• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

辛口レビンのブログ一覧

2013年10月26日 イイね!

日本スピンドル


 兵庫県尼崎市にあります「日本スピンドル製造株式会社」、この会社名をご存知の方は居られ

ますでしょうか? 

今回の「良い話」はこの会社の方たちの話です。



2005年4月25日、JR福知山線で乗員・乗客合わせて107人の死者を出す大事故が発生します。

この「JR福知山線脱線事故」はマスコミでも大きく取り扱われ、過密なダイヤや運転士に対する

日勤教育の問題とともに、事故車両にJR西日本の職員が乗っていたにもかかわらず、救助活動

を行わなかった事や、連絡後に懇親行事がそのまま行われていた事なども問題視されました。



そんな中、事故現場の近くにあった、一つの会社がクローズアップされます。



日本スピンドル製造は、電車が激突したマンションから程近い場所に工場を構える会社です。

事故発生時、大きな衝撃音を耳にした社員達は、すぐに現場に急行します。

そして、大惨事の知らせを受けて現場を確認した当時の斎藤十内社長は、そのまま工場に引き

返し、すべての機械の操業をストップ。 

300名近くいた社員を皆食堂に集めると、全力を挙げて救助活動にあたるように支持したのです。

製造業の方ならお分かりになると思いますが、工場の操業を止めることは、会社にとって大きな

損失だったはずです。

しかし斎藤社長は当然のように人命救助を優先しました。

励ましの声をかけ、バールやハンマーなど会社の工具を利用しながら負傷者を救出。

女子社員たちも制服を負傷者の血で真っ赤に染めながら救出介護にあたったそうです。

さらに救急車の到着が遅いことを知ると、社員達のマイカーや工場のトラックなどを使って病院へ

ピストン輸送しました。

彼らが救った人の数は130人以上といわれています。

その後、消防や警察のレスキュー隊が到着すると、専門家の足手まといになってはいけないと、

社員たちを速やかに引き上げさせたといいます。



それにしても見事な危機対応、見事な采配です。

現場で活躍した社員たちも、もちろん素晴らしいですが、私が注目したのはこの斎藤社長の決断

です。

リーダーたる者、その時その場で何をすべきか。 この方は本能的にわかっておられます。

先ず何といっても会社の利潤より人命救助を優先したことが素晴らしい。

実はこのあと、この会社の評判が広がり、受注数が増え、求人志願者が倍増し、株価も1.5倍

近くに上がったそうです。

斎藤社長の決断は、確かにその日一日だけを見れば、会社にとって損失でした。

しかし、トータルで見ればそれをはるかに上回る利益を会社にもたらしたのです。

事故に遭われた方々にとっても、早く救出されたことにより、命が助かった方も大勢いたはずです。 

全てはトップの適切な判断によるものでした。

これがリーダーたる者の資質、昔で言う「徳」というものなのでしょう。



 

 「人を守ってこそ自分も守れる。

                 己の事ばかり考える奴は、己をも滅ぼす奴だ!」



これは以前4月の終わり頃に紹介した、黒澤明監督の映画「七人の侍」の中に出てくる志村喬

さん演じるリーダーの島田勘兵衛の台詞です。

私の大好きな言葉なのですが、真の意味でもう一つ内容が掴めていませんでした。

しかし、今回のこの話や斎藤社長の振る舞いを見ると、おぼろげながら何か見えてくるような

気がします・・・。


 

     
    う~ん、深いなぁ (笑)  
 



   
    以上。


Posted at 2013/10/26 00:11:39 | トラックバック(0) | 良い話シリーズ | 日記
2013年10月19日 イイね!

花嫁人形




 画像が悪くて申し訳ないのですが、これは東京九段の靖国神社の遊就館に展示されている

花嫁人形です。

どれも可憐で清楚で優雅、とても美しいですね。

これらは息子さんを戦争で亡くされた母親たちが靖国神社に奉納したものです。

わずか二十歳前後で、嫁を娶る前に逝ってしまった息子たちを不憫に思い、「せめて人形でも

いい、お前に花嫁を」と奉納されたお母様の気持ち・・・ 

私は暫く涙が止まりませんでした。



 ある番組での、今は亡き評論家の三宅久之さんの動画をご覧下さい。



 

 安倍総理は8月15日に続き、この秋の例大祭も参拝を見送りました。

理由はお馴染み、「中韓への配慮」・・・

先人たちへの配慮も忘れないで頂きたいものです。

暫く封印しておりました辛口ですが、時が経つとどうにも我慢できないと言いますか、疼いて

きます。 


 そこで一言いわせて下さい。



安倍総理!
  「靖国で会おう」は日本国と英霊たちとの約束ではなかったのか!


 


 かつて鎌倉時代に元寇というものが有りました。

時の執権北条時宗は、元の属国になれという国書を携えた使者を斬って捨て、鎌倉武士の

心意気を示しました。 断固拒否の姿勢を貫いたのです。

当時の元は極東アジアから東ヨーロッパまで支配する大帝国でした。

そんな大国を相手に鎌倉武士たちは一歩も怯まなかったのです。

最近の中韓における尖閣、竹島侵略等は現代の元寇ではないでしょうか。


 最後に一言。 

 


  安倍総理! 平成の北条時宗になってくれ!!



    以上。
Posted at 2013/10/19 14:41:01 | トラックバック(0) | 戦争 | 日記
2013年10月11日 イイね!

敵に塩を送る


 毎日テレビや新聞、或いはネットといったマスメディアから沢山のニュースや情報が流れてくる

のですが、圧倒的に暗い事件や話題ばかりです。

マスコミも商売ですから、視聴率を考えた場合致し方ないのかといったとこでしょうか。

凶悪事件であればあるほど視聴率が上がるんだそうですね。



そんな暗い閉塞感のようなものを打破すべく始めた「良い話」シリーズも今回で3回目。

まあそんな大それたものでもありませんが・・・ (笑)

かつて、保守言論誌のコラム等に掲載され、心に響いた逸話などをボチボチ紹介させて頂いて

おります。

この世知辛い世の中、少しでも心温まれば幸いです。

今回「敵に塩を送る」といっても上杉謙信のことではありません(笑)



 

 アメリカのフィギュアスケート選手、サーシャ・コーエンは、2002年に行われたソルトレイクシティ

オリンピックで、競技用のタイツを忘れるという重大なミスをしてしまいます。

当時のアメリカは2001年の同時多発テロの影響で厳戒態勢でした。

選手たちもカバンの中身を全部出して、チェックを受ける必要がありました。

彼女はチェックを受けるために競技用のタイツをカバンから取り出し、そのまま置き忘れてしまっ

たのです。

しかし、彼女が忘れ物に気づいたのは演技の直前、探すにも新しく手配するのにも時間はなく、

周りの選手たちに予備のタイツを貸して欲しいと頼みますが、誰も返事をしてくれません。

厳しいスポーツの世界ですから、仕方のないことだといえるでしょう。


ところが、困っている彼女の姿を見て、一人の選手がわざわざ自分の履いていたタイツを脱いで

彼女に差し出したのです。



それはフィギュアスケート日本代表の村主章枝選手でした。



そして、競技の結果はサーシャ・コーエン選手が4位で村主章枝選手は5位。

もしも、村主選手がタイツを貸していなければ、順位は変わっていたかもしれません。

この話は美談として、当時の地元の新聞などでも話題になったそうです。


そして、後にテレビのトーク番組に出演した村主選手は、コーエン選手からまだタイツを返して

もらっていない事に触れ、「早く返してください」と笑いながら語ったそうです。





 
   ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・


 
 ほんのちょっとの短い話でしたが、いかがでしたか?

オリンピックという世界一を争う最高の戦いの舞台。

そんな中でも相手に対する思いやりの心を忘れない ・ ・ ・

まさに武士道に通ずることだと思います。

村主章枝選手、ここに大和撫子認定です!

私が保証致します!


    ・ ・ ・ なんの権威もありませんが (笑)


   以上。



Posted at 2013/10/11 21:52:33 | トラックバック(0) | 良い話シリーズ | 日記
2013年10月05日 イイね!

久々のドライブ


 だいぶ気候もよくなりましたので、この間の日曜日に妻と外食を兼ねて、少しですがドライブな

どを楽しんで参りました。

今回は思い切ってレビン君の出動です。





なにしろ今だ部品が当時物多数ですので、長い距離は勇気が必要なんです(笑)

で、このくらいの距離ならと、向かった先がここです。





焼津市にあります小川港魚河岸食堂です。 (小川と書いて、こがわと読みます)

ここは過去にテレビ等で紹介されたり、地元でも結構有名なお店なんです。

看板に「一般大歓迎」とありますように、元々この店は漁協関係者や市場の仲買人さんたちの

ための食堂だったそうなんですが、安くて美味しいと評判で、そのうち一般の方たちにも開放

されたというお店なんです。

今回で3回目になりますが、いつも駐車場整理の方が2名おりまして、中々の繁盛ぶりです。

中に入ると豊富なメニューが目に飛び込んできます。





これで全体の3分の2くらいでしょうか。

焼津ですから、当然カツオやマグロの刺身や海鮮丼が主流ですね。

で、妻が選んだのがこれ。





並の海鮮丼、1000円です。

そして私が選んだのがこれ。





マグロ漬丼800円と、山かけ丼800円。 ダブルですが何か・・・? (笑)

山かけはいわゆる「とろろ汁」ですね。 これにマグロやカツオの刺身に醤油を絡めて食べるの

がたまらなく好きなんです。 焼肉より好きです。 う~ん幸せ!(笑)





ということで、見事に完食です。 美味しくて喋るのも忘れるくらい一気でした(笑)

とにかくこの店の売りは魚が新鮮で美味しいこと。 値段も千円前後が主流でリーズナブル。

焼き魚等の定食が600円からあるんです。

これは私の持論ですが、やはり魚は水揚げする港に近ければ近いほど美味しいですね。

うん、間違い無い! ・・・ちと古いか?(笑)


 ということで小川港魚河岸食堂、久々に伺いましたが相変わらずまいうーでした。


腹も膨れて気分が良くなった後は、天気も良いので富士山がよく見える場所へという事で、清水

の三保海岸へ足をのばしてみることに。

羽衣伝説で有名な三保の松原ですね。

行ってみて、ヤケに人が多いなと思ったら、ここは富士山と一緒に世界遺産になったんですね。

ところが ・  ・  ・  ここで重大なミス。 画像撮るの忘れてました・・・ナハハ・・・アホ!



汗)まあ、ただの松林ですから(笑)  ・・・それを言っちゃーおしめぇよ!



で、この辺りから見える富士山がこんな感じです。



 ナイショで初公開、うちのかあちゃん

ちょっと霞んでますね。 

まだ雪が無いんで、らしさもイマイチです。

やっぱり富士山は晩秋から春の方が見応えがありますね。



そういえば、ここの駐車場にこんな昭和な車が・・・





西部警察なR30ですね。  う~ん中々カッコイイ!

湘南ナンバーでしたが、もしかしてみんカラやられている方でしょうかね?


 

 
 そんなこんなで、帰りは東名をすっ飛ばしていきましたが、まだまだどうしてうちのレビン君

中々の走りです(笑) 

ただ、どうしても100キロ超えると車内の騒音がキツいですね。

話しをするにも怒鳴り合うような感じです(笑)





何事もなく無事に帰宅し、車庫へ。

最近お気に入りの角度から一枚。



 うーん、カッコイイ!



 また惚れ直しました(笑)















Posted at 2013/10/05 13:14:57 | トラックバック(0) | 日常 | 日記

プロフィール

「驚いたね~ まさか当選するとは思わなかったなぁ。それに「私自身、必要な説明をし、公私のラインを引かせていただいた。一定の信託はいただいたと思う。」って・・・
なに勝手に禊すませてんだ ?
国民は信託なんかしてないぞ !

何シテル?   10/23 21:10
上品とは無縁の田舎のべらんめぇ親父です。 身の程知らずの言いたい放題。 時として極論で語ることもありますが、昭和 の頑固親父の戯れ言だと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

“平等”って? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/11 22:21:11
歴史の話 5 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/08 00:37:18
昔のアイドル 特別編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/28 13:46:22

お友達

大変申し訳ありませんが、みんカラに使える時間が

限られている為、現在募集はしておりません。

尚、長期に渡り疎遠な方は縁無きものと判断し、

予告なしに削除して参りますが悪しからず。

m(_ _)m




30 人のお友達がいます
利根川の天然水利根川の天然水 * ジーノもどきジーノもどき *
ツゥツゥ * なんぽんなんぽん *
工場-長工場-長 よっちゃん豚よっちゃん豚

ファン

60 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
トヨタ カローラレビンに乗っています。 昭和62年2月に購入以来、雨の日も風の日も毎日通 ...
トヨタ パッソ トヨタ パッソ
妻の愛車、パッソのHanaちゃんです。 ベンチシートがお洒落です。 1,3Lながら中々 ...
トヨタ アルファード トヨタ アルファード
長男の愛車、アルファードです。 2,4Lながら最高グレードのGで快適装備満載です。 ...
トヨタ ヴェルファイア トヨタ ヴェルファイア
次男の愛車、ヴェルファイアです。 長男のアルファードに負けず劣らず良い車です。 その他コ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.