• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もんちっち_♂のブログ一覧

2014年02月02日 イイね!

デトロイトショウ2014レポート キアGT4スティンガー

デトロイトショウ2014レポート キアGT4スティンガーそろそろそろとデトロイトショウレポートも終盤に…
ホントはアメリカ車の画像がたくさんあるっちゃあるんですが、ランダムに撮りすぎたのとどうも情報不足で日記にするにはまとまりがないので、たぶんそれらはお蔵入りに。もしリクエストがあれば、蔵からごそごそ探してみますが。
ということで、キアGT4スティンガーを紹介します。
脈略がないと言われればそうですが、これでも話題のコンセプトカーなので。








一周するまで執念の撮影。プロポーションは、その名が示す通りGTルック。スポーツカーではないようです。パッケージ的に無理がなく、ロングドライブに向きそうなスタイルですね。
アウディの構成主義的なデザインが、A5辺りからフェンダーのショルダーラインを直線からやや波を打ったように変化させてきたものをよりエモーショナルな方向に大きく変化させたデザインですね。
一説によると、アメリカのデザインスタジオやデザイナーが手掛けたとも言われていますが、かなりクオリティは高いと思います。
FRレイアウトで出してきた点もいいですね。


フロントフェイスは低く位置され、キア独自の四角いグリルに、縦形状のLEDヘッドランプ。
キアのフロントフェイスは、ヒュンダイよりもアイデンティティが確立されていますね。好き嫌いはともかく、このグリルでキアであることが少なからず認識されている。


インテリアもそこそこ完成されているようです。


FR GTの古典ともいうべき、ロングノーズショートデッキ。このテールエンドのすっぱり切ったところに、このテールランプのでデザインはなかなか合っている。フロントのLEDヘッドランプとの反復性や関連性は感じないが、少なくともヘッドランプのこれ見よがしなLEDデザインよりはいいと思う。
Posted at 2014/02/02 21:17:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | デトロイトショウ | 日記
2014年02月01日 イイね!

藤沢の奇跡とその因縁…

藤沢の奇跡とその因縁…








本日1日はCG=カーグラフィックの発売日。最近こんな高価な自動車雑誌じゃないと買うに値しないようになりましたね。
いつものとおり巻頭のニュースコーナーと特集を見て買って帰ってきたのですが、中身をじっくりみるとなぜかエルフマイバックの写真が…
いすゞの広報がCGを呼んで、レストア車の記念撮影会を開いた記事でした。
マイバックに、ウーズレーのトラック、そしてページを次にめくると、乗用車が。
ヒルマンミンクスに、117クーペ、そして時代は飛びピアッツアの原型コンセプトカーアッソデフィオーレが。2001年に岡崎中央公園のいすゞオーナーズミーティングでレストアされたばかりのアッソがなんと自走していた。よくぞ!
この記事を見ていると、この藤沢工場に通いつめてビークロス本を作った日々が甦りましたね。
でも、乗用車・SUV系のことには関知しないから、ミーティングやイベントには協賛できませんと言われたのに、こうしてCGに乗用車のことが出るとは結構複雑ですね。
それに、昨年の夏弊社とわたくしにトドメの一言を発された方が出ていたし。
もう、あきらめの夏で忘れたはずが、こうして因縁として甦るとはなんとも皮肉な巡り合わせかと。
そして、本日とあるSNSでくらがり渓谷でのいすゞオーナーズミーティングが今年で最後になることを知りました。
なんとも言えないものが。いや言う気にもなれないほど、13年前に熱くなった夏の日は遠ーく、遠ーく、過ぎ去ろうとしているんだと。
やっぱり自分には、過去を振り向くよりも、今を見つめ、明日に向けて前を見据えることが向いているのかも知れませんね。
Posted at 2014/02/01 23:55:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | いすゞ | 日記
2014年02月01日 イイね!

デトロイトショウ2014レポート ボルボコンセプトXCクーペ

デトロイトショウ2014レポート ボルボコンセプトXCクーペ北欧スウェーデン唯一の出展メーカーボルボ。
フランクフルトではクーペコンセプトを出展させ、将来のクーペ、セダン系のデザインを提示してきたが、ここデトロイトではXCつまりワゴン・クロスオーバー系のデザインを提示してきた。








XCクーペとして出展。スタイリッシュで洗練された方向性を際立たさせるために3ドアとしたのでしょうか。すっきりしているし、スポーティでもある。以前C30がハッチバックでありながら3ドアでクーペだったものの、XC40に統合されてしまったことを考えると、市販車では5ドアになると予想される。
全幅は広いものの、ホイールベースや全長を考えるとそれほど大きい感じはせず、XC90じゃなくXC60クラスの次期型としているのか、それともあくまで将来のXC系全体に反映されるデザインとして出されたコンセプトカーなので、特定のクラスを明示したコンセプトカーではないのかもしれない。




テールランプはまたどこかのメーカーがお手本にしそうなほど、秀逸な出来。ホンダももうちっとフィットのテールランプをすっきりとボルボを凌駕するくらいうまくデザインして出してきてほしかったものです。


インテリアのモックアップを壁面に張り出して展示。こういう風に見せてくれるとありがたいです。

中国資本が入っても、ボルボ独自のデザインを提案してきていて、今はまだデザイン面で優れていますが、その中国の親会社の幹部がもっと豪華にデザインしろと言い始めているようです。そうなるとこういうデザインは継続できるのか?
Posted at 2014/02/01 22:40:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | デトロイトショウ | 日記
2014年02月01日 イイね!

デトロイトショウ2014レポート フォード新型ムスタング

デトロイトショウ2014レポート フォード新型ムスタングアメリカ車新車ラッシュ!のトリ?フォードから新型ムスタングを…
シボレーのコルヴェットがスポーツカーなら、ムスタングはスペシャリティカー。1964年に発表されてから今年で50年を迎える。(ニューヨーク万国博覧会で発表され、翌1965年に市販されてます)
50年目のムスタングをどうぞ…






新型ムスタングコンバーチブルのスタイリング。一目でムスタングとわかるフォルム。テールランプも歴代ムスタングのデザインを踏襲。一転してヘッドランプは、新型モンデオ同様最新のフォードデザインになっている。フォードのメーカーブランドとしてのデザインキーと、ムスタングとしてのデザインキーをうまく取り入れている。こういった部分は、日本メーカーではまだまだな部分かもしれませんね。




クーペのルックスもかっこよし。


テールランプのヘリテイジデザインは、旧くても新しい。


インテリアは旧型よりも当然新しいデザインですが、メーターや助手席側のコクピットのレイアウトは伝統的なデザインのようです。


1965年型ムスタング INSPIRE THE LOVE。
Posted at 2014/02/01 22:17:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | デトロイトショウ | 日記
2014年02月01日 イイね!

デトロイトショウ2014レポート シボレーコルヴェット

デトロイトショウ2014レポート シボレーコルヴェットお次は、本場アメリカで見たシボレーコルヴェットです。
すでにジュネーブ、フランクフルトでは見かけしたアメリカンスポーツカーですが、やっとこさ本場アメリカで見ることがかないました。
今回はスタンダードなスティングレーから、Z51パッケージ、Z06、そしてレーシングバージョンのC7.Rとコルベットオールスターズと言わんばかり、市販版からスペシャル版まで収めましたので、ご覧くだされ!


2014モデルのコルヴェットスティングレー。こちらはZ51パフォーマンスパッケージを装着したものです。


そして市販版最強モデルZ06。






Z06のカットモデル。トランスアクスルのレイアウトと、センター4本だしマフラーに凄みを感じます。


エンジンモデルの展示。LT1がスタンダードなスティングレー搭載のエンジンで、最新型では6.2リッターLT1型V8エンジンとし、直噴システムとアクティブフューエルマネージメント、連続可変バルブタイミングが備わっています。460psでウェットサンプ方式で、7速MTと6速ATのミッションの組み合わせになります。
中央のLT4はドライサンプ方式になり、スーパーチャージャーが組み合わされ625ps。ミッションは、7速MTと8速AT。
最後のC7.RはLT1ベースのドライサンプNAで488ps。ミッションは6速MTになります。


ブレーキシステムも展示。各モデルごとのローターとキャリパー。


インテリアは、ニュルブルクリンクのサーキットをモチーフにしたデザインでトリムカラーのサンプルを展示してました。




C7.Rももちろん展示。リアウィングが大型化され装着。素直にレーシーでかっちょ良かったです。


コンバーチブルモデルも展示。

日本でもいよいよこの春に発売されるそうです。まずはスタンダードなスティングレーから…
結構進化してます。まさかポルシェ991型911と同じように7速MTなんて載せてくるとは。
なかなかやるな7代目。
Posted at 2014/02/01 19:10:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | デトロイトショウ | 日記

プロフィール

「マツダクラシックオートモビルミュージアムフライ Vol.6 http://cvw.jp/b/174658/40978917/
何シテル?   01/13 22:41
いすゞビークロスオーナー&ファンクラブ【VehiSQUARE(ビースクエア)】の世話人にして、国内導入が見送られたいすゞ最後のSUV「AXIOM(アクシオム)」...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 

お友達

・いすゞSUV、特にビークロス、アクシオムに興味のある方。
・クルマについて幅広く論じることが好きな方。
・新車情報、旧車のレアな情報をお持ちの方。
・クルマを作っておられる方、作ってみたいと本気で思っておられる方。
43 人のお友達がいます
柵ぽん@らーど漬け柵ぽん@らーど漬け * 黄の7号黄の7号 *
T.BASET.BASE *みんカラ公認 sakbomsakbom
KUTSUKUTSU 徳小寺 無恒徳小寺 無恒

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

いすゞ その他 いすゞ その他
いすゞ最後の北米SIA生産SUVアクシオム。 最上級グレードXS4WD。 デザインは、ビ ...
アルファロメオ MiTo アルファロメオ MiTo
初代相棒ビークロスをお蔵入りにさせて、7年ぶりの新車をテイクアウトしました。 3代目相棒 ...
いすゞ ビークロス いすゞ ビークロス
初の愛車いすゞビークロス。 1997年5月発注、9月納車。 初 期:レッドロックマイカ、 ...
いすゞ ビークロス いすゞ ビークロス
グレード:175リミテッドエディション072/175 ボディカラー:アイアングレーメタリ ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.