• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ダブルウィッシュボーンのブログ一覧

2014年05月29日 イイね!

子供達の成長の早さに父ちゃんついていけず…(~-~;)



もうすぐ6月ですね。大嫌いな梅雨時期が間もなくやってくるのかと思うと、少し憂鬱になります。今年はエルニーニョ現象で梅雨が長引いたり豪雨も多いと予想されていますが、昨年豪雨災害に見舞われた山口だけに少々心配です。ただ、梅雨の雨も夏を乗りきるためには必ず必要ですし、でも災害が起こるほどの雨は困りますし、とにかくこのところ極端すぎるほどの気象差が多く見られるだけに、無難な梅雨になってくれればいいのにと願うばかりです・・・。




さて、梅雨が近づいてはいますが山口の天気はこのところ比較的安定した晴れ続きです(昨夜は一時的に強い雨が降りましたが…)。日中はさすがに暑いけど、朝夕は随分と過ごしやすいです。










そんな天気の中、娘は今日明日の修学旅行に出かけました。行き先はお隣の広島。平和記念公園を見て宮島で一泊するようですが、私と嫁も子供達と同じ小学校に通っていましたが行き先は今も昔も同じ。やはり広島の受けたI悲惨な過去はどの世代になっても忘れてはいけないものですから、社会勉強として必ず目で見て何かを感じておくべきですね。娘は原爆資料館に行くのをとても怖がっていましたが、何を感じて帰ってくるのかな・・・。
そんな事よりも、実は最近多いバスの事故とかに巻き込まれなければいいけど・・と心配しております・・・



それにしても、いつも明るくて私にまとわりつく娘だけに、たった二日間でも家にいないと

結構寂しい・・・(汗)。









そんな娘が今週始め私のPCデスク上に手紙を置いてくれていました。小6になってもまだ手紙を書いてくれるなんて45歳の父ちゃんからすればありがたい事ですし、その気持ちを大切にしてあげないといけませんね。










娘は中学生になったらバドミントンクラブに入りたいと言っていましたが、そういえば娘は来年もう中学生なんだ・・・。


親の私が成長の早さについていけてません・・・。










そして手作りカレンダーも入っていました。


昨年初めて私に手作りカレンダーを作ってくれ、せっかくなのでそのカレンダーを入れるフレームを娘と一緒に作ったのですが、そのカレンダーも今年9月までで終わってしまうのですが、それをちゃんと分かっていたんでしょうね。私もこのカレンダーの月めくりは絶対に放置せず自分でしていたので、娘は私がこのカレンダーをずっと大切にしていることを理解していたのかもしれません。

娘のカレンダーもプチマイナーチェンジしたので、フレームも近いうちにマイナーチェンジするかな・・・(笑)。もちろん娘と一緒に作りますけどね。










さて、明日は息子の誕生日。



早くも高校2年生で17歳・・・。


こっちも早すぎで父ちゃん付いていけません・・・・







今年も安いプレゼントしかあげられませんが、今年のリクエストはなんと















木製のチェス!






ゲームソフトとかじゃないので当然ゲームの相手が必要ですが








誰もルールを知らず(爆)








「チェスなんてルール知らんから誰も相手できんけど、

どうする気なん?」








「僕もまだよく知らんから大丈夫!」






















一体何が大丈夫なのか全く理解できません・・・(~-~;)。


ってか、チェスのルールを覚えることを約束したも同然?





因みにトランプの神経衰弱を息子と娘の3人ですると、今ではすっかり私がドベ指定席です・・・






う~~む、それにしても我が家はチェスなんてお洒落な遊びをするガラじゃないんですけどね。

ポテチ食べながらの人生ゲームやトランプがいいとこなのに・・・(笑)
Posted at 2014/05/29 23:24:19 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日常の出来事 | 日記
2014年05月25日 イイね!

ステアリングスイッチ交換(作業ブログ)


先々月5回目の車検を受けた私の相棒君もこの4月で11年経過した車となり走行距離も168,000Kmになろうかとするところですが、今でもこのアコゴンを買い替えたいと思ったことがないほど気に入っています。







CMアコゴンを飽きることなくこれほど気に入っている理由は、どこか欧州の香りが漂う大人っぽいスタイルであることに加え、インパネのデザインがとても自分好みであるということです。材質面でソフトパッドなどを使用してもう少しだけクオリティを上げてほしい気もしますが、デザインは質素すぎず華やかすぎず。“わざとらしさ”や“ギミック感”とは無縁な奇をてらわないデザインがとても気に入っています。







購入当初はスポーツパッケージに標準のこの赤いディスプレイが「スポーティ=赤いメーター」という、いかにも短絡的な発想であまり好きではなかったのですが、白や青よりも波長が長い色ということもあり夕方あたりになると強いコントラストのおかげでとても見やすく、ギュッと塊感のある発光文字が欧州のスポーツセダン風でもあり今では逆に好きになりました。





そんなお気に入りの内装ですが、長く乗っていると避けては通れない“使用感”や“褪せ”というものが出てきますよね。








このところ気になっているのが、ステアリングについているオーディオリモートスイッチのボリューム調整文字の薄れ。初期型である私のアコゴンはこの文字が透過照明式ではなく印字なので、使用頻度の高いこのスイッチの文字が徐々に薄くなっていました。発売から2年後の小変更ではこのステアリングスイッチが照明付きになりまして、私としては文字擦れが起こらず文字も光るこのスイッチがとても羨ましいと思っていました。

実は随分前にこの照明付きスイッチを取り付けてみようと思ったことがありまして、その時はホンダから「配線の接続カプラーが合わないし、そうなるとステアリング奥にあるケーブルリール(スパイラルケーブル)も交換しないと無理だろう」と言われ、あまりの金額の高さに諦めたことがありました。そこで、今回はまずは文字擦れを解消させたかったのでこれを第一目的とし、その上で照明機能が大金をかけずに生かせるのであれば生かしてみようと思い、この照明付きスイッチをオクで購入して多少の加工を覚悟でスイッチ交換を進めることにしました。








購入したのは“平成16年式セダン20A・4WD用(CL8)”のステアリングにオーディオリモートスイッチとナビリモートスイッチが付いたセット品。落札価格は私一人の入札で5,000円なり。本当はオーディオリモートスイッチ単品を探したけど見つからず・・・。仮に照明付きのこれを新品で買えば5,000円以上はするので、ナビリモートスイッチ付き(照明付き)もセットで5,000円ならまぁ安いかなと思いこれに決めました。




オクでの購入にあたって重要視したのが、仮に照明付きのスイッチであってもそれが絶対に前期型アコード用である事と、スイッチから出ている配線先端のカプラーの形状(ケーブルリールに差し込むカプラー)。

平成16年10月の仕様変更モデルからアンバー色の照明付きスイッチになったわけですが、この翌年にはすぐにMCしてしまい照明の色が薄いグリーンに変更になりました。私のアコゴンはスイッチ類の照明が全てアンバーなので、ステアリングスイッチだけ照明色が変わるのは絶対に避けたいところ。このオーディオリモートスイッチ部はアコード以外にオセッデイやインスパイア、エディックスなどとも共通なのでそれらを買う手もありますが、どれもイルミの色が違う・・・。イルミを打ちかえるつもりは毛頭なかったのでアンバー色であるアコード用しか考えられませんでした。

となると僅か1年間だけ生産されたアコード用のアンバー照明のものを探さなければなりませんでした。今回手に入れた物のセダンの20Aというグレードは、スイッチが照明式になった小変更モデルから新たに設定された新グレードなので多分間違いはないだろうとは思いましたが、それでも表記だけを信用して購入すると失敗する恐れがありますからね・・・。








そこで年式の次に重要視したのがカプラー形状。オクの画像を見ていたら、平成15年式・純正ナビ付き・クルーズコントロールなしである私の車のリモートスイッチはどうも配線先端のカプラーの大きさが小さめ。それに対し、私と同じ“純正ナビ付き・クルーズコントロールなし”でも平成16年式だとカプラーが大きいものがある・・・。 つまり、それがイルミ電源の有無の違いなんじゃないかと判断したわけです。


とにかくオクの画像じゃ文字が透過式なのか印字なのか区別がつかないので、再びプリント文字のものを買うことだけはしないようカプラーがやや大きめのものを探しました。












ということで、平成16式でカプラーがやや大き目だったものを落札し、届いたものをしっかり確認し一安心。間違いなく透過光文字式のスイッチでした。










因みに、セダン20Aは最廉価モデルということもあってステアリングは本皮ではありません。本当は本皮仕様で綺麗なものだったらそのままステアリングごと交換できたけど、オクで出品されていた本皮ステアリングは全てカプラーが小さかったので恐らくどれも印字タイプ。私が買ったものが唯一のイルミ付きスイッチでした。しかも使用感がまるでないほど綺麗なのに値段は一番安かった・・・。本皮じゃないからでしょうね(笑)。








ま、本皮はある程度の使用感があるからこそ手に馴染むわけだしそれが最大の魅力です。サラサラ新品の状態は確かに清潔感があって気持ち良いけど握り心地は使い込んだものの方が遥かにいいですからね。日頃からハンドルは中性洗剤で洗った絞りタオルでよく拭き掃除をしているので今のところ劣化もなく、とりあえずこのままでいけそうです。








因みに、半年に一度程度ですが画像のフェイシャルペーパーで拭き取り、やはり仕上げに中性洗剤を含んだ濡れ雑巾を絞って拭くこともしています。マイペットなどでも良いのかもしれませんが、肌に使うものなので安心だし、何よりもこのフェイシャルペーパーは肌の油分をガッツリ拭き取ってくれ更にサラサラになります。ただ、サラサラ成分は長い目で見れば余計なものなので仕上げに中性洗剤を含んだ濡れ雑巾を絞って拭いてるんですけどね。

まぁ何よりも大切なことは、ハンドルを握る前には洗剤で手を洗うこと、これに尽きます。ベタつきを抑える最大の掃除方法だと私は思っています。









さて、いよいよ交換です。

ステアリングの向きはセンターにして作業するほうが後々助かるかと思います。

ステアリングの外し方はWEB上に沢山紹介されているので助かりました。ただ、エアバッグ関係が怖いので一応ディーラーでも確認をとりました。









安全のために一応バッテリーのマイナスを外します。

ディーラーではこれを外さない所もあるようで、それはマイナスを外したところでハンドル下にあるエアバッグの電源カプラーを外す時に静電気が起これば同じことだからとのこと。それでも私は安全の意味で外しました・・・。

マイナスを外して数分間はそのまま待つことも言われました。コンデンサーに残っている電気がゆっくり抜けていくからだそうで。







待つこと10分弱、ハンドル底部の蓋をあけてエアバッグのカプラーを外します。

静電気云々と聞くとちょっと怖いので、私は足を地面に付けて外しました。ロック式になっているので外すときちょっとだけ頭を捻りました・・・。








次にステアリング両脇にあるトルクスネジを外します。このネジが相当固いらしく・・・。理由はネジロックという緩み止め剤が塗布されているから。うちの会社でも機械の場所によっては使用しています。

ネジの頭の規格はT30で、こんな大きな規格用のレンチは持っていないのでホームセンターで買いました。1000円ちょっとで数種類セットになったものがありましたがどれも国外品。ネジの固さや信頼性を考慮し今回ばかりはきちんとした国産メーカー品でT30単品のL型レンチを1本買いました。結構高くて約800円なり。




いざネジを緩めようしたはいいけど、噂通り固い・・・






固い!







固すぎやろーー!!!





レンチが垂直になるよう相当慎重に押さえながら回すのですが、回転角45度程度まで回したところで














ついに舐めました・・・(泣)






反対側も少し回せたけど、やはりこちらも硬すぎで舐める寸前・・・。





実はこの作業、ゴールデンウィーク中(5/3)に行ってのこの失態・・・。
ネジの頭がパーになった時の対処は会社でも時々行うのでやってみようかとも思いましたが、なんせネジが立っている相手がエアバッグ本体でタップ部分がどんな構造になってるか全く分からない。だからと言ってホンダに持っていこうにも連休中で休み・・・。


仕方がないので同じ町内に住むホンダの工場長にヘルプです。


彼はこの日家で寝ていたようですが、普段いつも使っている工具をわざわざお店まで取りに行ってくれ、私の自宅で作業再開となりました。




しっかりしたレンチとトルクスビットをネジに差し込み、こん身の力でネジを回し始める彼。




ほんの僅かずつですが、グイ~っとネジが緩んでいく様子を見て思わず感動。さすが工具が違うと作業も違うもんだと思った数秒後、彼の手が止まりました。



「ここまで固いって、普通あり得んのじゃけど・・」



困った顔で再びネジを緩め始めます。





しかし・・・








ゴキッ!!









彼も舐めました・・・・(┬┬_┬┬)






反対側も同じく。


私が最初に軽く舐めてしまったのが一番いけなかったのですが、そうはいってもそこから更に緩み始めたし、そもそもいくらなんでも固すぎると言っていました。アコード乗りのみん友さんでここを外そうとして舐めた方は結構いらっしゃいますが、いやぁこの固さは本物ですね・・・。CMアコードは特に固いのかなぁ。




ということで、この日の作業は断念。彼には本当に感謝していて少ないお礼を無理矢理にでも受け取ってもらいました。そしてその後隣の友人も出てきて3人で1時間くらい雑談してこの日は終了。つい先日ホンダに車を預けてこのネジを外してもらいました。



(教訓)

ここのネジは年月の経った車だと危険!

まずはディーラーで緩めてもらって
代替ネジで再固定してもらうほうがいい!














さて、ここから私のほうで作業再開。


バッテリーのマイナスを外し、10分程度待ってエアバッグの電源カプラーを外したところからです。







ネジをパーにしたので、とりあえず私が会社で使っている六角穴付きボルト(M6)を代替ネジとして渡し取り付けてもらっていました。このネジを外します。








ここでエアバッグ本体が取り外せるのですが、ホーンのカプラーがあることを忘れていて、この時点で外しました。ステアリング底部にエアバッグのカプラーと一緒に並んでいるので、エアバッグのカプラーを外すときに一緒に外したほうが楽かも。








さて、見えてきたのがケーブルリールの差し込みカプラー部。私が一番知りたかった部分です。

このカプラーを外します。










ステアリングを外します。

固定ボルトは対辺14mmのTレンチで緩めます。ここも結構固く、しかもネジが奥のほうにあるのでスパナやメガネレンチじゃ回せません。



ネジは、あと数山で外れるというところまで緩めておき全部外さないのがミソらしい・・・。理由は実際にやってみてわかりますが、ハンドルをスプライン(ハンドルの軸)から抜く際、固着が激しく思いっきり引っ張る必要があるから。ボルトを少しでも差し込んでおけばハンドルの固着が緩んで外れた時に顔面強打を防げるというものでした(笑)。

でも私のはそれほど固くありませんでした・・・









ステアリングを外すとこんな感じ。ケーブルリールの右側端子からは先ほど外したエアバッグとホーンの端子が出ていますね。

このケーブルリールはこの時点でクルクル軽く回ってしまうので触らないほうがいいと思います。










さて、ここから部屋の中で作業です。オクで買った左のステアリングからスイッチ関係を外し、本革である右のステアリングに移植開始です。










こちらは、これまでの使っていたステアリングスイッチ。








そしてこちらはオクで買った照明付きステアリングスイッチ。オーディオリモートスイッチ、ナビリモートスイッチに入っている配線数がこれまでのものよりも多く、又スイッチ自体の重さも照明付きの方が少し重たいです。









また、各スイッチともに黒色の質が違うようです。これまでのものは少し光沢があり、新しいものは全く光沢がなし。これまでのものは樹脂そのものの色で照明付きは艶消し黒の塗装?手で触っていない部分も艶が違うので、手の油分じゃないと思います。

因みに照明付きスイッチと照明無しスイッチの分かりやすい識別方法を見つけました。MODEボタンの文字の位置が違います。恐らくLEDの光を均一に照らすためにスイッチセンターに文字をもってきたのでしょうね。











さて、問題はこれまで使っていたリモートスイッチの5ピンカプラー内の電気の流れ。

オーディオリモートスイッチとナビリモートスイッチの基盤部からはかなりの配線数が出ていますが、最終的に5ピンカプラー部の線は僅か3本。テスターの通電モードで通電状況を確認したら、

・オーディオの操作用プラス線 …1本
・ナビの操作用プラス線 …1本
・上記それぞれのマイナスをたばねたマイナス線 …1本

たったこの3本でした。

なるほど、スイッチ接点としては全部で8個いるはずだけど、各スイッチ回路に違う抵抗をかまして並列回路にし、それぞれで違う操作内容を可能にしているのでしょうね。









カプラー部までの配線を簡単な絵で書くと、こんな感じ(カプラー内の並びは違うけど…)。

ホーンの線は別カプラーで、戻りのマイナス線がないのでマイナスコントロール回路ですね。










対して、今回買ったリモートスイッチの13ピンカプラー。テスターで測ったところ

・オーディオの操作用プラス線 …1本
・ナビの操作用プラス線 …1本
・イルミ用プラス線 …1本
・上記それぞれのマイナスをたばねたマイナス線 …1本

の合計4本。13ピンに対応したカプラーでありながら、これまでの5ピン用にイルミ用プラス線が1本が増えただけです。

ただし、画像の通り端っこに1本不明な線がありまして、どうやらカプラー形状からしてホーンっぽい・・・。恐らくH16年式からホーンの線もこのカプラーを使って電気を流しているんじゃないかと思います。









絵で書くとこんな感じ。






つまり、照明付きリモートスイッチを使用するためには全部で4本の配線があればいいわけで、運よく私の車のケーブルリール端子は5ピンで、しかも使っていない空きが2ピンあり。




これならケーブルリールを変えずにイルミが活かせる!








となると、今回買ったステアリングスイッチの13ピンカプラーを外し、代わりにこれまで使っていた5ピンカプラーを付け替えればいいってことです。ただし、イルミプラス線以外の配線の並びはこれまでと変えない様に注意しなければいけませんけどね。









カプラーのピンの外し方は、時々試作品で行っていた会社での作業が役立ちました。

まずはカバーを外し、








カプラー差し込み口側(先端側)から安全ピンなどの硬めの針を突っ込んで、ピンの抜けをロックしている樹脂部分(端面)に刺してグイッとずらしたままピンを後ろ側に抜く・・・。

抜く前にどの色の線が何の線だったかは必ず分かるようにして記しておかないとね。








参考までに抜き方を絵で書くとこんな感じ。イメージできますかね・・・。
ピンを差し込むときは上下逆にしないよう注意ですね。








ってことで、5ピンカプラーへの移植完了。

各スイッチ操作線とマイナス線は従来と同じ並びで突っ込み、イルミプラス線は空いていた右から2番目に突っ込みました。13ピンで付いていたホーンの線は私の車には不要。ケーブルリールの隣のカプラーから出ているので・・・。








その後テスターでスイッチの通電確認をし、9V角電池と1.5V電池2個、つまり12Vにつないでイルミの点灯確認も完了。









ただ、どうもMODEスイッチに比べてVOL(ボリューム)スイッチとCH(チャンネル)スイッチの明るさが暗い・・・。もう少し均等な明るさにならないかと思い、内部を分解して改善することに・・・

赤丸印がLED。この向きでスイッチの文字を照らすのですが、実は・・・









このようなシートがLEDの上にのっかっていまして、このシートのLED部分のみが半透明になっているもののやはり照度は少し下がってしまう模様・・・。でもこのシートは操作上必要なものなのでのけるわけにはいかないし、LED部分を切ってしまうと今度はえげつない明るさになりそうです。









MODEスイッチに比べてVOLスイッチとCHスイッチの明るさが暗い理由は、MODEスイッチはLEDとの距離が近く、VOLスイッチとCHスイッチはLEDとの距離が遠いから。スイッチ表面がラウンドしているので仕方がないのですが、少しでも明るさが均等になるいうにプチ改善することに。








スイッチ内部の側面四方を白いペンキで筆塗り・・・。塗装になると超いい加減な作業になる私ですが、とにかく黒色のままよりはいいはず(笑)。









ということで、とりあえずステアリング側はこれで完成です。











さて、問題はもう一つあります。

いくらステアリング側にイルミ線を用意しても、ケーブルリールにイルミの電源がきていなければカプラーを差し込んでも光らない。

そこで、これまで空いていたケーブルリール端子の一番右と右から2番目の端子のどちらかにイルミ電源がきているかダメもとで確認。





ここでバッテリーのマイナスをつなぎ、ポジションランプを点灯させてみました。



因みに、バッテリーをつないだあと、絶対にイグニッションを捻らないように。ONにした時点でエアバッグの警告が作動すると思いますので。








結果、イルミ電源はきておらず・・・(泣)。

まぁこれは正直想定内。電源はきていなかったけどケーブルリール間は空きの回路が2本あってイルミ電源が通せるわけだし、ならばあとはケーブルリ-ルのハンドルコラム側の端子にイルミ電源を持ってくればいい。一作業増えるけど、ここまできたら同じことです。




再び、バッテリーマイナスを外しイルミ電源を持ってくる作業開始です。










ハンドルコラム内上部にイルミ線を追加するため、コラムカバー上部を外します。

上部は引っ掛け部を外すだけで取り外せますが、結構外しにくいので私は下部のカバーも外して上部を外しました。下部のカバーは底面のネジ3本を外せば取り外せます。









どうやらここがケーブルリ-ルのハンドルコラム側端子っぽい。








端子を外してみると、なんと予想していた3本ではなく4本あるじゃないですか・・・。恐らくこれはホーンでしょうね。でも1本ほど空きがあります。ここにイルミのプラス線を突っ込めばよさそうです。

ちょうどステアリング側の端子も端から2番目にイルミを入れていたのですが、一番端にしていなくて正解でした(汗)。









その前にケーブルリールのステアリング側とハンドルコラム側のブランク端子間で通電があるか確認。まさか全然関係ないカプラーだったら怖いですからね・・・。


でも大丈夫。ちゃんと通電してました。









さて、ハンドルコラム側のカプラーに突っ込む新たなイルミ線のピンですが、当然ピンだけなんてホンダで売ってないしどこかで買おうにもピンの型式だって分からない。

そこで、13ピンカプラーに入っていたホーンの線を私のステアリングには使わないため、そのピンを抜いて使うことに。

※これまで使っていたイルミなしのステアリングスイッチのピンも使えます。










これに長めの電線をハンダでつなげ、熱収縮チューブで保護。先端はギボシ加工しておきました。








ついでにイルミ電源に割り込ませる線も用意。こちらもギボシ加工で、割り込み部はワンタッチカプラーを使うことに。









ではカプラーのブランク部に加工したイルミプラス線のピンを突っ込みます。

もちろんカプラーのカバーは取り外し、更にピンを上下反対に突っ込まないように注意しないとですね・・・









イルミ追加線もきとんと純正ハーネスと一緒にテーピング固定。ステアリングポスト内からカサカサ異音でもし始めたら最悪ですからね・・・。









インパネ下での作業になるともはや撮影どころではなくなり、画像のクオリティが一気に低くなるのでご了承ください(笑)。

インパネ下部のパネルはコインポケット下のネジ1本を外すだけで、あとはパキパキとクリップを外せばOK。









そして今度はイルミ線の割り込み。先ほど作っておいた割り込み線をワンタッチカプラーで割り込ませます。灰皿付近はもう線がごちゃごちゃなので、コインポケット裏にある予備の6極カプラーから取ることに。


6極カプラーの内訳は以前調べたところこんな感じでした。年式によって違うかもしれないので、参考にされる方は一応自分でテスターで調べてみてくださいね。









今回はこの中の赤いイルミ線にワンタッチカプラーで割り込ませました。
※赤/黄(ACC電源)に割り込ませているものは、以前地デジチューナーを取り付けたものです。










あとはそれぞれ追加したイルミ線をつないで配線作業は完了です。

一応点灯するか確認するため再びバッテリーマイナスをつなぎ、点灯を確認できたので忘れずバッテリーナマイナスを外し、ステアリング取り付け → エアバッグ取り付け という順で戻していきます。









因みにエアバッグを固定する際のネジですが、ネジロックを塗布したネジは再利用しないのが原則なので、私は事前にホンダで新品を2本買っておきました。2本で248円なり。

このネジは予めネジロックが塗布されていますね。











しかし冒頭で書いた通り私はここのネジを舐めてしまい、そもそも複雑な形状の頭であるために締め付けトルクが稼げずこれほど固い必要性があるのかちょっと疑問だったので、ネジロック塗布済みの純正トルクスネジは使わず、ネジ山が舐めにくくしっかり締めこめる六角穴付きボルトに変更し、緩み止めとしてスプリング座金を併用して固定する方法に変更しました。










ということで、締めくくりはいつものビフォーアフターで(~-~;)。













ビフォー。








アフター!







日中だとほとんど全然変わんね~~~(笑)



でも個人的には大満足。














そして夜間。




ビフォー。











アフター!










もう一丁アフター!!










相変わらず

え?これって標準じゃなかったの?!」

的な完全に自己満足弄りで、しかもこれほど年数がたったこのタイミングでこの弄り??と思われそうですが、


あくまでも文字擦れを解消させるついでに行なった“維持りメンテ”ですので!!



もし何かの参考にされる方は、あくまでも自己責任ということで・・・
Posted at 2014/05/25 14:17:24 | コメント(13) | トラックバック(0) | メンテナンス | 日記
2014年05月18日 イイね!

今年のレースは盛り上がらず・・・

先々週は風邪でダウンしてしまい、その翌日からは薬で何とか復活したもののやはり本調子には程遠く、特に咳や頭痛はずっと後を引いていました。医者からもらった薬は早々になくなっていたため市販の風邪薬で誤魔化していましたが、なかなか治らないくせに眠気だけはしっかり起こり,、残業続きであることもあって夜PCを開いても即眠気がきてThe End。今で」も時々咳が出ますが、一体いつになったら本調子になるやら・・(汗)









ということで、久しぶりにブログを書く今日のネタは先週日曜日に行われた学校地区の運動会です。

本当は数日前まで天気予報ではこの日は雨マークだったのに途中から曇り予報に変わり、なんと前日になって晴れマーク(笑)。まぁ私は病み上がりだったこともあり競技には全く参加しませんでしたが、うちの奥様が町内の子ども会の役員と班長が重なっているため、多少の手伝いをしながら運動会を応援してきました。








この日は日差しが強いと同時に風が強かったので埃が物凄く舞っていたのですが、その風のおかげで体感温度は意外と高く感じませんでした。風がなかったらきっと暑くてたまらなかったかも・・・。








さて、学校地区の運動会は町内同士の競い合いでもあります。


やはり一番盛り上がるのは町内対抗リレー!


まずは小学1~6年生の部。そのあと中学生~一般大人の部の2部構成で行い、午前中にそれぞれ予選を行い上位6チーム(6町内)が午後の決勝戦に進出となります。









小学生部門は1町内12人用意する必要があるためリレーのための人数確保が出来ない町内もあり、今年は12町内が予選参加。我が町内は緑のビブスで第1レースでした。

うちの娘もなんだかんだでもう小学6年生。相変わらず背が低いのですが、学校でも町内でも6年連続リレー選手でなかなかの俊足です。

11番がうちの娘ですが、今年は6年生ということもあって意外と大きく見えたのに笑えました。クラスじゃ相変わらずちっちゃいですけどね・・・









オーバルコースをグルグル回るインディのように、今年も抜きつ抜かれつの熱いレースが見られるのか。いよいよ小学1年生からスタートです。











まるで軽自動車のように可愛いスタート(笑)。他のマシンが52馬力なところを我が町内のマシンは64馬力?!








第2走者もトップを守り








第5走者もトップ。








第7走者の頃は既にブッチギリ1位で








第9走者ではもうこの差。








そしてラスト2人目でいよいよ第11走者であるうちの娘が登場。


昨年は非公式ルートで入手したグループA仕様のB16Aに積み換え、格上のランナーをアウトからぶち抜いた娘ですが、少々無理をさせてしまった反省から今年はカリカリ仕様はやめて完全ノーマル仕様のB18Cで(笑)。








相変わらずしなやかな足でコーナーを回る我が娘。成長期のためか数日前から少し足の付け根を痛がっていましたが、ロードホールディングの良さはさすがわたくしの娘(笑)

ダブルウィッシュボーンサス さまさまです!








目の前を通過していく姿を見て、確実に昨年よりも速く感じました。








ただ、2位とここまで差があると盛り上がるものはないですね。








そして6年生男子のアンカーにバトンを渡し









1組目の中でブッチギリで優勝!当然決勝進出です。



ただこのアンカー君、体格良くてこんなガッツポーズしてるけど実は気が弱くて結構遅い・・・(笑)。
町内で6年生の男子が一人しかいなくて、強制的にリレー選手にさせられたのでした。


娘の同級生の子ですが、練習のときみんなに

「僕遅いから、みんな凄い差をつけてから僕にバトン渡してね!」

って言ったそうで(笑)。可愛いですよね。しかもその通りのレース内容だったし(笑)











このあと中学~大人部門もうちの町内がブッチギリ優勝で、どちらの部も午後からの決勝進出となりました。













そして午後の競技もこなしていき、最後を飾るリレー決勝。









スタート直前、急に風が強くなり凄い砂埃が・・・








そんなことはお構いなしで鉄砲を鳴らす鬼スターター(笑)。

まるでF1のスタート直後の白煙もどき?波乱を予感させるものがあります(笑)









突風で舞う砂埃に対し顔を背けたせいで完全に出遅れた我が町内の可愛い1年生。しかもどのチームも予選で勝ち抜いてきただけに予選の時のように簡単に1位奪回とはいきかせん。


でも予選であまりにもブッチギリだったので、この出遅れに心の中でちょっとだけ喜んでしまったのは内緒・・・(~-~;)。













なのに














第2走者が速攻で1位奪回(爆)








強い・・・









強い・・・








我が町内 強すぎやろー!











そして11番走者のわが娘。

あまりの差に、無線でB18Cを労わる走行に切り替えるよう指示しましたが



全く無視で全力走行した我が娘。
「頑張れ~~!」って声援の中、「ペース落とせーー!!」って叫ぶバカ親はいない?!









甲高いVTECサウンドを奏でながら私の前をシュイ~ンと通り過ぎ








そしてアンカーであるエリシオン2.4プレステージ君にバトンタッチ(笑)。









床が抜けるほどアクセル踏んで

逃げ切るんだぞーー!!


















その結果、











やった~~!!

優勝だ~~~~!!!











って、ブッチギリゴールに見えますが、














よく見りゃ、彼のすぐ背後に人が・・・













そう、超ギリギリで1位だったのでした(爆)





でも抜かれなくて良かった良かった♪







2.4プレステージ君、

盛り上げてくれてありがとう♪♪

















ついでに中学~大人の部もアッサリと。






緑のビブスがうちの町内。








もうブッチギリすぎで、こっちはもっと盛り上がらず?!








1位でゴールしたのにほとんど観客は見てくれず









大接戦だった後続の第二集団のほうが大盛り上がり!!




ま、そりゃそうですね・・・(~-~;)



車も人も、レースは接戦だから面白いんですよね。













さて、もう少ししたら洗車しようかな・・・。そろそろ日中の洗車はボディにも体にもきつくなってきたし。

それよりも風邪薬のせいでみんカラ覗ける時間がヒジョーに短くなったのが悲しいという・・・。
(──┬──__──┬──)




次の週末は週休二日なのでそれを楽しみに頑張ろうっと♪
Posted at 2014/05/18 16:27:56 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日常の出来事 | 日記
2014年05月10日 イイね!

カミングアウト


昨日の明け方、あまりの寒気と喉の痛さで目が覚めました。



こりゃ絶対に熱がある・・・



すぐにそう思いました。頭も痛いしちょっとフラフラする。そのまま我慢して寝たり目が覚めたりを繰り返し、朝6時に起きて体温計で体温を測ると38.1度・・・。とりあえず会社の数人に電話やメールで遅れるか場合によっては休むことを連絡し、8時半に病院に行くことにしました。


病院はうちの奥様が勧める内科に行ったのですが、最近建て替わったのか凄く綺麗で今風な病院。でも自動ドアを抜けて受付に行くと、待っていたのは全員婆ちゃんでした(爆)。



微妙な気分で待っていると、これまた婆ちゃん看護師さんが私のところに来て症状を聞かれ、その後隔離室に連れて行かれました。明らかにインフルエンザ扱い・・・。


その後診察に呼ばれ、部屋に入るとなんと女医さんでした。



若いじゃん!!

確実に受付や看護師さんよりは若い!!



多分50歳前半!!(爆)




少しだけ気分が上昇気味になり診察開始。



結果、喉の赤さと熱の跳ね上がり方からインフルエンザの可能性が高いけど、今検査しても陽性反応が出る可能性は低いと言われました。発熱後12時間程度は経過していたほうがいいそうで、でも明日の朝また会社は休めないと言うと、夕方もう一度来ることができれば検査してくれると言われたのでそうすることにしました。でも熱が高いし体もだるくて頭も痛いってことで、とりあえず夕方までに飲む薬をいくつか出してくれることになりました。



病院に行って先生が処方箋をPCで打ち込む時、私はいつも勇気を出して言うことがあります。




すみません。恥ずかしい話なんですが…



カプセル飲むのが下手なんで

粉薬かあまり大きくない錠剤でお願いできますか?(~-~;)






今回も頑張ってそう言いました。


若くないのに若く見えたその優しい女医さんは、ちょっと悩みながらも笑いながらちゃんと対応してくれました。そしてインフルエンザの可能性が高いので今日は会社に行っちゃダメですよと言われ、そのあと帰宅して昼食を少し食べ夕方まで寝ました。






そして夕方5時、再びあの病院へ。


受付のお婆ちゃんに連れて行かれたのはまた例の隔離室。そして待つこと5分。朝とは違うお婆ちゃん看護師がインフルエンザの検査をしてくれ、また隔離室へ。待つこと20分・・・。




診察室へと連れられていきます。ドアを開ける直前、なぜかちょっとだけ心がときめきました。


ガチャ・・・





座っていたのは、若くないのに若く見えた女医さんではなく、

近藤正臣みたいなダンディな男の先生でした。




・・・なんかちょっと残念でした。





検査結果は陰性。インフルじゃありませんでした。でもその先生は私の喉を見て



「う~~~ん、でもこの喉はインフルエンザくさいんだよな~~。」




・・・・・・。





「仮にインフルエンザじゃなくてもこれほど喉が赤いのはウィルス性と思われるから、
一応インフルエンザでも大丈夫な抗生物質を出しておきます」




その近藤正臣先生、色々な説明が凄く分かりやすくていい先生でしたが、ちょっとだけ雰囲気が怖く感じました。余計な質問とかしたくない感じで。



そのせいで大事なことを言うのを忘れていました。

カプセルの薬だけは避けてもらうことを・・・(-_-;)。

朝のあの女医さんが何かそのへん記してくれてるといいんだけどな・・・と、ちょっとだけ期待・・・。





とりあえず受け付けで支払い完了。お婆ちゃんフルラインナップの病院を出て隣にある処方箋受付薬局に行きました。

自動ドアが開くと、そこには凄い若いお姉さんばかりでビックリ。お線香の香りのあとにカルバンクラインを香ったかのようなギャップに感覚がついていきませんでした。


そんな目の保養になる薬剤師さんから手渡された薬。




























カプセル・・・・
(──┬──__──┬──)




若くないけど若く見えたあの先生だったら、こんな事にはなってなかったはずのに・・・




因みにあの女医さん、どうやら近藤正臣先生の奥様だそうです。
あの日の夕方は晩御飯作ってたのかな・・。


すみません、皆さんのブログは明日にでもお邪魔させてもらいます・・・。今日は寝ます・・。
Posted at 2014/05/10 00:00:57 | コメント(12) | トラックバック(0) | 日常の出来事 | 日記
2014年05月06日 イイね!

これはアカンでしょ!

連休最終日。山口は朝から晴れでしたが、風が少し吹いていたせいで黄砂が舞う一日でした。
明日から嫌~な仕事が始まりますが、今度は夏季休暇を楽しみに頑張らねば・・・。









さて、ゴールデンウィークに入る前頃から我が家は家の壁の塗り直しを始めました。以前は壁が全部白かったのですが、私と嫁の家族がこの実家に戻るのに合わせて玄関をリフォームしたり屋根瓦を葺き替え、更に玄関の反対側の敷地に増築もしました。その際、玄関と増築した部分だけ壁の色が茶系になり、残った従来の部分だけは白くて見た目が妙なことになっていました。

ちょうど昨年山口で豪雨災害があった日、横殴りの雨のせいもあって1階のお袋の部屋の壁に少し水が浸みていました。その後も何度かそういうことが起こったので、この際防水処理をしてもらい色も茶系に合わすことにし、この工事が5月3日に終わりました。





そんな壁塗りを始める一か月前に我が家で起こった出来事・・・。







数年前に親父が買って設置していたポストの下半分が錆びてしまっていて、家の壁も綺麗になることだし、近いうちに私がこのポストを塗りなおそうという話を食事の時に出しました。

ところが数日後の夜、私が帰宅すると娘が走ってやってきて言いました。





「じいちゃんがポスト勝手に塗っとるんよ!

すんごいカッコ悪いから見てみて!!」







夜暗かったので翌朝しっかり見てみたのですが、その出来栄えが













ん?















えーーー?!!!
(◎-◎;)












超やっつけじゃねぇかよ!!!








ってか、これちょっとした事故じゃん・・・(O.O;)











そういうわけで、娘や息子や奥様からも

みんな恥ずかしいから早く父さん塗り直して!

って言われていたわけですが、色々忙しくて今日やっとその塗り直しを行いました。










ポストを壁から外して改めて見ると、いくらハケ塗りとはいえあまりにもいい加減な塗り方だし、色は全然合ってないし、窓のアクリルは一部ぶっ潰してるし、酷いもんです。




どうしてこんな違う色を塗ったのかを親父に聞いたら




「白を塗ったけど、塗っていたら段々色がグレーになっていった」

って・・・(汗)





ちゃんと洗った筆を使ってくれよ~・・・
(──┬──__──┬──)











早速分解。


扉を外し・・・










アクリルも剥がし・・・。
このアクリル、再利用できるんかいな・・・










投函する部分(上蓋)を外すと、そこにも筆で適当に塗ったあとが・・・。










黒い上蓋フレームから白い上蓋を外そうと思ったけど、かなり固く無理して外すと経年劣化でパキッと逝きそうなので、ここは外さず筆塗りすることに。









親父が塗った筆塗りの色がかなり分厚くてそれを取るのが大変ってもんじゃありませんでした。


もともとの白い塗装が錆で侵されているところは塗装を剥ぎ、まともな白い塗装部分はペーパーで擦って前処理は早々に終わりです。









今回使用するスプレーはアルミサッシ類でよく見かけるメタッリックのブロンズ色。
赤茶系じゃなくどっちかっていうと緑が少し混じったような茶色ですかね。









塗装は苦手なのでサラリと流させてください・・・(汗)。


予想通り無塗装部分との境目に段差ができましたが、サフェーサーを買っていなかったしポストごときに丸一日時間をかけられないってことで・・・










本体もあまりアップでは見せられませんが、以前よりは相当マシになったとは思います。










扉の窓のアクリルに塗られていた塗料はシンナーで落とし、プラスティックコンパウンドで磨いてクリア感を出して終わり。紫外線で変色していますが、扉に貼り付ければその差は分からないのでこれでOKとします。










上蓋のフレームは艶消し黒を筆塗りで。










上蓋も同じブロンズ色で塗ろうと思っていたのですが、なんだか暗くなりすぎるかなと思い、ここは白色のままでいくことに。ただし、紫外線の影響か褪せて艶を失っていたのでプラスティックコンパウンドで磨いて艶々にしました。








親父はポストを壁に取り付けたまま塗っていたので、中から壁に止めているネジの頭まで白色に・・・。目立つのでこのネジも頭だけ筆でブロンズにしておきました。










ってことで、苦手な塗装なので私も少しやっつけでしたが、筆塗りよりゃ随分とマシになりました。









ちょい濃いけど、そもそも色的に選択肢がほとんどないも同然だったので仕方がありません。
でも奥様も子供たちもかなり安心してくれました(笑)。








でも、奥様は先ほどまで

新しいポストをネットで探していました(爆)
Posted at 2014/05/06 23:32:54 | コメント(11) | トラックバック(0) | DIY | 日記

プロフィール

「降灰につき予定変更・半日維持活動・・・ http://cvw.jp/b/166682/42522735/
何シテル?   02/18 01:11
2005年12月にアコードワゴン(CM2)オーナーになったダブルウィッシュボーンと申します。 スポーティな中にもエレガントなたたずまいのアコードワゴンがと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/5 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

愛車一覧

ホンダ アコードワゴン ホンダ アコードワゴン
'05年12月~ 私にとって5台目の愛車、CM-2の24Tスポーツパッケージです。 1 ...
ホンダ トルネオ ホンダ トルネオ
'97年11月 ~ '05年12月 私にとって4台目の愛車、先代モデルであるCF4です ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
'93年8月 ~ '97年11月 3台目の愛車はBB4プレリュードSi-VTECです。 ...
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
'89年6月 ~ '93年8月 2台目の愛車は、衝撃を与えた名機B16Aを初搭載したイ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.