• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MRVのブログ一覧

2020年11月20日 イイね!

【新ネタ】車載MP製作計画(ラズパイ4B編)その01 事前考察編【まずは考え】

えっと長いタイトルです。すいません。
過去の記録とも照らして記述していきます。

新ネタとして発動した企画ですが、
ほぼほぼポイントは抑え済みなのでそのあたりの話を。

〇利用するハードは?




制御本体はラズベリーパイ4Bを用いるのは既定路線ですが、以前からのこだわりとしてH.265デコードがハードウェアレベルでできることが必須条件。しかし、この記事を書いている2020年11月現在、対応しているOSはラズベリーパイOSぐらいしか対応していないという事。この後記述するメディアプレーヤーOSでは現在もそのあたりの対応をまだ行っている最中とのことで、今後の対応についても気なるところ。そのあたりのことができるハードになっていれば、後はOSのアップデートで対応は可能というわけです。はい。

ちなみに作業前検証として、ラズパイ3B+を用いたテストを行ったところでは、CPU利用率が平均で60%前後だった。これがラズパイ4Bに変えたところ20%前後になったので、それなりに省力化はされている。

〇OSは?

メディアプレーヤーにかかわるOSはkodiを積むLibreELECを利用。 この辺りは個々の趣向ではあるが理由は以下の点から、

 〇操作系がわかり易い
 〇一度設定を固定すれば再起動しても使える。
 〇ネットワーク経由(SMBやFTP等)の運用にも強い。
 〇kodiはWindowsやAndroid、Fire TV Stickでよく使ってた。

このあたりが理由ですね。今回壊れたWindows10タブレットもkodiを積んで運用していました。ただ、唯一の難点はkodiに変えたことでWindowsでできていた配信系タイプのサービスには対応できない事。
一部出来るサービスもあるのですが、インターフェースがkodiになるので、標準の配信系ソフトのインターフェースに慣れた人にははっきり言って使い勝手が悪い。
これならFire TV Stickで良いじゃねぇかと思うんですよね。
Windowsならブラウザレベルでできることが出来ないんですよね。こればかりは仕方ない。

〇保存メディアは?メディア利用方法は?

保存メディアは元々外付け2.5吋HDDにデータを保存して、それをUSB-Wi-Fi変換器でネットワークドライブ化していました。




2013年の話、ランエボの図が懐かしいな

現在もこのスタイルを機器を変えて使っていました。でも問題も。使っているHDDドライブによってkodi側で認識していてもハングアップするという謎動作がFire TV Stickや今回のラズベリーパイ3Bのテスト環境では発生することが判明。出先などでFire Stick TV使っても使えないなら意味ないじゃん等とあきらめムードでしたが、色々と検証して、ラズベリーパイなら直接マウントすることで解決することが判明。NTFSフォーマットも認識するのでこれなら準備含めて楽という事になる。
またこれでWi-Fi運用から解放されるとメリットもある。
今までの運用では、再生機を配信系サービスにつなぐためには、ネットワークを切り替えるか、USB-Wi-Fi変換器を経由するの2択ですが、いちいち設定する必要があり、結構めんどくさかったものの、直接マウントでWi-Fiは空くので直接テザリングすることも可能になる。配信系は今後Fire TV Stickにしてしまっても問題はなく、そっちのほうが操作も楽だし。

( ´_ゝ`)「でもその後ラズパイ4Bかんきょうでテストしたら問題のNASハードがちゃんと認識してたんですよね」
(^ω^;)「そうなんだわさ。よーわからん」

(神・∀・)「Carrozzeriaが出すDCT-WR100D入れたらもうそれでラズパイとFire TV Stick入れたら十分使えるやん」

あれ12月発売ですね…。

〇映像出力はどうするの?


2015年の話だね。

これは以前行ったリアモニター追加に伴い、全部HDMIで行います。今更コンポジットSD化なんぞ行う気にもなりません。すでに車体にはHDMI入力切替器を標準装備していたので、こっちの作業は必要ない。唯一あるとすればモニター配線を修正する必要があるのでそのあたりの対応は必要です。



一方で問題があるとすれば、モニターは?というところ。



今までタブレットだったので、そのあたりについてはHDMIモニターに変更。今までタッチパネル最強だったのが、今度からはリモコンへ。



そっちの方が楽は楽ですがね。リモコンも2.4GのUSBリモコンがあれば大体すべてうまくいく。モニターもバッテリ内臓ではないので特に悩まない。

〇電源は?

電源はUSB電源あれば事足りるので自作もしません。ラズパイの電源はPD対応のUSBカーチャージャーで事足りて、モニター電源は昔の埋め込み型USBチャージャーを残していたのでそれを運用すれば良し。


適当に買ったやつで事足りるのも時代やね。

か、もっと簡単に、電源が必要なのはモニターとラズパイ本体だけなので、電源一つあれば事足りる気も。電源管理については、起動は簡単なスイッチにしておいてから、終了動作は結局リモコンで行えば良いのと、一時的な退室対応なら簡易バッテリを経由しても可なので、そのあたりがうまくできたらいいのかなと。

そんなこんなで部品が手に入り、確認のために色々と組み込んでいくのだが、ここから先は次回へ。
2020年11月16日 イイね!

【生存報告と】業務連絡と前回投稿からの話【新ネタ追加?】

【生存報告と】業務連絡と前回投稿からの話【新ネタ追加?】ご無沙汰しております。
生存報告も兼ねて色々とお話ししておきます。

とりあえずざっくり言うと、

特に変わっていませんが、
色々あって、色々忙しい。


忙しい事は良い事ですが、本業と別趣味共に忙しく、車関係はあんまりまとめていません。一方であるときにいただいた『ご相談』も進められていませんでした。年末に向けて若干の余裕が出てくるのでそのあたりまでには完遂できればといった感じです。

一方で、レガさん、Qさんは元気で、レガさんは4度目の車検を済ませました。そんなレガさんも今では21万キロを超えてまだ元気ですが、その間に

パワステポンプ2回
パワステギヤボックス1回(リビルド)
エアコンポンプ1回(リビルド)
マフラー1回(中古)
ラジエタ1回(リビルド)
ダイナモ1回(中古インプ同等品)
エンジンスターター1回

と色々と交換しています。車検費用が高額だったら箱替えも考えましたが、走行距離は下がっても大体同じところが壊れている可能性が高いので意味も無いなと言う事に至りました。一方でレヴォーグも良いよね?などという声もあり、初代の中古も探していましたが、2代目が出たことで、

( ´_ゝ`)「結構オーダーもあるので少し待ったら値段下がりますよ、きっと」
(;^ω^)「そうかねぇ……、アイサイトXが結構鬼門な気がするけど……」
5年後がどうなるか……、それだけ言っときます。気になる人はよしなにお調べください。



その横で、前回書いていたバッテリーレスで動くタブレットの話。
2018年に記事をあげてそれがTwitterの方でまとめたら一部の人にバズるという訳のわからない事が起こっていましたが、

昨日こわれました。

電源系は問題ないのですが、うんともすんとも言わなくなりましたので、本体に強い負荷が掛かっていたのでしょう。まぁ、とりあえずバッテリがだめになってこしらえた命なので、それだけ保ったと言う事でも良い感じでした。約4年ほど活動を共にしました。ありがとうございます。

その結果として、来客用メディアプレーヤー次世代機はどうするか話

(;^ω^)「近年の道交法改正もあって、ながら運転の助長にもなるしなぁ……」

といった事もあり、長距離運転は動画も良いけど音楽やラジオが素晴らしく良い時もある。歳ですな……。

( 神・∀・)「老けたな……、おぬし」

(^ω^#)「くそっ……」

そんな声もどこからか、とはいえ。
( ^ω^)「考えていないわけではないさ、次の話をさ。」

行動は始めています。
新ネタリアルタイム投入します。
車載メディアプレーヤー製作計画(ラズパイ4B編)

(;^ω^)「相変わらずの市販品・自作品ほぼ無しのノイズ除去対策も踏まえた王道作品ですがね。」

2006年のPSP車載から始まった車載メディアプレーヤーの話、
PSPのメディア再生能力の良さから、
2006年からH.264AVCによる動画エンコードを初めて、
2013年にはWi-Fiストレージ+Androidによる現在のシステムを構築して電源問題にも対処、
2015年にはAndroidからWindowsタブレットに替えてシステムのハイレゾ化も行う横でリアモニターHDMI分配化・H.265HEVC変換なども順次やってきた。
2016年に現在のシステムになって、小変更はあったが、Windowsタブレットのバッテリーレスも行って約4年間、

トータルで14年もやってる一大×黒歴史

( ^ω^)「その間には車載PCもやったり色々と挑戦しまくったけど。今それらの事をもっと簡単にできる環境はたくさんある。しかし、その間に行ったノイズの対策のノウハウは、単なる載せてみた的な物ではない一財産、久しぶりにネタにありつける。」

そんなこんなでやってみます。
Posted at 2020/11/16 19:51:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2018年08月16日 イイね!

【大改造】タブレットの未練が強すぎてクセが強い【自己責任】

【大改造】タブレットの未練が強すぎてクセが強い【自己責任】御無沙汰ブログの割に濃くてながーい話です。

車載用メディアプレーヤー辺りの話。

このブログではNEXUS7からNEC LAVIE Tab W(TW708/T1S)を繋いでいましたが、
2016年10月には、Diginnos DG-D09IW2に替えています。あんまり書いてなかったんで、さっきのっけましたけど。

この変更の最大の理由はH.265ハードウェアデコードに対応した事。1世代後のCPUになって、


( ^Д^)「Atom?そんなに性能変わらんじゃんか(ウケケ」

等と思っている人もいるでしょうが、MRV的にはコレ、CPUよりもGPUの世代変更が大きいんですよね。世代変更によってハードウェア動画再生支援機能が増強されて、H.265デコードを初めてサポート。

いままでTW708でH.265を再生するとほぼCPUでの再生でこれが100%近い状態で再生していても一部の画質ではカクついていたりしていたのが、D09IW2に変えたとたんにあっさりと解決したわけで。CPUも40%前後で安定している。バッテリーも十分充電されるし至れり尽くせり。

こうなると、H.265で動画ファイルを用意しても問題なく再生できるので、移動用で別途H.264にする必要もなくなるのでだいぶ便利になった。

メディア管理はKodiを入れておけばいいので、あとはWi-Fi化したHDDを繋げれば、動画も再生できるし、ハイレゾ音源も普通に再生できるわけで。

( ^ω^)「エンコード環境も2018年に第8世代のCoffee Lakeに更新したので楽になる。」

という感じで使っていたんですけどね…。

→2017年8月
(;^ω^)「何か中心にシミみたいなのができたりできなかったり…」
何だろうな…、多分バッテリーか何かか?とも思っていたんですが、それが急にひどくなったのが、

→2018年8月

(ヽ'ω`)「アーッ!」
中心部分が一気に膨れて、ボディが変形、液晶は圧迫。
まぁ、原因はほぼほぼ常設だったため、バッテリーが連日の高温にさらされたこと。更に毎日エンジンをかけているときだけ充電していたので、更に電池劣化を加速させたようです。結局購入2年足らずでバッテリーが膨張→本体変形になったわけです。

(;^ω^)「うーん、どうするものか…。」

一昔前だと自作PCを車載したりしていたんですけど、前のランエボの様にセダンでもなければ、さらに言えば車載PCは色々あってCPUやM/Bは他の端末にごっそり移設して今はケースだけが家に鎮座している状態なので、これを復帰させようとする気は毛頭ない。

更に難儀なのは、タブレットPCはタッチパネル操作が便利すぎて、このインターフェースを犠牲にしたくない。かといって近年タッチパネルの車載出来るディスプレイも少ない。ここでNICの様な小型PCで行うのも何か違うような気もする(個人の意見やで)

そんな中、Diginnosを発売するサードウェーブ社が法人向けにバッテリーレスタブレットPCを発表。

常識を覆す「バッテリーがないタブレット」が業務改善になる理由
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1805/09/news001.html

よくよく読んでいくと似てるんですよね。あたくしの状況と。
便利で採用→劣化始めて変形の流れなんて解りやすいわけで。
そのために考え出した結論はバッテリーレスの考え方。

充電を繰り返すような状況よりも、素直にエンジンかかっている間だけ運用できる端末だったら良いわけなんですよね、別に。でもね、

(;^ω^)「これ、個人に販売してくれないよね…。」
物がモノなのでね、確実に難しいわけで。
(;^ω^)「まぁ、OSも企業向けのWin10 LTSBだから、個人扱いだとめんどくさいだろうし…」

そんなわけで、とりあえずこの膨れた端末は修理に出そうと買ったお店のある某神戸三宮辺りの某ドスパラさんへ。

( ^ω^)「あのー修理依頼出したいんだけど」
( 店・∀・)「どの端末でしょうか?」
(;^ω^)「これなんですけどね」タブレットをスッ...



(;・∀・)「何ですかこれ?こんな変形の仕方、初めてみたんですけど」

(;^ω^)「え?単なるバッテリー劣化ですよ…」
といった感じで話が始まり、修理依頼を頼もうとしたところ、
( 店・∀・)「これ…、修理高いですよ」
(;^ω^)「でしょうね。何となくわかりますけど」
( 店・∀・)「これだと、購入金額よりも高い修理費になるので、それなら単純に新しい端末にする方が良いですね…。」
(;^ω^)「新しい端末ねぇ…」
( 店・∀・)「この8.9インチの端末も、この間販売終了したんですよね。今だと10インチのモデルですけど…」
(;^ω^)「えー、中古品は無いのかな?」
( 店・∀・)「あそこにありますよ。これ同型機ですね…、中身もほぼそろってるな…、メンテも受けているので、これで12k円ぐらいですよ」
(;^ω^)「安いな、ケースもそのまま使えるし…」

結果、同型だけどCPUは型番上がってメモリも増えた中古品のDG-D09IW2”S”が追加になる。
(;^ω^)「バッテリーレスタブレットは個人販売は…」
( 店・∀・)「してませんね」

結局、膨れたままのD09IW2は修理に出さずに持ち帰ることにした。
( ^ω^)「環境移行は知れてるな…」
ふと脳内ではバッテリーレスのことを考えていた。実際、修理に出す前にバッテリーレス化の実例は無いか調べていて、電池を外して外部電源を繋ぐ方法というのは数少ない。特に星の数ほど端末の種類があるので全て適用できるとは限らない。

そんなわけで、この膨れたD09IW2を
『バッテリーレス化して12V車載化してしまおう計画』を実行した訳です。

( ^ω^)「まぁ、どうせ捨てるタブレット端末だし、うまくいったらD09IW2Sは普通にWindowsパソコンになるし。」相変わらずのトライ&エラーで始まったわけです。



~~~~~~~~~~~~ここまでが前置き~~~~~~~~~~~~



( 神・∀・)「長いね前置き。」
( ^ω^)「このままいくよ。」

検証:D09IW2はUSB電源だけで動くか?

現状確認のために、本体を殻割してみた。写真は無い。膨れた端末は分解しやすくなっているので分解はたやすい。とりあえず膨れたバッテリーに遭遇して、バッテリーケーブルを抜いた状態でUSB電源に繋いでみた。
( ^ω^)「動きませんな」
( 神・∀・)「動きませんな」
簡単にはいかない。
( 神・∀・)「ということは…」
( ^ω^)「ほぼ決定だな。」

方法:疑似電池を考える。

さらに安直に考える。電池入力に、電池と同じ電圧・電流を与えて駆動させればと考えた。バッテリーレス化の情報を探していた時に、別のタブレット端末で、DC-DCコンバータを用いた直電駆動を行ったサイトがあったのでほぼほぼこれが参考になった。
個人的にはあんまり自作回路は好きではない。
以前、自作に近い素の回路でノイズに悩まされるというめんどくさい経験もあったが、今回は色々と試してから対策を取ろうと考えた。
必要になる高効率タイプのDC-DCコンバータを、


秋月電子の「OKL-T/6-W12N-C使用 小型高効率可変電源キット(降圧)」で用意して、

とりあえずバッテリーをまた弄らずに、本体のバッテリーコネクタに直接配線を付ける。
( ^ω^)「電源線は5本あるけど、赤2本は+、黒2本は-、白はバッテリー用のサーモスタットか。」
DC-DCコンバータには入力出力に平滑回路としての電解コンデンサを追加。

メイン電源はDC12VのAC電源、とりあえずコンバータ電源は4.0Vにセットして電源を加えてみるが…。

( ^ω^)「動きませんな」
( 神・∀・)「動きませんな」


簡単にはいかない。
( 神・∀・)「原理は合ってそうだけど…、この電源線、テストリードだけど、恐らく4A近く要る電源には細すぎるんじゃね?」
( ^ω^)「やっぱそうかな…、ちょうどいい線後で買ってくるわ。」

方法:疑似電池を考える。 Take 2

とりあえずみんな大好きAmonさんちのダブルケーブル0.50sqを用意して繋ぎ直す。
で、電源を繋いでやってみたところ…。



無事起動
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!



再生も問題なし。

( 神・∀・)「4.0Vだと若干電池ゲージも低いね。」
( ^ω^)「満充電時の電圧4.2Vにして電圧・電流を見ると12.0Vに対して最大でも0.85A程度なら10.2Wだから、4.2Vに対して約2.4A程度か…」

バッテリー用サーモスタットは30度前後で8.2kΩ程度あれば問題は無さげでしたが、特につながなくてもいい感じで。

作業:DC-DCコンバータを本体に収め…

(;神・∀・)(;^ω^)「無理だろ」
薄すぎて、基板は本体に入りません…。
とりあえずバッテリーからコネクタを取り出して、新しい電源ケーブルを接続して、コネクタ化。
DC-DCコンバータは本体には収納ができないので、

白ケースに収めて、背面にペタ。
常設したのがわかるくらいに日に焼けまくっている背面パネルに設置したのはエアコンの風でDC-DCコンバータを冷やす目的も含む。

で、テストも行う。

(*^ω^)「バッテリーの制約がなくなったから今後充電劣化の心配もないし、本体の設定もそのまま」
ただ、電池を電源に差替えているので動作としては電池駆動で使っているため、バッテリーゲージはそのまま動いているが、バッテリー設定を的確にしておけば、スリープには入らないようだ。
そんな感じでタブレットのバッテリーレス化は成功した訳で、

( ^ω^)「あとは配線の適正化とかあるけどね、ではいつもの」

毎度のことながら作業は自己責任です。今回の方法がどの機械でも行えるわけではなく、偶然と、トライ&エラーにより成り立っていることを前提とした内容です。
一部の機械には自作などの内容も含まれており、それによるケガや事故は各自の自己責任です。「この機械ならできますか?」という質問もお答えできません。

また今回の内容には一部メーカー名が表記されていますが、
メーカーを蔑むのではなく、ユーザーであるMRVが本来の使い方とは異なる、高温車内での放置などの環境にてバッテリー劣化へのトラブルに持ち込んだ自己責任による内容です。そのため、バッテリーレス化の作業によって生じる故障や破損はメーカーの保証の範囲外であり、修理保証もないものだということをお断りしておきます。本来の正しい使い方をすればここまでの状況に持ち込まれることは少ないということもお断りしておきます。


( ´_ゝ`)「こうも書かないといけない時代ですかね?」
(;^ω^)「そういうもんなんですよね。」
Posted at 2018/08/16 18:31:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | レガさん@DIY | 日記
2018年01月01日 イイね!

【生存報告】とりあえず新年【私は元気です】

とりあえず、
明けましておめでとうございます。

って昨年の更新が半年以上前ですか、そうですか。

といった感じでかなり離れている感はあるのですが、

何もネタがなかったわけでもなく…、

【レガさん】

・Qさんとの両立を計る為にこんなモノを作る。
イレクターパイプによる棚を作る

・河口湖でバッテリーが上がりJAFを初めて呼ぶ。
 原因はアクセサリーのまま2時間以上放置(爆

・一方パワーウインドウに砂がたまって窓傷だらけ。

・さらにパワステポンプ・フロントドラシャなどが壊れる。
 本来の目的は油圧油温計追加だったはずなのに…。

・バッテリーに上がり癖が付いたのでその後2度あがる。
 最近話題のジャンプスターター付きモバイルバッテリー買いました

・今度はリアブレーキのキャリパーが固着する
 普通に走ってて夜中にリアローターが真っ赤になっているのを初めて見た。というか4年に一回メンテさせられているはずなのになぁ…ブツブツ

・バッテリーを新調
 CAOSバッテリーに替えました。昔はあんまり評判悪かったのになぁ…。時過ぎてしみじみ

・来客用メディアサーバー周りが若干変わる
 wi-fi内臓HDDケースが故障して一部変更

【Qさん】

・夏の河口湖で実戦配備。便利だったけど充電甘くて河口湖一周道半ばで電池尽きて、リアル充電させてください&コンサート遅刻。

【茅原実里さん関係】

・夏の河口湖と年末の舞浜にいました。
 そして今年は一部情報公開で茅原実里さん初の山陰上陸決定!!出雲大社という情報にテンション上がったままです。

【あたくしごと】

・約7年ぶりにみんカラ等を書いているメインPCを更新しました。

そんなこんなで今年もよろしくお願いします。

Posted at 2018/01/01 09:47:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2017年06月05日 イイね!

【レガさんも】過去の作業のツケを返す作業【ネタがある】

【レガさんも】過去の作業のツケを返す作業【ネタがある】リアスポイラーの塗装問題。クリアがやられ始めていたため予防対策として、クリアを吹き直したのが2年前。

…以降、そのクリアも剥がれはじめたのでみずぼらしいことに。



( ´ω`)「やってみるか…、フィルムでも」




実は最近Qさんのステッカーチューンを行っており
(元は傷カクシ…)

そのときに使ったのが某AP製のカーボンフィルム。
このフィルムで作業することに。



外すのは毎度おなじみ北米マニュアル見ながら作業。今回は貼るだけなので表立ったクリア剥がれのみ直すことに。


カーボンフィルムを貼っていく。


裏は返しの処理だけ行う。

しかし、取り付けた段階で少し気になることが、

( ´ω`)「後ろがこんなのだと何かワンポイントが欲しいな」

思い立ってハサミを持ってやってみる。


(;^ω^)「これはこれで精悍だが、リアとのバランスが……」




そんなわけでこんな感じに。

( ´ω`)「ちなみに同じ時期にやっていたヘッドライトのクリア対応については若干縁の剥がれがある物のまだ十分クリアを保ってます。
Posted at 2017/06/05 19:59:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | レガさん@DIY | 日記

プロフィール

「例のプレーヤー、走ってみれば見るほどカーナビのGPSが狂ってた。やっぱり君は必要だ。フェライトコア…。」
何シテル?   11/26 17:08
 鳥取県の片田舎でレガシィという目立ちづらい車に乗っています。 「おもしろいと思えばやってみる」というガキ的な発想で生きている見た目は普通の会社員です。仕...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2022/8 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

Kashimura 車内外温度計AK-109 起動時の色変更とブラケット製作 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/24 21:39:58
pivotギアポジションモニターの取付 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/01 06:58:34
カロッツエリア サブウーファー TS-W2010取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/02/03 11:42:29

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン レガさん (スバル レガシィツーリングワゴン)
前回がエボという激しい車の次に選んだのはレガシィというおとなしい車。 とはいえ2.0G ...
UPQ me01 Qさん (UPQ me01)
レガさんに詰める車載用バイクとして購入。 旅先でチョコッと移動したい用途向け。 見てく ...
三菱 ランサーエボリューションV エボちゃん (三菱 ランサーエボリューションV)
購入当時、走行距離62000程度、マフラー・エアクリ・ブローオフ・ターボタイマーが追加・ ...
トヨタ カローラ トヨタ カローラ
免許を取得して自分が自由に「一応」使える初めての車がこのカローラ。元々親が単身赴任先での ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Yahoo Japan Corporation All Rights Reserved.