• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ROTARY OF FAMEの愛車 [マツダ コスモ]

気づかぬ配慮とデザインへの影響(フェンダーミラー基部位置)

投稿日 : 2013年06月08日
1
前期型のメッキタイプフェンダーミラーと丸型サイドマーカー。前期型と後期型初期生産(100番台)に標準装備されたことは他のパブリシティにもよく記述されています。このフェンダーミラー、前期型、後期型どちらが好みか?オーナーの間でも2極化しています。ROTARY OF FAMEはコスモスポーツのボディシェルには前期型+丸型サイドマーカーかな、どちらか選ぶとしたらと思っています。重厚な感じだけでなく、次に掲げる理由もあります。
2
前期型と後期型 ミラー取り付け基部の位置を比較できるようトリミングした画像がこれです。後期型はミラー取り付け基部のボルト穴が10㎝以上前進しているのです。フェンダーミラーの鏡面位置を合わせるための措置と思われます。フェンダーミラー全盛の時代。走り屋の一部はフェンダーミラー位置を後退させて、ノーズのスタイリングを良くしたそうです(やがてドアミラーとなる)。後期型のミラー単体ではこれはこれで高速タイプで好きなのですが・・・・
3
フェンダーミラーの造形のと取り付け位置によって、全体のバランスが左右されるという、いい勉強だなと思います。後期型のミラーを前期型の取り付け位置につけると、また後期型とはちょっと違った印象になる事を以前確認したことがあります。スピード感と高速化の味が増す感じですね。
4
以上はデザインの種別の良し悪しの品評ではないのです。「前期型」、ホイールベースを15センチ延長した「後期型」、後期型ホイールベースで前期型ミラーを前期型位置に装着した「後期初期生産型」、3種のフォルムのコスモスポーツが存在する事と数センチの差異がデザイン印象に与える影響をお伝えしたかっただけです。ほんとうは3タイプすべて所有したかったのですが・・・
5
これから先の未来もメッキに映しながら、今日も走ります。

イイね!0件




関連リンク

この記事へのコメント

2013年6月8日 20:34
ご無沙汰してます。
Michaelです。

『これから先の未来もメッキに映しながら、今日も走ります。』

最後の言葉に感動しました。
コメントへの返答
2013年6月8日 23:16
Michaelさん
こんばんは、あす以降の毎日が未来ですからね。過去の事実もとらえながら、未来に期待して、溌剌と「人馬一体」に・・・・と思いですね。コメントありがとうございました。
2013年6月9日 1:39
こんばんは!
僕も(これから先の未来も、、、、、)に感動しました!イイね!一つ!
詩人ですね。
こう云うオーナーさんの元へ行った愛車は幸せですよね!
本当にそう思いました。
コメントへの返答
2013年6月9日 8:08
ストラトブルーさん
おはようございます。やっぱり未来もロータリーですかね。旧車および多走行車減税でも国がしていただけると維持負担は減るのですけれど・・増税対象と冷たい自動車保険の対象ですけれど・・・頑張ります。
コメントありがとうございました。

プロフィール

「今年は極寒の朝が多いですね。車のナラシ∔自己ウォーキングを再開。すっかりスケルトン状態になったイチョウ並木道で、冬の匂いを嗅ぎながら汗をかきました。まだ6時すぎないと明るくならないですね。」
何シテル?   01/16 10:19
ROTARY OF FAMEです。よろしくお願いします。1968モデル(後期型 初期生産モデル)を愛用しています。ロータリーエンジンのフィールを満喫、感謝してい...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

マツダ コスモ マツダ コスモ
コスモスポーツ(L10B) 後期型 初期生産モデル 1968年11月製造
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.