• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

森野熊三のブログ一覧

2018年10月16日 イイね!

韓国の黒歴史:済州島4・3事件 其の弐

韓国の黒歴史:済州島4・3事件 其の弐※其の壱からの続き

日本の植民地時代に、強制的にでも自主的にでも、日本に住んで居た朝鮮人は、日本の敗戦で勇んで本国へ里帰りするも、帰国した矢先の内戦では、逆戻りを余儀なくされ…。
当然、正式には受け入れていないかった為に、密航者となる訳で、戻った日本で見つかれば逮捕され強制送還されることに…。

ところが、強制送還は、死刑にも等しく、多くの密航者は身分を隠し、日本に残ることを決めていた親類縁者を頼りに、日本での生活を余儀なくされたようです。



まっ、言い換えますと、日本に恩が有るのに、本国の教育方針が在日にも伝わったお陰で、日本に居ながら反日を叫ぶ民族主義者になってしまうと言う、誠に恩知らずな民度に、レイシストのターゲットになるのは致し方のない話では有るんですけどね…。

て言うか、日本で生まれ、既に韓国語も流ちょうに話せなくなっている現状で、韓国人や朝鮮人にこだわる必要も無いのでは…と思うのですが、そこが彼らの彼らたる所以なんでしょうね?



で、この記事を書いたのは、そんな在日の子孫の方。
今、済州島で問題になっているイエメンからの避難民騒動に対し、思いを綴っておりましたので、上記韓国の黒歴史を絡め、紹介を致しましょう。

先ずは、何故か熱中症の話から入っております。
で、熱中症の被害者は、いわゆる低所得者層の一人住まい老人だとゆーとります。
そうして、高温と言う温暖化による異常気象は、天災ではなく人類による環境破壊と言う人災であるとも…。



政府や企業は利益優先をモットーに、米国に至ってはパリ議定書からの離脱を表明する身勝手さと、糾弾。

――この全世界的な異常気象の中で、収入もなく、住む家もなく、国家や公的機関の援助も期待できない人々、「難民」はどうしているだろうか。
気にかかる。
炎天に焼かれる旅人には、せめて日陰に招きいれてコップ一杯の水でも差し出したい。
それが人倫の基礎だと思いたいのだが、現実はどうだろうか?――



で、ここからが済州島の黒歴史に触れております。
済州島出身の小説家さんと言う方が来日された折、この方の講演を拝聴したと言うこの記者は、その悲惨さに大きなショックを受けたのだとか?
島を取り巻く米軍の艦艇。
密入国者を見つけて送還した、日米政府。
と、米国や日本政府への非難も忘れてはいません。

※其の参に続く
Posted at 2018/10/16 18:28:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 海外 | 日記
2018年10月16日 イイね!

生まれてくる子供に罪は無いのに… 其の弐

生まれてくる子供に罪は無いのに… 其の弐※其の壱からの続き

で、別れる当時は気持ちの高ぶりも有り、子供を引き取っても何とかなるわ…位に考えがちですが、現実の日本社会はそんなに甘いもんじゃありません。
子供が居なければ…と、悪魔の囁きが聞こえるようにもなるようです。

又、そんなところで、新しい男が出来たりしますと、どんなに酷い男でも優しく感じるようです。
ところが、子供は正直です。
優しくない男には懐きません。



それが、男には癪に障るようになり、お互いに憎み合うように…。
頼りの母は、既に男無の生活にはキツクて戻る勇気も無し…。
男に言われるままに、子供への虐待に手を染めるように…。

じゃぁ、そんな予期せぬ妊娠なら、産まなきゃいいのに…と思うのは、やはり、当事者じゃないからなんでしょうね?



現実に、妊娠した女性には、誰にも相談できないし、「中絶」と言う選択肢は、そう簡単には決心が出来るもんじゃないのだそうです?
まっ、結果的に言えば、早期に決断すれば簡単なのでしょうが、相方への不安、身体への負担、人としての呵責…等々、悩んでいるうちに中絶できない状況に…。

そういう女性が増えて来たことを受け、国も「特別養子縁組」と言う制度を作ったのが、約30年程前のこと。
育ての親と言う制度をルール化したことで、多くの小さな命が助けられたのは事実ですが、やはり、大元の産む側の意識改革が大事なんですね…。



ちなみに、厚労省のデータとして、下記、公表されているようです。
人工妊娠中絶件数:16万8015件(平成28年度)
これだけの数の生まれるべき子供が、人工的に陽の目を見ていない現実。
確かに、今、胎児での病気もわかる時代なので、体に障害を負ったまま生まれても、親も子も楽な暮らしは期待できませんけどね…。

その産む側の女性に、インタビューしたモノが有りましたので、前置きが長くなりましたが紹介を致しましょう。



Mさん(23)の場合
同棲する彼との子を妊娠して7か月。
2人は結婚するつもりはなく、一時は中絶を考えたことも…。
結婚の意思のない彼は、執拗におろせと言いい…。
でも、エコー写真の赤ちゃんを見るたびに動揺し、おろせないと言う思いが強くなり…。
無責任と言われても、おろせない…と言う思いになったようです。

※其の参に続く
Posted at 2018/10/16 18:28:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | 生活 | 日記
2018年10月15日 イイね!

韓国の黒歴史:済州島4・3事件 其の壱

韓国の黒歴史:済州島4・3事件 其の壱韓国の歴史には、黒歴史も多く、触れることさえタブーな事件も数多くあるようです。
それが、絵画や書物がまだ乏しい時期ならば、致し方もないのですが、太平洋戦争が終わった後に起こった惨劇にまで口をつぐまざるを得ないと言う、日本には、「歴史を忘れた民族に、未来は無い」なんてでかい口をたたく民度が、何をかいわんや…。

日本が戦争に負けたのは1945年ですが、植民地だった韓国のその後は、どうよ…?
レジスタンス活動をしていたと豪語する韓国ですので、ソッコで暫定政府を樹立したと、思いたいところですが、そんな人望の厚い人物なんて皆無。



折しも第二次世界大戦の終わりは、米ソ冷戦時代の幕開けとなった訳で、アジアに勢力拡大を模索したソ連は、日本と朝鮮半島の分割を要求したようです。
ところが、戦争で勝利したのは、基本、米国。
日本は渡さぬ代わりに、韓国を半分こしようと決めたようです。
そんなところで、南側ではハワイに亡命していた李承晩が手を挙げ、政権取りに着手、北側には赤色に染まった金日成が主導する国家を模索。



そんな中、済州島人は、南北分断国家ではなく朝鮮統一国家を目指すことを主張し、デモを繰り返していたところに、李承晩は激怒しこれを警察が鎮圧。
更には、米軍も加担しての、共産主義に追われた北からの右翼青年団などを、済州島に送り込んだりしたために、済州島は赤狩りと称した殺戮現場と化すことに。
当然、済州島民の政府への不満は募り、南側が韓国国家樹立に向けた選挙を行うに至り、遂に武装蜂起する事態に…。
それが、1948年の4月3日だったことから、済州島4・3事件と命名されたようです。



当然、事態を重く見た本土からは、陸軍が派遣されることが決定するも、済州島民に同調するモノも現れ、内乱へと発展。
この内乱により、多くの韓国人が、日本へ密航し今の在日の基礎を担う事に…。
韓国軍の弾圧は凄惨を極め、毎日のように処刑が行われたそうで、女性はこちらもベトナム戦争で繰り返されましたが、レイプされた後に殺害すると言う方法で、慰安婦を一同に集めて火の中に投げ入れたなんて証言は、正にこの民族が犯した惨劇を日本軍にすり替えての証言なんですね…。

このように、共産主義を嫌った李承晩は、徹底的な赤狩りを慣行。
遂には、共産主義者の犯行によるものとして、韓国南東部の聞慶と言う小さな町の住民を韓国軍が虐殺。



そんなこんなで、北の金日成も激怒し、朝鮮統一をスローガンに南下を始め、朝鮮戦争へと突入。
本土でも、朝鮮人同士が戦い、多くの命が失われたようですが、済州島では逃げる場所も限られていることから、30万人居たとされる島民は、その1割から2割以上とも言われる人命が失われたようで、命からがら島を抜け出し、日本へ密航した島民は数知れず…。
多くの遺体は埋葬されることもなく、海へ投棄され日本に流れ着いた遺体も数多かったようです。
特に対馬では、多くの遺体が引き上げられ、日本人の手で埋葬されたことから、今年は70年の節目と言う事で韓国人遺族も参加した慰霊祭が行われたとか?

※其の弐に続く
Posted at 2018/10/15 20:55:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 海外 | 日記
2018年10月15日 イイね!

生まれてくる子供に罪は無いのに… 其の壱

生まれてくる子供に罪は無いのに… 其の壱先進国では、世界的な高齢化社会に突入しているところで、その国の社会保障費の問題に頭を抱えております。
何せ、今の国家財政を支え、必死に税金を納めてきた世代が高齢になってきたところで、「アンタ等の面倒を見るお金は無いよ」と言われちゃぁ、正にお先真っ暗。
お年寄りの生活を楽にする目的で始めた年金制度も、「あなたが払ってきたお金は、積立金じゃなく、今の高齢者の生活に充てているんだからね」と言われ、じゃぁ、自分が高齢になった今は、どうよ?
と、若い人を見回しますと、愕然!
若者がいねえぇぇぇぇぇ!!(笑)
いや、笑っている場合じゃない!!(爆)



実際、町内のお仕事をするようになって、子供会との会合でも、町内の子供が実に少ないこと…。
何でも、小学校区の新1年生は50人にも満たなかったようです。
子供が増えた時代に、小学校が狭くなり、隣の地区に新校舎を建て分割されたようですが、そちらも同様に少子化の影響で児童数が減ったため、今度は統合する話も出ているようです。



そんな少子化真っただ中ですが、一方では児童虐待や育児放棄などで、小さな命が脅かされている現状も有るんですね…。
貧しかった時代は、お父ちゃんは必死に働き、お母ちゃんは子育てに専念出来ていたのですが、そんな暮らしが安定しますと、何不自由のない生活に慣れてき始め、それ以上の生活を求めるようになるのは、人の摂理とでもいうのでしょうか?



と、そこで芽生えるのは、家族主義ではなく、個人主義なんですね…。
そう、自分のDNAを未来へ残すことより、今の自分を絶対と考えるようになるようです。
自分の生き方・考え方を絶対的と考えれば、それを子供の育児に邪魔されるなんて事をタブー視するようにもなるんだとか?
それでも、エッチする本能は残っておりますので、異性への愛が芽生えれば、エッチは必然的なモノ。
ところが、エッチは生殖行為ですので、計画的なエッチでないと、必然的に妊娠が起こり得るわけで…。



このように、予期せぬ妊娠で生まれてくる子供も、少なくないのが現状なんですね。
まっ、その妊娠がキッカケで、晴れて夫婦になり、その後幸せに暮らしているカップルは良いのですが、皆が皆、そうだとは限りません。
妊娠がキッカケで別れるカップルも、少なくないんですよね…。
同棲カップルは勿論、正式な夫婦でありましても、妊娠がキッカケ…だけじゃないですが、離婚に至るケースもある訳で…。

※其の弐に続く
Posted at 2018/10/15 20:55:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | 生活 | 日記
2018年10月15日 イイね!

熊本グルメ帰省

熊本グルメ帰省皆様、こんばんは♪
昨夜アップしようと、送信ボタンを押したところ、アップの渦巻きがグルングルン回るも、一向にアップせず…、一抹の不安が頭をよぎると、案の定、通信エラーw
ちょっと、混み合ったり容量が大きかったりすると、マジにエラーになる確率が高いようです。

普段は、ワードに下書きして、コピペしてアップするのですが、ツイ、本ページに書き始めましたので、悔やんでも悔やみ切れませんw
しかし、一気に萎えますよね…消えると…。
で、気を取り直して、再度アップいたします。

ところで、皆様、旅行の醍醐味は?
やはり、観光スポットにグルメでしょうか♪
まっ、私の今回の旅行は帰省ですので、グルメしか有りませんけどね。(笑)

ところが、今回の電車の予約で、乗り継ぎの電車の間隔がタイトで、ゆっくりと駅弁を選べず終いでした。
行きは、新大阪駅で、何とかコイツをゲットン。
大阪なのに、京都のヘレカツだそうです。
京都では、「ヒレ」じゃなく「ヘレ」と言うのでしょうか?



んじゃ、「ヒレ酒」は「ヘレ酒」?
更に、西川きよしさんの奥さんは、本当は「ヒレン」さん…んな訳ねぇぇぇぇぇぇ!?

駅には、姉夫婦がピックアップに来てくれており、毎度毎度、ありがたいことです。
で、日も暮れまして、夜食を求めに…。
美食家の義兄さんの後を、金魚のフンで、とある料理屋さんへ…。

諸々の一品料理を頼み、当然、芋焼酎も♪
でも、食い意地が張っており、カメラに収められたのは、コイツだけ…。
熊牛のサーロインステーキだぞぉー!(笑)



あっ、熊みたいな牛じゃないですからね…、熊本の牛ですよん!(爆)
ちなみに、他の料理は、カワハギ、ウナギ、等…。
いやぁ、飲んだ飲んだ、食った食った~!

次の日は、本番の法要。
ここのお坊さんの説教は、時事ニュースを絡め面白いんですよ。
今回は、トランプさんの民族主義を糾弾されておりましたw

で、お食事処に会食を用意して、皆でワイワイガヤガヤ。
普段、父方と母方の会食なんて、ありえませんモンね。
まっ、年々参加者が減って来て、寂しい限りでは有りますが…。

ここの会食も、一品一品は量が少ないのですが、小出しに次から次に出て参りまして…。
それでも、貧乏人は卑しいもんで、残すのが勿体無くて、ゲップゲップしながらも、胃の中に詰め込み、マジに苦しかったです…。

それでも、夜になると、身体が夜食を欲しがり…。
二日連続で、同じ料理屋さんへ、Go!
今度は、義兄さんとこの三男夫婦も混ざり…。

こちらは、馬レバーです。
コリコリとした食感で、臭みは全くありません。



熊本では、結構流通していますが、九州でも他県では、扱っているところは少ないようです。
こちらは、上ちらしです。



流石に、ご飯は少し残してしまいましたw
お百姓さん、ごめんなさい。

そう言えば、法要の時のお坊さんの説教で、食事の際の「いただきます」と「ごちそうさま」は日本人の心だ…ゆーとられました♪
さてさて、次回も3年続きますので、どこかの年に一度に済ませるようにしなきゃ…。>_<
Posted at 2018/10/15 20:46:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記

プロフィール

「韓国の黒歴史:済州島4・3事件 其の弐 http://cvw.jp/b/173689/42070479/
何シテル?   10/16 18:28
ええ歳こいた、ジっちゃんです。 頭は悪いが、顔は良い。 ウソピョン 頭の毛は薄いが、面の皮は厚い。 ホント 4輪:日産 ティアナ 250XV ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

朝から気持ちの良い気温☆ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/01 12:15:41
ガレージプロジェクト! Part2 DIYでガレージ作っちゃいましたw 作業記録のまとめ♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/16 08:59:56
うる星やつら 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/18 06:14:28

お友達

さっさっ、↓ここ、クリック、クリック!
130 人のお友達がいます
ひみつのあっこひみつのあっこ * HiiroHiiro *
YOURSYOURS *みんカラ公認 CAR-CLINICCAR-CLINIC *みんカラ公認
mαri-sukёmαri-sukё はちすけはちすけ

ファン

160 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ティアナ 日産 ティアナ
09年12月12日納車 三男にプレサージュを譲り、三男の13年モノのホーミーを、エコカ ...
ヤマハ MT-09 TRACER ヤマハ MT-09 TRACER
■主要スペック 型式 EBL-RN36J 全長(mm) 2160 全幅(mm) 95 ...
スズキ その他 スズキ その他
フォルツァを下に、'07年9月末に購入。 2台目の大型2輪。 やはり、車検の関係から、大 ...
スズキ バンディット1250S スズキ バンディット1250S
全長 / 全幅 / 全高 2,130mm / 790mm / 1,235mm[1,095 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.