• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年11月24日

IAAフランクフルトショウ2017レポート ルノー

 IAAフランクフルトショウ2017レポート ルノー もう11月も残すところ1週間を切りましたね。でもしつこくフランクフルトショウ2017レポートです。
今夜はおフランスメーカーの雄ルノーをご紹介いたします。
フランスのメーカーはプジョーとDSが出展せず、アライアンスの盟友日産もバックレてしまいましたが、ルノーは隣国ながらフランクフルトで爆発しておりました。
完全自動運転EVのコンセプトカーとメガーヌR.S.のワールドプレミアムを見せつけてくれました。



SYMBIOZ









日産とともにアライアンスで自動運転化とEVへの取り組みに熱心なルノー。盛んにEVへ舵を切ったドイツ勢よりも先行はしていますが、このコンセプトカーでは住宅との連携を図るべく、デザインチームに建築家を招き入れ、リビングを持ち込んだインテリアから発想したクルマのデザインをしていますね。アウディもAICONで完全自動運転を目論んでデザインしているんですが、このシンビオズの方が華やかだし、リビングを持ち込んだことがより明確ですね。まぁこれからクルマが目指す目標の一つは運転手がいなくても動くこと、もっと言えば運転をしなくてもいいことになるのだから、家にいたまんま移動できることが究極になりますね。
ルノーには、エスパスやベルサティスのようなモノスペースで華やぎがあって斬新なクルマを生み出してきたベースがあったからこそ、このクルマが出てくるのが必然的なところはありますね。

メガーヌR.S.















前回のフランクフルトショウでフルモデルチェンジしたメガーヌに、2年越しでフルモデルチェンジされたメガーヌR.S.。やっぱり3ドアの先代の方がスポーティーだし、あのフォルムがきちんと速さを表現していたと思う。ニュルブルクリンクでクラス最速を樹立するたびに、色々な特別仕様が追加発表されていたけど、ちゃんとリンクした仕立てだった。新型は5ドアベースで作られることが前提だったので、ベースのメガーヌがフルモデルチェンジして、上級のタリスマンに追従する形でラグジュリアリーになってしまったのだから、いくらチューンアップでボディパネルに色々と細工をしても先代のスポーツさは表現できませんね。とにかく先代のあのフォルムには敵いません。
FFながら、4輪操舵と復活アルピーヌA110から移植される1.8リッターの280psエンジンで再びニュル最速を目指すようですね。
まぁライバルのゴルフRやシビックTYPE‐Rもみな5ドアだし、まぁこれがトレンドなんで仕方ないですね。先代のようなスポーティーさは復活したアルピーヌA110に任せたということで・・・








ルノーのフォーミュラーってかっこいいだけじゃなく、アクセントのイエローが明るくて、スポーツにつきものの、汗臭さとか、根性みたいなものを排除してくれるので、ボクは好きですね。
これほど色で明確にキャラクターと先進性と明るさを表せるのは、なかなかないです。

ルノーは日産とアライアンスを組んで、そのメリットをいかんなく商品やブランドとして発揮しているのがよくわかりますね。日産だって技術の日産としてEVや自動運転技術で色々と先行していることはわかります。でも肝心の商品やブランドになぜかまとまりを感じません。特に日本市場では、その取扱い商品が軽自動車にセレナ、ノート、あとは辛うじてリーフしか売れていないのでなおさらですね。
ルノーには明確にこういう商品にしたいという意図がちゃんとクルマに表れていて、しかもお客に対して共感ができるデザインや乗り味がある。なのに、日産の日本市場で売っているクルマにはそういうものを感じないどころか、どこかやっつけ仕事なんですよね。
ホントは、日産を去って台湾の自動車メーカーに行ってしまったミスターGT-Rの水野さんみたいなエンジニアが、ひとつの車種だけじゃなく、日産車全体のエンジニアリングと商品企画を総合してマネージメントしないと、早晩日産は海外でもシェアを落とすと思いますね。
ルノーと日産のアライアンスは決して対等じゃない。むしろルノーの方がよりよくなって、日産はルノーに色々と貢いでもそんなに我々日産ファンにとっては見返りがないですね。
ルノージャポンはRSとカングーというニッチェですが、ちゃんとファンを喜ばしている。
そろそろ日産もニスモやオーテックなんてサブブランドで小っちゃく喜ばしているんじゃなくて、本筋のメイン商品を充実させてファンを喜ばしてほしいものですね。
日産がフランクフルトに出展せず、ルノーを見た故に、その思いは強いものがあります。
ブログ一覧 | フランクフルトショウ2017 | 日記
Posted at 2017/11/24 22:17:22

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ジュネーブショウ2017レポート  ...
もんちっち_♂さん

ジュネーブショウ2016 ルノー
もんちっち_♂さん

「最期の三菱」があるなら「最期の日 ...
まるがおドライバーさん

三菱✕ルノーでやるべき車
ROUSSILLONさん

でかい・・マーチ。
MALTさん

なんで?そうなったの?
相模道潅さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「マツダクラシックオートモビルミュージアムフライ Vol.6 http://cvw.jp/b/174658/40978917/
何シテル?   01/13 22:41
いすゞビークロスオーナー&ファンクラブ【VehiSQUARE(ビースクエア)】の世話人にして、国内導入が見送られたいすゞ最後のSUV「AXIOM(アクシオム)」...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

・いすゞSUV、特にビークロス、アクシオムに興味のある方。
・クルマについて幅広く論じることが好きな方。
・新車情報、旧車のレアな情報をお持ちの方。
・クルマを作っておられる方、作ってみたいと本気で思っておられる方。
43 人のお友達がいます
徳小寺 無恒徳小寺 無恒 * sakbomsakbom *
ひろ@自転車に乗り遅れた!?ひろ@自転車に乗り遅れた!? * 夏がだ~い好き夏がだ~い好き *
T.BASET.BASE *みんカラ公認 黄の7号黄の7号

ファン

23 人のファンがいます

愛車一覧

いすゞ その他 いすゞ その他
いすゞ最後の北米SIA生産SUVアクシオム。 最上級グレードXS4WD。 デザインは、ビ ...
アルファロメオ MiTo アルファロメオ MiTo
初代相棒ビークロスをお蔵入りにさせて、7年ぶりの新車をテイクアウトしました。 3代目相棒 ...
いすゞ ビークロス いすゞ ビークロス
初の愛車いすゞビークロス。 1997年5月発注、9月納車。 初 期:レッドロックマイカ、 ...
いすゞ ビークロス いすゞ ビークロス
グレード:175リミテッドエディション072/175 ボディカラー:アイアングレーメタリ ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.