• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ブレイクストームのブログ一覧

2018年10月31日 イイね!

大好きな役者。



先日ネットで見つけたレーシングオンの今月号ですが、お部屋の積みプラと雑誌容量制限のため、中身を見て判断しようと思っていました。

タイミングよく、お仕事で郵便局に出た際に本屋に立ち寄り、パラ見した結果、即決で購入しました。
当時のブームをもりあげたシブい役者といえば、私としてはこのベルガー(と、パトレーゼ)。

日本人ドライバーやイタリアの個性派を中心に応援していましたが、優勝戦線で一番応援してたのは彼らでした。
ファンの方、おススメ必見です。
Posted at 2018/10/31 21:18:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 青春のバブリーなF-1 | 日記
2018年10月21日 イイね!

未だに謎の色。



しばらくぶりです。
仕事以外にすることもなかったので、合間のポチッとが止まりません(笑)

今回は、バルケッタさんのオリジナルカラー、FW14ブルーというのを買ってみました。
たいていの青は自分で調合できるし、しばらくF-1キットどころかプラモデルすら作る暇がないのに、飛びついて買っちまいました。
理由は、私のお気に入りの一台、FW14/14Bのブルーって、本物はどんな色味なのかが知りたかったからです。

広告契約の関係で、実際のマシンカラーと、TVに映る色味、更には雑誌のグラビアに映る色味に至るまで、実に細かい交渉が行われていた当時のF-1。ウイリアムズが青と白と黄色だった時期は長いのですが、じつは87年までのホンダ時代と、以降のルノー時代では黄色と青は変更されています。
そして今回のFW14ブルーですが、その名の通り、1991年から93年あたりまでのFW14〜15Cまでがこの色だったかと思います。もしかしたら、前年の13Bもこの青かも?

今まで色々な画像や映像、ミニカーに接してきたものの、どれもバラバラな色味で、実車を見て調合したと思しきこのカラー、ビンを攪拌するだけでテンションが上がります(笑)

ラベルがレッド5の14Bではなく、ホワイト6の14ってのも、ポイント高いですね〜
Posted at 2018/10/27 18:20:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 青春のバブリーなF-1 | 日記
2018年10月06日 イイね!

定期購読更新後の一冊。



三栄のGPカーSTORY、もう何年目か忘れてしまいましたけど、懲りずに定期購読を続けています。

好きだった車種のネタもだいぶなくなってきているのですが、記憶に残る車種が取り上げられ、読めばそのマシンの理解が深まってお気に入りになることもあり、今回もまたその一台と言えますね。
開発者やチームディレクターが当時を語るおなじみの記事もあり、佐藤琢磨やフィジケラの評価なども面白いです。

次は時代がぐっと戻り、伝説の「たいれる」だそうです。三ヶ月後が楽しみですね。
Posted at 2018/10/08 17:55:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 青春のバブリーなF-1 | 日記
2018年08月27日 イイね!

偶然のフラゲ。



家族に頼まれていた本を買いに行ったら、Fー1誌のコーナーに私の推し車=1992年のフェラーリF92Aの表紙を発見!カペリ/アレジ好きの私にはそれだけでも大興奮なのに、書棚から引っ張り上げてみると、F92Aの下にはもっと推し車のモデナ291ランボルギーニの美しい写真が!!
市販車でフェラーリとランボルギーニが並ぶ表紙は無数にあれど、この組み合わせはかつてない夢のコラボ!(奮)
テーマがイタリアンチームの駄馬(笑)ということで、ミナルディやコローニにもスポットライトが(鼻血)
まるで宝くじの当選のような気持ち、売り場で思わず声も出てしまっていた気がします(笑)

当時見たことのなかったグラビアも載っていたので、これは毎日眺めても飽きることはないでしょう。
Posted at 2018/08/28 14:15:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | 青春のバブリーなF-1 | 日記
2018年08月08日 イイね!

なんの偶然か…ご冥福をお祈り致します。



先週の半ばにYOCで入札していたサイン入り生写真が、海外から届いたこの日、往年のF-1ファンにとっては忘れられない日本人が亡くなりました。

前身の丸晶興産時代のことまでは詳しくは知らないのですが、赤城明さんはレイトンハウスの名でレーシングチームのスポンサードを開始。大事な日本人ドライバーを事故で失いながらも新たにイタリアンドライバーとともに国際レースからF-1への挑戦を開始。
その後はこの写真のブラジリアンドライバーも加勢し、日本のF-1景気のなかで時折光を放つ中堅チームとして活躍。しかし91年に日本のバブル崩壊とご自身の不正融資事件がらみが重なってあっという間に撤退してしまいました。

いまだにファンも多く、関連アパレル商品の復活をのぞむ声が高かったので、既に別のオーナーのもとで新たな出発をして長いのですが、やはり元祖の急逝は、寂しく思います。ご冥福をお祈り致します。


※ちなみにメルセデスのサインカードはオマケで付いてきました。800円落札だったのにありがたいサービスです。
Posted at 2018/08/12 11:01:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 青春のバブリーなF-1 | 日記

プロフィール

「大好きな役者。 http://cvw.jp/b/1707563/42129254/
何シテル?   10/31 21:18
GA61オーナーのブレイクストームです。クルマのプラモデル大好き。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

やっぱりデカイね。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/13 20:47:14

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカXX DUCK (トヨタ セリカXX)
小学校の時にプラモで一目ぼれ。就職直後に購入した前期型の部品取り車として解体から救ったの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.