• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!

伊勢電気鉄道線路痕

伊勢電気鉄道遺構
2020年08月01日
カテゴリ : 三重県 > 観光 > 建物・史跡
今は架け替えが始まってしまいましたが、やたらと道幅がギリのこの橋、何でこんな事になったかと気になるところですが、
元々この橋は鉄道用だったので、こんな狭い橋だったのです
それを三重交通のバスがギリギリのところを走っていくのが、免許取ってからマジ凄いと思うようになりましたが

ところでこの北西には、住宅街の中なのにやたら道幅が広く緩やかなカーブが市街地を貫いています
既に遺構はないものの、ここが駅の跡地であり、今の津駅よりも少し離れた所にあった戸田駅から線路が分岐し、松阪駅まで線路がありました

わざわざ複線だったこの路線ですが伊勢湾台風後に復旧させ、後に廃線になっています
それを車道として転用したことから、旧近鉄の線路があったということで、このサンバレー近くを通る道が近鉄道路と呼ばれるようになりました

他に痕跡を求めていくと、全体的に直線なままに雲出川に至るところや、
結城神社前の今はコンビニになっている辺りが妙に道幅が広いこと、
雲出川方面に進むと丁字路にぶつかって公園になっていますが、川まで進むと23号線からも見える水道橋がありますけれど、これはこの鉄道線時代の鉄橋の橋脚を流用したもので、よく見るとこの堤防に至るまでの登坂もまだ残されているのが見つかります

雲出川を越えて松阪側に入ると市街地化が激しく見分けがつきませんが、23号線のひとつ西側の直線道がそれにあたります
そして同じく三渡川でも旧橋脚が水道橋として使われ、以降松阪駅までの路線跡は市街地化が著しく痕跡をたどることは困難です

今では現近鉄沿いに市街化しているため、旧国道沿いであるJR線や近鉄道路沿いにある路線をなぜ廃線にしたのか、
特に今ではサンバレーから生まれ変わったイオン津南に行くためにJR高茶屋駅から歩いていく中高生が多いと聞いて、それならもっと近い雲出駅があったのに、いやそれなら複線化されていた旧近鉄があったのに、
どうして山側の現近鉄線になったのだろうと思わざるを得ません

まあそれを数十年前の通学時に思っていましたが、それを気にJRに替えましたね
終電が早く本数が少ないので困ったものですが、良い青春の思い出です

イイね!0件




地図

関連情報

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「[整備] #ワゴンR Rexat 電源ケーブル 端子取付加工 https://minkara.carview.co.jp/userid/1698844/car/1660759/5793312/note.aspx
何シテル?   05/02 23:37
智海寺の奥山です。2014年4月からMH21S(NAマニュアル)乗っています。主にオーディオばかり素人作業で自己満足グレードアップ中です。 基本的に整備は...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

スズキ ワゴンR OKYM2000 (スズキ ワゴンR)
よりにもよって、初めて乗った車をそのまま四駆にしてMTに替えただけの車が三代目となりまし ...
スズキ ワゴンR Су_21С (スズキ ワゴンR)
親元から拝借していた車です。 免許取得後から二年半の間、セドリック購入まで使用していまし ...
日産 セドリック Ни_34 (日産 セドリック)
2011年7月から2014年4月まで使用していた車です。 外見は触る予定なしです。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.