• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2021年09月20日

情報量の多い1日

情報量の多い1日 ブログのノルマも果たしたので(笑),再びTC1000に行ってきました.

5日前に走ったばかりなので,正直こんなに連荘で走ってもしょうがない(クルマも消耗する)のですが,この日のサーキットアドバイザーは井尻薫さんが務めるとの事でしたので,これは行かねばなるまいと有給取って(私のトコは祝日は休みじゃないので)行ってきました.

台風も通り過ぎ(?),いつもの9月の気温に戻った事もあり,コンディション的にはタイムが期待出来ませんが,学んだテクニックをちゃんと身体に覚えさせるためにも,今は走り込みの時期だとも思います.

当日朝,この日はフォーミュラ枠がなかったので,ギリギリピットが取れるかなぁ~?と淡い期待をしつつ筑波に向かいましたが,到着した時点で既に満杯.そのままピットをスルーしてパドックの方で準備をしていると,井尻さんの方から声を掛けて頂き,早速色々とアドバイスを頂きました.



先日アドバイス頂いたトーの話から始まり,1コーナーのインリフト対策に関しても相談させて頂いたのですが,ダンパー,スプリング,車高等々,色々な選択肢を示して頂けたので,非常に参考になりました.TC1000におけるセクターの切り方の話も勉強になりましたし,やっぱり,こういうアドバイザー制度は有難いですね.

井尻さん,毎度懇切丁寧なアドバイス,本当に有難う御座います!


さて,そんな感じで走行前から既に情報量が多くなっているのですが,祝日のファミ走⇒8時枠アリ⇒ハンデ戦!という事で,今回もCR-Z乗りのこもりん.さんからハンデ戦を挑まれてしまいました.

ハンデ戦に当たり,値をいくつにするか?で最初議論になったのですが,こもりん.さん側は「1.7秒」を主張してきたものの,CR-Zの状態を見させて頂くと,



助手席を下ろして軽量化した上に,



カチカチ君でボディ剛性アップまでしてきたので,「これは1.5秒でしょう!」と押し切ってコースインしました(笑).


毎度の事ながら,夏場のアタックは計測1周目が勝負なので,前後のスペースを作ってアタック開始!

1コーナーのオーバーステアを警戒して「ブレーキを弱く,ブレーキを弱く・・・」と唱えながら進入したら,意識し過ぎたようで(苦笑),突っ込みが甘くなってしまい,オーバーステアが微塵も出ません・・・.



「うわっ! 失敗したー!!」
( ゚∀゚)・;’.、グハッ!!


と思いつつ,ここで止める訳にもいかないので,そのままアタックを継続.しかし,こういう時に限って・・・,



「うわぁ~,インフィールド,メッチャ曲がる~」
. ∵・ (゚∀゚ ) ガハッ!!


更にこの後,ここ最近お約束となってる洗濯板でのシフトミスまでしてしまい,タイムは 42.087 と悲惨な状況に・・・.
「もうグデグデだな・・・」と思いつつ,気を取り直して再アタックした結果,41.746 となりました.

一方のこもりん.さんは,ファーストアタックで43.250(1.504秒差)をマークし,僅か 0.004秒 の競り合いとなりました.相変わらずの絶妙なハンデ設定に苦笑しつつも,こもりん.さんとしては「あと0.005秒削れば勝てる!」と判断したようで,ピットに戻ってのバッテリー強制チャージを止め,コース上に留まり,走行中のチャージでアタックの回数を増やし(ピットイン・アウトのタイムロスを減らし),手数で勝負するつもりのようです.

こちらは既に計測を2度終えており,エンジンもタイヤも熱が入ってしまっているので,これ以上のタイム更新は厳しい状況ですが,

「いや,この状況でも41.6秒は出せる!」
( ・`ー・´)キリッ


と気持ちを奮い立たせて3度目のアタック! 結果は・・・,



41.614 (+1.636)と目標タイムをクリアし,0.13秒突き放す事に成功しました.

これを見たこもりん.さんは,「しまった! このタイミングで出してくるのか!?」と強制チャージに移行しなかった判断を悔やんだそうですが,時すでに遅し.その後のアタックで,タイムを 43.233(+1.619)まで縮めたものの,最終的には・・・,



こもりん.さんのタイヤがギブアップ.実は私の方も41.6秒を出した後にエンジンが不調になり,50秒を切れない状態に陥ったので(↓),



タイヤがもっていたら,ヤバかったです・・・.


それはさておき,勝ちは勝ち! ハンデ戦の景品である「紅茶花伝」を無事ゲットし,



ハンデ戦の初勝利を祝いました♪


その後,エンジンの再確認でもう1本走ろうかと思いましたが,路面温度が50℃付近まで上がっていたので,取り止めてBパドックへ移動.



べ卿さんのCR-Xがテスト走行していたのをダンロップで見学していると,こもりん.さんが昼食を食べにサロンに行く仰るので,それについて行き,ピット前でこもりん.さんとべ卿さんが会話している間に,分切りのCR-Xを遠目に見てました(やっぱり凄い・・・).


その後,Bパドックに移動し,筑波職人GPのコンパクトクラス頂上決戦を見学.



やっぱりGK5のコーナーを抜けていく姿勢が凄い・・・.
いつさんのカレラ(↓)が極めてスタンダードなライン&姿勢なのと対照的でした.




その後,最後の走行枠が終わり,いつさん達もBパドックに合流.CR-Xの横にカレラが止まると,「なんだか,CR-Xの方がポルシェより全高低くない?」と言われたので,写真撮って確認(↓).



いやぁ~,一緒じゃないですかね?(笑)
CR-Xの方が低いように見えるのは気のせいですよ~と話しておきました.


以上,情報量の多い1日でした.

これ以外にも,ひらりん2000GTさんから「伸び代を全部稼ぎ切れば,今のCR-Xでも職人のタイム(40秒切り)には届く!」とブレーキング時の最大Gに関してアドバイス頂いたり,マキタのツール勉強会が開かれたりして,ホント情報量が多い日でした.

結局,サーキットを離れたのは17時過ぎ.案の定,帰りの高速で3連休の渋滞にハマり,家に辿り着いたのは21時過ぎ.1日中立ちっ放しだった事もあって身体も頭もヘトヘトになりましたが,充実感のある1日でした.

当日お会いした皆さん,お疲れ様でした!
ブログ一覧 | 走行記録(四輪編) | 日記
Posted at 2021/09/21 19:44:56

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

トーゼロテストのはずが翻弄される
OX3832さん

2021幸田サーキットアタック第2戦
N-tatsuさん

EF8 vs EF8 2021 第 ...
OX3832さん

この記事へのコメント

2021年9月21日 22:08
地面が水平と仮定するとやっぱり若干低いですね❗?
やっぱりこの頃のホンダ車良いです😆
コメントへの返答
2021年9月22日 8:07
カタログスペック上は約30mm,CR-Xの方が低いようです.

まぁ,年式が違い過ぎますからね・・・.
2021年9月22日 22:11
丸一日お疲れ様でした。
GPSロガーのブレーキの件気にしてみてください。
コメントへの返答
2021年9月22日 23:54
お疲れ様でした!
後程チェックします.
2021年9月25日 23:56
お疲れ様でしたー!
TC1000のこもりんさんとのハンデ戦は凄い紙一重の戦いでしたね!こもりんさんも悔しがってましたねー(*´∀`*)
2000のダンロップの進入の写真、ありがとうございます。Fitの方は向きを変えるのがめっちゃ早いっすね。私がターンイン位の地点でも出口向いてる、みたいな。素晴らしい〜。
しかしこの日は知っている方がとても多くて、確かに情報量過多でしたよね!2000ではAパド取れてしまったのですが、Bパドにいたら情報交換で頭パンパンだったかも・・・w
勉強になる写真ありがとうございました!
コメントへの返答
2021年9月26日 0:39
お疲れ様でした!

毎回絶妙なハンデ設定をされるのですが,今回は駆け引きで上手くいきました♪

FITの動きは明らかにおかしいかったです.FRなら理解出来るのですが,FFであれはやっぱりオカシイ・・・.

ホントこの日は情報量が多い1日で滅茶苦茶疲れました.翌日の仕事にきっちり影響が出て,誤魔化すのが大変でした(笑).

おすすめアイテム

プロフィール

「雨のオーバーオール1位! http://cvw.jp/b/1684331/45549215/
何シテル?   10/18 00:21
走る→考える→走る→考える→・・・で,CR-Xと一緒にどこまで速くなれるか色々試しています.現在は筑千職人GP FWDクラスに参戦中(3位入賞:1回,最多周回:...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/10 >>

     1 2
345678 9
10 11 1213 1415 16
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

愛車一覧

ホンダ CR-X ホンダ CR-X
中古で入手し,コツコツ直し続けて20年. 一通りのメンテナンスが終了し,2014年よりサ ...
プジョー 208 プジョー 208
実家でお買い物カーとして活躍していた208が廃車となってしまったため,代替えとして新しく ...
プジョー 208 プジョー 208
20年走ってくれたティグラに代わって実家にやってきた新車(なんと21世紀を迎えてから初め ...
オペル ティグラ オペル ティグラ
アンドロストロフィーのティグラの活躍に一目惚れし,母が乗り換えを検討した際に猛プッシュし ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.