• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

allyzのブログ一覧

2020年02月16日 イイね!

そしてビデオカード買い増す

そしてビデオカード買い増すメインマシンはNVIDIAばかりの2枚挿し。
GTX750TiとGTX950。どちらも補助電源なしで
2Dにそれほど不満は無かった。
けどサブマシンの方は5675Cが思いのほか2Dが遅い、
3画面(4K+2Kx2)は辛いのか。

それもあるし将来的にはメインマシンは5画面を
1枚のビデオカードで、それ以上の増設はNVIDIAの
どちらかを使って出力する。
もしくはサブマシンに新たに3画面出力のビデオカードを
買って入れるか。
後者にした場合メインマシンは4K画面がもう増設出来ない
問題が出てくる。
前者後者どちらもビデオカードの出費は必要。
ただ、どちらも出費が必要ならメインマシンに5画面出力の
ビデオカードを買ってもいいとも前々から思っていたが
やっぱり高い。NVIDIAの廉価クラスで4画面出力は
2万円台後半。2万5千円程度でも高い。
対して3画面出力の物はうまくいけば1万5千円程度。
お金を出すのは1万5千円程度にしたい。
そう考えると3画面出力のビデオカードを買って
サブマシンに入れるのが現実的か?と考えて物色していた。
しかし探し始めてAMDの世代遅れのビデオカードが
かなりの破格であることを発見した。5画面出力もある。
コネクタだけ5つありで4画面出力最大ってのもある。
同じチップなのに?

AMDはATI時代からリファレンスドライバが癖があり過ぎて
あまり好きでは無かった。オンボードで付いていたATIの
ビデオを使ってやろうとドライバを入れて動かしたが
どうやってもどのバージョンを入れても反応しない。
画面がVGAのままでこいつはかなりローカライズされていると。
そんな厄介な所は付き合いたくないとかなり前から使ってない。
シーラスロジックやらS3やらもローカライズされたハード仕様の
ビデオカードはあったが汎用ドライバではローカライズ以外は
全部動いていたからな。かなり厄介な部類だった。
なのでATI(AMD)は使いたくなかった。

そうこう迷っているうちにサブマシンのビデオカード無しの
不満とメインマシンのNVIDIA特有の不満が積み重なっていた。

ここは試しにAMDのビデオカードを買ってみるか。

AMDのビデオカードは世代遅れだけど1万5千円程度で5画面出力も
出来るカードがかなりあった。NVIDIAのカードを買った所で
3Dをするわけでも無いし2D品質がそれなりなら問題なし。
以前はよくやってた「人柱」感覚のビデオカードを買うことに。
カードベンダーは聞いたことが無いSAPPHIREもかなり冒険かと。
買っても良かったんだけど、パリットとかと同じレベルなら嫌だな
とか考えたら買える選択肢が少なくなった。
幸いメーカーは嫌いだがMSIのカードが残っていた。
アマゾンのページでは5画面出力出来ると書いてあったし
MSIは過去幾度も幻滅させられたが最近のビデオカードは
リファレンス設計以外は許さない方向なので製造過程でよっぽど
問題が無ければ使えるはず、と。

買って正解でしたね。
1万7千円くらいでしたけど5画面出力(4Kx2+2Kx3)が問題無く
表示されました。GTX950とかよりは世代が進んでしるので
VRAMアクセスも少しは速いのか2Dもそれなりに負荷無く快適。
若干の癖があるようで今まではFHDとして認識していた中華製の
液晶ディスプレイがFHDでは無いように扱われ「こいつFHDの
液晶だと偽っていたのか?」と判明する自体に。
(この辺りは専門家ではないので本当にドットが少ないかは不明)
しかし1枚のカードで5画面出力をカバー出来たのでこれから
液晶ディスプレイを最低でも4K+2Kx2を追加出来るようになった。
GTX950は挿しっぱなしでドライバ入れた状態の放熱板になった。
後から入れるのも面倒だし今のうち挙動を見るということも考え
入れっぱなしにしている。

GTX750Ti(元メインマシン使用)はサブマシンに入れて
5675Cから4790Kに戻した。サブマシンは取り合えずこれで
問題解決になるだろう。

それにしてもAMDのビデオカードは優秀だ。
何が優秀かって、NVIDIAで不具合が出ていた問題が一挙に解決。

1.「バッファロー製USBビデオキャプチャーが完全動作した」
NVIDIAでは最近のWindows10のビルド1909辺りから完全に
画面が表示されなくなった。音はそれ以前から出ないので
諦めていたが画面まで出なくなった。
DisplayLink社製のディスプレイアダプタでは辛うじて画面が
出ていたのでWindows10に起因する問題だとばかり考えていたが
AMDのビデオカードでは画面は勿論音声まで正常に出る。
かなりドライバはまともな作りになっているようだ。

2.「アプリの設定等が消える問題が解決」
AMDに替える直前はカブステーションのフル板がPCを起動するたびに
位置設定が消えてデフォルトの位置に。WUしたらBrynhildrのIP等の
設定が消える。他にもアプリの設定が消えることが多かったが、
AMDにしたら全く消えなくなった。

3.「カブステーションとスーパーはっちゅう君の相性問題解決」
DisplayLink社製のディスプレイアダプタとNVIDIAを同時に接続
し、カブステーションとスーパーはっちゅう君を同時に起動した時
カブステーションのページ替えをすると再表示を繰り返し固まる。
これは前から気付いていたのでスーパーはっちゅう君を起動しないなり
対策していたのだがDisplayLink社製のディスプレイアダプタを
使わなくて済むのでNVIDIAだけでも問題解決していたが結局
NVIDIAで無かったら問題は起こっていなかったのかもとも考える。

今まで抱えていた問題がAMDのビデオカードにして一挙に解決。
今までAMDを使わなかったことに後悔している。
ってかATIは過去経営難だったんだろうな。AMDに買収されて
ドライバ等の開発費用も潤沢になったのか作りはかなり良い。
設定画面はかなり玄人志向なので見るとウンザリするがそれほど
毎度毎度触る必要は無いので一度設定したら終わりの状態かな。

もっと早くAMDを使ってみるべきだった。
ビデオカードもそうだがCPUももうすぐAMDにするだろう。
その話はまた。
Posted at 2020/02/16 12:11:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | パソコンのウダウダ話 | パソコン/インターネット
2020年02月11日 イイね!

犬の糞202002071825





犬の糞を始末しないクズ
晒しておきます

前後の映像から家も特定しました

Posted at 2020/02/11 13:08:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 危険な面々 | 日記
2020年02月09日 イイね!

詐欺じゃねぇか?

詐欺じゃねぇか?サブマシンもメインマシン同様簡易水冷にした。
静かさを求めたのだが結局静かさも熱の少なさも無い。
冷やすにはラジエータコアをファンで冷やさないといけない。
そしてその放熱は熱量保存の法則で空冷と同じレベルになる。
簡易水冷を勘違いしている人はこの法則をもう一度考えるべし。
まあ冷やすだけなら簡易水冷の方がいいだろうと気軽に
取り付けたわけだがここで問題が発生した。
メインマシンにも同じものを入れたがクーラーヘッドと
CPUの間のグリスは熱伝導率が高いと言われた液体金属を使った。
液体金属は銅ならば問題無しということでどちらのマシンも
見た目には銅のヘッドだった。
しかし今回サブマシンのCPUを交換した時に目を疑った。
ヘッドの銅部分を拭いたが取れない。それどころか指でも
分かるくらいにプレートが凹んでいる。
これは明らかに液体金属のグリスが腐食させている。
ヘッドをよく見れば銅よりかなり薄い色で銅と違う様子。
メーカーやアマゾンのページにはヘッドは銅であると書いてあったが
明らかに銅の着色でもしているようだった。
腐食した先はシルバー色。
詐欺だわ。
一年程でこれくらいの腐食。
たまたまCPU交換でヘッドを外したが外していなければどうなったか?
そしてメインマシンも腐食しているのでは無いかと心配になった。

(しかしメインマシンは未だに見ていない。メインマシンの方は
サブマシンと違いコア温度が高くなっていない。設置から安定している。
サブマシンは数カ月くらい経つと温度が上がっていった。
この違いからメインマシンのヘッドは腐食していないのではという
淡い思いで未だ見ていないだけ。)

取り合えずここままにしていてもダメなので液体金属をふき取り
通常のグリスを塗って5675Cを入れた。

ここまでで済めばよかったのだが、そうもいかなかった。

以前5675Cを使った時は4K画面はそれほど重たく無かったのだが
OSが変わったせいかそれ以上の速いビデオカードを使ったからか
5675Cのビデオ能力に不満を感じた。全体的に遅いのはCorei5だから
というのはあるが、それにしてもビデオ能力も低い。
4790Kと同じくらい遅い気もする。
なのでやはりサブマシンにも早急にビデオカードが必要となった。

ビデオカードは最近の廉価版でも4画面以上の出力は2万円台後半で
出費が辛い。1万円台は3画面出力の今使ってるカードに毛が生えた
ようなものだし。じゃあそれを逆にサブマシにでも入れるか?
いろいろ悩んではいるが解決は後程。
Posted at 2020/02/09 18:37:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | パソコンのウダウダ話 | パソコン/インターネット
2020年02月09日 イイね!

サブマシンのディスプレイを購入

サブマシンのディスプレイを購入サブマシンから持ってきたビデオカードで
取り合えずは問題が解決したのだが
サブマシンはディスプレイなしビデオカードなしで
動かせない状態。
それはそれで困るのでディスプレイを買うことに。
購入資金は予算が割けない状態だったけど
モバイルPCが購入から1年未満だったため全額返金。
中古屋にしてはかなり良心的。(だからこれからも
この店は利用しようと思う)
そのお金でディスプレイを購入することにした。
とは言ってもサイズを決めかねていた。
サブマシンのディスプレイはメインマシンと違い
いろいろ試してみたいのがあってサイズがバラバラ。
メインマシン同様メインのディスプレイは27インチの4K
だったが、これはメインマシンに持って行った。
サブディスプレイは視力の限界に挑戦するべく当時の
割と小さい方の11インチ2K。なので27インチ4Kとは
ドットの差があった。ずっと以前は32インチディスプレイも
考えていたけど大きいだけでメインマシンの27インチ2段は
お世辞にも首を大きく動かさないといけないのでしんどい。
なのでお金も無いし24インチ4Kディスプレイにしてみた。
価格は3万弱。ドットサイズは11インチ2Kとほぼ同じ。
で、設置して見た感じはかなり良い。
27インチ4Kですらメガネを掛けないと見えないので
24インチもメガネを掛けるのは同じで逆にサイズが小さいから
頭や目を動かす範囲が少なくなって良い。
逆にメインマシンに持って行きたいくらいだが
それはそれで同じ枚数のディスプレイを揃えるのは
かなり出費が嵩張るので直近では無理だろう。
24インチ4Kは意外と良かったのには驚いた。
今まで27インチ4Kを6万程度で買っていたので半額だし
全然問題無く見えるので驚きだった。
ディスプレイを買ったと言う事はビデオカードはあるのか?
という事だが4790Kでは4Kは辛かったので出戻りの5675Cがある。
これは内蔵GPUがIrisProなのでかなりマシなものだった。
なのでCPUを交換するのだが・・・。
この後またしても問題(というか気に入らない事)が起こる。
それは次のブログで。
Posted at 2020/02/09 18:21:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | パソコンのウダウダ話 | パソコン/インターネット
2020年02月06日 イイね!

メインマシンの改造

メインマシンの改造年末年始にもっと大きなことをやってたのはメインマシン。
モバイルマシンは12月中旬に突然問題が降ってきただけで
メインマシンはそれ以前から改造をやるつもりだった。

メインマシンの改造。
それは4Kディスプレイを2台にすること。
以前からVESAアームスタンドは27インチ2台を
設置できるものにしていてメインマシンのビデオカードを
交換してサブマシンから4Kディスプレイを持ってくる
そういうつもりだったのだが、ビデオカードがいいのが無く
高いし余計な機能が付いているのも要らないと思ってた。
そうなるといいビデオカードが無く躊躇していた。
サブマシンのディスプレイも無くなるのでどのサイズの
ディスプレイを買うかも悩んでいた。
それらをずっと以前から悶々と考えていたものの
一向に計画が進まず、やっぱり4Kディスプレイは増設したい
思いの方が勝ったのでお金の掛からない方法を考えた。
サブマシンのビデオカードをメインマシンに持って行き、
4K出力を増やす案だ。今使ってるメインマシンのマザーは
LGA2011-V3でCPUも40レーンの6850Kなのでx16の
ビデオカードをもう一枚追加しても両方x16を維持出来る。
そのためにも以前からSSDをINTEL750でPCIe接続のものを
M.2に変更していた。これでPCIeに空きが出たので
ビデオカードを増設できる。以前はUSBディスプレイアダプタで
無理やり4K表示はしてみたものの30Pは使い物にならず
2Kで使っていたがビデオカード増設でこれも不要に。
ビデオカード1枚で4K+2K+2Kの表示が出来るので
x2で4K2画面が実現できる。実際下の4K+2K+2Kは
それまでのビデオカードで上の4K+2Kはサブマシンの
ビデオカードでそれぞれ表示している。
これでお金を掛けずに5画面を実現したわけだがサブマシンは
使えない状態に。4790Kはお世辞にも4K画面が表示は出来るが
使える速度では無いのは以前から試していたので承知している。
しかもメインの4Kディスプレイが無いのでどうしようもない。
しばらくはサブマシンは稼働出来ない状態で放置するしかない。
ここまでが年末年始の話。

その後モバイルマシンE7240がああいう状態になったので
全額返金となり話がまた違う方向になったのはまた今度。
Posted at 2020/02/06 16:57:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | パソコンのウダウダ話 | パソコン/インターネット

プロフィール

「LDメディア デジタル化計画 http://cvw.jp/b/171389/39991532/
何シテル?   06/25 17:29
ストリームがまっすぐ走らないのが辟易してて 売れたのが清々しています(笑)。 次のクルマは必要性に駆られていないので 全然考えていません。 セダンやコン...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

愛車一覧

その他 その他 その他 その他
過去、駅までの通勤快速号でした。 今はガレージの片隅に・・・(-_-;)。 実家直通 ...
ホンダ ストリーム ホンダ ストリーム
2008/9/13 納車! 今回は本当に弄らないようにします(^_^;)。 おもてなし ...
ホンダ アコード ホンダ アコード
2006/8/6 納車! かなりいい感じです(^^ゞ。 (ただし、いろいろ問題はありま ...
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
初めて自分で購入した車です。 5年目の車検を迎える前にアコードに 買い換える予定でしたが ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.