• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

copper.のブログ一覧

2016年02月08日 イイね!

車検ピーク

車検ピーク予約購入組の車検は今月いっぱい程度ですね。
私も1月最終週にディーラーに出してきました。
合法を信条にしている私の車は何の指摘も問題もなく通りました。
ホイールのラグナット部分が狭いので気を付けてねというと、
こういうホイールにはインパクトは使っていないとのこと。
それは安心。
整備と車検は予定通り一泊で終わったんですが受け取り時に腑に落ちないことが数件。

ひとつめ、シビアコンディション点検2,160円が入っている。
シビアコンディションに該当するの?と聞いても、ほとんどの車は該当するとの返答。
何が該当するのかの説明は無し。
https://www.kanto-mitsubishi-motor-sales.com/maintenance/syaken/simulation.html
ここによると、

※お車の使用状況が、以下に当てはまる場合、別途シビアコンディション点検料2,160円がかかります。
  (1)年間走行距離2万km以上の場合。
  (2)使用される3割以上で、1回あたりの走行距離が8km以下の場合。
  (3)使用される3割以上で、悪路および山岳路を走行の場合。

ひとつも該当しません。

ふたつめ、ボデー洗車及び、下廻りスチーム洗浄不要と記載されている。
ボデー洗車はしなくていいといいましたが、
下廻り洗浄は聞かれてもいないし断ってもいません。
特に錆もなく省略したと言ってましたが、前週に氷上走行に行ったのもあるし洗ってほしかったなぁ。
ただ、整備代はエコノミー整備となっていて、上記のサイトによるとエコノミー整備はスチーム洗浄無しなので、そもそも含まれていないようです。

みっつめ、バッテリー容量測定はサービスで実施いただいたんですが、
バッテリーリフレッシュというのはやった?と聞くと「なにそれ?」でした。
相変わらずディーラーによってまちまちですね。
電池容量残存率は84.8%。思ったとうか希望より低いな。
ちなみにEvBatMonでの、車検出し日のデータによると

この左上二番目のが容量なんでしょうか?OBDでの読み出しだとちょっと違うようです。

車検整備以外で頼んだことは、
ひとつめ、ラゲッジのACソケットがプラグを抜くときに一緒についてくる。
対策部品が出ていて交換されました。

ふたつめ、走行中に過去数回ACC使用できず表示が出たことがある
みっつめ、これは他に聞いたことがないですが、READYでアクセルを踏んだら「がっ」と音がしてつんのめり発進できず、SeeYou表示でシャットダウン、2回目も同じ症状、3回目で正常に発進という現象があったこと。Pで車軸を固定しているピンが抜けていないような感じ。
この二つはダイアグでも何ら履歴が残っておらず、不明。

よっつめ、たまにはディーラーでなんか買ってやろうとコルトスピードのタワーバー注文。
2月生産分には間に合わず3月分になりました。

いつつめ、純正DSRC車載器のETC2.0化再セットアップ。
ETC2.0再セットアップサポートキャンペーンに対応、先着10万名までセットアップ代助成!2/7現在9,955名申し込み!
これが、エラーが出て、すでに2.0になっているという表示でできないとのこと。
2015年6月30日以前に購入・セットアップしたETC2.0対応車載器が対象。
自分のブログを確認すると、取り付けは2014年1月。明らかに対象です。
結局のところ、走行経路確認社会実験モニターに参加した車載器はすでにETC2.0になっているとのことでした。なーんだ。つまりこのときにETC2.0実証実験をしていたということなんですかね。
※ETC側は「ETC/DSRC車載器」もETC2.0対応車載器だと言い張っていますが、再セットアップしないとETC2.0のサービスは受けられないのですから、ここではDSRCとETC2.0は別として記載しています。

他には、私のクルマだと保証範囲がどんどん狭くなっていますが、つくつく保証は入っておきました。
MMCSやサンルーフが壊れるとけっこうな金額になると思うので、保険ですね。
ハーティメンテはどうしようかと思って入っていません。
私の走行距離(エンジン稼働率)で6か月ごとのオイル交換は過剰だし。
ただ自分でいじくる手前、法定じゃないけど点検に出せるのは利点なんですよね。
これも保険と考えるのか。ちなみに法定1安心2のパックで4万弱。ディーラーオイル交換は5000円強。オイル交換無しのパックは2万ちょっと。
エンジンオイル交換指定って1.5万kmか2年でしたっけ?自分の走行だと次の車検交換でちょうどいいような気がする…自分でモチュールでも入れようかしら。

代車はミラージュ(しかもレンタカー)だったんですが、現行の初代ミラージュなのでいろいろダメな部分はあれど、普通の車はブレーキペダルを踏みまくらなくてはいけないとか、初期型がうるさいと言ってもコンパクトカーとは遮音のレベルが違ったとか、カギを挿して回さなくてはいけないとか(カギを受け取って、いきなり無くしました。ドアポケットに入っていた)、初代ミラージュの出来がアレなのは差し引いても内燃機関+CVTは違和感あるなとか再確認できて、もう乗り味は電動車以外には戻れませんね。
内燃直結車(なんて言えばいいんだろ)からアウトランダーPHEVに乗ったとき以上に、アウトランダーPHEVから内燃直結車に乗ったときのアクセルレスポンスの違和感ったらもう。

2018年にFMCとか、普通の自動車メーカーみたいなことを言っていますが、本当に出るんでしょうかね。国内超大手自動車メーカーですら今6年ではFMCしなくなってますよね。
次は自動運転ほしいのですが、実際のところ2020年でも今のテスラ程度のアシストと思います。
2018年でどこまで採用されるのかなぁ。あと3年しかないですよ?
たしかGSユアサが現行の倍密度バッテリーをもうすぐ市販とかニュースになってましたよね。それとバッテリーの高電圧化で、カタログ値で150㎞、実測100㎞は走れるようになるといいなぁ。なんにせよ今電気系統が300Vですから、いくら何でもFMCなら600Vには昇圧してくれないとね。
Posted at 2016/02/09 02:31:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「みんカラ:モニターキャンペーン【 fcl. LEDヘッドライト 】 http://cvw.jp/b/165266/41625393/
何シテル?   06/19 15:29
なし

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/2 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

最終チェックを行っております。もうしばらくお待ち下さい。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/11 18:28:55
三菱自動車(純正) MU670022 プラグ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/01 19:12:57
ガレージが欲しい 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/10 16:04:58

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 アウトランダーPHEV なんの変哲もないアウトランダーPHEV (三菱 アウトランダーPHEV)
13/2/16キター!! 市販パーツが少ないですが、手をかけてやっています。 現在の主 ...
マツダ AZ-1 下町のスーパーカー (マツダ AZ-1)
復活計画開始記念
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.