• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

冬いちごのブログ一覧

2016年08月31日 イイね!

ロータスヨーロッパスペシャルの ゼロヨン記録

今日は昨日台風一過となり暑い中にもほんの少し秋を感じられる陽気でした
もう明日から9月・・もうそろそろエアコンの無いロータスヨーロッパも気持ち良く
ドライブできる季節がやってきますね(^^♪


今日はロータスヨーロッパ新車販売時代から間もないこ頃の雑誌のお話です

新車当時の資料が少ないロータスヨーロッパの新車当時のことを少しでも知りたくて最近
古い雑誌でロータスヨーロッパが掲載されている本を探して購入しているのですが
昨日購入した雑誌の紹介です



今から39年前の1977年8月号のモーターマガジン誌です
ロータスヨーロッパが販売中止になり2年後の雑誌ですね



まず新車に近いロータスヨーロッパの写真と当時の記事が・・



今回非常に興味が在り見たかったのがこのまだ新しいロータスヨーロッパのテスト記事です
ゼロヨンと最高速を当時良く新車テストで使用された日本自動車研究所 谷田部テストコース
で計測しています(興味津々・・)



まず冬いちごのロータスヨーロッパと同じ排ガス対策が施された日本、北米仕様のノーマルな
ロータスヨーロッパのテストです
新車ではないけど1.6Lのエンジンとしてはなかなか立派なものです
当時としては速かったと思います



次に冬いちごロータスヨーロッパと同じ北米仕様しかも4速MTの排ガス対策のストロンバーグキャブ
からキャブをウエーバーキャブに変更のみでなんと最高速も200キロオーバーで な・・なんと
ゼロヨンは14.39秒・・これは凄いですね
ゼロヨン14秒前半のタイムは立派なもの当時国産車でこれを上回るものは無かったと
思います・・スカイラインでもRSターボCやR31GTSRでさえ15秒の壁は破っていない
ことを考えると凄いですね そして更に・・



本国仕様のロータスヨーロッパの足回りをレース用の足回りを組み
エンジンはポート研磨のみで・・



ゼロヨンがこのタイムは本当に1,6Lエンジンでしかもターボもなく2バルブエンジンを
考えると素晴らしい運動性能だったんですね スーパーカーブームの頃は
ランボルギーニやフェラーリの大排気量のモンスターマシーンと比較すると
非力に思えましたが今思うと素晴らしいテスト結果ですね


もう一つ入手した本がこちら・・今から38年前のロータス特集本です



この本の中には歴代の素晴らしいロータス車も載っていますが
ヨーロッパ特集の写真集では・・



新車から4年の綺麗なロータスヨーロッパが・・・
カッコいいですね~ (^^♪



こちら日本仕様と思われます冬いちごのロータスヨーロッパと基本同じですね





ロータスヨーロッパのモノクロ写真も素敵ですね~

このような当時の写真を見ているとMyロータスヨーロッパで自己満足
自分観賞用の写真集を作りたくなってきました・・・
是非作りたいと思います・・(^^♪



この本の最後のページにはショップの広告に雨に濡れるロータスヨーロッパが・・
こんな写真がMyロータスヨーロッパでは絶対に撮りたくないです・・・

古い本を購入して少しづつロータスヨーロッパの新車当時に近いころの
写真や記事を見ると新たな発見がありますます愛車ロータスヨーロッパへの
愛が深まってしまいますね


Posted at 2016/08/31 20:23:21 | コメント(5) | トラックバック(0) | ロータスヨーロッパ | クルマ
2016年08月27日 イイね!

ロータスヨーロッパ お風呂掃除

昨日は晴れたのに今日はまた台風の時のような強い雨・・
台風10号がまた関東地方に近づいているようですが是非無事に
通り過ぎて欲しいものです

また先ほど始まった夏の終わりの風物詩日テレ24時間テレビで
わが故郷秩父出身の林家たい平さんが24時間マラソンを走りますが
是非無事完走してほしいですね



今日は朝から大雨・・せっかくの休日が・・・
でも今日は・・



実はロータスヨーロッパにはお風呂は付いているんですね??(笑)
勝手に冬いちごがロータスヨーロッパのお風呂と呼んでいる
フロントに荷物スペースがあり小さな子供が入るのにちょうどいい
お風呂があるんですね



今日は先日の塗装の湿気吸い込みによる艶引けで落ち込みましたが・・
アスリート魂で再度このロータスヨーロッパを綺麗にするため・・このお風呂の徹底清掃です



今日はこのお風呂のビス1本までピカピカに磨くため
比較的やわらかい(アルミ等)金属磨きを使用します







お風呂の金属部が綺麗になると気持ちいですね~
ビス1本まで新車時のものなんですね



コーションプレート部も・・取り付けリペットひとつまで丁寧に
磨きました



ボンネットストトッパーも丁寧に磨きました



ワイパー取り付け部周辺も磨きワックスをかけました





ロータスヨーロッパのお風呂が湯垢?も取れ大変綺麗になりました
こんな部分凄く綺麗にしても誰にも見せる部分でもないのですが・・
完全に自己満足の世界ですね(^^♪でもいいんです・・綺麗だと
気持ちいですね



こちらはお風呂の前部ですが・・スペアータイヤやラジエーター、ファン等あるんですね





まず使わないであろう・・スペアータイヤも磨きましたが・・実は新車時装着
ダンロップのファーミュラー タイヤが付いているんですね




ロータスヨーロッパ純正のウォッシャー液入れですが・・袋状でレトロ感が在りますね
なんか・・おしっこ入れみたい(笑)



ファンも分解して羽一枚一枚磨きました・・これメーターと同じSMITHS製なんですね



ロータスヨーロッパではSMITHSメーター、ファン等に使われているので
冬いちごもすっかりSMITHSファン(マニア)になってしまいこの時計は
Myロータスヨーロッパと同じ1973年式のダイバーズウォッチです
このSMITHS文字がたまりません・・

ロータスヨーロッパに乗らなくてもこの時計を身に着けていると
ロータスヨーロッパと不思議な一体感があるんですよ(^^♪
2016年08月23日 イイね!

正直お手上げ・・Myロータスヨーロッパ

昨日は凄い台風の大雨に見舞われました
私の住む埼玉西部は昨日1時間に120mmを超えるもの凄い
雨が降り続きました
大きな被害は在りませんでしたが公共交通機関はのきなみ運転見合わせ等
大変でした・・・

大雨の時会社におりましたが自宅のロータスヨーロッパの入っているガレージが
気になって仕方ありませんでした

自宅&ガレージに被害は在りませんでしたが
今朝ガレージを確認しました・・



今年の5月の屋根を新調したばかりのMyガレージですが・・



冬場でもないのにガレージの屋根の内側は結露がびっちり・・
通常この状態でもこの屋根の下の車には問題はないのですが・・
今朝はガレージ内は凄い湿気でした そしてこの湿気が・・



つい先日プロに磨いてもらい輝いていたロータスヨーロッパのボディーですが・・



今朝ロータスヨーロッパを良く見ると・・湿気を吸ってしまったのでしょうか??
ボディーの輝き映りこみは全く見られなくなってしまっていました



湿気の凄いガレージ内のロータスヨーロッパのボディーに私の手をあて・・



手を取り除くと手湿気をロータスヨーロッパのボディーはしっかり吸い込み
手の跡が・・鉄のボディーの車の塗装では経験したことのない体験です
FRPは吸水性があるので水洗いは要注意との話を聞きますが
43年前の老朽化したと塗装はどんなに綺麗に磨いても
新しい塗装のようなクオリテイーはありません・・

貴重なオリジナル塗装・・オリジナルのストライプを守り通したい・・
しかしオリジナルの塗装を守るためには想像を絶するお手入れと
ストレスが付きまといます・・・

いずれボディーのみ新車当時のオリジナル塗料を取り寄せ
全塗装しようか?真剣に悩みますが
悩みが多いと楽しくありません・・

気持ちを楽に持ちオリジナル塗装に疲れ果てたら・・
全塗装をしてこの悩みから解放したいと思います

FRPオリジナル塗装恐るべしです・・FRPは錆の心配はないのですが
まさかこんな悩みがあったとは・・・

ああまた大雨が降ってきました・・もう雨は勘弁してほしいです



湿気の問題を早く解決しまたこんな楽しいドライブを楽しみたいものです
車って一筋縄でいかないところが・・愛情が深まるのでしょうね(^^♪
Posted at 2016/08/23 21:00:52 | コメント(6) | トラックバック(0) | ロータスヨーロッパ | クルマ
2016年08月21日 イイね!

冬いちごのセカンドカー探し


9日あった夏休みも今日で終わりです今回の夏休みは天気がいまいちでした
明日台風が関東地方に近づくようですが無事通り過ぎて欲しいですね

今日は最近冬いちごのセカンドカー探しのお話です






冬いちご2010年5月よりセカンドカー(通勤車)としてマーチ12SRと言う通常のK12マーチとは
違いオーテックがチューンした高回転がとんでもなく楽しい車に乗っています




毎回乗る前からわくわくさせてくれ・・快感の走りが・・通勤もついつい遠回りをして帰ってくるほど楽しい車なんです
現在走行6万キロ弱で全く問題なく絶好調なんですが・・・

ちょっとセカンドカーとして気になる車があったので昨日試乗してきました



昨日試乗して来たのがこの車・・ルノールーテシア






そのルーテシアの中でも排気量0.9Lターボの5MT車でした
乗る前は0.9Lに??を感じておりましたが・・これがどうして0.9Lとは
思えぬ低速からのトルク感があるではないですか・・
5MTも気持ち良い操作感・・有り余るパワーを使い切らない車と違い
この車はフルに馬力を使い切り走る楽しさがあると思いました
また最新のルノーのMTは本当に運転士に優しい機構もあり
関心しました

充分試乗を楽しんだ後営業マンがもう一つ魅力的なカタログを見せてくれました










フランスで発売されたばかりの新型トゥインゴです
この車・・驚くことに・・



あのルノーの名車リヤエンジンのルノー5ターボからヒントを得て
開発されたそうでして



なんとリヤエンジンなんです
まだ日本仕様にはないのですが新型トゥインゴGTはルノースポールの手により
チューンされ0.9Lで120PSのとても魅力的な車も今後日本にやって来そうですね

日本では楽ちん運転・・過剰安全機構・・以上とも思える燃費向上車ががもてはやされておりますが
このルノーのように現代の新車でも本当に車が好きで運転に拘りを持って楽しみたい人向けの
車が海外から多く入って来そうな予感がしますね

さて冬いちごの新しいセカンドカーは??
しばらくしっかり吟味しながら楽しんで選定していこうと思っております


Posted at 2016/08/21 21:24:20 | コメント(3) | トラックバック(0) | 雑記 | クルマ
2016年08月16日 イイね!

ストロンバークキャブ磨き

関東地方台風が近づいておりますが無事通り過ぎてほしいですね

今日は夏休みでお休みだったのでロータスヨーロッパのキャブのお掃除をしました
整備でなくあくまで磨きです




ロータスヨーロッパ北米仕様と日本仕様は不人気のストロンバーグのキャブですが
雑誌等ではしっかり調整するとけして悪いキャブではないと言っております
私はこのキャブは扱いもよく好きなんですけど・・走って回転が上がっていくと
すばらしいキャブなんですよね






今日はキャブのビス1本から磨いていき綺麗にしました



キャブ以外にこんなヘッドのナットも綺麗に磨きました







ストロンバーグキャブ部も綺麗になりました



キャブ部が綺麗になるとエンジン全体も綺麗に見えてくるんですね
やっぱキャブのエンジンは古典的ですが私は好きですね~(^^♪

私の持論ですがエンジンルームを自分で綺麗にしておくとオイルやガソリン等のにじみ
の発見も早くできまた不具合の発見も綺麗になっていると発見しやすいんです
また見たエンジンルームを綺麗にしておくと不思議と調子が良いような感じがするんですよね




キャブを磨いたのでエンジンフードエアーダクト部から少し輝くキャブが見えます
自己満足の世界でした~(^^♪

プロフィール

「自動車税が下がる? http://cvw.jp/b/1720266/42273009/
何シテル?   12/08 10:23
冬いちごです。よろしくお願いします。 スカイライン一筋34年間 S54~R30まで桜井眞一郎氏が 手がけたスカイラインに乗ってきました 自分の中でス...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/8 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

LOTUS車載工具 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/20 21:41:52
トゥインゴGTで軽く新緑ドライブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 16:21:33
準備着々と 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/13 14:48:39

ファン

93 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
スカイラインRSを大切に所有しています スカイライン一筋32年目です スカイライン好きな ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.