• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年08月14日

アコードのフォグランプユニット交換



昨日の夕飯は義姉宅でバーベキュー。久しぶりにテラスで行ったバーベキューでしたが



暑かった・・・(泣)
そりゃもう汗ダラダラ・・・・













さて、先月の末頃アコードのフォグランプのバルブをIPFの白色フィラメント球から大陸製のLEDに交換したのですが、バルブのシールパッキンの気密性が悪かったため雨天の走行で水がレンズユニット内に入りこみこのように完全に浸水してしまい、これに気づくのも遅れたためリフレクター底面に錆が発生してしまいました。

すぐにパッキンの気密性が保てるよう改善は施しつつ、やはり錆びたままのレンズユニットは嫌だったので早いうちに交換しようと思っていたのですが、あの豪雨以来全く雨が降らないため気密性が確保できているのか検証ができないままレンズユニットを交換するのもどうかと思いずっと待っていたのですが、この先も雨が降りそうにないし、長期休暇であるこのタイミングにしておかないと意外とこの先放置してしまいそうな予感もしたので、無検証のまま昨日交換しておきました。








本当はこの状態のままでも遠く離れれば気付きにくいし、こんな所よりももっと目立つ補修すべき個所があるのですが、改善にかかる金額からしたらそれほど痛いわけじゃないし、何よりも片側のレンズだけが暗いのは気になるんですよね・・・・。








錆びたのは運転席側のフォグユニット。底面がガサガサに錆びてフォグ内部の色調が暗いんです・・・。







さて、ここからは作業ブログ。


CMアコードワゴン(&CLセダン)のフォグユニット交換は、本来であればナンバープレート横からラチェットレンチを突っ込んでフォグユニットの固定ネジ1本を外せばすぐに終わるのですが、フロントリップスポイラーが標準である私のワゴンスポーツパッケージやセダンユーロR&24Sはスポイラーを外さないとフォグユニットが手前に取り出せないという面倒なことになっています。

これまで何度かバンパーは外しておりますが、スポイラー単体を取り外すのは今回が初めてなので、今さらな内容かもしれませんが一応書き残しておきますね。








まずは、タイヤハウス部分のネジを左右それぞれ2本ずつ外し、あとは底面のM6ボルト8本を外します(詳細はのちほど)。

当然ですが、こういう底面のネジの中にはジラをこく厄介なヤツが必ず1本や2本いるんですよね・・・・。回らなくなったらCRCなど吹き付けて浸透させどうにかこうにかしながら外します(笑)。









これでスポイラーは外れてくれるのかと思いきや、フォグユニットあたりで何か引っ掛けてあるか、或いはネジ固定されている感じで色々やっても全然外れてくれない・・・。
もしかしてフォグユニットとスポイラーが共締めされてるのかと思い、フォグユニットの固定ネジを外したらスポイラーも外れました。


共締めされてたんだ・・・(汗)


いつも模索しながら部品外しをする事が多いので、勘が外れたらパキッとかなりそうで私の作業はちょっと危険かも(~-~;)。









フォグ固定ネジはこれ1本。トルネオのフォグも同様の固定方法でしたが、トルネオで使っていたボックスドライバーを突っ込んだら長さが足りず、ラチェットにエクステンションを付けての作業となりました。









バンパーに傷がつかないよう、両サイドを下げ気味にして手前に引っ張って外します。









フロントリップスポイラーはこんな形状。

私の車は購入時にワゴンスポーツパッケージ用標準フロントリップを外してセダンユーロR&24S用に交換した状態で納車してもらったのですが、どちらもフォグ周りがこの様に串刺し形状になっているのが特徴です。3本の串刺しのうち、内側の1本がフォグと共締めになるのが分かると思います。まぁ確かにここを止めないとスポラー上部が不安定ですもんね・・・。









よって、ワゴンスポーツパッケージとセダンユーロR&24Sのフォグユニットはこの様に3か所ほど穴があいており、穴が全くあいていないノーマル仕様ユニットとは異なっています。











スポイラー底面の固定個所は画像の通り。

赤丸印の4か所は浅めのS字ステーなのでネジは外しやすいのですが、水色□印のステーは深いコの字形状なのでラチェットもエクステンションを付けないと外しにくいかも。

※クリックして拡大画像が見られるようにしています。









底面のM6ボルトはこんな形状。根元部分がスポイラーのステー穴に嵌り込むよう段付きになっているので、取り付けの際は確認しながら締めないとステーが割れるかもしれませんね。









さて、画像左が新しいユニット。といっても某オクで落札したユーロR用の中古品です。純正のH11バルブが付いていました。

もちろんリフレクターやガラスレンズが綺麗かどうかは出品画像で確認済みです。










ただ、カバーの一部に小さな擦り傷があったのは出品画像では確認できませんでした・・・。

実はこの部分はスポイラーを装着しても見えてしまう部分なので、仕方なくカバーを外して入れ替えることにしました。









外すネジは2本だけ。

赤丸印のネジはレンズ固定用のネジで、水色ネジは光軸調整用のネジ。どちらも外さないと分解できません。

因みにこの分解作業はこれまで装着していたもう一つのユニットでも行いますが、光軸調整ネジのねじ込み具合は分解前にどの程度かを記憶しておいた方がいいでしょう。私のフォグユニットはネジの尻が約3山ほど飛び出ていたので、その通りに組み込むことにします。










外したネジとスプリング。スプリングはラジペンか何かで挟まないと張力のせいで固くて取れませんので。








固定ネジ側とは反対の部分。こちらは光軸調整で可動するよう、差し込まれているだけ。

取り外すには、水色部分の樹脂を外側に引っ張りながらレンズユニットを赤矢印方向に引っ張ります。その際、赤や印の方向へ引っ張りすぎると反対側の樹脂がペキッと折れるかもしれません。









こんな感じでカバーとレンズユニットを分解。新しいレンズユニットをこれまで装着していたカバーに組み込みます。

因みに新品ではレンズユニット単体で購入できますが、それでも今や新品で1万円は軽く超えると思われます(当時の新品価格で8500円)。









スプリングはかなり硬いため、レンズユニットを装着した後からスプリングを嵌めこむのは恐らく不可・・・。レンズユニット装着段階で一緒に組み込んでおく方がいいと思います。

ただ、それでもスプリング両端部分をきちんと嵌めこむのは意外と面倒です・・・









ということで、カバーの傷のせいで一手間増えてしまいましたが、なんとかスワップ成功。










あとはバルブを差し替えるわけですが、どうやらパッキン形状は純正品とほぼ同じ・・・。IPFのパッキンは根元寸法がかなり違っていたので全く装着不可でしたので僅差は正直意外でした。

ただ、厚さが少し違っていて、実際入れ替えてみましたが怪しい気密性だったのでパッキンの入れ替えはやめときました。


というか、全然雨が降らないから今の改善策で大丈夫なのかダメなのかが分からないのよね・・・









カバーも少しだけ綺麗にして完了♪

95%は見えなくなるけどね・・










元に戻す前に、貴重なノーマルフェイスを撮影(笑)。恐らくこの先ノーマルフェイスのダブル号を見ることはもうないでしょうから。









フロントリップ装着前に、固定ネジにグリスを吹き付け。









サクサクっと終わるはずが、いくらネジを回しても締まらない箇所が・・・・。

鏡で盗撮・・・じゃなくて確認してみたら、プレートナットが結構ずれててそりゃネジが入らないはずだと納得・・・。ナットがずれやすいので鏡はあった方がいいと思いました(笑)。









ということで作業完了!!

どんより暗かったユニットが明るくなりました。オーナーにしか分からないちょっとした事だけど、やっぱり直せるところは直しておかないとね。








暑くなければもっと色々な補修をしたいのですが、まぁ焦らずぼちぼち補修を進めていきたいと思っております。
ブログ一覧 | メンテナンス | 日記
Posted at 2018/08/14 11:49:59

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

ベンツ Eクラス E550 ヘッド ...
Mファクトリー・ショップさん

構造
wayward07さん

【純正LEDフォグ】暗いフォグは交 ...
pika-Qさん

メルセデスベンツ Eクラスワゴン( ...
Mファクトリー・ショップさん

エスプリのテールレンズ交換
TYPE74さん

ベンツ W211 E350ワゴン ...
Mファクトリー・ショップさん

この記事へのコメント

2018/08/14 18:00:46
お疲れ様でした・・・
なかなか面倒な交換作業でしたね
(^^;)

後は気密性がどうかですね・・・
コメントへの返答
2018/08/16 23:13:37
トルネオだったらあっという間に終わる作業ですが、スポイラー付きだと色々と面倒ですね。特に底面のネジは寝転がらないと作業できないし底面のネジも固着が激しいですからね~。


実は今日土砂降りの雨だったのですが、アコードは全く動かさず・・・。気密性が保ててるといいのですが・・・
2018/08/14 19:01:27
BBQ数年やってないので楽しそうですね。
籠りのお盆になってしまいました。

レンズ系が濡れるとやっかいですね
移植お疲れ様でした。
大陸製のパッキンは怖いですね。
私もつけようと企てていましたがちょっと様子を見ようと思います。
コメントへの返答
2018/08/16 23:17:22
私も本当に久しぶりのBBQでした。めったにBBQなんてしないもんで・・・。

お盆はゆっくりするのが一番いいと思います。私は休みになるとぎゅうぎゅう詰めで色々するので全然休めません。自業自得なんですが・・・

大陸製商品は何かとリスキーですね。今回は勉強代として仕方がないと思いますが、次回からは必ず気密性を疑うことにします。
2018/08/14 20:36:37
無事、男前な顔つきに戻って良かったですね。(^_^)

なかなか大変な作業でしたね・・・
スポイラーが共締めになっているんですね。
5代目流星号、アコードワゴンのころにユーロRのリップが欲しくてたまりませんでしたが、フォグランプのベゼルまで必要だったとは知りませんでした。(^^;
コメントへの返答
2018/08/16 23:20:58
やはり左右でトーンが違うというのは気になりますからね・・・。痛い出費でしたが勉強代です。

ノーマルフォグだとスポイラーが装着できないというのはどこかで聞いて知っていたのですが、こういう事だったんですね。

ベゼル(カバー)だけだと当時で片側2500円(今だと4000円くらいするかも)くらいだったかも。
2018/08/14 21:44:39
スポイラーを被せてるとフォグユニットが外せないのが難点ですね。スポイラーを両面テープも使って止めているとバンパーを外すことにもなりますからね。

フォグユニットは新品だと そこそこの値段がしたと思います。今でもオクで部品が流通してるのはありがたいですね。
コメントへの返答
2018/08/16 23:25:11
両面テープは既に何の役にもたっていない状態(つまり外れている)でしたが、クッション材代わりとして剥がさずそのまま装着しました。

オクって助かりますよね。これのおかげで古い車でも色々交換して維持できている事を痛感します。年式を考えても新品は価格が跳ね上がっててとても買えません・・・
2018/08/15 15:30:46
こんにちは。
お疲れ様です。スポイラーを外さないと交換が出来ないのも大変ですね。
家のワゴンRやブレビスもフロント関連の電球交換はエンジンルームにスペースがないので大変です。私もボディのキズ補修をしたいですが、今年のこの暑さは半端でないですからね。気象情報で「雨が降るでしょう」と言っておいて一滴も来ない日が何日かあり、この頃天気予報も信用出来ませんですわ。
コメントへの返答
2018/08/16 23:30:08
こんばんはー。

トルネオはスポイラー付きでも簡単にフォグは外せましたが、アコードはフォグ全体を被せるスポイラーなので、どうしても面倒な作業になりますね。

今の車はポジション交換ですら大変ですよね。アコードもかなり面倒でフェンダー内側のカバーを外して手を突っ込まないといけません。まぁ無理をすればエンジンルームからでも出来ないことはないのですが・・・

今日こちらは久しぶりに雨が降りましたよ~。そちらはどうだったのでしょうか。
2018/08/16 11:05:30
今年はBBQも、気合いが要りますね〜!
これに冷えたビールがたまらん。

バルブの交換は割に交換する機会があっても、ユニットごとの交換はそんなに想定されてないから、結構複雑な固定方法なんですね。
というより、ホンダ拘りの一つみたいな気もします。

そこまでしなくてもというところに、丁寧にネジ止めが有ったりしかも伴止めですか!驚きです。

私もこの休みで光り物DIYしました。
お恥ずかしいレベルですけど・・・笑
コメントへの返答
2018/08/16 23:36:31
BBQで残念なのは、冷えたビールは最初の一口目くらいですぐに温くなることですかね・・・。外が暑すぎて・・(~-~;)。


トルネオのフォグ用バルブはユニットを外しての交換で、アコードもスポイラーなしであればユニットを外しての交換が一番簡単です。でもスポイラー付きの場合はユニット外しが大変なので、底面から手を突っ込んでのバルブ交換となり、これが大変面倒なんですね・・・。特に助手席側はレゾネーターがフォグの真後ろになって大変なんてもんじゃないんですよね・・・。

光りもの弄り、何でしょうか??!久しぶりにブログアップよろしお願いしま~す!
2018/08/16 15:24:37
ノーマルフェイスも結構好きかも
コメントへの返答
2018/08/16 23:38:19
どっちかっていうと、優しい顔つき??

ノーマル顔が好きな方は、ユーロR用のスポイラーじゃなくモデューロのフロントスポイラーが好きかも。
2018/08/16 16:15:15
お疲れ様です。

フロントリップ、取り付けネジの数も多いし、結構頑丈に取り付けてあるんですね。ラチェット無いと絶対無理じゃん。

…そしてなんだかホッとするノーマルフェイス。笑
コメントへの返答
2018/08/16 23:42:24
ラチェットは確実に必要ですね。しかもエクステンションバーがないと中間付近のネジは緩められないと思います。まぁこれだけの数で固定しているので、両面テープが全部剥がれてても全く不安を感じませんでしたけど(笑)

ノーマルフェイスはちょっと優しい顔ですかね?
2018/08/23 16:16:20
パーツリストを見ると両面テープ留めされてる感じだけどなぁと思ったら剥がれてるんですね(^^;)

私もバルブをLEDの黄色と白に色を変えられるやつにしてみたいなと思っているのですが、LEDは背面スペースの関係でユニットを外さないと無理っぽいので、大変参考になりました!
コメントへの返答
2018/08/25 15:00:16
両面テープは確かに存在していましたが、これだけの年数が経っているので全く効いていませんでした。傷防止になるので剥がしませんでしたけどね。

後期型もフォグユニット外しだとリップスポイラーを外す感じなのでしょうか?バルブ交換だけなら底面からいけいそうな気がしますが助手席側はレゾネーターの関係でちょっと大変かもしれませんね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「DIYと草ヒロネタ http://cvw.jp/b/166682/42411538/
何シテル?   01/14 23:27
2005年12月にアコードワゴン(CM2)オーナーになったダブルウィッシュボーンと申します。 スポーティな中にもエレガントなたたずまいのアコードワゴンがと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

ホンダ アコードワゴン ホンダ アコードワゴン
'05年12月~ 私にとって5台目の愛車、CM-2の24Tスポーツパッケージです。 1 ...
ホンダ トルネオ ホンダ トルネオ
'97年11月 ~ '05年12月 私にとって4台目の愛車、先代モデルであるCF4です ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
'93年8月 ~ '97年11月 3台目の愛車はBB4プレリュードSi-VTECです。 ...
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
'89年6月 ~ '93年8月 2台目の愛車は、衝撃を与えた名機B16Aを初搭載したイ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.