• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Yamazakzakのブログ一覧

2018年03月31日 イイね!

カーボナイザー CN-101施工レポート

カーボナイザー CN-101施工レポート2回目となるDIYカーボンクリーニング。整備手帳に記した通り今回はオベロン カーボナイザーCN-101の施工レビューです。


実は去年の夏頃、リサイクルショップのアウトレット品を激安で入手していました。

一箱まるごと売っていたので、もちろん丸ごとGET.

単価600円しないくらいで6本入りでした。


しかし施工には専用の注入ノズルが必要です。

これは整備工場向けケミカルのため、一般にはノズルを販売していません。


しかし、日産PIT WORKのエンジンリフレッシュは、正しくこのCN-101のOEMなのでノズル流用が可能です。


パーツ番号を調べて最寄りの日産部品へ向かい、受付のオネーサンへ聞いてみたところ、あっさりと購入可能との回答。

ただ拠点には在庫がないため取り寄せになるそうで、そのまま発注したところ翌日には届いたようです。

alt

ノズルセットで一袋200円(驚)

alt

ちょうど6本入りなので使い捨てできます。


ブローバイホースへ差し込んで使用するため、(ガムテープでも良かったんですが)カッチリはまる物を用意しておこうと思い、

alt

ホームセンターの金物コーナーにある半円錐型のゴム素材を買ってきました。ブローバイホースのコネクタに片側だけハマるサイズのもの。

alt

ドリルを使ってノズルの径3mmが通る穴をどうにか空けました。(弾性があるのでなかなか穴が広がらない)


alt

まずは暖気。と同時に気化熱で冷たくなって噴出力が弱くなるのを防ぐために缶をお湯で温めます。

暖気が終わったらエンジンを止め、先ほど作ったゴム栓にノズルを通し、ブローバイホースを外してノズルを通して栓をします。
alt


alt

本当はエンジン近くまで挿入したかったんですが、蛇腹状になっている内側に引っかかってしまい20cmほどしか入れられませんでした。

ノズルを缶に接続し、一緒に温めた保冷剤と共にボトルバッグに入れて吊るします。
alt

エンジンをかけ、つっかえ棒をハンドル裏とアクセルペダルに渡して2500-3000rpmにセットします。

(排熱のため窓を開けてエアコンをA/C OFFの最高温にセットしました)

スプレーのボタンをカチっと固定されるまで押し込み、出なくなるまで待機。

18分ほどで注入完了しました。

つっかえ棒を外しエアコンOFF。10分間アイドリングして停止。

しばらく片付けと休憩を挟んでレーシング作業です。

1000-2000-3000-4000とじっくりかけて回転数を上げていき、いいところで思いっきり空ぶかし、を何セットか。

RECS、RMC-3Eと同じく湯気が少し出てたまに水滴が吹き出される程度でした。

一応、いつもの動画レポート



その後、テスト走行。

GT後で状態がそんなに悪くなかったのですが、やはりアクセルレスポンス改善が感じ取れました。

坂道3速の滑らかさが増しているなーという印象。

今回は予めHKS DDRを施工前の給油時に投入済みでしたので、オイル交換までの700km程度を走り込んで施工終了です。




残り5本もありますので、年イチ施工でも向こう5年はこれで間に合いそうです。
Posted at 2018/03/31 20:30:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月14日 イイね!

これがあの高圧のポンプね

これがあの高圧のポンプね同タイプエンジンに必ず来るという燃料高圧ポンプ故障。遂に来ました。

早いと3万キロ程度で故障するそうですが、ウチの個体は7万キロに届かない程でした。

想定内の故障でしたので、速やかに交換依頼。


取り外したポンプはお返し頂けたので、分解癖を炸裂させてみようと思います。



alt

これが忌々しき 約6年間頑張ってくれた高圧ポンプ。


メカニックさんによると、写真の左上のハットのような形のものがプレッシャレギュレータ、
右上のコネクタが付いている筒型のものはメタリング(燃料を送り返したりして量を調節するもの)だそうです。
手前がエンジンに取り付けられる側で、茶色のパッキンが付いているのがカム駆動のポンプ機構かな。

alt

駆動部に何やら手書きで書かれていますが...シリアルか何か??正確に読めませんね。


とりあえず外せるものは外していきます。

alt

メタリングを抜き取りました。

alt

この軸にはOリングが付いていて、中にバネとピストン?が入っています。
その上下でこの軸の2箇所の穴から量が調節された燃料が通っていくのかな。(正確にはわかりません)

alt

取り付け金具部を外しました。

alt

駆動部を回すとなんだか浮いてきました。が、引っ張っても全く取れる気配がありません。

屋外に持ち出して、針金でフェンスに括りつけて力任せに引っ張ってみました。

するとンボッ!っという音とともに濃灰色の液がバチャっと飛び出して外れました。

alt

どうやら潤滑油が封入されていたようです。部屋で無理しないで良かった...

alt

油は使い古したミッションオイルのような汚れ方でしたので、内部の摩耗がだいぶ進んでいるんでしょうかね。

そのせいで燃圧が低下するのか...?

alt

中にはボールヘッドになったピストンのようなものと、そこに嵌められる部品がありました。

alt

この駆動部の中に斜めに取り付けられた板が2つのピストンを交互に押して高圧を発生させているんでしょうか。

alt

一応、パーツクリーナと水で洗ってみました。

alt


alt


alt


alt


alt


うーん


alt
©2÷す


いくつかある穴の空いたリングを外せばもっと中を見れそうな気がしますが、外す術がないので観察終了です。



高圧ポンプは永く乗るなら2回は交換することになる確率が高い(メカニックさん談)らしいので、
また7万キロ程度頑張ってくれることを祈りつつ分解レビューを終わります。




Posted at 2018/03/14 15:00:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月01日 イイね!

【自己満検証】各社エンジンオイルフィルター比較

【自己満検証】各社エンジンオイルフィルター比較DIYでオイル交換するようになってから丸2年。
フィルターも自前で用意しているので各社の使用済みサンプルが揃いました。

コスパ的にどうなのか、また構造や使用感などをレビューしてみようと思います。



用意したのはこちら。



1.Purflux製(純正)L358A
2017/10 現在販売価格 864円+送料756円(GTECH)


2.MANN製 HU 711/51x
2017/10 現在販売価格 790円+送料756円(パーツダイレクト)


3.SCT製 SH4035P
2017/10 現在販売価格 1069円+送料540円(セントピア)


4.Hengst製 E44HD110
2017/10 現在販売価格 929円+送料756円(JO-YA)


購入当時の価格とは随分違って各社とも安くなっています。



これらを分解して濾紙の大きさや性状を見ていきます。

まずフィルタの上下の面を取り外そうとしましたが、強固な接着剤で固められていましたので、ノコギリで切り落とすことにしました。



切り落としました。

切断面と濾紙の感じは各社それぞれ。


Purfluxは独自のシェブロンプリーツ構造で折りたたんであるためか、濾紙がフカフカで独特。


MANNはミッチリしていてやや薄め。


SCTはMANNとほぼ同じ感じ。


Hengstは厚くて固く厚紙のよう。



開いてみたり。(意味はありません)



4つとも見ましたが、8000~10000km程度では小さな砂粒のようなものが稀に見つかる程度で、目詰まりするような汚れはありませんでした。


キモとなる濾紙の大きさ発表。厚さはノギスで挟んで測っています。



Purflux 100cm x 10cm 厚さ1mm(フカフカ)

MANN 235cm x 6cm 厚さ0.5mm

SCT 200cm x 6cm 厚さ0.5mm

Hengst 160cm x 6cm 厚さ1mm(固い)


面積ではMANN製が圧倒的。濾過性?は純正採用されているだけあって独特な濾紙のPurflux製が良さそうな印象です。

価格面から見てもこの2つを選んでおけば間違い無さそうです。


使用感としてはHengst製だけが取り外す際、エンジン側に残ってしまうという事態が発生しました。

他の3つは特に変わりません。


また、走行フィールがフィルタに依って変わるということは感じられませんでした。



ワタクシ的オススメオイルフィルタ(プリンスエンジン編)

1位 MANN HU 711/51x
圧倒的コスパ。申し分ない性能。たぶんBOSCHもこのOEMです。


2位 Purflux L358A
純正性能がほしい方に。1000円以下なら絶対買いです。



3位 SCT SH4035P
他とは違うものが使いたい方に。作りはとても良いです。



4位 Hengst E44HD110
安ければ使ってもいいかなー? あんまり(見た目上の)作りは良くないです。




2015/9/30から保管しておいたので、2年に渡る検証が終わりました。

(車好きの)通常サイクルのメンテをしていれば凡そ問題になることはないエンジンオイルフィルタですが、楽しいDIYライフのお助けになれば幸いです。





番外編:このオイルフィルタの適合について

調べる過程で見つけたのですが、PSA/MINI以外にも適合車種があるのですね。

>Citroen

 C2/C3/C3プルリエル/C4/C4ピカソ/C5/C6/DS3/DS4/DS5/クサラ/クサラピカソ


>Peugeot

 1007/206/207/208/3008/307/308/407/5008/508/607/RCZ


>MINI

 ワン,クーパー,クーパーS(R56)/クラブマン(R55)/コンバーチブル(R57)/クロスオーバー(R60)/クーペ(R58)/ペースマン(R61)/ロードスター(R59)


>Ford

 フォードフォーカス/フォードクーガ/フォードモンデオ

>Volvo

 C30/C70/S40/S80/V50/V70


>Jaguar

 XF


>LANDROVER

 ディフェンダー/フリーランダーⅡ/レンジローバーイヴォーク










Posted at 2017/10/01 22:14:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月27日 イイね!

愛車と出会って5年!

愛車と出会って5年!大きな障害も無く本日で5周年となりました。66630km!

これからが正念場かな、と思っています。

記念日ちょうどにオイル交換もできて、なかなか満足(・∀・)





>>愛車プロフィールはこちら
Posted at 2017/09/27 21:44:54 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年09月11日 イイね!

バッテリー交換と安心を

バッテリー交換と安心を整備手帳にも記しましたが、車検時にバッテリーの弱りはじめを報告されましたので、
余裕を持ってバッテリー交換をしました。

それに加えて今回はPanasonicのcaosですので、
アレを使ってみることにします。



LifeWINK N-LW/P5です。

バッテリーと直に接続してコンディションを監視し寿命判定するユニットです。

本来はこの状態のままバッテリ上部に貼り付けておくのですが、
DS3はアツアツのエンジンルームになるので少し心配な点と、
無加工では見える位置に設置できない、そもそもボンネットを開けないと見えないので、
配線を延長し室内へ引き込むことにしました。


皆様方、整備手帳を記して頂きありがとうございます。非常に助かっています。
室内引き込みポイントがエアコンフィルタ横にあるのですね。

リアガラスへウォッシャー液を供給するホースの穴だそうで、よく見ると四方に穴が開けられそうな感じの模様がありました。
エンジン側は面状ですが室内側から見るとビンゴ、4箇所が管のようになっていました。



こんなかんじでカラー針金にガムテでケーブルを括りつけて、針金を室内側からギュっと押し込むとブツッと貫通。



針金を引っ張り出してケーブル引き込み成功!



ケーブルの加工に移ります。


はんだごてと熱収縮チューブを用意して、ケーブルを延長しました。



バッテリーケースの下側の奥に丁度いい穴がありましたので、マイナス側はそこから通しました。


プラス側は端子盤にこれまた丁度いい空き端子がありましたので、そこに接続。



ユニットはダッシュボードのサイドパネルを外して手を入れ、
コラムカバーの隙間から通して運転中目立たない位置に貼ってみました。

(付属の両面テープでは貼りつかず、配線モール用の両面テープで仮止めしています。多分車内用のちゃんとしたやつ使わないとすぐ剥がれそうです)


ケーブルはあとで移動できるように長めに残してパネルの中に巻いて留めておきました。


動作確認。



明るっ!
まぶしいです。若干窓ガラスに反射して見えているので、要調整ですかねー。


しかし、運転中と光り方は違いますが駐車中も光るようで、セキュリティ的な意味にもなりそうです。


さて、どれほど保つか、信頼性はどの程度か。長い検証になりそうです。



※配線延長は動作保証外ですので自己責任にて行っています。



Posted at 2017/09/11 22:03:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ちょっと待ったら直った!けど修理想定しとかないとなー」
何シテル?   08/02 12:39
メンテナンスや気に入った物は積極的に記していきたいと思います。旅行と居酒屋巡りが生きがいです。 シトロエンに手を振ります。人見知り気味ですがオフ等の際は宜しく...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

【3008】エアコン ブロアファン交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/04 13:03:38
クーリングユニット交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/04 13:01:04
ブロアレジスター交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/04 12:57:44

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン DS3 カルメンさん(シーズン2) (シトロエン DS3)
2012年7月5日、ポワシーで生まれました。 ノアールペルラネラxルージュカルメンな少し ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.