• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Raccoのブログ一覧

2019年04月25日 イイね!

絶版ミッドシップ軽(三菱『i / アイ』) ~マイフェイバリットなクルマたち Vol.11~

絶版ミッドシップ軽(三菱『i / アイ』)  ~マイフェイバリットなクルマたち Vol.11~~マイフェイバリットなクルマたち Vol.11~

第7回は、三菱の軽自動車『i / アイ』(2006.1~2009.11MC~2013.9)です。

駆動方式:MR (4WDもあり)
搭載エンジン:直3 660 DOHC MIVEC (NA/ターボ)
<型式>CBA-HA1W(4AT)

試乗グレード:T(後期型・H23 2011)(2016.2.20)


絶版ミッドシップ軽乗用車は、マツダ・AZ-1/スズキ・キャラだけじゃないんだよねー!

※(さぁ、次は 三菱アイを書くぞ!)と思ったら、3年前に既に書いてました…。
2016.2.20のブログの日付変更・内容ほぼ再掲載です。ご了承下さい。


カーナビの道路渋滞回避システムに関する座談会に参加してきた。
場所は赤坂。このあたりは駐車場代が高いので、電車で行った。

千代田線・赤坂駅 2番出口から撮影

赤坂サカス(後方にはTBS)

少し歩いて溜池方面へ。
1時間1200円… やっぱ高い!

首相官邸にドローンが飛ばされたのは、この「パラカ赤坂第2駐車場」かららしい

座談会で一緒になった人と 二人で帰り、色々と カーナビなどの話。
愛車を聞いたら、三菱の絶版ミッドシップ軽自動車『i』(アイ)とのこと。
クラちゃんのカーフィルム施工の時に代車で乗れるチャンスがあったが断念したことや、
何年か前まではレンタカーで見かけたが 現在は日本全国で探してもなかなかないこと
を話したら、「乗ってみますか?」と うれしいお誘いの言葉が!(決して誘導してませんw)

いったん 我が家に寄ってもらい、彼の家まで クルマで移動することにした。
オレ:「プログレとクラウンセダン、どっちで行きましょうか?」
特に珍しくもなく しかも似たようなセダンだし、聞かれたほうも困っちゃうよね(笑)
プログレ君で行くことに決めて、広い道に出てから 彼にハンドルを握ってもらった。
結局 彼の家まで1時間ほど運転させて …じゃなかった、試乗してもらって、駐車場到着。


三菱 『 i 』(アイ) T (4AT・CBA-HA1W・H23)
うひょー! うれぴー! 後期型の64psターボなんだって。
もう、これを運転できたら、あと乗ってみたいのは R32のGT-Rと S660ぐらいだよー。
あ、あと RX-8と LF-Aと スイフト。※2016.2.20時点

プログレを停めさせてもらい、アイの試乗に出発!

本革ステアリングの握り心地がGOOD!
チルト機構が無いんだけど、自分には違和感ないポジションだった。

エアロブレードの一本ワイパーがカッコいい。
前期型はトーナメントタイプとのこと、見分けるポイントになりそう…。


けっこう凝った造りのメーターは視認性にも優れる


エアコンパネルの照明


R20、八王子から山梨方面へ。大垂水峠を走ったぞ。
ここに来たのは むかーしむかし、
モニターで借りた いすずの四駆ビッグホーンで 煽られながら走って以来だなぁ。


前方・側方の視界(視認性)は良好。
エンジンは すごく力強くもないけど、ターボが下から効くからギクシャクしない。
電動パワステ、電子制御スロットル(アクセル)ともにフィーリングが自然。
パワステは 後期型で良くなったんだそうだ。それ以外にも
トランスミッションなども改良された(NAだけ?…後記)とのことで、買うなら後期型がいいかもね。


前を走ってた 地元の軽トラがけっこう速くて、ペースメーカーになってくれました^^


渋滞回避システムの座談会に参加する彼のクルマだけあって、
ナビは 最新の3メディアがフル装備!
従来の3メディア→FM VICS・光ビーコン・電波ビーコン
最新の3メディア→FM VICS WIDE・光ビーコン・DSRC/ETC2.0車載器
ちなみに うちのクルマは、FM VICSだけ付いたポータブルナビでございますTT ※2016.2.20時点


ナビ奥の 黒くて細い物は、ETCアンテナ。
最近のは ほとんどがフロントガラス貼付型だが、パナソニック製のこれは
光ビーコン受信機内蔵のダッシュボード据置タイプ。
音声はナビから出すので、スピーカーは無い。

相模湖ICから中央道に乗ってUターン。藤野PAで トイレ休憩。

テクトムの「燃費マネージャー」。(プログレ君に これの旧型付けてました)

ここからは運転を代わってもらい、助手席へ。

CVT全盛の昨今、4速ATってのも 気に入った。
100km/hで4000回転ぐらいになっちゃうけど ゆっくり巡航だと燃費は悪くないそう。
高速だと ロードノイズがかなりデカくなるけど、エンジン音が後ろだから余計そう感じるのかも。


2550mmというロングホイールベースは、軽自動車最長!※2016.2.20時点
ガソリンの給油口っぽく見えるのはエンジンへの吸気口。(給油口は反対側にある)
ガソリンスタンドで間違って誘導されちゃいそうだね^^;
(ちなみに、ホンダ・バモス/アクティの左側のリッドは エンジンオイルの注入口らしい)

いいクルマ(好きなクルマ)って、数十mぐらい走ると それだけで体感できることが多いんだけど、
今回は まさにそんな感じだったなぁ。
(こんな走りするんじゃないかな?)って想像してたイメージが 全然崩れなかった。
そのイメージってのは、Vol.2で紹介した初代エスティマのハンドリング。
初代エスティマは 自分がもっとも好きなクルマの一台なんだけど、アイとはパッケージングに共通点がある。
どちらも、エンジンを床下ミッドシップに配置した後輪駆動車(4WD仕様もある)。
(スペース重視ミニバン程ではないが)大人が前後席にちゃんと座れる広い室内空間と、
ファンなハンドリング(フロントに重量物が無いので回頭性に優れる)を 両立させているんだよねー。
違うところといったら、エスティマのほうが乗り心地がゆったりしてることかな。
アイのほうがキビキビとスポーティ。前席のランバーサポート・サイドサポートが
張り出していて意外とタイトなことからも そんな指向がうかがえる。
スポーツカーのカタチしたクルマは世の中にたくさんあるけど、
(振り回せる腕がないと)苦痛なだけで何も面白くないのも多くって…
そういうのに比べると アイのほうがずっと“スポーツ”だと感じたなぁ。

まぁ とにかく、三菱が力を入れて造りあげたのが伝わってきたよ、運転してて。
それだけに生産中止になったのは残念。(販売期間:2006年~2013年)
電気自動車版のi-MiEV(アイミーブ)は存続させてほしいな。
開発統括したのは 2代目パジェロの人らしい。(あのクルマも好きだなぁ)

<いちおう、ちょっと気になった点も書きまーす。 ほとんどが小さい事だけど。>
・ドアサッシュがボディ同色、フロアシフト部分に照明がほしい、シフトレバーがウレタン、
4→3速に落とす時は左下へ操作…横へのほうが操作しやすいかも、
1段階目でオートが選択されるヘッドライトスイッチ、スペアタイヤ搭載不可、
タワーパーキングには微妙な車高(1600mm)… こんなとこかなー^^

運転させてくれた彼の見識の高さ(&行動)にも感心させられた。
愛車に関する知識以外にも、購入するにあたって比較した車種や それらとの見極め、
ドライビングスクールやサーキット走行への参加、などなど。

遅くなっちゃったので、ガストで夕食。

柔らかひれかつ和膳(916円)

素敵な出会いにありがとう♪


サンリオから 2006年7月25日に限定で1台だけ発売された『PrincessKitty i』
ならなんで、三菱自動車本社の近くを走ってるんだ? 予備?
→展示用を含めると2台だそうなので、メーカー所有車と勝手に断定

ハローキティの仕様
ナンバーの数字の意味は…キティちゃんの誕生日です。(1974年11月1日)
本名:キティ ホワイト
生まれた場所:イギリス ロンドン郊外
身長:りんご5コ分
体重:りんご3コ分
好きな食べ物:ママの作ったアップルパイ
得意なこと:クッキー作り
2010.4.9

日の丸リムジン『ZEROタクシー』(アイミーブ)

2台導入されたそうだけど、まだ走ってるのかな?
2011.8.25


~マイフェイバリットなクルマたち~
Vol.1 トヨタ・ウィンダム2代目
Vol.2 トヨタ・エスティマ初代
Vol.3 日産・ティアナ2代目
Vol.4 ホンダ・フリード初代
Vol.5 トヨタ・ビスタ/アルデオ5代目
Vol.6 トヨタ・センチュリー2代目
Vol.7 VW・ゴルフ5代目R32
Vol.8 VW・ボーラV5
Vol.9 ホンダ・レジェンド4代目
Vol.10 スバル・インプレッサWRX初代
Vol.11 三菱・i / アイ
Posted at 2019/04/25 12:52:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車インプレ 三菱 | クルマ
2019年04月23日 イイね!

4気筒のフェラーリ(スバル『インプレッサ』初代WRX・GC8型) ~マイフェイバリットなクルマたちVol.10~

4気筒のフェラーリ(スバル『インプレッサ』初代WRX・GC8型) ~マイフェイバリットなクルマたちVol.10~~マイフェイバリットなクルマたち Vol.10~

第10回は、スバルのセダン『インプレッサWRX初代GC8・1992.11~2000)です。

駆動方式:4WD (5MT/4AT・セダン/ワゴン)
搭載エンジン:2L水平対向4ターボ 240ps/6000rpm 31.0kg/5000rpm


試乗グレード:セダンWRX(5MT)最初期モデル
初期のWRXは外装ドアハンドルが黒樹脂・MC後からカラード
1993.4.24~25


※残っている写真が一枚しかないので 文章ばかりで読みにくいと思いますが、ご容赦下さい


世はバブル、R32GT-R・Z32フェアレディZ・NSXといった国産ハイパワー車が次々と登場した時代。カー雑誌では、馬力・ゼロヨン・0-100km/h加速・最高速など 性能の指標となる数字が誌面を賑わしていました。
そんな中、1989年に スバルからミドルクラスのセダン/ワゴン「レガシィ」がデビュー。2Lターボ+4WDのツーリングワゴンGTは一大ブームを巻き起こしました。レガシィは、それまでの自分の中でのスバルのイメージ(レオーネなど)を変える存在でした。
その初代レガシィをベースにして 1992年に発売されたコンパクトセダン/ワゴンが「インプレッサ」です。(“スポーツワゴン”と呼ばれるワゴンは5ドアハッチバックに近いような形でした・CMには「ツイン・ピークス」のカイル・マクラクランが起用されていました)
インプレッサにも2Lターボ+4WDのスポーツグレードが設定され、それが今回紹介する「WRX」です。
MTのスポーツカーが若者の憧れだった当時、280馬力のスポーツカー勢に迫る性能を約250万円という価格で手にできるWRXは 魅力的に映ったものでした。

この頃は (現在も外車中心にたまにありますが)数日間のモニターがメーカー各社で多く企画され、いろんな新車を無料で借りる事ができました。インプレッサWRXも それによって乗ることができた一台です。
借りる際にひととおりの説明を受け出発しようとした時、購入意向やらスピード出し過ぎ注意やらには一切触れず、「楽しんできてくださいネ」と一言声をかけてくれた販売店の女性…あのスマートさは今でも忘れられません。その後 東京モーターショーのスバルブースに彼女が居たので驚きつつ声をかけました。最近になって元スバルスターズの本社女性と話す機会があったので聞いたところ、車両説明員は近隣3都県のディーラーに依頼していたとの事。約25年かけて謎が解けました。話脱線失礼。


さて、インプレ。

印象に残っているのは、(毎回抽象的な表現が多くて申し訳ないですが)ただパワーがあるだけでなく 操る楽しさを感じさせるクルマだったこと。
その理由のひとつとして、マニュアルミッションのギアチェンジ操作…クラッチのつなぎがしやすかった点もあります。ミートポイントが広いと言えばいいのかな。未だにMT車は苦手という情けなぶりですが、そんな自分でも余裕を持って操作を楽しめるラクさだったような。(←かなり昔の記憶なので 特筆するほどじゃないかも…言い切る自信なくなってきた^^;・シフトフィールは 当時メモを見るとあまり良くなかったみたいです)
自動車部の同期がこのクルマの購入を検討していた時 「低速トルクあるよー!」(つなぎが楽だからそう勘違いしてた)と宣伝したのですが、購入した後 性能曲線図を見た彼から「ないじゃん」と言われたのを思い出します。

<ボクサーサウンド>
大げさなタイトルを付けてしまいましたが、スバル車といえば 水平対向エンジン。フラット○(←○には気筒数が入る)エンジン・ボクサーエンジンとも呼ばれます。特徴として、ボロボロとかドコドコとかドドドドとか表現されるサウンドがあります。外からだとやかましいと言われたりもしますが、運転していると心地良く聴こえてきます。
フェラーリに例えたのは(フェラーリ乗ったことないけど)、アイドリングや低回転走行ではボロボロいってるエンジンがですね アクセルを踏み込んでいくと まるでレーシングカーのように(レーシングカー乗ったことないけど)すごく滑らかに回るからなんです。低回転での迫力サウンドと高回転での滑らかサウンド…いやー、素晴らしいですねぇ。
※大げさなタイトルつけやがって、ポルシェならまだわかるけど なんでフェラーリ?→フラット6の911ターボ(997)乗ってもあまりスバルと同じ感覚がなくて、フェラーリっぽいと自分で勝手に感じたからなので 許して下さい^^;

ボクサーサウンドの音の元は 排気の干渉によるものらしく、それが証拠に一度ボロボロ音がしないスバル車が走り去るのを見たことがあって 詳しい人に聞いたらシムスというメーカーのエキゾーストパーツに交換しているからとの事でした。
排気の効率を良くした最近のスバル車(というか2代目ぐらいから既に?)では この独特の音は薄まっているみたいです。86/BRZのボクサーエンジンを始動させてみた時も、直4との違いはわかったものの 昔のWRXほどの特徴的な音はしなかったです。

<内装・室内空間>
内装は質素。ロータリースイッチ(ツマミ)式のエアコン操作パネルが良かったです。隣に乗せた友人に「使いやすいんだよねぇ、これ」とグリグリ動かして見せたら、「好きだよねぇ…」と冷めた反応でした。フラットなボタン式の方のほうが見た目はスマートだから、グリグリは廉価グレードの象徴のように感じるんでしょうかね。スバルは現行車種でもロータリー式スイッチ(ツマミではないですが)を多く採り入れているようで、機能優先指向な点には好感が持てます。
室内空間のほうは、カローラクラスのディメンションなので 後席は大人がゆったりとまではいかなかったような。

<WRXのAT仕様>
このWRXには セダン/ワゴン・MT/ATがありましたが、ATだと楽しさはちょっと減るかも。
当時メモ→加速にダイレクト感がなく、ボクサーサウンドも控えめ?


<初代インプレッサの他グレード>
運転の楽しさや ボクサーエンジンの滑らかさは、 WRX以外の大人しめのグレードでも 程度に差はあれ体感できます。(加速とかは遅かった…)
・当時メモ・
・1.8 4WD
大人しいグレードでも、WRXと同じしっかり感があるのが好ましい。
・1.5 CS (FF・GC1・H8) 2004.7.12
WRXじゃなくても、良さは感じるねぇ。ボクサーエンジンは、まわすと滑らかになる。
クルマらしさがあるから、FFのおとなしいグレードでもそれなりに楽しいよ。


希少? フェンダーミラー仕様の初代インプレッサ
スバルは、インプレッサでは2代目まで レガシィでは4代目まで サッシュレスドア(窓枠が無い)を採用していました。
2011.10.26


<STiバージョン>
WRXには、競技用のRAや 高性能版のSTiバージョンもありました。STiの最初のモデルはとってつけたようなエアロパーツであんまり魅力的に感じなかったけど、2つめ以降はカッコ良かったなぁ。。
STiは 初代には乗ったことがありませんが、2代目を運転しました。
ロールバーまで入れた仕様だったのでアシ回りがノーマルかどうかわからないけど、随分とゴツゴツして突き上げてきました。クイクイ曲がるハンドリング。パワーは別物。
ロケットみたいな爆発的加速で、宇宙飛行士の気分(宇宙飛行士になったことないけど)を味わえました。
WRXの加速感がマツダ・RX-7 FCだとすると、STiはFD並み。ロータリーロケットならぬ、ボクサーロケット。
少ししか試せなかったけど、それまで乗った車の中で一番の異次元加速でした。
シフトはストロークが短いけど、マツダ・ロードスターのような節度感が気持ちいいタイプではなかったです。
走りを楽しむっていうより、「競技車」ですなこれは。
ボクサーサウンドは控えめだったけど、ブン回すと 精密につくられた機械ってのが伝わってきました。

2代目インプレッサ WRXSTi丸目 (6MT H14)
2005.1.7

ついでと言ってはなんですが、2代目のインプレ当時メモも載せます。
・スポーツワゴン 1.5 I'sスポルト (AT・H13) 2003.9.26
見た目ちょっとスポーティだし、期待して乗ったのだが… ロクマルの15インチにしてはかなりアシがかたい。
一寸しなやかさに欠けて古典的。(中古車なので、タイヤ劣化のせいかもしれない)
インパネまわりなどは登場時から新鮮味に欠けていたし、不評だとしたら 丸目のせいだけではないように感じた。(※だが、この後に15iに乗って見直した…)
水平対向のバタバタサウンドがほとんどしなくなってたのも残念。そのせいで、平凡に感じたのかもしれない。
(逆に言えば、自分はあの音で過大評価してたという事か?)
ゲート式シフト、N⇔D⇔3が縦配列は 自分にはシックリこなかった。
このクラスとしては贅沢に キセノンランプを装備していた。
・15i (GD2・AT・H17) 2008.5.9
ハンドリング・アシ・ボクサーエンジン…クルマらしくてGOOD。
初代もこんな感じだったなぁ。悪く言えば進化してない。
前方視界(見切り)が良い。トランク両側が立ってるのでバック時もわかりやすい。

2代目インプレッサ 15i涙目 (GD2)
2008.5.9


<インプレッサベースのSUV>
インプレッサのプラットフォームを使ったSUV「フォレスター」が1997年に発売されました。
初代・2代目は コンパクトなサイズ(全高も1500mm台)で、インプレッサ譲りの楽しい四駆でした。
・2.0T/tb (4AT・SF5・H11) 2004.3.8
乗用車寄りのSUV。軽快なステアフィールが印象的。
サスも“あたり”が柔らかくて、インプレッサより乗り心地が良いんじゃないかな。
エンジンは、低速トルクが薄い感じ。アクセル踏んでも ターボの効きは少し遅れ気味。

初代フォレスター 2.0S/tb (4AT・SF5・H9)
2004.9.21


<6気筒のボクサーエンジン>
インプレッサの水平対向エンジンは4気筒だけでしたが、ひとまわり大きいレガシィのほうには3代目で6気筒(アルシオーネSVX以来)が搭載されました。
(4気筒のボクサーがこれだけ滑らかなら 6気筒はどれだけ良いんだろう)と思い、ずっと乗ってみたかったBOXER6エンジン搭載車。4代目レガシィ(アウトバック3.0R)にて念願かなって体験できたのですが、予想外にガッカリしてしまいました。自分が期待しすぎたのかもしれません…スムーズなんだけど、トルク感・重厚感・官能性…いずれもあまり体感できず味が薄い印象でした。

4代目レガシィ アウトバック 3.0R (H15)
2006.2.27

2度目の体験 3代目レガシィ(セダンRS30)でも、同様にやはり薄味に感じました。
これ自体が良くないということでは決してないのですが、直4から直6・V6に乗りかえて感じる違いみたいのがあまりなかったんです。
ボクサーは4気筒でも独特の存在感・高回転時のスムーズさがあるからかなぁ。(じっくりと乗る機会があれば また印象が変わるのかもしれません)

3代目レガシィB4 RS30 (H14)
2008.6.5


<WRCでのスバル>
市販車でも 競技でも、ライバルである三菱・ランサーエボリューションと切磋琢磨して改良を重ねました。お互いにバージョンアップしていく様子は 見ているだけでも楽しかったです。WRXを気に入ってしまった自分は WRC(ラリー世界選手権)ではスバル車を応援していました。


<最近のスバル車>
上に書いたフラット6の4代目レガシィ以降のスバル車には乗っていません。
背高系になってからのフォレスターとかも未経験なので、一度運転してみたいなー。

ミニバンの低床化で、5代目フォレスター(全高1700m超)は 同じぐらいの視点の高さ?


~マイフェイバリットなクルマたち~
Vol.1 トヨタ・ウィンダム2代目
Vol.2 トヨタ・エスティマ初代
Vol.3 日産・ティアナ2代目
Vol.4 ホンダ・フリード初代
Vol.5 トヨタ・ビスタ5代目
Vol.6 トヨタ・センチュリー2代目
Vol.7 VW・ゴルフ5代目R32
Vol.8 VW・ボーラV5
Vol.9 ホンダ・レジェンド4代目
Vol.10 スバル・インプレッサWRX初代
Vol.11 三菱・i / アイ
Posted at 2019/04/23 19:19:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車インプレ スバル | クルマ

プロフィール

「トヨタ 新型カローラ試乗! セダンW×B withディスプレイオーディオ&SDL(CVT・ZWE111) http://cvw.jp/b/1680537/43322368/
何シテル?   09/30 12:43
※2019.1.16から「Myファン」機能が無くなってしまいました。 よろしければ、お手数ですが フォローにて再度追加お願いいたします。 何か不明点などあり...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

Suzuki..さんのトヨタ プリウスα 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/16 14:52:16
サスペンション変更 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/10 10:16:55
前席/後席ヘッドレスト大型化 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/08 09:44:05

愛車一覧

トヨタ プログレ トヨタ プログレ
プログレは、自分の考えるセダンの理想が ほぼ具現化されています。 デビュー前から雑誌でス ...
トヨタ クラウンセダン トヨタ クラウンセダン
前職で運転した色んな車種の中で もっとも気に入ったうちの一台が フェンダーミラー仕様の1 ...
マツダ ランティス ぷるぷるランティス (マツダ ランティス)
2.0 V6・4ATの けっこうレアなFFセダン。 プログレ移行まで、故障はほとんどなか ...
マツダ カペラ マツダ カペラ
FF初代のカペラです。 免許を取って最初に乗ったクルマ。 当時のセダンとしてはスタイル ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.