• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年09月02日

まさかの4連続バルブ交換



先週の山口は本当に久しぶりにまとまった雨が降りました。昼間にザーっと降って夕方から晴れる・・・。少し蒸し暑さもありましたが、こういう降り方が私は好きです。








そして今朝はとても涼しい朝で、布団をかぶらないと少し寒いくらいでした。日中の気温も以前の様な高さではなかったので、少しずつですが秋に向かっているなぁと感じました。

ただ、台風が怖いですけどね・・。








そういえば、昨日から急にアコードのシフトレバーのノブ(ボタン)が押せなくなるというトラブルが起こり始めました。つまり、PからDに入れる時、ブレーキを踏んでレバーのノブを押してセレクトするわけですが、ノブが引っ込まないためシフト操作ができない事があるのです。それも結構な頻度で・・・。

AVセレクターや地デジチューナー関係の配線をセレクトレバーの周囲にごっそり押し込んでいるのでそれが悪さをしているのかもと思って中を覗くも関係なさそう・・・。

P→Dの操作を何度か繰り返している時に気付いたのですが、どうやらブレーキを踏んだ瞬間セレクトレバーにコクンという音と共に小さなショックが手に伝わり、この反応が無い時だけノブが押せない事がわかりました。となると、本来ならブレーキを踏めばシフトロックさせるための電磁ソレノイド的な物が作動するばずなのに、私の車はそれが反応しない時があるのだろうと思い、ホンダの幼馴染にソレノイドが故障してるんじゃないかと電話で聞いてみたら


「確かにソレノイドもありえるけど、ブレーキスイッチの故障もあり得るから、ブレーキ踏んでみてブレーキランプが点くか確かめてみて」


と言われました。つまり、ブレーキを踏むことによってソレノイドを動かしたりブレーキランプを点灯させるための接点(スイッチ)が設けてあるということです。

そかで鏡を利用して確認してみました。









何度か踏むけど、ノブは正常に押し込めてブレーキランプも点く・・・



そしてその後何度か繰り返して操作を行っていたら、ついにノブが押し込めないその症状が再現されました。


すぐに振り向きブレーキランプを確認してみたら・・・












点いてない!!!

※実際にブレーキを踏み込んでいるのにノブが押し込めなかった時の写真です。




ということで、ソレノイドではなくブレーキスイッチの不良と確定。
いやでもその方が助かりました。だって工賃含めて金額が5倍位違いますから・・・。


因みにブレーキスイッチはペダルのすぐ上にあるようで、このスイッチによってブレーキを踏んでいるという電気信号を各パーツに送る接点部品です。確かにこれがないとブレーキを踏んでいるという確認がとれませんね。


どうやら明日には部品が届くようなので、さっそく明日交換してもらおうと思っています。なんせブレーキランプが点灯してない時があるので危険ですし、今は時々接点が効いているからいいけど、効かなくなったらシフト操作ができなくなり車を動かせなくなりますから・・・。














さて、お題の件。


この盆休み中はアコードよりもダンクで出かける事が多く、しかも夕飯を外食で済ます事も多かったので、ダンクを夜間走らせる事が多くありました。

そこであらためて感じたのは、やはりダンクのヘッドライトはあまりにも暗いという事でした。








もう登場から17年半も経つダンクですから当然ヘッドライトはハロゲン。購入当時から暗く感じていたので私も奥様も夜間は常時フォグ併用で走らせているのですが、途中悪い癖が出て5100Kの高ケルビンハロゲンを入れてしまい、尚更暗くなってしまいました。

だとしても交換当時は今ほど暗くはなかったと思ったので奥様にも聞いてみると、奥様も以前より暗いと言います。以前ならフォグを点灯すればそれなりに周囲下部が明るく感じましたが、今やフォグ併用の有難味もほとんど感じないレベル・・・。




実はこれまで何度かヘッドライトのHID化やLED化を考えた事があるのですが、ダンクのH1バルブをHID化するにはユニットのバルブ挿入口を削るなどの改造が必要で、自分の車ならまだしも奥様の車で信頼性を損なう改造などしたくはないし、ものによっては年月が経ってバーナーが切れたり故障したりした時にもう対処できない可能性が大・・・。

もちろんハロゲンのリフレクターにHIDを突っ込めば、発光点が違うため対向車に眩しいとかさして明るくないとか、色々な副作用もでてきます。


それら諸々を考慮してずっとHID化できず、結局これまでずっと奥様には我慢してもらっています。












そういうもどかしさをあらあためて感じていた盆休み中、夜の外食を終えて奥様運転のダンクから降りてふとダンクの後ろランプを見ると、バックランプもブレーキランプもやたら暗い・・・。







そこで、以前のブログで書きましたが盆休み最後の日にバックランプのバルブを交換しました。








古いバルブのガラス管は真っ黒でした。







そして盆休みがあけた翌週の末、たまたま夜奥様と出かける事があり、奥様を降ろしてバックさせていたらなんと後退ランプが切れてると言うではありませんか。










まさか二週連続でテールライトユニットを外してバルブ交換する事になるとはね・・・。


よく見たら、内部に破断したニクロム線が転がっていました。恐らくですが、前の週にバックランプを交換した際、ライトユニット着脱時のちょっとしたショックでポロッと破断したんじゃないかと。


なんせ17年間一度も交換した事がありませんでしたから。
ウィンカーもまだ無交換です









以前のものは東芝製でしたが、今回のはスタンレー製です。









交換したその夜、ホームセンターに用事があってまたダンクで出かけたのですが、やっぱり最近のダンクの前照灯は暗くてたまらない・・・。

どうしたもんかと思いながらふと翌日ダンクのフォグランプを見たら









リフレクターが白焼けしてる・・・
(──┬──__──┬──)








更に助手席側のユニットのリフレクターは、運転席側と比べて周囲の色が黒っぽい・・・。


ダンクのフォグはこれまで一度も浸水などしたことがないのでこの黒っぽい変色が何なのかが分かりませんが、どうであれリフレクターが白やら黒やら変色してしまっていては明るく反射するはずがありません。






さすがに17年半経過した車ですからこういう事が起こっても不思議ではないのですが、だからといって新品ユニットを買い替えるのは高額すぎるし、オクで出品されてるものはどれもリフレクターが白焼けしたものばかり。








色々悩みまして、恐らくこの暗さの原因は17年間一度も交換した事がない純正フォグバルブの光量が落ちている事もあるんじゃないかと思い、リフレクターではなくバルブを交換することに。








今回は確実に明るさが得られるハロゲンイエローで(笑)。



もちろんLEDも検討しましたが、ユニット内に収まりそうにないものばかりで、しかもダンクのフォグは今や化石同然の「H3a」という規格なのでそもそも対応品が無い。それにLEDは色々な面で不確定要素が大きいので、間違いなくい純正以上の明るさになるであろうイエローのハロゲンにしました。
今やハロゲンでもH3aは選択肢がほとんどないのよね・・・







ダンクのフォグランプはバンパーを外すかタイヤを外さない限りバルブ交換が出来ないので、ジャッキかましてタイヤを外すよりも確実に早いバンパーを外す方法で交換することにしました。








外したバンパーを助手席側から写しているので分かりにくいですが、左側がバンパーの上側、右側がバンパーの下側になります。

そして画像左はフォグのカバーが付いた状態で、画像右はカバーを外した状態。








外したカバーはネジ4本で固定されていますが、一緒に差し込まれているクリップも外さないとカバーを取り外せません。








フォグの構造はこんな感じ。

因みにダンクはフォグランプが標準ではなくオプション扱い。私の場合、明るさ云々は関係なく見栄えで装着したのですが、今思えば付けておいて正解でした。



さて、バルブカバーの取り外し。案の定錆などで固着が激しいのでCRCなどを浸透させてネジを緩めます。それでもジラをこくネジがいましたけどね・・・。

因みに、赤丸印と黄丸印のネジは長さが違いますので。









緩めずにしていた光軸調整用のネジを支点にクリ~っと回せばこのようにバルブが見えてきます。

それにしても、ダンクのフォグはバルブとカバーのクリアランスがとても狭いため、仮にH3aのLEDがあっても足(根元側)が長めになるLEDはまず装着できそうにないな・・・。








あとは、バルブを押さえている引っ掛け金具を外し、カプラーに嵌めこんである端子を引き抜いたらバルブ外しは完了。










純正オプションでイエローフォグを選ぶとカバーが黄色になるので好みじゃないけど、今回はバルブでイエローだから外観の変化はほとんどなし。
黄色いカバーだとリフレクターの黒っぽさが隠せるけどね







バルブを交換したら、逆の手順で組み込んでいって交換完了です。

因みにフォグのカバーに差し込むクリップはこんな感じで樹脂にタップが切ってあり、ここにネジを回していくので、当然ながらスパナなどで強く締めこんだらすぐにネジ山がパーになりますので要注意です。









そして更に、フォグ同様に暗くてたまらないヘッドライトバルブもこの際交換しておくことにしました。









これまで装着していたもの。

ホームセンターで980円で買ったもので、以前アコードのフォグにも入れていたものと同じメーカーです。アコードの時も随分暗く感じたけど、ダンクの場合小さなH1規格なので5100Kという高ケルビンは少々無理があったかもしれません。

因みにこのバルブは2013年3月に交換。5年経過しているので明るさも結構落ちてるのかも・・・








新たに交換するバルブは、もちろんハロゲン(笑)。

ただし、ケルビン数は4300Kに落とし、メーカーも一応有名なフィリップスをチョイスしました。








新旧比較するとガラス管の着色量はほんの少し以前の物の方が濃いかな。まぁガラス管の青さとケルビン数ってそれほど比例していないんですよね・・・。というのも、以前の交換が4200Kから5100Kへの交換で実際点灯した白さもかなり違っていましたが、ガラス管の青さは全く同じだったんですよね。







ついでにゴムカバーを洗剤で洗い、ラバープロテクタントで黒くしておきました。








作業全完了。

昨年の車検で光軸の調整をしてもらっているので、これを基準に昨夜倉庫に目印を付けておきました。もちろん車の停止位置や向きが同じになるよう目印をつけての作業です。

光軸は運転席側はドンピシャ同じで助手席側が少し低かったので調整しておきました。








さて、明るさの違いはというと・・・








まずはフォグだけ点灯。

※以降、全て左がビフォー、右がアフターです。


縦に写したので画像では分かりにくいのですが、横方向がこれまでよりも少し明るくなりました。でも、正直期待してほどではなかったです。ダンクのフォグは反射用の帽子がガッツリと被せられているのでリフレクターへの依存度が高く、そのリフレクターが白焼けしているのでそれが大きく影響しているのかも・・・。それでも横方向は明るくなりましたけどね。







今度はヘッドライトのみ点灯。

こっちはそれほど期待していなかったのですが、間違いなくこれまでよりも明るくなりました。白さもそれほど落ちず、なのに照射の濃さが格段に上がった感じですね。これまでの5100Kというケルビン数が高すぎだった事もありますが、それ以上に980円のものと一流メーカー品とでは明らかに性能が違う印象がありますね。








そして最後はヘッドとフォグの両方を点灯。

ヘッドライトの明るさはもちろんですが、フォグも色が濃いので写真以上に明るくて見やすくなりました。





本音を言えばヘッドライトはHIDにしてあげたかったし、フォグも黄色は好きじゃないのでアコードと同じメーカーの白色LEDにしてあげたっかたのですが、選択肢がない中ハロゲンだけでここまで明るくなってくれれば不満など言えません。奥さまもこれなら大丈夫と言ってくれそうです。








アコードはイエローバルブが全然似合ってなかったのですぐに外してしまいましたが、ダンクは不思議と違和感を感じません。ボディカラーの違いかな~。白いボディカラーに黄色って、意外といいものだなと思いました。

ま、似合う似合わないの問題じゃないんですけど、何となく昭和時代のトヨタ車のようで結構好きかも(笑)。






それにしても、まさかの4連続バルブ交換、それも全部フィラメント球で交換することになるとは・・・(汗)
いずれ黒くなってしまったフォグユニットも交換したいと思ってます・・・
ブログ一覧 | メンテナンス | 日記
Posted at 2018/09/03 00:17:44

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

本日の作業☆インプレッサWRX S ...
VALENTIさん

今日はドライブへ
もーにんぐさん

ヘッドライト フォグ LED化☆  ...
カープラザワールド久が原店さん

ブレーキランプ
ケイピカさん

可も無く不可も無く
6rotaさん

ヘッドライト フォグ LED化☆  ...
カープラザワールド久が原店さん

この記事へのコメント

2018/09/03 09:44:04
イエローバルブ、いいですねぇ。
よく似合ってます。
オレンジのウィンカーレンズとの相乗効果もありますね。

おっしゃるように昔はトヨタ車イエローでしたよね。
あれ、結構好きでした。
でも、RGがこう言う電装部品も出してるなんて初めて知りました。
てっきり足回りだけかと思ってました。
コメントへの返答
2018/09/04 22:25:13
アコードはポジションが真っ白いLEDなので、黄色いフォグはそれとのマッチングが悪かった気がします。あとはボディカラーのシルバーと黄色がイマイチな気が・・・。オレンジ色のウィンカーとの相性は確かに言われていいですね。

私は社外品に疎くて、RGというのはバルブメーカーかと思ってました・・・(~-~;)。以前アコードもRGのイエローを入れていました。
2018/09/03 12:39:17
シフトレバーの動作不良は焦りますね。
出先で動かせなくなる事を想像したらゾッとします。
ソレノイド、ブレーキスイッチ、覚えておきます。

バルブ交換お疲れ様でした。
尾灯や後退灯の玉切れって以外と盲点ですよね。
ヘッドライトやフォグも、徐々に暗くなってくると気づきにくいかも。
整備不良で止められる前にウインカーも早めに交換を。
(^-^)
コメントへの返答
2018/09/04 22:30:21
かなり自宅前の私道とはいえかなり焦りました。結構な頻度で起こっていたので、動かせなくなる怖さがありましたね。因みに昨日交換しましたが、またブログにこのスイットの事を書いてみようと思います。

結局バルブで交換していないのはウィンカーバルブとポジションとハイビームだけです。ウィンンカーは17年間無交換・・。近日中に交換しておいた方がよさそうですね・・・
2018/09/03 15:16:21
ブレーキランプが点灯しないと
後続に対しても危険ですので
気が付いて良かったですね!
まぁ~その前にギヤが替えられなかったら
走れませんが・・・・
(^_^;)

諸々バルブ交換お疲れ様でした
僕のプレもハイビーム安いヤツ
入れてたら、光量不足でNGだったので
やっぱり安さの理由って
そう言う所なんですよね

でも、整備工場でOKだった運転席側は
そのまま(青いバルブ)で
助手席側だけ、透明なバルブに
替えられちゃったので
今、見た目に左右、青と透明で
違っちゃってるので、
近々、揃えたいと思います
(^_^;)
コメントへの返答
2018/09/04 22:41:14
ルブ切れだとなかなか気づきませんが、今回はシフトレバーを動かせなくなったので、気づかないどころか即行で交換に至りました。こんな事が出先で起こったら大変・・・。接点が時々復活してくれたのはラッキーでした。

現在ハイビームが左右で白さが違うのですね。青いコーティングがあるとどうしても暗くなるので、ハイビームだと尚更飛距離が足りなくなるのでしょうね。

今回フィリップスを買って、やっぱり違うものだぁと思いました。安くても構わないものもありますけど、ライトが暗いのはまずいですね・・・。

プレのハイビームはH1でしたっけ?ハイビームは明るさが欲しいので、ダンクは純正のままでいこうかと・・。
2018/09/04 10:37:27
昔の車はよくブレーキスイッチは点きっぱなしになったよね。

バイクで接触不良になった時は接点回復剤を吹いて、シコシコしたら直りました。
コメントへの返答
2018/09/04 22:45:55
確かに点灯したまま車ってありましたね。

それって恐らくA接点のスイッチで接点部分が固着したのか、それともB接点だけど、ドグに当たる部分の部品が破損して回路に電気が流れたままになったかのどちらかでしょうね。

今回外したスイッチですが、何度押し直しても接点が正常に電気を流すので、微妙な状態で電気を流していたのでしょうね。
2018/09/04 20:32:38
ブレーキスイッチが壊れるのは年数経つと割とあるようですので、私のも交換しておいた方がいいかなぁと思いました。

黄色フォグ、好きです。アコードのを黄色にしたいなぁとは思っていますが、ノーマル球の色が平均的で無難なのかなぁとも思っていて悩みます。

ダンクの電球は相当持ちましたね(笑)
コメントへの返答
2018/09/04 22:51:46
確かにこのスイッチは故障した時の影響が大きすぎますから、交換しておいた方がいいかもしれません。因みにに金額は部品代が1200円程度。工賃は2000円程度です。スイッチは二種類あるそうで安い方のメーカーにしてくれていました(200円程度の差しかないけど)。部品の位置からして交換は自分で簡単にできそうです。

黄色いフォグは確かに明るいのですが照らす色がエグイですね(笑)、奥様は今日初めて夜運転しましたが、ヘッドライトが凄く明るくなったけどフォグの黄色に違和感があると言っていました。

ダンクのフォグは、夜間は常に点けてるけどとうとう切れませんでした(~-~;)
2018/09/08 23:02:57
バルブかなり持ちましたね!

メインは白、フォグは黄色にするとうちのシビックと同じ色合いで安心します。
ムーヴラテも黄色くしたいのですが、昔のクラウンを想像するらしいのでそのままになっていますが次は無理やり黄色に変えてしまいます。
コメントへの返答
2018/09/16 14:32:24
返信遅くなってすみません。

17年経過して10万Km。フォグはヘッドライトと常時併用なので、それを思えば素晴らしい耐久性だったかもしれませんね。

少し年式の古めの車って黄色が似合いますよね。かずさんのシビックも黄色でしたか。ダンクも黄色がとてもかっこいいと思ったのですが、奥様は全く逆の印象だっちょうで・・・(~-~;)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「オイル交換ついでに新型インサイト試乗 http://cvw.jp/b/166682/42431414/
何シテル?   01/21 00:37
2005年12月にアコードワゴン(CM2)オーナーになったダブルウィッシュボーンと申します。 スポーティな中にもエレガントなたたずまいのアコードワゴンがと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

ホンダ アコードワゴン ホンダ アコードワゴン
'05年12月~ 私にとって5台目の愛車、CM-2の24Tスポーツパッケージです。 1 ...
ホンダ トルネオ ホンダ トルネオ
'97年11月 ~ '05年12月 私にとって4台目の愛車、先代モデルであるCF4です ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
'93年8月 ~ '97年11月 3台目の愛車はBB4プレリュードSi-VTECです。 ...
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
'89年6月 ~ '93年8月 2台目の愛車は、衝撃を与えた名機B16Aを初搭載したイ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.