• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2020年09月24日

アルピナオヤジのつぶやき。。。

アルピナオヤジのつぶやき。。。 New M3セダンがリリースされた

New M3、格好良いですね

縦長グリルを採用、うん、G20 Alpina B3との
棲み分けが出来たな !

アルピナフリークには朗報なり

ただ、ちょっと心配。。。



グリーンのNew M3セダン、BMWは
New M3セダンをアルピナに被せて来た

従来のアルピナレシピと違い、New B3のベース
エンジンはS58、New B3のフロントスポイラー
周りはMスポベース

勿論、エンジンはM3ベースだが味付けは
従来のアルピナマジックとなるはず

心配なのはNew B3は、顔が違うだけで
New M3の派生モデルとならないか。。。

従来のBMWとアルピナの企業としての
立ち位置に、何かしらの変化があるのか

暇なアルピナオヤジの取り越し苦労かな
ブログ一覧 | ALPINA | クルマ
Posted at 2020/09/24 23:21:26

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

粋な車ってこういう事なのでしょう❕ ...
仁政さん

アルピナB3ツーリング
くろこんたさん

結構良いかも…新型ALPINA B ...
RANちゃんさん

威風堂々 !
シゲルビッチさん

新型B3見学
Katsuki-B361さん

新たな魅力を備えた、アルピナのニュ ...
わさび茶漬けさん

この記事へのコメント

2020年9月25日 7:16
シゲルビッチさん、おはようございます。

縦長キドニーグリルがなかなか受け入れられませんが、New M3の正面は迫力がありますね。
BMWだと考えると違和感ありますが、アルファロメオと言われたら攻めたなあ、という印象です。
顔立ちだけでなく、ボンネットフードからもアグレッシブさが伝わります。

ALPINAとMの同化はF系になってから顕著に感じますが、エンジンも同じとなれば外観が全てを語るということなのかもしれません。

性能の向上より電気自動車(=脱二酸化炭素)、自動運転と新しい軸で戦うことが求められ始めた既存の自動車メーカーにとって、大きな転換点なのかな、と。
コメントへの返答
2020年9月25日 15:16
ラガーあきさん

コメントありがとうございます😊

縦長グリル、実は私は気に入っているのです、特にNew M3セダンは格好良いですね!

アルピナのことですから、ベースエンジンの中身を変え徹底的に公差を無くしバランス取りしてエンジンを組み上げるでしょうから、同じエンジンでもMとは違うテイストになっていると思います。  

ハンドリング、走行フィール等M3とは違うものとなるはずです ^_^

ただ、アルピナには従来のコンセプトをG20でも頑なに貫いて貰いたかった、と思った次第。

BMWとの関係性で、従来のアルピナスタンスが維持出来なくなったのかな。。。

エンジンパワーの肥大化が年々激しくなり、最早Mエンジンでないとアルピナのチューニングに耐えられない、との話しも聞きましたが、それならばV8をG20に積んでアルピナの意地を見せて欲しかったですね!ビジネスとしては、難しいとは思いますが。。。

ガソリンエンジンの行末が不透明な中で、仰る通り車メーカーも新しい形作りに腐心している中で、コロナもあり新しい波に乗り切れ無いメーカーは淘汰、乃至は大手の軍門に下ることになるでしようね。 その時が、意外と早く来る気がします。

アルピナからガソリンエンジンを無くしたら、何が残るのかわかりませんが、余り考えたくないですね。。。
2020年9月28日 8:33
実は新しい縦長グリル大好きです。
もともと僕が小さい頃の
古いBMWのグリルは
縦長だったので 
新しいグリルは新しいようであり
クラッシックでありいいなあと思ってます。
ところでB3ですが
僕の最後の車B3かD3のツーリングだったらいいなあと思ってるので
今後どうなるか心配です。
コメントへの返答
2020年9月29日 20:15
今晩は !

M3/M4の縦長グリルはかなりいい線行っていると感じてます ^_^

もっともBMW全てのモデルがあの縦長グリルよりも、今回の様にモデルでグリル形状を変える戦略が新鮮味がありますね。

アルピナはNew 4シリーズベースの縦長グリルのグランクーペをリリースする予定です。
アルピナ故に、縦長グリルをかなり端正に処理してくるでしょうね ^_^

上がりの車としてのB3、G20の次のジェネレーションになりますと4年後くらいですね。

G20の次のB3はガソリンでも、マイルドハイブリッドを装備している可能性は否定出来ないですね。

アルピナは昔から環境に対する取り組みが進んでいるのでBMWよりも一歩先に行くかも知れません。

ドイツ、米国、日本の3か国でアルピナの年産1700台の85%以上をカバーしているので、ドイツ、アメリカ、日本が堅調に推移してワイン事業とBMWの関係性が従来通り上手く進めばアルピナの独自性は継続出来ると思います。平行してコストダウンも図る必要があり、よりBMWに近い部分でのデザイン、設計、生産に移行せざるを得ないとは感じてます。

コロナを機に自動車業界がどのように進んで行くのか、まだ見えてこないですね。


おすすめアイテム

プロフィール

「@☆アル君

それ、イイかも (^^)」
何シテル?   10/13 12:45
シゲルビッチです。 昨年還暦を迎える。これからも少年の気持ちを忘れることなく、元気に、アルピナとポルシェで人生をトコトン突き詰めて行くのである? ?? ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/11 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

はてさて、どうしたものかの~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/17 07:01:09
忙中閑あり ‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/12 17:30:04
秋晴れ~! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/19 07:10:03

愛車一覧

BMWアルピナ B3 BiTurbo リムジン BMWアルピナ B3 BiTurbo リムジン
BMWアルピナ B3 BiTurbo リムジンに乗っています。 過去所有のB3 3.0/ ...
ポルシェ ボクスタースパイダー ポルシェ ボクスタースパイダー
2017年7月9日に納車。 このストイックさが、堪らんです (^^)
ポルシェ ボクスター (オープン) ボクスタ君 (ポルシェ ボクスター (オープン))
楽しい相棒ですね〜 (^^) 6速MTのダイレクトな操作感にシビれてます、良く出来たク ...
BMW Z3 ロードスター BMW Z3 ロードスター
2013年6月16日にBMWショップで究極の衝動買い! 登録出来ず、運転出来ず、でも極上 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.