• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

やまさん7のブログ一覧

2014年08月25日 イイね!

キャリパー4POT化!!FD3S流用

キャリパー4POT化!!FD3S流用スリットローター化はしたものの、ブレーキのタッチはそれほど大きな変化が無かったので、ついつい4POT化に踏み出してしまいました。

先人達の情報を元にマツダRX-7の4POTキャリパーを選択。

ヤフオクでしばらく探したところ、ほとんどが解体になったFDのパーツばかりでしたが、なぜか格安で走行距離がほとんど無さそうなキャリパーをゲット!!

カップのシールも新品を用意していましたが、全然継続使用出来そうなので、今回はそのまま取り付けることにしました。


ブラケットはA2017ジュラルミンのフラットバー(10mm厚、幅30mm)を取り寄せて加工しました。


ハブの外周を少しだけ削りました。写真のスペーサーは使用せずに、ワイドトレッドスペーサーを購入しました。


これが25mm厚のワイドトレッドスペーサー。


ぴったり収まりました。


今までのナローバーキン純正の13インチホイールは入らなくなったため、以前使用していた14インチのワタナベ8スポークを引っ張り出してきました。

このご時世はこのサイズのスポーツタイヤの在庫はあんまり無いので、思い切って小径化しました。サイズは185/55R14でダンロップ・ディレッツァ dz101を選択しました。


ワイドトレッドになった分、サイクルフェンダーをのステーを外側に延長して完成しました。
それとタイヤが小径なった分、車高が下がったので車高を調整しました。


ブレーキのタッチはずっと良くなって、軽く踏み初めからジワーっと効き出して、ロックするまでのコントロールの幅がぐんと広くなった感じです。

かなり時間も手間も掛かりましたが、非常に満足度の高いモディファイになりました。
Posted at 2014/09/16 17:43:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | モディファイ | クルマ
2013年12月05日 イイね!

フロントローターのスリットローター化

フロントローターのスリットローター化AE86のハブをベアリングの径をちょっとだけ変更することで、取り付け可能との情報から、もともとハブのベアリング交換を予定していたので、ついでという事でAE86ハブ化+86用のスリットローターへ換装しました。

ローターはディクセルのスリットローター。

ハブはヤフオクで中古の86ハブを購入して、ベアリングはモノタロでゲット!!
コツコツとベアリングを打ち替えて、装着完了!!


さすが中古のハブ・・・・すごいサビサビww


試運転完了!!きれいにあたりが出ました。
Posted at 2014/09/16 14:35:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | モディファイ | クルマ
2012年05月14日 イイね!

ビキニトップ作成

ビキニトップ作成すっかり更新してなかったブログですが、過去を少しだけアップしていってリハビリしますね(;´∀`)

2012年春のビーナスツーリングに向けてビキニトップを作ってみた。
前側のカーブは考慮せずに切ったのでシワシワです(;・∀・)
うしろはハトメにトラックのゴムを通してあって、それで固定します。

とりあえずいきなりの雨が防げればOKなんで・・・・
Posted at 2014/09/16 12:52:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | モディファイ | クルマ
2010年05月27日 イイね!

ついに実行!トランク加工

17シーズンに突入で、さすがにトランクを覆っていたキャンバス地のトランクカバーもへたってきました。

そこで、セブン仲間でもよく見かけるアルミ板でトランクカバーを自分でも作ってみました。


アルミ板の厚さは頑丈な方が良いと思い、考慮せずに1.5ミリを手配しました。

結果的にはもっと薄くても良かったと、後悔しました・・・・重量増の懸念もありますが、とにかく頑丈すぎて加工が大変でした。



1.5mm厚のアルミ板1000mmx500mmを400mmx500mmを1枚、300mmx500mm2枚に3分割してもらいました。

写真はショックの頭部分の逃げの穴を開けて、適当に配置してみたところ・・・・もちろん図面など引いていない(笑)。



普段は道具箱が置いてある、作業台を引っ張り出して、いろいろと加工します。



こつこつと作業を進めて、ヒンジを付けました。


良い感じに開閉するようになりました。


このあとは、周囲の折り返しを付ける作業でしたが、1.5mmという強敵に悪戦苦闘がはじまります。

あまりの大変さに集中しすぎて、写真を全然撮ってません。あしからず・・・。




なんやかんやで、カッコになりました。



ちゃんと錠もできます。



前側にはトノカバーを留める為の、ホックの台座を取り付けました。もちろんトノカバーにもホックを取り付けました。




今週末はビーナスラインまで泊まりでのツーリングなので、勢い余ってちょうど1年ぶりにアルミを磨いてしまいました(かなりやっつけなので、ムラムラですが・・・)。
Posted at 2010/05/27 21:28:05 | コメント(10) | トラックバック(0) | モディファイ | クルマ
2010年05月14日 イイね!

足元クーリングシステム

足元クーリングシステム昨日からの続きです。

前回スカットルを開けた際に、取り付けるつもりだったが、数が足りずに途中かけだったブラインドナット(ナッター)を全部に付けました。

中からはM5サイズの6角ソケットボルトにしてあるため、今後は簡単にスカットルの脱着が可能になりました。



で、今回の本題!
ついに足元クーリングシステム計画を実行しました。

この計画、実は3年前から着手していましたが(ホースに断熱材は巻き付けて準備していた)、気がついたらすでに秋・・・ということが何度か・・・・で、ついに実行してみました。



スカットルに開けたこの穴から、8cmファンで足元にフレッシュエアーを導入して、夏場の暑さ対策をする予定でしたが・・・・。

やっぱりこのファンでは役不足なので・・・・。



スーパーGTなどのモータースポーツで定番のインラインブロアーファンを導入しました。

音も風量もかなり強烈です。



フレッシュエアーを取り込むために、ラジエターより前に取り入れ口を設置します。

途中でエンジンルーム内の熱で、エアーが温まらないように、ホースには断熱材を巻きます。



3インチのファン口に合わせてサイズを調整します。



ステーを作成して、ブロアーファンを設置します。



取り付けた内部。ここからフレッシュエアーが入ります。



エアーの方向を調整できるように、蛇腹を追加します。



これで真夏の足元が火事状態から解放される事になるのでしょうか?
まだ試走もしていないので、またリポートしたいと思います。


Posted at 2010/05/14 22:21:39 | コメント(6) | トラックバック(0) | モディファイ | クルマ

プロフィール

バーキン7という変な車を1994年から飼い続けています。 車検も含めて自分で整備しているDIY派です。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

4ゲーマー 
カテゴリ:ニュース
2006/02/07 23:43:01
 
連邦 
カテゴリ:ニュース
2006/02/07 23:41:57
 
Yahoo!ニュース 
カテゴリ:ニュース
2006/02/07 23:39:35
 

愛車一覧

バーキン その他 バーキン その他
バーキン7 94年型。 94年型の93年製造分は少量生産最後のパーツ&フレームを使用して ...

過去のブログ

2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.