• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

辛口レビンのブログ一覧

2017年02月26日 イイね!

家族と共に30年。



私事ですが、本日我が家のレビンが無事に30年を迎えました。

10年ひと昔といいますが、流石に30年となると感慨もひとしおなものがあります。



レビンを購入した1987(昭和62)年の主な出来事を調べてみると、地価の異常な高騰などによるい

わゆるバブルの始まりがこの年でした。 そして国鉄の分割・民営化によるJRの発足。 東北自動

車道の全面開通。 NTTから携帯電話が発売され、アサヒビールから私の大好きなスーパードライ

が出たのもこの年でした (^^ゞ

さらに当時の総理大臣は中曽根康弘で、官房長官は後藤田正晴。 衆議院議長は原健三郎。 

懐しい名前ですね。


下の画像は1996(平成8)年頃。 今から21年くらい前のもの。

箱根の芦ノ湖スカイラインで富士山をバックに。



家族5人、旅行やドライブなどを”おしくらまんじゅう”で行っていた頃 (笑)

この時点でレビンは購入から既に9年目。

さすがにキツくなってきたのと、当時は車の寿命は10年という認識が一般的であったため、この翌

年に晴れてミニバン購入と相成りました (^^ゞ



折角ですので、今回はレビンと共に成長したうちの小僧たちを紹介しましょう。


先ずは辛口家の10代目の跡取りから。

上の箱根の画像から約10年経つと当時のチビたちもこんなに逞しくなります。




小4からずっと陸上を続けた長男。

これは高3の時の東海選手権でのひとコマで、場所はエコパスタジアム。

確か400メートルリレーのウオーミングアップの時のもので、これでも今から10年以上前の画像に

なります。

脳のミソはカラっきしですが、何故だか幼少の頃から身体能力に恵まれ運動神経抜群。 

学校の運動会などは、徒競走のあった小1から中3までの9年間、全てオールピンのロイヤルスト

レートフラッシュでした(笑)

現在は会社勤めの傍ら、その脚力を活かし地元消防団のエースとして活躍しております。

早く孫の顔を見せて欲しいのですが中々 (笑)



そして次男坊。

次男は小3から大学1年で膝を痛めてリタイヤするまで、約11年間野球をやりました。



こちらも脳ミソはスッカラカンですがやはり身体能力に恵まれ、スポ少で投手と捕手、中学で投手

とサード、高校ではセンターで活躍。

上の画像は中学3年の時の夏の中体連県大会での常葉橘中戦でのひとコマ。

ポジションはサードで打順は5番でした。

この時の相手投手は最速143キロの庄司隼人で、現在広島カープの内野手に在籍しています。

高校の時は以前ブログにあげた通り、補欠ではありましたが甲子園まであと一つでした。

次男は現在でも仕事の傍ら、休日には軟式ですが草野球を楽しんでおります。



そして一番下の長女。

将来の私自身の看病のために作りました (笑)




これは高1の時。 地元の秋祭りの時だったと思います。

スポーツ万能の兄たちに比べ、こちらは何故だか運動神経ゼロ (笑)

小学校の時、兄二人を知る担任から、かけっこだけを見ると 「とても同じ兄妹とは思えない」 という

有難いお言葉 (笑)

しかし棄てる神あれば拾う神あり、、なのかは分かりませんが、絵が得意。

現在はアルバイトの傍ら、(売れない)イラストレーターとして絵の創作に勤しんでおります。

序でにお年ごろでフェロモンを放ちまくっていますが、白馬の王子様はまだ現れていないようです。

(私が知らないだけか ? 笑)




当然のことですが、時が流れ年月が経ち、子供たちも成長。 今や全員が成人しました。

私や辛嫁も、気が付けばもう50代の半ば。 見た目もそうですが、随分と歳を取りました。 

辺りを見回すと、身の回りの様々なものが年月の経過とともに変わって行きました。

昭和から平成へ、さらに次の年号がと噂される今日この頃。


しかしうちには昭和の時代から30年間変わらないものがひとつ有ります。

そいつはずっと家族と共にあり、家族の成長を見守ってきました。


そいつとは ...


そう、レビンです。





というわけで、

う~ん、


ちょっとキザだったか ... (笑)
Posted at 2017/02/26 21:57:30 | トラックバック(0) | レビン | 日記
2017年02月19日 イイね!

いとめでたし。

いとめでたし。
タイトル画像はうちの庭にある梅の木。

2月も中旬を過ぎ、静岡では梅の花が見頃を迎えております。

皆様と同様の甘くたるんだ腹回りを引き締めるべく、昨秋より

始めたウォーキング(笑) もちろん現在も続いており、今日は

それを兼ねて辛嫁ちゃんと近くの梅の名所へ見学に行って参

りました。



ここはうちから1キロくらいの所にある 「黒田家代官屋敷」



江戸時代の旗本・本多氏の代官を務めたこの黒田家の邸宅で、「白加賀」、「寒紅梅」など13種類、

約180本の梅の木を鑑賞することができます。

   


       木の花は、濃きも薄きも紅梅。

      桜は、花びら大きに、葉の色濃きが、枝細くて咲きたる。

      藤の花は、しなひ長く、色濃く咲きたる、いとめでたし。
      

<現代語訳>

      木の花は、色の濃いのも薄いのも紅梅がよい。

       桜は花びらが大きく、色の濃いものが、枝が細く咲いているのがよい。

      藤の花は、花房がしなやかに長く垂れ下がっていて、色が濃く咲いているのが、

      たいへん素晴らしい。


この清少納言の 「枕草子」 の一節は皆さんもよくご存知でしょう。

日本の”春の花”といえば 「桜」 が代名詞ですが、実は古代においては 「梅」 が主流でした。

奈良時代に編纂された 「万葉集」 においても、梅を詠んだ歌が120首近いのに対し、桜は44首。

これは諸説ありますが、梅は元々漢方薬として大陸から伝わってきたものであり、特に飛鳥~奈

良時代においての日本は大変な中国かぶれであったこと。( 明治から昭和にかけての欧米かぶ

れに似ていますね ) 花の姿形そのものが桜に比べ慎ましく控え目で日本人的であり、当時の歌

人や庶民たちの感性に合致していたのではないか、ということなどが挙げられるようです。

それが平安時代に入ると歌の主流の座は徐々に桜に移行して行きます。

これも諸説ありますが、大きいのは菅原道真による遣唐使の廃止。 それによる中国離れが進ん

だ結果、元々日本に自生していた桜が見直されたのではないかという説が有力なようです。



こういった画像を貼る度にうちの安いデジカメの性能の悪さを実感します (ToT)


さて、折角ですので万葉集の梅に関する歌をいくつか紹介しましょう。

いずれも大伴旅人( おおとものたびと )が詠んだ歌で、梅の花に関して人気の高い歌であります。

大伴旅人は、万葉集の成立に深く関わったとされる大伴家持( おおとものやかもち )のお父さん。


で、その前に、家持といえば有名なのが、


”なでしこが、その花にもが、朝な朝な、手に取り持ちて、恋ひぬ日なけむ”

   ( あなたが撫子の花だったらなぁ。そうしたら毎朝、手に取って愛でるのに )


いや~ロマンチストですね~

彼女でも愛人でも、これからおなごを口説こうとたくらんでいるそこのアナタ。

へたなバラの花なんかよりもこちらの歌の方がよっぽど効果的ですゾ。

”女口説くにゃ銭はいらぬ、万葉集の一句もあればよい”  

・・・て、 いまどきのおなごには通用しないか ? (笑)


あ、ゴホンッ


大伴旅人といえば、亡き妻への思いを詠んだ歌が有名ですが、梅の花に関しても多くの良い歌を

残しているんです。


  ”雪の色を、奪ひて咲ける梅の花、今盛りなり、見む人もがも”

    (雪の白さを奪い取って咲いている梅の花がいま盛りです。見てくれる人がいるといいなぁ。)


  ”残りたる、雪に交じれる梅の花、早くな散りそ、雪は消ぬとも”

    (残った雪にまじって咲いている梅の花よ、雪が解けて消えても、まだ散らないでくれ)


  ”我が園に、梅の花散るひさかたの、天より雪の、流れ来るかも”

    (私の庭の梅の花が散っていきます。天から雪が降ってくるのでしょうか)


   

我が園(庭)に咲く梅の花。  ロマンチックなブログが台無しのこの画質の悪さ (笑)

うちの地方は雪が降りませんので、残念ながら雪に梅の花という風景は見れませんが、そうした情

景はよくわかりますし、憧れでもあります。

しかし優しい歌ですね~

言葉そのものが優しいし、美しいですよね。

日本人というものは、本来この万葉集にあるように本当に繊細で優しい民族なのでしょうね。

また、旅人という名前も良いですね。 

およそ1300年の時空を超えて、日本人の持つ本来の優しさを今に伝える”時の旅人” というイメー

ジが湧いてくるような気もしますね。


と、いうわけで今回は腹回りプヨプヨのくせに、めっちゃキザでロマンチストな辛口爺の、

簡単な梅の花の話でした~


  ではまた✩
Posted at 2017/02/19 22:15:36 | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年02月05日 イイね!

実にけしからん !


週末は公私に忙しく、ゆっくりとしている暇がなかったので今回は短いブログを一つ。


下の画像はうちの倅が入隊している菊川市消防第六分団の同じ20代の仲間のけしからん車。

人も車も絶滅危惧種。

今となっては大変貴重な存在である (笑)




けしからんマフラーから けしからん音を響かせているが、、、

まあ 温かい目で見守っていくこととしよう (笑)



と、これだけでは少々さびしいので、ユーチューブ徘徊で見つけた動画をオマケに一つ。

私が乗っているAE-86に関するものである。

わずか1600ccの4AーGエンジンではあるが、一緒に走る現代車との排気音の違いを比べてみて

欲しい。 ( 特に45秒辺り )



これもハチロクの魅力の一つか。


実にけしからん音である (笑)




Posted at 2017/02/05 21:03:00 | トラックバック(0) | 車ネタ | 日記

プロフィール

「驚いたね~ まさか当選するとは思わなかったなぁ。それに「私自身、必要な説明をし、公私のラインを引かせていただいた。一定の信託はいただいたと思う。」って・・・
なに勝手に禊すませてんだ ?
国民は信託なんかしてないぞ !

何シテル?   10/23 21:10
上品とは無縁の田舎のべらんめぇ親父です。 身の程知らずの言いたい放題。 時として極論で語ることもありますが、昭和 の頑固親父の戯れ言だと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/2 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    

リンク・クリップ

“平等”って? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/11 22:21:11
歴史の話 5 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/08 00:37:18
昔のアイドル 特別編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/28 13:46:22

お友達

大変申し訳ありませんが、みんカラに使える時間が

限られている為、現在募集はしておりません。

尚、長期に渡り疎遠な方は縁無きものと判断し、

予告なしに削除して参りますが悪しからず。

m(_ _)m




30 人のお友達がいます
利根川の天然水利根川の天然水 * ジーノもどきジーノもどき *
シュールシュール * よっちゃん豚よっちゃん豚
青と緑の稜線青と緑の稜線 なんぽんなんぽん

ファン

60 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
トヨタ カローラレビンに乗っています。 昭和62年2月に購入以来、雨の日も風の日も毎日通 ...
トヨタ パッソ トヨタ パッソ
妻の愛車、パッソのHanaちゃんです。 ベンチシートがお洒落です。 1,3Lながら中々 ...
トヨタ アルファード トヨタ アルファード
長男の愛車、アルファードです。 2,4Lながら最高グレードのGで快適装備満載です。 ...
トヨタ ヴェルファイア トヨタ ヴェルファイア
次男の愛車、ヴェルファイアです。 長男のアルファードに負けず劣らず良い車です。 その他コ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.