• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

copper.のブログ一覧

2015年10月31日 イイね!

ポジションセレクター周辺の化粧パネル

ポジションセレクター周辺の化粧パネル新型には負けないぜ!
ということですが、新型部品流用ではなくいつもの中華通販で中華パーツ到着です。
この場所はなんて呼ぶの?センタートンネル?




樹脂製でシルバーの着色済み。
手荒に扱うと薄いところが折れそうです。
裏側は、いつものように3とかMとか書いてある両面テープが付いています。

とりあえず置いてみるとこんな感じ。ドリンクホルダー部分などに淵が張り付けてあるので、このままじゃちょっと浮いてますが、


シフトノブ周りって、ステンの打ち抜きの貼物が出てますが、
GF#Wとサイズが若干違うんですよね。これもちょっと違う感じ。
このまま強引に貼っちゃっても、そんなに気にならなそうですけど。

パッと見、悪くはないですが、このままじゃつまらないなぁ。
思いつくのは

1.塗装する
2.○○する
3.デコる

どうしよう。

ちなみにハンドブレーキノブの下ががっつり開いてますが、
これつけると、目立っちゃってますね。
ここもおそらく板金打ち抜きの貼物パネルがあって、到着待ちです。

いかんせんあそこの通販はモノがよくわからんので、
届くまでが楽しみです。届くとがっかりすることも多いですが…
今んとこ騙されたことは1度だけ。
Posted at 2015/10/31 00:28:00 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ
2015年10月24日 イイね!

作業中その13 (いちおう完結)

作業中その13 (いちおう完結)※タイトル数字間違えてたのでこっそり修正

ちょっといつもの山坂道を乗ってきました。
パドル無しでB0フットブレーキのみで乗ってたんですが、つい手がパタパタしてしまいます。







いちおうノーマルと今の状況比較。

これでもローターが17インチ用なんですが、ビジュアル系としてはあんまり大きく見えないですね。
走り始め、最初から塗ってある防錆塗装と自家塗装が落ちるまでゴーゴー音がするし
停止寸前ではブモー!と大きな音と振動がしていました。
通りすがりの人が

牛か?

と思うほど。
センパイ! オレぢゃね~っすから。念為
(嘘です私です)

公道を模したテストコースへ行き、しばらく加速・ブレーキを繰り返して塗装が取れてくると安定してきました。
ハンドルの取られもないですし、50km/h程度からのブレーキングならABSも作動するし、引きずりもない様子です。
しかし運転のせいでめちゃくちゃ電費悪し。普段の1/2くらい。

今のところ懸念していた事項の四つが発生しました。
・ペダルが少し奥に行ってしまう。
 ノーマルのキャリパーもけっこう大きなピストンが付いているので大丈夫かなと思っていたけど、
 ブレーキホースの相乗効果もあるのか、やっぱり液圧を感じる部分が少し奥に。
 最初はシートを1ノッチ前に出したんですが、そのうち慣れてきて元に戻しました。
・初期制動が高くなってしまった
 ノーマルと同じ程度をもくろんでいました。
 もともと初期制動の高いブレーキは嫌いなんですが、
 今回パッドも違うしローター径も大きくなるし、ビジュアル系なのでスリット入れてみたりして
 案の定初期制動は上がってしまいました。
 実は、本当はノーマルのローターのままキャリパーだけ変更するつもりだったんです。
 そうすれば費用もお安いし。
 が、仮装着で書いたようにホイールにぶつかってしまい、
 ローター径大きくすれば解消するかと思ってやってみたものの、
 結局ぎりぎりか、もしかするとやっぱり当たるのかも。
 それで対策にスペーサー入れてるんじゃ、結果としてローター変更しなくても良かったのかも。
 若干ビジュアルはよくなりましたが費用対効果はどうなのか…
 まぁローター代たぶん1.8万くらい余分にかかっただけで済んでいるはずですけど。
・フロントが効きすぎる
 もっと高速からブレーキングしないとわかりませんが、比重が変わったのかリヤがあんまり役立ってない気がします。
 こっちは気になるようならパッド交換でバランスとればいいと思ってます。
・スリットローター入れたのに全然見えない
 これじゃ普通のでよかったな。もっと隙間の大きいホイールなら見えるかもしれないけど。

フィーリングで変わったのは、回生領域を超えて液圧メインになってから、若干効きは強いですがコントローラブル。ブレーキ残してコーナーに入っていくの楽しいです。
回生とのつながりは、そんなに気になりません。慣れの範囲で済んでいます。
ここで大きな副作用に気づきます。
・例のルームランプ裏の音が出なくなった
 理由はまったくわかりません。ジャッキアップしたりして、車体の歪みかたが変わったから?
 まぁまたすぐ出るんでしょうけど。

とりあえずうなだれながらノーマルに戻さざるを得ない状況は発生せずに済みましたので、気のすむまでこれで行きます。
整備手帳にもまとめますね(願望)。
まとめないかもしれないので、使用したものここに一応書いておきます。
・キャリパー:GTO後期ツインターボ用中古(17インチ)
・キャリパー:O/Hキット(三菱純正)
・キャリパーブラケット一式:TKF(主にランサーのチューニング屋さん)
・ローター:DIXCEL SDtype GTO用(まったく問題なく同じ位置につきますが厚みがゴツくなります)
・ブレーキパッド:DIXCEL EXTRA Cruisetype (安い!これで十分)
・ブレーキ液:DXCEL DOT5.1(面倒だから一緒に買っただけ。整備書には混ぜるなってありますが、普通は問題ないです。定格性能が出ないだけ)
・ブレーキホース:キノクニ ラン・マックス(だけど、なんか商品写真と違うものに見える)
・ブレーキホース付帯パーツ:アールズ
・ホイールスペーサー:協永産業 3mm


で、どなたかスタッドレスとホイール買ってくださいませんか。
試すまでもなく、16インチホイールは入る気がしません。
https://minkara.carview.co.jp/userid/165266/car/1303672/2592663/note.aspx
走行はたぶん3000kmくらい、屋内エア抜き保管です。
※残念ながら、この1週間後に1本ガリ傷を作ってしまいました。
speedlineの保守用シールも付属します。タイヤも3シーズン目ですしお値段は高いことなんか言いません。
Posted at 2015/10/25 00:29:10 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
2015年10月24日 イイね!

作業中その12

作業中その12おわた…

左はさすがに作業も早かったですが、
ブレーキローターのバックプレートを切らにゃならんので(右は試着の時に切ってもらった)、
それにちょっと難儀したくらいでしょうか。

いまのところブレーキのエア抜きが不安です。
今まで乗った車と違って、なんか変な動きしますね。
ノーマル状態を確認しとくんだった。
ペダルを踏み込んでいくと、何かが動く音がして、結局さらに踏めて行ってしまうみたいで、
途中で圧を逃がしてるんでしょうか。
バンバン踏んでるとブレーキ異常が表示されるし。

さすがにエア抜きは二人でやった方が安心です。
ブリーダーから出た液を目視しないとちょっとなぁ。

そして、

スペーサーなんか絶対使わないって言ったな、
あれは嘘だ。

ということで、念のため昨日の夜にアマゾンで3mmのスペーサーを買っておきました。
今後どうするかわかんないので、安いけどちゃんとしてるだろう協永産業のやつ。
2枚で616円。

とりあえずそれを入れた写真です。

5mm開いてるけど、、抜いて本当に2mm残るのかなぁ。
あ、前のに2mmのシム足したって書きましたが、シム入れてちゃんと取り付けてみたらオフセットしすぎて、
外側のブレーキパッドがローターに当たりっぱなしになってしまってダメだったので、結局設計通りの4mmカラーのみになっています。
このホイールはインセット40mmで、それも仇になったというか
そんなミリ単位のセッティングなんてねぇ。
もっとローター外径がデカいとキャリパーも外に出るので余裕があるんですけどね、
いかんせん設計の古いキャリパーなので厚みもありすぎ。

さて、ちょっとクルマ動かしてみるか…
不安なのと、ブレーキチェックするには交通量の少ない時間がいいんですけどね。
Posted at 2015/10/24 21:20:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2015年10月24日 イイね!

作業中その11

作業中その11腹減ったので飯。

前回は…
ああ、仮装着してクリアランスがってとこでしたね。
何度かカラーとシムを交換し、結局4mmカラーに2mmシムを追加でなんとかいい状態に。
この間にホイールにキャリパーを当てて、ちょっと塗装が削れてしまいました。
専用品じゃないからしょうがないですね。

そうそう、左側の緩まなかったキャリパーのボルトは、結局エアインパクト出動で、
なんとか外しました。うちにあるような低用量だと1本がなかなか外せず、さんざん叩いた後にブレーカーバーで手動で外せました。あそこの締め付けトルクは44±5N-m、ホイールナットの半分程度なんですが、なんで緩まなくなるのがほんと不思議です。熱のせいなんでしょうか。
おかげエアホース伸ばしてきたので、今まで実用したことのない、エアツール3点セットに入っていたエアラチェットも使ってみることに。
このシム変えて試着とかやってるときほんと便利でした。
シム変える→ブレーキローターをナット5本で固定→キャリパーつける→ブレーキローターのナット外す→ホイール装着
を何度か繰り返したので。


さて、今日は最初にブレーキホースを外してもうキャリパー交換の体制に。
とりあえずキャリパーにブレーキホースをつけてみましょう。
と、これがまたノーマルのホースが硬くて外れない。
前のオーナーは一回O/Hしているような感じがあるんですが、どこで作業したんだろう。
まぁなんとか外すことはできましたが、新しいホースがねじ込める感じがせず、
ねじ山壊したら大変だし、などとぐりぐりやっていたら正しい位置で入れることができました。
ねじ込みが固いからわかんないよ。

一部ナックルに当たりそうなところがあったんで、キャリパーの足は少し削りました。
ブラケットもいちおうノーマルと同じトルクで取り付け。
怖いので耐熱のロック剤塗っておきましたが、永久固定!と、もっと恐ろしいことが書いてあるので、ちょろっとだけ。

それでは車体からブレーキホースを取ってみます。

取れました。
ホースを留めてるクリップをどうやって外すのかわからんかったのですが、
ウォーターポンププライヤーで左右から挟んでぐりぐりやれば、あっさり取れました。

で、新しいブレーキホースには、ホースと車体側部分にアダプターを入れるんですが、

ノーマルのホースを確認していないので、どちらにも使えるアダプターが用意されていました。
比べてみて、合わなければこの中の出っ張ってるテーパー部分を外してね、と。
一応傷をつけないように楊枝で後ろから押してみたりしたんですが、まったく動じず。
いろいろやったんですがまったくわからないので、納品元のキノクニへ電話。土曜日やっててよかった。

あのー、これこれの部品について、合わなかったら中のテーパー外せって言われたんですが、どうやって取ればいいんでしょう?

それは圧入されてるんで、ボール盤でタップを立てて、ボール盤って下に万力みたいのあるでしょ?あれで本体を押さえて上にガッと引き抜くんですよ、うちではそうやってます。

(えっ)
そうですか、何とかしてみます、ありがとうございます。

………


よし、ボール盤とタップを探してみよう。
あった!

こんな感じかな。一番細いタップを立てて、上にガッと抜く!
ガッ!

えー、無理です。チャックってそんなに固定力ないですよね。ただタップが抜けるだけ。
さてどうしよう…

そうだ、タップ立てたんだから、そこにビスを入れて裏から叩けばいいんだ!
とビスを探しても、こんなに細いのが見つからない。

ありました。


本体をバイスに乗せて、精密ドライバーのセットに入っていたヘキサのやつを裏から挿して、


プラハンで3回も叩いたら抜けた!
のが、タイトル写真です。
ここまで2時間かかりました。
さて、続きをやらないとクルマ乗れない…
Posted at 2015/10/24 15:17:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2015年10月24日 イイね!

作業中その10

ま、部品が全部揃っちゃったらやらないわけにはいかないですよね。
明日の予定も明後日に変更できたし。

両側さび落としなんかして、右側のキャリパーを仮止めしてみました。



なにこのクリアランス
当たってはいませんが…
Posted at 2015/10/24 00:49:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「AZ-1 復活日記 そのにじゅうはち http://cvw.jp/b/165266/41899367/
何シテル?   09/01 14:38
なし

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

第4回AZ-1.CARA. OWNERS.MEETING 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/01 19:25:16
最終チェックを行っております。もうしばらくお待ち下さい。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/11 18:28:55
三菱自動車(純正) MU670022 プラグ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/01 19:12:57

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 アウトランダーPHEV なんの変哲もないアウトランダーPHEV (三菱 アウトランダーPHEV)
13/2/16キター!! 市販パーツが少ないですが、手をかけてやっています。 現在の主 ...
マツダ AZ-1 下町のスーパーカー (マツダ AZ-1)
復活計画開始記念
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.