• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もんちっち_♂のブログ一覧

2012年07月23日 イイね!

【ひひょうの会】新型ノートを見てしまった…の巻

今日は横浜で講習。ついでにいつものところへお立ち寄り。日産GHQです。

嵐のあんちゃんたちがお出迎え。ゴーン体制後、一切有名芸能人をCMに使わなかった日産も、最近トヨタの実写版?ドラえもんに負けじとタレントさんを急激に使い始めましたね。
日産のクールでスマートなところは、嵐のあんちゃんたちにちゃーんとピュアドライブなる環境技術を宣伝させているところ。トヨタのへんてこりんなPeborn歴史ものとか、ドラえもんよりまともかと…


じゃーん!新型ノートの全貌。確かにノートなんだが、7月16日にU-Streemでプレミアイベントが公開された際、生コメントで散々日産フィットだとか、日産ラクティスなんて書かれてたけど…やっぱり全体のフォルムはそれとなく、そう感じるものが…このホワイトのボディカラーだと余計そう感じさせます。コンセプトカー「インビテーション」だと、ワイド&ローでかなりスポーティーでコンパクトカーというよりスポコン(スポーツコンパクトカー)ルックだったし、サイドドアのスカッシュラインも大人しく、このホワイトボディだと余計目立っていなかった。


顔つきは結構厳つい。しかも、日産ラクティスと揶揄されるのはヘッドライトがグリルにくさびを打つように食い込んでいるせいか。コンパクトカーにありがちなカジュアルさよりも、どこか重い。やっぱり上級のティーダの後継も担っているせいなのか…


フィット、ラクティスを連想させる一番の要因は、サイドウィンドウのグラフィック。3車ともリアサイドクオーターのウィンドウの形状は上方に切れ上がる三角形。いや、最近のハッチバック形状ルマに多く採用されている形状であり、CX-5にしても、アクセラにしても、みなこんな感じ。トレンドと言えばトレンドだけど、デザインの日産がみなと同じトレンドに埋没するのはいかがなものか?
どーみてもマーケティングに押されてしまった感は否めない。


テールランプは、インビテーションとほぼ同じ構成なんだけど、市販化するとまともに普通です。
ディテールは結構違うんだけど、結局フィットっぽく見える。いくらディテールをいじっても全体のフォルムそのものがフィットとそれほど違うわないのであれば、やっぱり似てると言われちゃいますね。

まぁこんなところです。
あとこのホワイト以外のカラーで、比較的派手で陰影のはっきりするボディカラーだったら、スカッシュラインが引き立ち、新型ノートらしさが出てくるのかもしれませんね。


おまけの赤いタマゴと嵐。ファン必見!


さらに8月発売のなんちゃってハイブリッドカー、セレナS-HYBRIDも同時展示だす。

Posted at 2012/07/23 22:10:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | ひひょうの会 | 日記
2012年05月20日 イイね!

86ドライブは、8600円ポッキリ!

本日の出来事。
朝早く、箱根の山は天下の剣!…とうたわず、眠気眼をこすりながら仙石原へ。

そうです、今日は「藤原とうふ店」に一日体験入社(車)してきました。
いや~、コップの水を一滴たりともたらさず、お得意様の旅館にとうふを配達だって…(大嘘)


ホントのところは、8600円ポッキリで、箱根・伊豆を160km新旧86でツーリングしちゃおうって企画に便乗しました。
最初、新型86で。

デザインに見られるちょっとした残念さに目をつむれば、スポーツカーをこんなにいとも簡単に楽しく操ることができる点はなかなかでした。
スバル水平対向のFA20が思った以上に官能的だったし、プリウス用のエコピアタイヤのおかげか乗り心地がよかった。
これはこれでアリだし、いいんじゃないの?


そして旧型86に乗り換えると…
これはこれで緊張感あふれるドライブに。とにかくクラッチ操作がつらかったし、なんだか鉄下駄を履いたお茶刈り機にも負けないがちがちな乗り心地。むかしの若者は、こんなつらいものに乗って走りを楽しんでいたのか?ビークロス以上にハードで、胃液が口にこみ上げてきました。

しかも、今日は新型86のヘッドレストをデザインし、旧型86の元オーナーでもある鬼?軍曹が同乗していたので、クラッチミートがへたっぴなボクは生きた心地がしませんでした。(半本、半冗)
鬼?軍曹は業務で、試作車とか試乗車の運転指導できる資格と立場を持っているので、容赦ないチェックが…今後訓練いたします。

指導教官の見事な手さばきと、足さばき。そんな教官も旧い86にはちょっと手こずっていたぞ!


絶滅しちゃったリトラクタブルライトを久しぶりに拝めたし、今日は結構ハッピーてーるな一日でした。
Posted at 2012/05/20 22:17:15 | コメント(3) | トラックバック(0) | ひひょうの会 | 日記
2012年04月30日 イイね!

2012年のアクシオムに乗る…【レンジローバーイヴォーグ】

2012年のアクシオムに乗る…【レンジローバーイヴォーグ】GW連休いかがお過ごしあそばせ?ただいまお騒がせなエリカ様のドラマ「悪女について」を見ながら日記をパコパコ打電してます。
土曜は通常勤務、昨日は町一番の祭事に駆り出され夜まで10時間警備、そして今日は午前中請求書作成。なんなんじゃオレのGWってやつは!!!いかん、いかん、どこかへいかんといかん!
そんなこんなで都内某所へ流れ着き、新車を見に行き、乗ってしまいました。

レンジローバーイヴォーグ。コリマライムなるボディカラーはクーペと呼ばれる3ドアモデルのようなスポーティモデルにはもってこいの色。なんだかミレニアムジェイドに塗り替えた我がビークロスとアクシオムがクロスオーバーしてきたぞ…

さっそく試乗へ…
玄関前に用意されたクルマは5ドアのプレステージなる上級モデル。ブラックなボディカラーにシックなデザインのアルミホイール。これでも19インチだそうです。エンジンは4気筒2.0リッターのターボ仕様ですが、公表こそされていないもののフォード製エコブースで240psを発揮するそうな。すでにエクスプローラーに搭載され、高出力ながら環境性能と低燃費がウリで世界的に評判のいいエンジンのようです。

同じ会社になったジャガーから流用したミッション操作用のドライブセレクターが特徴的なセンターコンソール。ジャガー同様、ダイアル操作でミッションを動かし、ミッションの操作に連動してパーキングブレーキが自動で解除されたり、作動する仕掛けになったいる。こういったところにまでジャガーとランドローバーの共用化が見て取れました。この6速AT、スポーツモードとしてマニュアル操作をする場合はハンドルのパドルシフトで行うことになっています。
試乗コースは青山から代々木界隈を走る短いルートでしたが、1900㎜という都内ではどうにももてあましそうな全幅ながら、これがすんなりと幅を気にせず走らせることができた。しかも、ビークロスばりに狭そうなリアウィンドウから確認する後方視界も悪くなかった。むしろ視認性を重視したドアミラーの方がデカすぎて気になってしまったくらいです。
肝心のエンジンや乗り味は…ランドローバーと言えばレンジローバーやディスカバリーのV8エンジンにある重厚なイメージが付きまといますが、この2.0リッター直噴ターボはやたらと軽やか。重厚さはない。音質は4気筒そのもの。でもこれでいいんじゃないの?ただし、ドライブモードをダイナミックモードに入れて加速しても、そんなに押し出されるようなトルク感は感じなかった。まぁパトカー、白バイが随所で張り込んでいる都内じゃおいそれと加速はできませんが…
サスペンションもドライブセレクターの操作に応じて可変できるようで、ダイナミックモードではハンドルがクイックでロールしない設定にもなるそうですが、19インチのホイールを履くわりには随分とマナーのいい乗り心地であった。あまり不整地路を走ったわけじゃないのでなんですが、ゴツゴツ感も感じなかった。なかなか調教された乗り味であることは間違いなかった。

ちなみにダイナミックモードにするとメーターはホワイトからレッドに変わり、センターディスプレイにイヴォーグのサイドシルエットともにダイナミックモードの表示が出てきます。


あとは色々とギミックな装備があり、そのひとつがムード照明なる装備がモニターから操作できます。そうするとセンターコンソール脇がピンク色の照明に…ムード照明って、こんないやらしくできるのかと妙に関心しちゃったもんちっちでした。

あとは、このイヴォーグも日産のアラウンドモニターのように全方位でカメラ確認ができる。しかし、屋根の上から見たような画像合成された映像ではないし、日本独自のサイドミラーはとっさの時にワンタッチボタンで見れずモニターから数段階に渡って操作が必要など結構面倒でした。


総評
この手のSUV、クロスオーバーを乗り続けているものとして、まずかっこ第一、そして全天候対応の走行性能を持ち合わせているイヴォーグはやっぱり気になる存在で、最新のクロスオーバー車としてはかなりいいクルマでしょう。
しかし、このクルマのスタイル、実にアクシオム入っていますね。それこそ、2012年のアクシオム。やっぱりいすゞのデザインの宿命で早すぎたデザインであった。それがやっと今、あのレンジローバーが追いつきイヴォーグとして出してきたと…完成度も高いし、燃費を気にするならこのクルマありかも?
これでヨーロッパ仕様にある2.2リッターのディーゼルがユーロ6に対応してきたら、日本でも売れることだし、さすればマツダCX-5のライバルにもなることだろう。
まぁガソリンモデルで450万円のプライスゆえに値段ではライバルとして俎上には乗りませんが…
Posted at 2012/04/30 23:47:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | ひひょうの会 | 日記
2012年01月29日 イイね!

捲土重来 隠れ復活!ひひょうの会 アルファジュリエッタ

捲土重来 隠れ復活!ひひょうの会 アルファジュリエッタhttp://zxs178.cocolog-nifty.com/blog/

Mixiで場外の指摘を受け、取りやめてしまった「ひひょうの会」
しかし、アルファロメオジュリエッタ復活を機に、我がひひょうの会も復活するといたしました。
ここでそのまま掲載したいところですが、先ず別のブログで公開いたしましたのでどうぞ!
Posted at 2012/01/29 21:33:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | ひひょうの会 | 日記
2011年05月02日 イイね!

ドライビング・メガーヌ

今日はつぶやき通り早朝から箱根へ山登りをしてきましたが、あいにく大観山は霧深し。撮るものはなく終わりました。以上…

で終わったらGWは終わったも同然!?
そこは機転のもんちっち、HPで気になっていた映画を見に行くことに。
「ダンシング・チャップリン」です。
なかなか映画を撮らないことで有名な有名監督、周防正行氏の作品ですが、上映している場所が今のところテアトル銀座しかなかったので一路東京へ…
しかし、この映画朝から満席状態で、昼に行くと最終回の19:00しか残っていませんでした。やはり周防監督作品。しかも監督の奥さんである草刈民代さんラストダンスと銘打った映画だったので、満席はやむなしってことでしょうか?
19:00まではマジで時間がありすぎなので、ちょいと有明にあるルノーまで足を延ばすことにしました。
では「ダンシング・チャップリン」の前に、「ドライビング・メガーヌ」からご覧あそばせ!


じゃん!ルノーが誇る最新スポーツモデル、メガーヌルノースポール(以下RS)。
前評判が高すぎるメガーヌRSですが、デカイ!
だって提携相手の日産じゃ、フーガと同じ1850㎜の全幅。RSだけオーバーフェンダーになるとはいえ、それがなくても1800㎜はゆうにあるだろう。アルファロメオでも新型ジュリアエッタは1800㎜になるそうなので、ヨーロッパ車のこのクラスとしては標準的な幅なんでしょうが、いくらなんでも日本じゃデカイ。

全長もちょいと長いですが、実物はかなりスリ―クに見え、ルーフのデザインが特によく処理されていますね。この斜め後方かの角度が一番きれいかもしれないですね。

大径18インチに、スポーツモデルお約束のブレンボ製ブレーキ。
今回、急激なブレーキングはできませんでしたが、しっかりしたタッチではありましたね。なかなかよかったでごわす。

テールゲートもデカイ!開口部は狭まばっているけど、トランクもデカイ!
ルノースポールのエンブレムはこれ見よがしではなく、さりげなく…

インテリアはベースのメガーヌと共通ながら、随分と寝かされたメーターが結構特異に感じますね。ぱっと見、見づらいんじゃないの?と思ったけど、意外や意外、見やすかった。これぞルノーマジックと勝手に読んでしまったが…
シートはレカロですが、レーシングタイプのバケット仕様ゆえにすっぽり入ってしまった。痩せといてよかったと心底思いましたねぇ~
停まった状態だと窮屈ですが、走らせるとホールド感抜群になるところが凄いでんな…
で、試乗は有明を出発し、国際展示場周辺をぐるぐると回るスプリントコースで試しちゃいました。
発進時、同乗してもらったメカニック氏に、「1速簡単にはいるので、クラッチ気を付けてください」って言われ、クラッチをきっちり入れて丁寧にシフトレバーを操作。やはり左ハンドルに6速マニュアルは緊張しますね。
でもショートすぎるショートストロークのおかげで、楽に変速できましたぞ!

エンジンは、2リッターの4気筒ターボ車ですが、やけに重厚で音が気持ちよかった。低速からトルクフルなのは言うまでもなかったけど、こんなに4気筒が6気筒並みの重厚さと、ターボなのにスムースだったなんて。
メカニック氏に感想を伝えると、「このクルマの音はわざわざエアコンの吹き出し口を通しています」だって…これだけ気持ちいいスポーツカーはありませんね。
ハンドリングも気持ち良くクイックに反応していたけど、ボディがしっかりしていて安定感も抜群に良かった。
日産はホントいい相手と一緒になったなぁ~と思う瞬間。我社のX-TRAILのハンドリングと乗り心地の良さは、意外とルノーの影響が少なからずあったのかもしれないとも思うわけで…

しかしこのメガーヌRS、7月までの予約で一旦予約が打ち切られるそうで、次のマイナーチェンジが秋にあるそうな。
しかも東日本大震災の影響で部品が入らず、今注文しても半年後の納車になるそうな…
Posted at 2011/05/02 00:30:08 | コメント(2) | トラックバック(0) | ひひょうの会 | 日記

プロフィール

「LA AUTO SHOW 2018 スバル http://cvw.jp/b/174658/42304154/
何シテル?   12/16 21:39
いすゞビークロスオーナー&ファンクラブ【VehiSQUARE(ビースクエア)】の世話人にして、国内導入が見送られたいすゞ最後のSUV「AXIOM(アクシオム)」...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

・いすゞSUV、特にビークロス、アクシオムに興味のある方。
・クルマについて幅広く論じることが好きな方。
・新車情報、旧車のレアな情報をお持ちの方。
・クルマを作っておられる方、作ってみたいと本気で思っておられる方。
42 人のお友達がいます
sakbomsakbom * 夏がだ~い好き夏がだ~い好き *
元防人元防人 * KUTSUKUTSU *
徳小寺 無恒徳小寺 無恒 Hiro大佐@くろすけ號Hiro大佐@くろすけ號

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

いすゞ その他 いすゞ その他
いすゞ最後の北米SIA生産SUVアクシオム。 最上級グレードXS4WD。 デザインは、ビ ...
アルファロメオ MiTo アルファロメオ MiTo
初代相棒ビークロスをお蔵入りにさせて、7年ぶりの新車をテイクアウトしました。 3代目相棒 ...
いすゞ ビークロス いすゞ ビークロス
初の愛車いすゞビークロス。 1997年5月発注、9月納車。 初 期:レッドロックマイカ、 ...
いすゞ ビークロス いすゞ ビークロス
グレード:175リミテッドエディション072/175 ボディカラー:アイアングレーメタリ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.