• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ゴンザレスのブログ一覧

2006年09月30日 イイね!

スパット!

スパット!朝から良い天気で、気分よく、電装品作りに精出しました。
で、今回はお約束通り、ウインカーのポジションランプ化機能の「スパット」です。スパットの名前の由来ですが、ウインカー点滅からポジションランプ化になり点灯する際に、市販品はバワァ~ンと点灯するのに対し、自作品は、パッと点灯するので、この名前になりました。
まぁ、こんなのトリビアネタにもならないのですが・・・
製作後ポロに装着しようとして、ウインカーカバー外すのに訳がわからず苦労しましたが、ヘインズの参考書のお陰でなんとか外せました。
まさか、ロックレバーがあって、それを引き上げてからでないと外せないなんて思いもよりませんでした。これってVW車のお約束なんでしょうかねぇ。
それにしても、純正の説明書ではバルブ交換は専門工具が必要のため、Dっでやってもらえと・・・。これってそうとうイヤミな記載ですね。
夜にバルブ切れたらどうすんネン!こういう基本的な部分は、特殊工具など使わずに簡単に交換できるようでないと・・・
スパットの作動原理ですが、通常はスモール点灯で、スモール用電流が左右ウインカーバルブにも流れて点灯状態となります。この時にウインカーバルブに流れる電流が、本来のウインカー用電源回路に逆流しないように大型のダイオード(大きい黒い円柱)で歯止めしてます。一方、ウインカーレバーを作動させると、左右いずれかの作動させた側のウインカー電流がリレー(黒いケース)に流れて、スモール点灯用の電流を遮断してウインカーバルブを消灯させます。このとき、点滅させない側のウインカーバルブに作動させた側のウインカー電流が流れ込まないようにダイオード(小さい黒円柱)で歯止めを掛けます。とともに大きいダーオードで、ウインカーバルブ電源がスモール電源に逆流しないように歯止めを掛けつつ、作動させた側のウインカーに電流を流します。この一連の切換はほんのコンマ何秒の早業ですが、電気的には十分な時間で、ダイオードを挿入しておかないと一瞬で回路がお釈迦になります。さらに、ウインカー点滅中は消灯ごとに、せっかくリレーで遮断したスモール電流の流れが復活し、ウインカーが点灯・消灯・点灯・・・ではなく、点灯・点灯・点灯・・・(早い話、点きっぱ)にならないよう、リレーを作動させておく電源としてのコンデンサー(横に寝た青い円柱)が機能します。文書に書くとしんどいですね。
こんな回路だれが考えたのか・・・。まぁ市販品も原理は同じでしょう。
結果は大成功で、スモール点灯でフロントの両ウインカーが点灯。ターンレバーを上に上げると、左ウインカーが消灯して、右ウインカーが点滅します。・・・って、あたりまえですね。
費用はケースやギボシ端子を含め約1漱石でした。
Posted at 2006/10/01 02:15:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2006年09月29日 イイね!

完治したはずが・・・・

先般、タイベルのテンションプーリーのベアリングが劣化して、交換対応をしたのですが、昨晩、娘に黙ってこっそり深夜ドライブに行こうとエンジン掛けてみたら、またカラカラといった異音が・・・
再発したのか、対処療法で茶を濁されたのかわりませんが、再び入院となりそうです。まぁ、入院は週末のモディー施工が終わってからですが。あと2ヶ月保障期間があるんですが、さらに再発するようなら主治医も代えなくては・・・・
Posted at 2006/09/29 12:35:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2006年09月27日 イイね!

次回製作品

ABHも無事作動しだして、ホットしておりますが、今週末は次なる電装品にトライする予定です。モノは「スパット」とと当工房では称しているもので、ウインカーのポジションランプ化機能です。これ自体はかなり以前から市販化されていて、装着されている方も多いのではないかと思います。当方もレンジローバーには市販品を装着しましたが、機能の割りに価格が高いことに加え走行時の振動ではんだが剥がれて機能停止となったことがあり、以後は自作と決めております。自作だと1漱石でおつりがきます。あと、後部ドアのパワーウインド化を予定しております。それにしても、なんで6Nはフロントのみパワーウインドなんでしょうか。それなりの理由があるかとは思いますが、今一解せません・・・・
Posted at 2006/09/27 20:57:30 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2006年09月24日 イイね!

AHB落成

AHB落成6N2というか、VWの電気回路はなかなか手強い相手でしたが、何とかABH(オート・バック・ハザード)が完成しました。土曜の夜から回路製作をはじめ、本日はポロへの装着、作動試験、手直し、再装着・・・・繰り返すこと5回、リングアウト寸前!?、や、日没寸前にようやく問題なく作動する状態に持ち込みました。画像はケースに収めた状態ですが、本体は3つのパートから成り、向かって左の回路が、これまで他の車に装着していたABH。ここで、バックライト電流により、フラッシャー用の電流の通電制御をします。中央の部分がフラッシャー用電流からウインカーを点滅させるための断続した信号を作る部分。右が断続した信号に同期させて、ウインカー点滅用電流を制御するリレーです。このシステムには、PポジションからDポジションにシフトレバーを動かす際、すばやくRポジションを通過させればハザードモードにならないような遅延機能、バックの途中で切り返しで一旦Dポジションにシフトしても5秒以内にRポジションに戻せば、ハザード点滅が中断することなく継続する延長機能、点滅速度を制御する機能、点滅と同期してカチカチという音を出す機能、さらにABHによるハザード点滅時のみに車外でピーッ、ピーッという電子ブザーを鳴らす機能などが含まれます。また、純正のウインカーやハザードを同時に作動させてもトラブルが生じないような機能も盛り込みました。で、費用は1000円程度。まぁ、実際には予備パーツも含めて3000円位出費はありましたが、この程度の出費で、機能・回路を考える楽しさ、製作する楽しさ、ポロに装着する楽しさ、機能を使う楽しさが味わえれば十分元は取れますね。これも自作ならでは。忘れてました。これの命名ですが、今回のABHはポロ用というよりワーゲン用になるかと思いますので、「ABH-VW」に決めました。
Posted at 2006/09/25 02:24:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2006年09月23日 イイね!

と、いうことで・・・

と、いうことで・・・苦戦が続くABHですが、相手が合理的回路で攻めてくるなら、こっちもIC回路で応戦です。で、本日、ICとトランジスタによるフラッシャー回路(画像の左側の基板に組んだ回路)を作りました。とりあえず断続的な出力信号を得ることに成功しました。で、これをバックライト電源で作動させ、その出力(断続した信号)を通常の2回路2接点リレー(画像右側)のコイルに入力させ、その断続信号に同期させて2回路(右側、左側用)のリレーを作動させます。もちろんリレーの回路には左右ウインカー回路を繋いで同期点滅によりハザード状態を作り出そうと考えます。このリレーで本来のハザード回路とこちらの回路も同時に切り替えます。さて、上手くポロの電気回路と停戦協定を結ぶことができるのでしょうか・・・・
Posted at 2006/09/24 01:37:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

自作自演のモディーオヤジです。特に電装系はたまりません・・・ こんどムルティプラのオーナーになりました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2006/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

11th wedding anniversary♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/02/08 08:30:26

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

フィアット ムルティプラ フィアット ムルティプラ
レンジローバー、パジェロミニに変わる車です。 皆さんと同様で、眺めて良し、乗って良し、い ...
ダイハツ タントカスタム ダイハツ タントカスタム
これまでのオプティに代わり、かみさんの主力車となったのが、タントカスタムRS。広いフロン ...
ダイハツ ソニカ ダイハツ ソニカ
息子が大学に通うための通学用に購入しました。 自作パーツでモディファイ楽しんでます。 そ ...
ダイハツ ムーヴコンテ ダイハツ ムーヴコンテ
娘が気に入ってしまった・・・即GET!

過去のブログ

2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.