• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ROTARY OF FAMEの愛車 [マツダ コスモ]

散策行路 春の潮香と早咲き桜

投稿日 : 2015年03月15日
1
昭和の風情が残る商店前にて
暑いジャンパー脱ぐため停止。脱げずにがまんして着ていた汗だくのジャンパーを脱いだ瞬間の「スーッ」となる爽快感は。まるでサウナの冷水浴びの様。もうそんなシーズン到来と思いきや、単に真冬外装の重ね着で運転していただけだけです 。反転して開かれた外気取り入れ状態の三角窓が、いかに風を求めていたか物語っています。
2
某埠頭にて
後方は浜松町~新橋の間、竹芝、汐留方面。車の停止場所近辺はかつては海だった所を昭和36年に埋め立てられたものです。江戸時代から東京湾の埋め立ては行われていたそうですが、きっかけはゴミの処理だったそうです。ここではないですが、思えば小学校の社会科見学で、当時のゴミ捨て埋め立て「夢の島」を見学した時は確か船からでした。(今は島から陸地となっても地名はそのまま残り、公園にもなっていますね。)
3
車両の後方、対岸に見える緑地は「浜離宮恩賜庭園」
1654年に埋め立て完成した甲府藩主 徳川綱重の別邸(現在は都立公園)です。
公害が問題しされた1970年初頭はこのあたりの運河はドブの異臭が鼻をつきましたが、今では異臭はしません。懸命の努力の結果、水質は大幅に改善し、魚が戻ってきたそうです。「埋め立て」も「水質改善」も、地道な努力の積み重ねですね。
4
千代田区「九段会館」前にて
1934年(昭和9年)建設。旧称「軍人会館」、1936年(昭和11年)2.26事件の際に戒厳令司令部がおかれた。激動の昭和史を見つめた建物であったが、2011年東日本大震災の際、ホール天井崩落にて悲劇の場となる。2014年5月取り壊し決定。現在は閉鎖中。エキゾチックなこの近代建築もやがて消えていきます。
5
桜の続く某所にて(まったく咲いておりませんが)
好きな場所です。時々来る場所でもあります。花見の名所でもあります。でも花見のシーズンピークよりも、いつも今頃のこだわり時期が好きです。それには理由があります。
6
 花の無い桜並木の先に目標地点がある。今日は昼寝タクシーの車列が偶然おらずラッキーでした。情景とコスモだけで撮影するのは困難な場所です。
7
 早咲き桜と「桃花流水」の像。この2点とコスモを誰にも邪魔されずにファインダーに収められ地点。咲いている桜は「修善寺寒桜」、早咲き桜の一種で、必ず一足早く開花します。この散歩道に数本あるのです。像の「彼女」が手に持っているのは「桃」、そう桃源郷の「桃」です。
8
俗世を離れた別の境地というのは大袈裟ですが、何とも言えない安堵の世界に触れ合えた一瞬の構図。毎年ながら桜を見ると「春」を感じますね。

イイね!0件




関連リンク

この記事へのコメント

2015年3月16日 0:48
こんばんは!

昭和色の商店、石造りの建物、早咲き桜、コスモスポーツとのショットがとてもいい絵になる場所ばかりです。

どこも近くにあるようなので、今度私も行ってみます。

でも私のB3Sじゃ写真撮っても絵にならないかな。

最後の一枚は台座によじ登って撮影されたのでしょうか?(笑)
コメントへの返答
2015年3月16日 6:50
おはようございます!


構造物(人工造形)と自然の美しさが調和したポイントは結構あるものですね。街中でもいい所いっぱいあります。近代建築等も好きなものでつい・・・車を一緒に撮る場合は、一旦停められるか?通行車の有無、通行人(散歩者)が集まってくる(?)までに撮影できるか、が成功の必須要素みたいです。皆落ち着いて撮れているような静的感はありますが、全てにおいてエンジンはかけたまま(笑)。最後の一枚は像の手前のベンチに立って撮ったものです。(ご安心ください(*^_^*))もっと道の中央に車を配置するのがベスポジなのですが、何度やっても後続車が来るのでハジよせとなりました。絵になるかどうかは車種云々よりもアングルなのではないかな、と感じます。
コメントありがとうございます。

プロフィール

「耳が痛い厳冬期の朝、皆、車種ごと、車両ごとに違う始動の儀式をこなし、走ってくる。暖気が必要なのも何か生き物っぽくていいですね。三角窓の中を品5の2000GTが通り過ぎて行きました。EV化が浸透しようが、内燃機旧車はへこたれませんぞ・・・・」
何シテル?   01/23 12:08
ROTARY OF FAMEです。よろしくお願いします。1968モデル(後期型 初期生産モデル)を愛用しています。ロータリーエンジンのフィールを満喫、感謝してい...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

マツダ コスモ マツダ コスモ
コスモスポーツ(L10B) 後期型 初期生産モデル 1968年11月製造
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.