• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アーモンドカステラのブログ一覧

2020年10月31日 イイね!

復活の序曲

復活の序曲

過去記事の中、このネタだけは
未だPV数がガンガン増えるの…
























という事で
alt
あのシリーズは今年4月に
【最終回】を迎えた訳ですが、






















時は遡る事少し前、
alt
今では立派なYouTuberになった例の女子。


















alt
お願いした後、










alt
お家で3人楽しく団らんしていると、











alt
彼がニヤニヤしながら
「アレを見てくれ!!」




























alt
なんてラブラブなんだろう…
(;゚∀゚)=3ハァハァ


















alt
「あつ」




alt
「なる」



















alt
2人の名前がタグに書かれたペアルック。
羨まし過ぎて仕方ないけど、







alt
「声を出して読んでくれ」
























どこまで幸せ過ぎるんだ…
私は彼のリクに答える為に
「あつ」そして「なる」と呟くと、

























alt
「繰り返し言ってくれ」

言われるままに繰り返し、


























alt
「もっと早く繰り返せ!!」

一体何がしたいのだろう?
必死になって「あつなつあつなる…」
唱えていると、




















「そして大きな声で!!」

最早何が何だかわからないけど、
私は狂った様に言われるがまま
必死に大声出して

























alt
その瞬間、背後から聞こえてきたのは






























alt
((((;゚Д゚))))




























ヤバいんだ…
20代の女子と結婚した彼は
どうやらホントの姿が抜けないらしく、
alt
私は咄嗟に彼女にお土産渡し
その場をなんとか切り抜け
和やかムードを取り戻す。























やがて彼女の動画編集している彼は
alt
「様子を見せてあげる!」
編集部屋と私を連れ出し、











alt
PCの前座ると同時に
真顔で操作をサラッとこなし、
















alt
未知なる世界に
興味深々!







alt
背後に置かれた彼女の衣装に
今日はビンビン!!


彼に気づかれない様、
衣装に近づきいろんな妄想しようとしたら…



























alt
Σ(゚Д゚;)ゲゲッ

























alt
その時起きた出来事は
今は全く覚えていないが、
彼は結婚してもまだまだこのネタ
続けたい気持ちが伝わった…

























後日、
alt

某食堂のチーフから意味不メールが届いたけれど、
きっとこれは読者さんが私に送ってくれた
プレゼントじゃないかと思い










alt
慌てて店に降臨し、










alt
届いたブツを早速受け取ると…
















alt
(これは一体なんだろう?)
     ○
    。

(;・∀・)




















alt
確実に食べ物じゃないのは
包みからして明らかで、
































って、
alt




























alt

(この日旦那はいないはず…)
彼女にメールをこっそり送ると、












alt
すぐにキタ!!





























alt
2人密会状態の中、










alt
早速包みを開封すれば





























alt
大人のおもちゃは
送っちゃダメだ!!

そんな心配していた私の目の前、


























alt















alt
ズルすぎる(笑)
























alt
どうやら動画ファンの某氏が送ってくれて
彼女はめちゃくちゃテンション爆上げ
になったから、








alt
ここはチャンスと
すかさず私は個室に通し、








alt
チーフにスペシャルランチをオーダー
してみたら…

























alt
更にその場が
盛り上がる!!




























alt
終わってしまったあの企画。









alt
こっそり忍ばせ
既に準備は出来ている…






















alt
このタイミングで旦那差し置き
今こそ復活させるんだ!!
m9( ゚д゚)ビシッ!!






























alt
彼女は恥ずかしそうに
何かに決心したかの様に
黙って車に歩いてゆくと、








alt
照れた顔して先に車を走らせる。


























って、
alt
(((( ;゚Д゚))))



























alt
一人寂しく店に戻った私。


























alt
爺さんじゃねえかw






























alt
流石に新妻、
真面目になってしまって
「もう復活は出来ないの?」
(;´Д`)



























企画倒れにしょげてた私に
朗報が!!




























復活の序曲
発生ス(笑)





























動画で「珍宝館」って言ってるし、
最後はムフフシーンも映
alt
今回実は2人共々
まだまだやる気満々である事
知る事ができたから…











みんカラでは貴重過ぎるYouTuber。
彼女の動画でいつかお届け出来る事を夢見て
alt
ここで勝手に
混浴ネタ復活宣言
したいと思います(笑)







Posted at 2020/10/31 21:04:17 | コメント(14) | トラックバック(0) | 混浴シリーズ | 日記
2020年10月27日 イイね!

ツッコミどころ

ツッコミどころ


見つければ見つける程、
新たな世界が見えてくるんだ…
































糖質制限中でも、
alt
「蕎麦なら普通に
食べてもいい!!」

















そんな事を言われた私。
alt
蕎麦の名所が多々存在する
鹿沼市粟野方面突撃し、








alt
以前から気になっていた未知なる店へ
(;゚∀゚)=3ハァハァしながら降臨ス。

























alt
ノボリや暖簾が出ていなければ、
単なる民家じゃないかと思いつつ






alt
屋号だけを見れば土産店。

だけどそこには色褪せている
「お食事処」の言葉に期待はビンビン、











alt
ニヤニヤしながら近づけば



























alt





























alt
これが「個人店の極み」だと
相方さんにお食事処のツッコミどころを
指導しながら2人揃って暖簾を潜る。


























alt
既に手書きPOPがチラチラする中、








alt
今日の目的
「にらそば」発見!!
























華麗に2人揃ってオーダーしながら、
alt
(相方にもツッコミどころを教えたい)
   ○
  。

(;・∀・)


糖質制限中だと頭がいつもの様に働かず、
思わぬネタがあったとしても気づかないまま
終わってしまうの惜しいもので…





























早速お題を見つけた私は、
alt
Q:「ツッコミどころを探し出せ!!」
































alt
「普通テイクアウトと
書くんじゃないの?」

彼女はそう答えるけれど、































alt
これが正解(笑)


























更に「ツッコミどころを探してくれ」
alt
課題与えて私はトイレに籠もりつつ、







alt
新たな進化を期待しながら席に戻った私に
彼女は鼻息荒く猛烈興奮状態で、









alt
(゚∀゚)




























alt
「フリガナが変!!」




























それじゃまだまだ甘いんだ…

手書きメニュー以外にもメニューブックも
しっかりみなきゃいけないの。
(;´Д`)







alt
それは決してフリガナではなく
慌てて店主が追記しただけであり、








alt
彼女はその難しさを理解する。






























夢中になって熱く語っていたら
alt
即着弾!!















alt
シンプルな蕎麦の上には







alt
青々とした全国産地ランク堂々3位の
鹿沼産ニラが散りばめられて、







alt
お互い別の世界の食感だけど、
蕎麦の風味とニラの薬味的風味が
良い感じで混ざり合うと








alt
この味が癖になる!!






























alt
無事炭水化物を補充できた私は
帰り道にウロウロすれば、









alt
未知なる鹿沼名物「おはぎ」











いつ突撃しても既に売り切れだったけど、
alt
「きっと今日こそ買えるんじゃ!!」




























alt
厳選された素材を使った
女将手作りのその味を…
ずっと食べる事すら出来なかったが























alt
在庫あり♪




























職場に戻ると、
時はおやつタイムに突入しており
alt
そのおはぎの艶と中の白米ゾーンに
ワクワクしながら私に1個降臨期待していると

























alt
一口すらも貰えない…
(;´Д`)































その未知なる名物の味、
未だ体験する事できないけれど
alt
これまでにも記事に出てきた
名だたる名店揃いまくりな土地であり、










実は横浜の崎陽軒初代社長の出身地。
alt
どうやらタッグを組んで面白い事始める予感の











alt
鹿沼市って
グルメツアーにオススメですよ(*´ω`*)








2020年10月23日 イイね!

究極のダイエットメニュー

究極のダイエットメニュー


そのメニューの名を聞けば、
きっと皆に意識してると褒められちゃうの…





























という事で、
これでも絶賛食事制限祭りな私は
alt
ランチを求めて鹿沼市へ。























alt
既に幾度も載せてるお店だけれど、








alt
この外観見ているだけで
謎のテンションUPする。
























alt
何故ってそれは…




























alt
重厚過ぎる裏メニューやら






alt
変形W炭水化物も楽しめて







alt
昭和レトロも楽しめる
魅惑過ぎる店だから!!































メニュー表をじっくり見つめ、
「今日は無礼講ね」とワクワクすれば
黙っていた相方が私の顔見て呟いた。
































alt
Σ(゚Д゚;)


































alt
辛い言葉が並ぶ中、







alt
(やはりまだまだ解禁ダメなのね…)















alt
相方さんの羨まランチが降臨したと同時に
私の方のサラダランチは



































alt
((((;゚Д゚))))
































alt
マヨがあっても
これはとことん泣けてくる…








alt
飼育小屋のウサギになった気分で
いつもの旨ぇコールも心做しか響かない。

































alt
でも
安心してください!!






























alt
サラダ山の裏山に…




























alt
ちゃんと神秘
あるんです!!
(*゚д゚)

























alt
この店最大の売りでもある
濃厚デミがたっぷり掛かった
ハンバーグと平たく潰したエビフライ。









alt
ライス少々言うけれど、
白米がその場にある事だけでも
ダイエッターには奇跡の光景。




























alt
きっとこれなら







alt
朝昼晩と3食食べても







alt
きっと頑張れると
思うんだ(笑)























alt
実は〆に無料で出てくるコーヒーも
食後30分以内に飲むと脂肪吸収抑える
効果があると聞いて嬉しくなってしまった





alt
既に創業60年の超老舗。






alt
それは鹿沼市「喜楽食堂」

























alt
意識高い系女子や、
ダイエット中のそこの皆さん。









私と共に野菜たっぷり、
alt
「サラダランチ」
コールしてみないか?
(*´ω`*)

























で…
ダイエットの方はというと、
スタートから2ヶ月と今日で2日。

18キロ痩せた!!
((((;゚Д゚))))



















来る11月4日の健康診断まで
あと12日。
alt
無茶な目標20キロ
本当にイケそうな予感がス!!








2020年10月20日 イイね!

飛び込んだ食堂で奇跡を見た

飛び込んだ食堂で奇跡を見た


食べたいと念じれば
願いが叶う事もある…



























alt
GoToトラベル利用して
福島県で素敵な宿を堪能した後、















alt
近場の洗車場を探し出し、





alt
しっかり「例の探訪リスト」に刻んだ私。



























そして最後のノルマ。

「シャインマスカット
絶対2房買ってこい!!」

相方さんにそう言われたものだから…




























旅に出かける寸前にネットで必死に
地元果樹園情報探し出し、
alt
1房2,500円!!









イイものなのか高級なのか、
ぶどうの価値がわからないけど
スマホの画像をしっかり見せて
alt
無言で2房分の5千円札
託された。


























alt
売ってなかったらどうしよう…
(;・∀・)








alt
果樹園の直売所へと
ドキドキしながら潜入すれば、






























alt
無事発見!!











alt
そしてまさかの


























alt
2千円という裏金が
自分の財布に降臨ス(笑)





























無事最終ノルマを達成したけど
ちょっと何かが物足りない…
(;・∀・)





























alt
前日皆で某所のソースカツ丼堪能した際、









alt
通常メニューは1枚だけど
みん友さんがガッツリ食べてた
カツが2枚ものった裏メニューの




























alt
私も全力
食べたいの!!















alt
そして彼女にまた会いたい…































alt
福島市から会津若松市まで突っ走る。
ダイエットの影響なのかわからないけど、
疲労感と空腹感に襲われながら







alt
途中猪苗代までやってきた時、
既に会津経由でそこから自宅に戻る力が
残ってない…































alt
もう何でもいい。
どこか食う場所無いかと彷徨うも
飲食できない変なお店ばかりが
立ち並ぶ中、







alt
やがて車は駅前へとやって来たけど
どこの店もやってない。




























と、
alt
Σ(゚Д゚;)





























暖簾はまだ出てないけれど
一瞬、人の気配を感じたの。
alt
ガラスに貼ってあった店の向かいの
駐車場??へと恐る恐る侵入すると、








alt
そこは周囲の光景だけで一見さんが
入っちゃいけない廃墟チックなオーラを感じ







alt
だけど既に限界超えてた私は車を停めて
「今日は営業するのか」聞きに行こうと
車の外へ飛び出せば…




























alt
運がいいのか駐車場へ入る車で
反応したのかわからないけど
とにかく何か食えるんだ。













alt
白地にハッキリ書かれた「食堂」文字に
期待しながら突撃すれば








alt
大衆食堂に有りがちなホッとする光景と








alt
積み上げられた地場産白米見た瞬間に
これは絶対期待できると









alt






























alt
これしか無ぇww






























もうリバウンドしたって構わない!!
alt
私は迷わず「ソースカツ丼」コールをすれば、










alt
店主が厨房で必死に肉を叩き出す。









alt

果たしてどんな物が降臨するのか
ワクワクしながら今か今かと
着丼待てば、




























alt

























alt
え?
(;・∀・)

ビビりながら蓋の向こう側を
覗いてみると…






























alt
(;゚Д゚)



















alt
(((;゚Д゚)))






























alt
(((((((;゚Д゚)))))))?!?!



























alt
まさかまさかのカツダブル。







alt
所狭しとカツの2階建が
白米の上に横たわり、







alt
見た瞬間に旨い事はわかってる。









alt
衣にしっかり染みたソースの味と
豚の味を今全力で噛み締めようと































alt
間違いない!!

甘みの中、遠くに見える豊かな酸味。
そして丁寧に叩かれた豚肉は、
驚く程柔らかい。













alt
1枚食べてもまだ下層には
あと1枚と白米バッチリ残ってるから、








alt
途中で華麗に味変しつつ






alt
無我夢中で食べ続ければ









alt
ダイエットなんて辞めたくなった
満足感がたまらない。

























alt
運良く願いが叶った私は大満足で
帰路につく。










という事で、
alt
聞けば創業50年以上の
猪苗代町「あまの食堂」








alt
店主こだわり国産豚肉100%
お手軽価格でデフォで2枚食せてしまう。





 


alt
どうです、
皆さん攻めてみませんか?
(*´Д`)ハァハァ
























alt
今回の福島旅行の大半が、










alt
いつもの様に
味わってばかりいたけれど…(笑)























alt
心から好きな場所だから、
これからも福島通い続けようと思います!!






2020年10月17日 イイね!

激安過ぎる寂れた宿へと突撃ス!! ~第5回~

激安過ぎる寂れた宿へと突撃ス!! ~第5回~


君はこの枕の上で
ぐっすり熟睡できるのか・・


























という事で、
相変わらずマニアな人に好評の
alt
前回の宿は【コチラ】に載っておりますが、























今回は福島県で
皆とソースカツ丼楽しんだ後、
alt
再び旅に出る人や自宅に帰る人もいる中で…

























alt
(;・∀・)


























そんな訳で、
事前に宿を厳選しながら前回同様
alt
1泊1万円宿!!
((((;゚Д゚))))










それをGoTo効果で一気に5千円台突入しつつ、
alt
食事もネタになるから
2食付!!






























alt
色づき始めた緑の中を走り抜け、







alt
到着したのはきっと人生初の
福島市の「飯坂温泉」

























alt
川沿いに佇む宿の大多数が
鬼怒川温泉みたいに激シブだけど、







alt
そんな古い温泉街ほど
私の好みで溢れてるから…


























alt
「新松葉」
何が「新」だかわからないけど、








alt
確実にそこは
昭和レトロの宝庫の予感。






























alt
ニヤニヤしながら突入すれば、









alt
「部屋は一番階下だ!!」













alt
案内係も無いままに、
暗めの階段ドキドキしながら
下へ下へと進む私の目の前


























alt
この瞬間がいつもめちゃくちゃ楽しみ過ぎて…








alt
我、御開帳!!































alt
( ゚д゚ )キレイ過ぎ…


























alt
と思っていたら、








alt
宿は私を裏切らない。


























alt
やはりこうでなくちゃダメなんだ!!







alt
昭和の名残と、







alt
ボロ加減。























alt
早速浴衣に着替えて
部屋の中を散策すれば、









alt
流石1万円の宿の風格、
部屋に温水洗浄便座を装備しながら







alt
懐かしい気分に浸れる設備も
忘れない。

























事前に口コミチェックして
alt
「コップの恐怖」
一人ガクブルしていたけれど…










alt
(;゚Д゚)

























alt
コップだけは







alt
キレイじゃないか!!




























alt
木製引戸をゆっくり開けると







alt
目の前に凄い光景広がる中で



























alt
((((;゚Д゚))))































alt
温泉でも浸かろうと、
暗闇の中歩いてゆけば







alt
すぐに目的地へと到着したけれど…


















alt







alt




























alt
我が家かよ(笑)



























alt
かわいいクマのマットに反して
中はタイル張りの激渋浴槽。








alt
ここでもしっかり昭和レトロと







alt
おそらく私が一番客でも
謎の汚れが好き過ぎる。
























フロントのおじさんが
alt
「ホース水を使ってね」
そんな事を言っていたけど、









alt
熱いお湯には
慣れてるの!!



























alt
って、激熱っ!!
(;´Д`)












素直に言う事聞いて
alt
じっくり浸かってみたら
湯上がり後はかなりサッパリ
していて気持ちイイ。




























なかなか湯冷めしないまま、
alt
教えられた夕食会場降臨すれば



























alt
(;・∀・)























と、
alt
これまで泊まったどの宿にもなかった程の























alt
Σ(゚Д゚;)


























alt
確実に豊富過ぎる品数と






alt
見た目だけでも鮮やか過ぎて
私は初めて高級宿に泊まった予感がス。























alt
宿のおばちゃんが白米と
味噌汁持ってきたら言い放つ。


















alt
「自分で火をつけて」






























って、
alt
宿名違うしwww




























これが全ての始まりだった…
























alt
刺し身はめちゃくちゃ旨いんだけど





alt
何故かワサビが化石化で、















alt
熱々味噌汁飲もうとしたら、






alt
豆腐が連結してるんだ。















alt
ビビってお茶でも飲もうと思ったら、






alt
これが私の
生きる道!!

























alt
謎のおかずが無性に旨くて






alt
何よりも
福島米は超旨い!!




























バッチリ自己満堪能しながら、
alt
食後はのんびり露天で滝でも
眺めたい。









alt
実は夕方、
何故か入る事が出来なかった事もあり









alt
「今度こそは」と一番まともそうな雰囲気に
心の安堵を求めつつ、









alt
外の風が気持ちいい
コンパクトな湯船に浸かり

































alt
暗くて何も見えないじゃん(笑)













最後にいつの時代のものだか全く不明な
無料のマッサージチェアに座ったら、
alt
超単純動作で痛い部分をガンガン押され
長旅の疲れを癒やされないまま眠りにつくの。
(*´ω`*)



























翌朝寝ぼけ眼で
alt
貸切できる家族風呂にゆっくり浸かり、








alt
朝食は「大広間に来い」と言われて
来てみたら









alt
これまた彩り豊かな朝食降臨、








alt
「ハム大量だ!!」

























ニヤニヤしながら喜んでると、
alt
皿の絵をハムと間違える程、
寝ぼけてる…






















alt
昨夜と一転、汁の豆腐は
昨夜と違いちゃんとカットされてるし









alt
他のオカズも美味しい中で









alt
やはり温泉ド定番の







alt
ラジウム卵が旨過ぎました!!




















という事で、
やはり寂れた宿は
レトロやいろんな体験できるから
alt
飯坂温泉の「新松葉」
心からオススメです(*´ω`*)




プロフィール

「@fatman1962 キタ━(゚∀゚)━!」
何シテル?   11/28 13:39
GOLFとPolo(´∀`*) 仕事で栃木県内ぐるぐるしております。 洗車と洗車場探訪が趣味で 大衆食堂をこよなく愛し、店の人との コミュニケー...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

みかさ食堂裏メニュー列伝!! 
カテゴリ:裏メニューリスト
2019/02/26 23:49:38
栃木県コイン洗車場MAP 
カテゴリ:洗車場リスト
2019/01/08 23:25:47
栃木県内のコイン洗車場を全部回ってみました!!ヽ(・∀・ )ノ  
カテゴリ:洗車場リスト
2015/09/10 16:15:45

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
GOLF6からGOLF7へ。 同じトルネードレッドで これからもVWライフ楽しみます。 ...
フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
相方号。 up!→そしてPoloとVWライフ2台目。 買い物や仕事等、主に近場専用で ...
スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
もう少し荷物が積めた方がいい(;・∀・) という一言で、 up!から何故かインプ ...
フォルクスワーゲン アップ! フォルクスワーゲン アップ!
whiteかblackか少しだけ悩みましたがwhite up!になりました(*´∀`*) ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.