があるんですが、あれが横を見たときに視界に入ってウザく気になるくらいでしょうか。

いいところは、充電口の蓋は普通も急速も車内にオープナーがある。Eだけなのか、ヘッドライトとテールランプ類がスモーク(個人的趣味)、たぶん5万円の有料色パールだと思うのですが、クリアが厚くて塗装がキレイです。

ポジションが合わないので、それだけであまり運転が楽しくないので、おそらくこのまま返却すると思います。


そうそう、サイドステップ部分に貼っていた透明シートなんですが、これもリコール作業から返ってきたら熱で縮んでこんな。真ん中の縦線が縮んで糊が残った部分です。これは安物シートなんで想定内ですけどね。戻ってきたら諦めてブランドもののスクラッチガード貼ろうかなぁ。
Posted at 2013/07/31 00:36:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2013年07月22日 イイね!

リコールその後




(3枚目は上2枚の倍率を1/4縮小したもの)

日記ではないのですが、掲示板に書いていた話題をちょっと。

リコール返却後1週間が経ち、洗車をしました。
洗う前に触ってみて、かなりボディがざらついてるなと思ってはいたのですが、
なんと洗剤洗車をしても全く落ちません。
拭き上げ用の偽セーム革(極細繊維のなんとかみたいなカー用品)がザラザラと音を立てるほどです。
写真の白い点々はその偽セーム革で拭いても引っかかって拭きとれない繊維状の埃。
車両の平らや平らに近い部分の塗装面全面がほぼ全部この状態。
リコール作業の受け取りが夕方で曇天だったので油断していましたわ。

初めて買った車が黒メタリックで、当時子供だったのでぞんざいに扱って洗車傷なんか盛大についていたので、
今回はかなり神経質にイオンデポジットも極力付けないよう夜洗車したりしていたのですが、
これはもうけっこう焼けてしまっています。
この時受け取ってから水に晒したのは東名高速の豪雨で1回ですが、輪の中に輪ができているので1回や2回の乾燥ではない様です。
できた直後なら水垢スポットクリーナーが、アルカリ性なのになぜか落としてくれるのですが、もう全く歯が立ちませんでした。

リコール作業で合計何日露天に置かれたのかわかりませんが、今のところ車両購入後に自分の使用で外に置きっぱなしにしたのは最長丸2日間。
納車すぐに貼っていた黄色いシールが、出すまでは黄色かったのに返ってきたらすっかり焼けて白くなっておりました。屋外用シールではないので焼けて当然ですが、3週間ですっかり黄あひるが白あひるに。

ということで、これから岡崎送りにする方でボディの状態を気にする方は、出す前に塗装面も確認してください。
返却後受け取りサインをしてしまうと、基本的にメーカーはもう免責です。


追記:
なんか引っかかってたんですが、読み返したら時事的によろしくない表現があったので修正しました。
Posted at 2013/07/22 23:46:59 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「みんカラ:モニターキャンペーン【 fcl. LEDヘッドライト 】 http://cvw.jp/b/165266/41625393/
何シテル?   06/19 15:29
なし

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

最終チェックを行っております。もうしばらくお待ち下さい。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/11 18:28:55
三菱自動車(純正) MU670022 プラグ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/01 19:12:57
ガレージが欲しい 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/10 16:04:58

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 アウトランダーPHEV なんの変哲もないアウトランダーPHEV (三菱 アウトランダーPHEV)
13/2/16キター!! 市販パーツが少ないですが、手をかけてやっています。 現在の主 ...
マツダ AZ-1 下町のスーパーカー (マツダ AZ-1)
復活計画開始記念
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる