• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アーモンドカステラのブログ一覧

2018年11月17日 イイね!

廃墟温泉に挑戦ス!! ~第3弾~

廃墟温泉に挑戦ス!! ~第3弾~

君も籠の上に服を置き、
脱いだ服を棚ごと落城させてみないか・・





























廃墟チックでありながら
良質過ぎるお湯に浸かるこの企画。
(;゚∀゚)=3ハァハァ

alt
【第1弾】





alt
【第2弾】






今回、早くも第3弾となりますが
まだまだ栃木県内にはこの手の
激渋温泉
あるのですね!!































そんな訳で
alt
那須湯本方面へと向かう私。





alt
おしゃれチックな日帰りや
乾いたパン屋もガン無視で、






alt
山を登ると周囲の硫黄の香りに
ビンビンしながらソロで行くのが
寂しいの・・

































alt
だけど寂しいのは私だけじゃなく、
温泉場の標識自体も寂しすぎて
本当にそれがあるのか心配するも






alt
ボーボーの草に囲まれながら
その温泉は存在ス!!


























alt
車の奥の方に征く道がある・・






だけど、
alt
強烈なわだち道路が
車の底板
ガンガン擦って刺激

する(;´Д`)








alt
どうすればいいの・・
タイヤを轍の溝にのせて走ると動けない。

































alt
那須に来た意味・・
というよりも、この温泉やっているのか
そっちの方が不安になる。

































だけど諦めきれなかった私。
alt
轍の頂上に片輪のせて、端の草むらに
寄せながら傷なんてお構いなしで
ゆっくり進めば何だかんだで突破出来、






alt
やがて駐車場へと辿り着いたら





alt
温泉宿的マイクロバスを見て
安堵する(*´Д`*)

































alt
弁天温泉旅館。
この場所が「温泉」である事を証明し、
こんなバスでも通れる道なら
(きっと私の車が悪いんだな)































alt
(;´Д`)
既に相当前から放置ぽい・・




























alt
もうね、
不安以外の何もない!!








alt
案内看板指す方向へと進んでみれば
パイロン置いて塞いであるし、










alt
振り返って駐車場を見てみれば、
このまま一生戻れない様な気がするの・・
































だけど、いい湯に浸かりたい。
alt
決心決めてビビりながら更に進めば
文明感じる
車両達が見えて来た!!


































alt
(´・ω・`)




alt
(´・ω・`)


































alt
((((;゚Д゚))))










alt
廃車放置プレイ(笑)
エスティマさんはフロント付近が潰れてて、
セルシオさんはタイヤの空気が抜けきったまま
超車高短で鎮座する。


































alt
ホントに営業しているの??
(;´Д`)







alt
ボロボロになったノボリを見ながら
入口の引戸を開けた私は



































alt
オォ!!
Σ(゚Д゚;)
まさかこんな所に超有名なコメディアンが
訪れていたなんて…
 




































alt
そっちかよ
大好きなの!!
(;゚∀゚)=3ハァハァ































ハァハァしてる私を余所に
alt
店主は薄暗い通路を小走りで先導しながら
「源泉かけ流し」「露天は混浴」
超早口で口ずさむ。






























alt
「この先左側が男湯だ」('A`)
そう言うと彼は足早に奥に消え、
私だけが取り残されたその空間が怖すぎて





alt
速攻脱衣場に飛び込むと…




































alt



alt



alt



alt



alt
天井の穴は
廃墟の証。
((((;゚Д゚))))


























 

嬉しくてダッシュで全裸になった私は
alt
この籠に脱いだ服一式置くと
棚ごと下に落っこちた(笑)






alt
注意書きを隅から隅まで熟読し































alt
コンボ来た!!
m9( ゚д゚)ビシッ!!




























alt
ワクワクしながら温泉への引戸を開ければ…




































alt


alt


alt


alt


alt


alt
広すぎる!!



























alt
そしてレトロ感も壊れ具合も最高で、





alt


alt


alt


alt
これは絶対
いいお湯だと思うんだ!!






























あっ…
alt
露天は混浴
(*´Д`)ハァハァ











alt
今私、
たっぷり覗き見
行っちゃうの♪































alt


alt


alt


alt
誰もいない…
(;´Д`)









そして、
alt
さっきの
廃車群から
丸見えな件(笑)



























露天に浸かってみたけど
なんだかいろいろヌルヌルするので
alt
慌てて内風呂戻ってみれば、








alt


alt


alt


alt
独泉でこれは素晴らしい♪





























alt
早速浸かってみれば、
全力で湯から感じるのは







alt
錆びた鉄棒握った臭!!
((((;゚Д゚))))































alt
鉄の様な立派な棒は年中だけど
















alt
そんなお湯が





alt
ドバドバドバドバ溢れ出し、





alt
めちゃくちゃ新鮮な鉄味湯。
これはとても温まる!!































alt
廃墟感溢れるこの場所で
誰もいなかったけどのんびり浸かる事が
半端なく幸せ過ぎて…








alt
ホカホカボディに身を包み、








alt
長湯し過ぎてお腹が減るも、
流石に建物内の食堂なんてやってない(笑)




























alt
来た道を戻ってくると、
ちょうど隣に車が1台停まったので

 

























 
alt
マジすか!!
Σ(゚Д゚;)
一体私は男と女どっちが好きなの?




























という事で、
alt
那須町の「弁天温泉」





alt
皆さんもこの廃墟感溢れる激渋空間で
鉄臭クンクンオススメです。
(*´ω`*)




Posted at 2018/11/17 22:08:52 | コメント(26) | トラックバック(0) | 廃墟温泉 | 日記
2018年08月23日 イイね!

廃墟温泉に挑戦ス!! ~第2弾~

廃墟温泉に挑戦ス!! ~第2弾~

君はこのトンネルと
潜り抜ける事ができるのか…




































以前ここに載せてしまった
alt
ヤバ過ぎる建物とお湯が素晴らし過ぎた
某温泉

(↑読んでない方はコチラお読みください)






























今回はその第2弾という事で
alt
私は那須へと向かうのです!!



































現地の洗車場に駆け込むと、
alt
一人洗っている姿を発見した
例の洗車女子が現れたので
突発的な洗車オフが開催されるも、
(これってもしや・・)
(;゚∀゚)=3ハァハァ

































alt
ついに混浴実現か?!?!




































仕上げ作業が続く中、
私は綿密な間合いをとりつつ誘う準備を整えながら
alt
「こっ、これから・・お、温泉に」
(;゚∀゚)=3ハァハァ


































alt
逃げられる(笑)

































ロンリーボーイは悲しみながら
alt
そこから北へと北上ス。
温泉の前にどうしても行きたかった
中華料理屋目指す為・・








































と、
alt
いきなり目の前を横入りするプリウスα現れて
窓が開いたと思ったら、








































alt






































まるで私を導く様に先導し、
alt
自然溢れる道路をひたすら突っ走る。








それにしても彼の愛車は
alt
レガシィなのに








alt
何故トヨタ??
違和感のあるその意味を

































私は後程その造形で
alt
理解する・・
((((;゚Д゚))))




































そんな営業車とランデブーしながら
到着したのは
alt
強烈手書き文字!!










先日店の前の道を通った時から
ずっと気になって気になって・・
alt
八宝菜チックな八宝苑。











一見さんには不利過ぎる
alt
店内が全く見えないこの店に
我ら今突撃ス!!
































alt
座席に座り、メニューを探すも
テーブルメニューは見当たらず








alt
手書き壁メニューは名店への近道。
じいちゃんがそう言っていた・・

































alt
あちこちに所狭しと貼られるそれらを見つめ、
私は運命のその瞬間へと彷徨えば































alt
((((;゚Д゚))))


































目の前に座る彼は
確実にそれを頼むのわかってる。
alt
それがこのグルメツアーの掟であり、
決して避けられない道である。




私は彼に負けじと
更に上征く何かを求め
alt
必死にメニューを閲覧すれば、



































alt
キタ━(゚∀゚)━!!










































神業的早口で
「マボー丼ください!!」


































「・・・・・」('A`)




































マ、マーボー丼できませんか?」
(;・∀・)










































「できるよ」('A`)




































あの「間」は一体何だったのだろう?
alt
「あまり出ないメニューなんじゃ・・」
急に不安な気持ちになりながらも、









alt
心配無用!!







甜麺醤がかなり効いてるその麻婆は
alt
見るからに旨そうなオーラ漂わせながら







alt
トロトロが旨い♪
下にある白米をいくらでも食べられそうな
濃い味付けがたまらなく、











目の前に座る
alt
プロフ画像がこんなトロトロの彼に
一口食べさせてあげながら












alt
この後、彼がオススメしてくれた
廃墟温泉同行お願いしたならば・・








































alt
逃げられる(笑)
どうやら午後も仕事らしい(;・∀・)




































alt
そんな訳で、八宝苑さん。
まだ見落としてる名店の要素
沢山詰まっていそうな美味しいお店でした。





























2人のみん友さんと運良く遭遇しながら
結局1人で向かう私は完全な負け組であり
alt
急に前回のあの温泉のヤバい光景
浮かんで不安になる・・
































段々と近づいてくるその場所は未訪の地だけど
alt
お?
(;・∀・)






























alt
前回のより









alt
全然余裕じゃん♪
































alt
「雲海閣」
名前からして老舗の風格アリアリで






alt
屋号入りのスリッパも
とても綺麗で安心ス。































alt
浮かれ気分でお代を払い、
奥へ奥へと進んでみれば




















 















下に降りる階段を見つけた時、
alt
急に謎の胸騒ぎ
してくるの・・


































alt
2つにわかれる謎。
直進と右折の究極の選択肢の中、
間違って進めばもう戻れないんじゃないかと
ガクブルしながら







































「明」の文字に期待して
勇気を出して右折を選べば、
alt
やはりこっちはハズレなの??





























alt
「明」とは真逆の薄暗い下層へと進み、










alt
蛇口が全て外れた洗面台を見て
ハズレを引いたと愕然としながら








alt
やっと男湯へとたどり着く。






























棚もない、ただ籠だけが置いてある
殺風景な脱衣場に入ると
alt
お風呂場の方から光が漏れて


































alt






























これは・・
alt
いいお湯の予感♪
































alt
浸かる前に身体を流そうと
ケロリン桶を手に掴み































alt
水しか出ない件(笑)
シャワーなんて近代文明の産物とは
無縁の世界。






alt
鏡は最早、その役割を終えて
眠りについたその様子を見れば
私はその長い歴史に気づくのです。






























alt
いいお湯過ぎる・・
めちゃ熱かったけど、
こんな雰囲気、地元じゃ絶対味わえない。










































大満足で湯を満喫し
alt
清々しい気分で来た道を戻り、
「もしかしたらこっちは超レトロだけど
向こうはもっと綺麗なんじゃ!!」


































alt
浮かれ気分でもうひとつの道に向かってみると
ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、























































alt





































alt
ボロボロの天井と壁に囲まれながら
身長182の私は頭を擦りそうな予感。









alt
戻りたい・・





























でもこの先には
alt
きっと新たな出会いが待ってるの。




































alt
恐る恐る進んでみれば、
やはり頭がぶつかりそうで








alt
トンネルを抜けるとそこは




































アホみたいに下へ続く
alt
階段であった。
(;´Д`)
































alt
それにしても結構急で






alt
天井は穴開いてるし
こっちの方が数倍怖いし辛い!!
((((;゚Д゚))))






頑張って下まで降りてみれば、
alt
床がグニャグニャ。
私がこの一点に全体重を載せれば
確実に落城しそうな勢いだけど









alt
やっと男湯たどり着く。




























alt
さっきより広い脱衣場は好感触で





alt
めっちゃ歴史がありそうな、
































alt



alt
見事過ぎる白濁液
にごり湯。
(;゚∀゚)=3ハァハァ



























こんないいお湯なのに
誰も来ない・・
alt
ずっと独占できるなんて
贅沢過ぎる!!
((((;゚Д゚))))

この日の那須高原、
夏休みの絡みで結構車混んでたのに
アッーーーー♂ごっこ出来なかったけど
誰も来ない秘湯最高です☆

































超絶満足状態で帰路へとつく私は
alt
これ登るのね(;´Д`)




































という事で、
alt
「雲海閣」
廃墟というよりレトロで
めちゃオススメなお湯でした☆


Posted at 2018/08/23 23:58:14 | コメント(22) | トラックバック(0) | 廃墟温泉 | 日記
2018年05月10日 イイね!

廃墟温泉に挑戦ス!! ~第1弾~

廃墟温泉に挑戦ス!! ~第1弾~


君はこのスリッパを履けるのか…




































新居に引っ越したみん友さんに会いに
alt
私は栃木県北部へと降臨し





























alt
本人の見た目とは全く間逆過ぎる
お花達に囲まれた玄関ドアをノックする。






























alt
綺麗過ぎるの!!
あたたかく迎えてくれた彼
この素敵な部屋に一人で住むらしく、





alt
あちこち見学させてもらいながら、
ソロで25帖のリビングは凄すぎるなと








alt
やがて私は彼の寝室へと辿り着く。




































alt







































彼は突如大興奮!!


































急に外へと走り出し、
alt
((((;゚Д゚))))





























alt
黒光りするナニをそのままに































alt
彼は私を無理矢理助手席に乗せて
那須の奥地へと走り出す。

































alt
「私、どうなっちゃんだろう…」
(;´Д`)

不安の中にちょっとだけ期待してしまう
乙女心を抑えつつ


























alt
急にハンドルを切る彼と
衝撃で腕と腕が触れ合う
その瞬間が愛しいの・・





























って、
alt
(;゚Д゚)



































alt
車は奥地へと動き出し、
































 alt






























alt






























alt
その看板の向かい側に車を停め、







alt
イイ男に弱い僕は誘われるまま
ホイホイとついていっちゃったのだ。



































alt
それにしても自然だらけで




alt
ちょっと怖いの・・

























alt
奥の方が好きな彼は
更にグングン突き進む。




 








alt

alt
途中の建物が皆ボロ過ぎるなと
ちょっとドキドキしていると






alt
最奥地で彼の動きが
一瞬止まる!!









































alt
((((;゚Д゚))))????































alt
建物が



alt
強烈な程のぶっ壊れ感満載で



















alt































ビビった私は彼に「早く温泉入ろう」と、
 alt
その廃墟の対面にある
目的の温泉入口発見し、
早速引戸を開けて突撃すると





































「温泉の入口はそっちの建物だ」
('A`)
































alt


































alt
「老松温泉」
手作り激渋看板が老舗の証。
というよりもさっきの外観で
皆もうわかってる。









alt
受付で500円ずつ払い、
ついにその廃墟の引戸を開ける
瞬間がやってきてしまう…





























alt
土足厳禁な室内は
一体どこに靴を脱いだらいいのか
不安になってしまう程荒れており、
トップ画の様にスリッパも凄い状況で





alt
階段もヤバイ。








alt
そして彼はおいでおいでと
下へ下へと誘うのです。





































alt
Σ(゚Д゚;)



































alt
壁はボロボロ






alt
床はフニャフニャ






alt
天井なんて落城寸前!!



























 






 


alt





































alt
私は目の当たりにした全ての物が
唯一無二だった事で
極度の緊張状態となり、

































alt
慌ててトイレに駆け込んだ。
































alt
ドアを開けると意外と綺麗





























alt

alt
じゃなかった(笑)










alt

alt
やはりあちこち天井が抜け落ちており、
便が先かそれとも天井が先か・・
常に緊張して催さなくてはならない
落ち着けない場所だと悟る(;・∀・)

































 alt
いよいよご対面の時。
~漢と漢が裸で触れ合う秘密空間~


























alt
脱衣場に投げ出したスリッパは
その興奮度合いを表現し、







alt
彼は夢中になって脱ぎだした!!
































2人共生まれたままの姿で
alt
ついに浴室への引戸を開ける時がやってくる・・

































alt
(゚Д゚;(゚Д゚;)
















alt
硫黄の香りと



alt
シンプル過ぎる洗い場。



alt
変なものも落ちてるけど



alt
軽石なんて誰が使うのだろう?





alt
こちらも天井落城しそうだけど





alt
まるで時間がずっと止まっていたかの様な
古めかしさと苔具合がたまらなく、





alt
ケロリン桶なんてほぼ文字が見えないの・・
































alt
2人しかいない温泉。
そして隣にいた彼はガマンできずに
湯船へと飛び込み、































 











alt


























白濁色のそれは源泉掛け流しで
スッキリとした硫黄臭と共に
お湯はまろやか絡まる感じで
alt
気持ちよくなり絶頂感高まる
廃墟温泉最高です!!




































alt
帰り道、お土産買おうと
千本松牧場へ立ち寄ると、







 




alt
彼は看板見てまた興奮。









土産コーナーの
alt
ありとあらゆるキーワードで
再絶頂を迎えそうで
ヤバかったので、


























alt
私必死にソフトクリームショップへと駆け込んで









alt
白いそれを準備した。





























alt
(;゚∀゚)=3ハァハァ































決して2人共そっち系じゃないけれど
alt
オッサン2人で
何やってるんだろう・・

と思った5月の昼下がり。
(;・∀・)



































alt
那須の空は青く、緑は美しく
清々しい風が吹いていた。










alt
皆さんも機会があれば
那須の珍湯というか廃墟温泉
ぜひ行ってみてください(*´ω`*)



Posted at 2018/05/10 22:42:38 | コメント(26) | トラックバック(0) | 廃墟温泉 | 日記

プロフィール

「@DIYは、下手の横好きレベル 28日(日)は昼の部やるそうです(・∀・)」
何シテル?   07/21 06:25
GOLFとインプレッサスポーツ(´∀`*) 仕事で栃木県内ぐるぐるしております。 洗車と洗車場探訪が趣味で 大衆食堂をこよなく愛し、店の人との ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

みかさ食堂裏メニュー列伝!! 
カテゴリ:裏メニューリスト
2019/02/26 23:49:38
栃木県コイン洗車場MAP 
カテゴリ:洗車場リスト
2019/01/08 23:25:47
栃木県内のコイン洗車場を全部回ってみました!!ヽ(・∀・ )ノ  
カテゴリ:洗車場リスト
2015/09/10 16:15:45

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
GOLF6からGOLF7へ。 同じトルネードレッドで これからもVWライフ楽しみます。 ...
スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
もう少し荷物が積めた方がいい(;・∀・) という一言で、 up!から何故かインプ ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
初めて新車で買った外車がGOLF6でした。 約5年になろうとした所で、 GOLF7の甘 ...
フォルクスワーゲン アップ! フォルクスワーゲン アップ!
whiteかblackか少しだけ悩みましたがwhite up!になりました(*´∀`*) ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.