• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ケ ン シ ロ ウのブログ一覧

2012年06月29日 イイね!

背水の陣、決戦は金曜日(の早朝)。

本気で勝負するなら、夜明けから2時間か。

昨年はイタズラ程度、今年から少し真面目に始めたサーフでのルアーフィッシング。

そろそろ結果を残さないとカッコがつかない。

仕事から帰宅したのが21時。
息子は寝た。
翌日の非番、この日に勝負をかけよう、これでダメなら川に専念しよう、という覚悟で
早朝出発に備え床に就くものの…


気持ちが高ぶり?、寝付けず。


息子に続いて妻も眠りに落ちた午前0時頃

「ここまで来たら今出発して、現地で仮眠をとったほうが効率的かな」


と、十年ぶりに車中泊を決行。


これまでとは別の海岸をめざし、深夜に車を走らせる。
この時間のドライブも久しぶりだ。
この時間なら、たまに長距離トラックとすれ違う程度で
北海道の国道は非常に交通量が少ない。

道路を独占したような、良い気分で目的地へと向かう。






現地に着くと
先客のクルマが2台。
ああ、思惑は一緒なんだなぁ・・・と思いながら、ランサーのシートを倒して少し眠ることとした。


が、レカロシート。
これほど車中泊に向かない車もないだろう。
身体のポジションがしっくりこなくてこれまた寝付けず、それでもなんとかウトウトとしだした頃…

クルマが通る音が頻繁に聞こえる。
え、まだ午前3時だよ?
もう少し寝てようよみんな。


次に時計を見ると3時半前。
うっすらと明るくなり始めはいる。
なんだかんだでトータルで小一時間ほどは眠れたか。


ふと周りを見ると、あからさまにクルマが増えている。
みんな準備万端でサーフへ向かっている。


うわ、出遅れた!?
まだ暗いのに、みんな気が早すぎ!!


慌てて自分も支度をし、サーフへ向かう。
何とか良いポジションに陣取れたものの、予想外にアングラーが多い。
おいおい、平日だぞ!?
みんな仕事は!?
(お前もだろっ)



とりあえず若干出遅れつつも35gのメタルジグをキャスト。


辺りがだんだん明るく、視界が開けてきた頃…


ガガンっ!!


ロッドに衝撃が走る。


キタっ!!


うん、良い引きだ。40ぐらいのサクラとかだったらいいなぁ~なんて寄せてみると、


35cmほどの海アメ。


サイズの割によく引くなぁ。
しかし今日の本命は申し訳ないがサクラマスなのだ。
写真すら撮らずすぐにリリースし、ジグミノーにチェンジしキャストを繰り返す。



ゴゴンっ!!!




あたった!?


思いっきりアワせる。


ゴンゴンゴンゴンと首を振り、強烈な勢いで沖へと走りだす。


ん?デカいか?


ロッドが大きくしなる。


これまで海でのルアーは、漁港内での40サイズ程度の海アメしか経験のない(サケ除く)私にとって
初めての感覚。
ものすごいパワー感。


サクラか?


波打ち際に、魚体が見えた。


うわ、サクラだ!!


波打ち際まで寄せてきているのに、力強さが衰えない。
なんて強い魚なんだろう。
10フィートのシーバスロッドが、大きくしなる。


引き波にさらわれないように、波のタイミングを見計らって引っこ抜く。



サクラマス、50cm


やたっ!!!!人生初の、サーフでの海サクラ!!!

サイズ的には大型ではないのかもしれないけれど、そのパワーとスピードは、私にとっては相当なものだ。


尖った顔にシルバーメタリックな身体。
なんて綺麗なんだろう。
なんてカッコいいんだろう。


いやぁ、嬉しい。




その後も、ルアーローテーションを繰り返しながらキャストを続けること数投。
やはり同じKJ11を、着水から10数メートルでひったくるような、唐突なアタリが


ゴン!!



うわっ!!キタっ!!


ゴンゴンゴンゴン


やはり首を振り、猛スピードで走りだす。
先ほどよりも力強い。


うん、間違いない、今度もサクラだ!!!


散々走ったはずなのに、やはりこの子も波打ち際での激しい抵抗。
慎重に波に乗せて引き揚げようとするものの、この波打ち際まで来て最後の抵抗が非常に激しい。
ロッドは大きく弧を描き、腕はパンパンだ。



51cm

先ほどより、少しサイズアップ。


それにしても、さっきの子もこの子も、なんて力強い魚なんだろう。
これほどスピーディでパワフルで、こんなにスリリングなファイトは初めてだ。











そして、今日の最後を締めくくるヒットが…


今度も着水から10m程リトリーブした時に、


ガン!!


例によって思いっきりアワせる。



ゴンゴンゴンゴンゴンゴン!!!!

ゴンゴンゴンゴンゴンゴン!!!!



ロッドがバットから弧を描く。


これまでより、あきらかに強い!!!


横に走るのを、止められない。強引に止めると口切れしてバレそうだし、何よりロッドのされちゃったし。

なんだこの強さ!?


ルアーウェイト15g~42gのシーバスロッドじゃパワー不足なのか、私の腕力不足なのか


とにかく、取りこぼしたくないので私もサーフを走る。


波打ち際まで寄せても、壮絶な抵抗を繰り返す。
波に乗せて引き寄せても、猛スピードで走りまくる。
引き波に乗って、また沖に出ようとする。
ロッドはバットから曲がっちゃってる。

凄いパワーと持久力。


うわぁ、キビシぃ~


このやり取りは、生まれて初めてサケを釣ったときの興奮とスリルを遥かに超える!!!


最後の抵抗で暴れまくるマスを波に乗せて、なんとか引き上げに成功



56cm

私にしては十分にビックサイズ。


本当に強いマスだ。

おかげで腕がパンパンだよ。

エキサイティングなファイトを、ありがとう。







…それにしても、ファイトの力強さにあきらかに大物と思いきやレギュラーサイズだったり、
本当に海でのマスのパワーは尋常ではないと実感。
海のマスの強さを、漁港内での40サイズのアメマスまでしか知らなかった私にとって
今日は非常にエキサイティングでスリリングな経験をする事が出来ました。



こんなに綺麗で、カッコよくて、力強くて
そして食べても美味しいサカナは、そうそう居ませんよ。


…ん?

食べても美味しい?


…スイマセン
サクラマスは、食べて美味しいサカナなので…いつもはリリース派なのに
リリースせずにキープしちゃいました。



三枚におろして、



切り身はムニエル風と



中落ちとアタマは、あら汁に。




残りはルイベ にするために冷凍中です。
(アニサキス対策。念のため。)

これが一番楽しみ♪
このサカナを生食出来るのは、ある種釣り人の特権ですね


普段あまり魚を食べてくれない息子が、
今日はサクラマスをモリモリ食べてくれたのも嬉しかったなぁ。
キチンと血抜きしてますから、スーパーで売ってるものより美味いはずだよ。








壮絶なファイトと美しくカッコいい身体で私たちアングラーを魅了し、美味しく食べて家族団らんにも貢献してくれたサクラマスたちに、






感謝感謝。




Posted at 2012/06/29 22:16:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2012年06月24日 イイね!

仕事帰り、夕マズメ、30分一本勝負。

仕事帰りの、30分一本勝負!!!
時間的制約から、狙えるポイントはこの一か所のみ。
一発勝負である。

夕方、天気は曇り。
なので少し目立つ色、ということで
赤金のミノーをチョイス。
キャストを繰り返すこと数投。

ゆっくり沈めてからリトリーブすると…


ググンッ!!!!!


うひょひょっ
出たよ!!


ぐんぐんぐんぐん


身体を捩り、フックを外そうと抵抗する。
うん、良いサイズだと思う。



そしてすぐに走りだす…のだが、


とにかく猛スピード!!

ジャンプ連発!!






うわ、なんだコイツ?
一度や二度じゃない、何度も何度もジャンプを繰り返す。
すんごい元気いっぱい!!


ばしゃーん

ばしゃーん

ばしゃーん

ばしゃーん

ばしゃーん


いやいやいや、面白いけど、まずいよこれ、このままじゃ外されちゃうよ。
こんなにスピーディでスリリングなファイト、素晴らしい。


観念して寄ってきた(というより逃げた先が岸側だった)のは





なんとか40超え。


いや、ほんとこのコはすごかった。
サイズ以上にスリリングでエキサイティングなファイトを楽しませてくれてありがとう。




Posted at 2012/06/24 09:21:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2012年06月22日 イイね!

今日の成績



40はないけど、35は超えているってなのが1本。

前回釣行で、メジャー紛失(今回はきちんと測るようなサイズではないのですが)
また用意しとかなきゃなぁ…

相変わらずニジマスは元気いっぱいのファイトで楽しませてくれます。


ホームリバー変更が今のところ吉と出ているわけですが、なにぶん人気河川なもので
入渓者が多いのが難点。
管外ナンバーのクルマまでちらほら見かけます。





…人が来ない穴場的な川で、羆の心配もないってなトコロ、

…無いわなぁ

キープ派が多くてぶっこ抜かれてるところはどうしようもないし、
入渓者が多くて散々ルアーやフライに叩かれてスレまくっちゃってるのは釣りづらいし。

今まで人間を見たことないまま50オーバーまで育って
生まれて初めてルアーを見ましたよってなサカナ、出会いたいなぁ







Posted at 2012/06/22 22:49:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2012年06月20日 イイね!

今シーズンのニジマスの成績、今のところマズマズかな

昨年通った川は、数は出ましたがサイズが出ず20サイズばかりで
結局昨年の最大魚は某ダム湖での40cmに留まるといった成績でした。

その川も去年、台風による大雨での大増水で大きく流れの形が変わり、新たに場所を開拓しようと今シーズンはメインの川を変更。

この結果、超大型とまではいかないものの、今のところ良いサイズを釣ることが出来ました。




んで、先日。

この日も、またまた出ました!!

水深1mほどの緩やかな流れにアップでミノーをキャスト

着水と同時に


ズドン!!

グングングン!!

ジッジッジー!!

衝撃から振動、そして走り出しドラグが鳴く音。
あぁ~きもちいい~

走ったり身を翻したり体をくねらせて首を振ったりと、縦横無尽に暴れまくるのを辛うじて制して、
激しい格闘の末、姿を現したのは…


出ました!!!!













このサイズ!!




先日の尖った厳つい顔のイケメンに比べて優しい顔の美人さんですが
なにぶん太くて重い。
しかし残念ながら50には届かず…

先日のイケメン君に比べにサイズアップなものの、
50の壁は厚い…
でも、このサイズが一本でも出ると十分満足です。


しかし
放流モノと比べてあからさまに綺麗な身体…
たまりませんなぁ










そして

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!んですよ

50オーバー確実、55あるかもってなやつが!!


これまたいかにもってなカンジの淵を発見

慎重に遠く下流からアップでフルキャスト。

まぁあまり期待していなかったのもあり油断していました。

リトリーブ開始直後、重量感のみが手元に伝わる。

うん?根掛かり?
と思った瞬間、

ズゴン!!

うゎサカナだ!!

しかし気を抜きすぎて合わせ入れられず&さっきのやりとりでドラグ調整がユルユル…

まして遠くで掛かってるんです。
ラインテンション維持できず…

遠くの水中で、身体を翻す大きな銀色の光が見えた瞬間、

スルスルスル~

リールが軽くなる


…バラしました(´・ω・`)


うっわ~悔しい!!!!


いやほんと50の壁は厚い…

(これだけバラしがおおいと、シングルフックの使用、考え直そうかな…いやいや、リリース前提なのにここで負けてはだめだ!!末永く楽しむために、魚へのダメージを第一に!!)


この翌日、
一晩おいて同じポイントの様子を見に行くも、すでにそこには居ない…
サカナのやる気がないのでしょうか、チラホラと魚影は確認できたものの喰わせられずこの日はボウズに終わる。

やっぱりニジマスは難しい
まして人気河川だ。
魚は相当にスレちゃってるから、普通にルアーをキャストするだけじゃ喰わせられないよなぁ…




…そして、今日(6/20)からしばらく雨の予報
当分河川での釣りはできなさそうだけど
いちど、川の形が変わらない程度に増水してリセットされたほうがいいかな、と。



それにしても、
う~ん、美人さんですね(*´Д`)ハァハァフンフン

Posted at 2012/06/20 22:05:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2012年06月15日 イイね!

ニジマス万歳!!!!

ニジマス万歳!!!!
懲りずに何度か釣りに行きましたので振り返って記したいと思います。

…が

海アメ海サクラ撃沈
某川でブラウンを狙うも別の某川でニジマスを狙うも撃沈

つーかチェイスしてくるのは小型ばかりだし、追うだけ追ってバイトには至らないし
ガソリン代はエラいことになるし、

クルマの総走行距離もエラい勢いで伸びていくし

トドメは、仕事帰りの夕マズメ一本勝負!!

結果は





ぷぎゃぁ…


これで心が折れました
しばらく釣りは自重しようかなぁ(ホントか?)。


ところが、

やはり我慢できませんでしたw


ん~

んん~

夕マズメの一時間一本勝負、



行ってしまえ!!!


迷った挙句、
時間も時間だし、比較的近場の、ブラウンがメインの川(ニジマスもいることは居るらしいが)へ向かう。


普段は入らないようなところから入渓するものの、やはり人の足跡はある…
ここのポイントも、ルアーをチェイスするのは小型ばかりでバイトには至らず。


またウグイ様なのかぁ?


遡行を続けると程なくして、小さいプールが現れた。いかにもな感じだが、大物が潜むほど深くも広くもない。

大した期待もせず、アップでミノーをキャスト。

着水後糸フケを取り、リトリーブ前に軽くトゥイッチを入れた瞬間、


ノシっ


重量感が手元に伝わり、ロッドが大きくしなる。
ゴンゴンと首を激しく振り身体をくねらせる感覚。

ん?こりゃあデッカイかな?!


ジーーー!!!


緩めにしていたせいもあるが、激しくドラグを鳴らして走り始める。
ん?ブラウンじゃないのか?ニジマスか?
ジャンプこそしないものの、縦横無尽に水中を走り回る。


ただでさえ成績が悪いのに、これをバラしたらホント立ち直れない


久しぶりの激しいファイト。

アメマスやブラウンのそれとは異質の、非常にスピード感のあるファイト。


これだよこれ、この力強さですよ!!!

野生化したニジマスのスピードを十分堪能し、



あがってきたのは、40cmを超えるグッドサイズのニジマス。

今年初めてのニジマス。

しかも私としてはグッドサイズ。


ほぼ着水と同時にバイトしたであろうやる気満々だったニジマス君に感謝し、丁寧にリリース。

エキスパートのアングラーに比べれば随分レベルの低いハナシではあるが、ここで十分満足しストップフィッシング。
つーか他のポイントでもサカナの反応無かったしね。
(ってゆうか、この川ってニジマスもいるんだな…)


そして
昨日のおはなしです。





どうにか海サクラを釣りたくて
早起きして海へ向かうつもりだったが、目が覚めたのは5時…


寝坊してしまったものは仕方がない
そそくさと着替えてクルマを走らせる。


現地に着いたのは6時半頃。
超有名ポイントではあるものの
先行者は、通称「お立ち台」と呼ばれる釣りデッキに3人
サーフにはだ~れも居ない…


やっぱり釣れていないのかなぁ…
釣れたという情報が流れれば人がごった返すような場所なのに。


とりあえずサーフから、お立ち台のアングラーを気にしつつキャスト開始。

キャストを繰り返すも反応は無し。


そのうちひとり・・・また一人と、お立ち台から人がいなくなり
サーフにポツンと独りきり。


ああ、もうだめだ、俺もや~めたっと


諦めて予定変更。


ニジマスのポイントを開拓しなきゃ、と
某河川へ向かうこととした。


水の綺麗な、ニジマスで有名な川。
有名だから入渓者も多いし、アクセスしやすい場所は叩かれすぎてサカナの反応は無いだろう。


じっくり歩くことを決め込んで入渓。


川に入ってすぐに目についたのは
小川が流れ込む、いかにもなポイント。


クロス気味にミノーを流すと、それは突然やってきた。


ゴン!!!!


うおっ!!いた!!

いたぁ!!!


重量感ソコソコ。ゴンゴンと首を振り、身体を翻す感触。


ん~まずまずのサイズかな?


と思った瞬間、


ジッジッジッ!
ジーーーー!!!

ドラグが激しく鳴き、下流に向かって猛スピードで走りだす。
ロッドが大きくしなる。
重い!!


こりゃおっきいんじゃないの!?


ニジマスらしいスピード感のあるファイトで抵抗する。
バラしたら立ち直れない、と半ば焦りつつも冷静に慎重にサカナを寄せる。


うん!大きい!!


岸際まで寄せるものの、ここからの抵抗が非常に激しい。
すさまじい抵抗を見せる彼だが、ミノーのテールフックががっちり掛かっているのを目視で確認。
これはそう簡単にはバレない、と安心し
余裕を持ったランディング。



とがった顔の、レッドバンドがきれいな
超いかつくてカッコいいニジマス。
こんなきれいなニジマス、何年振りだろう…
先日別の川で釣った40cmのニジマスより、申し訳ないけど明らかにカッコよくて、綺麗で
そしてなにより強かった。

このサイズも、もう何年も出会えていなかったな…



測ってみると
46cm
私にしては、十分ビッグサイズ。



エキスパートのアングラーに比べればまだまだなサイズだろうが
このサイズは私には十分満足のいくものです。


ああ、なんてカッコいいんだろう…

超イケメン


さすがに嬉しい。



…とここでストップフィッシング、とすればいい思い出だけで済むものの、欲をかいて
(ポイント開拓が当初の目的だったしね)
さらに川を遡行する。




その後は、こんな感じの20~30cm程度のニジマスが飽きない程度に遊んでくれた…
って、言いたいところなんですが


この

「20~30cm程度のニジマスが、飽きない程度に遊んでくれた」

ってなくだり、釣り雑誌やベテランアングラーの書いた記事なんかでよく見かけますけど


…今回の私は

「飽きない程度にニジマスが掛かるものの、ことごとくバラしました」

といったカンジorz



なんでなんだろうなぁ…
ことごとくバレます。


小型な個体ほど、口元が柔らかくバレ易いのかな…と思いきや
中型の、まずまずのサイズも、ジャンプ一発のバラシorz
シングルフックでの釣りは、私の腕じゃ無理があるのかなぁ
シングルフックだからバラすのか、ロッドワークの問題なのか、フッキングが甘いのか…


やっぱりニジマスは難しくて苦手です(でも楽しいんだけれども)。



トラウトのなかで最もスピーディで、力強く激しいファイトのニジマス。
そしてトラウトのなかで一、二を争うほどカッコいい魚体。

やっぱりニジマスは、たまりませんな。




次は
これまたカッコいい、銀ピカのサクラマスを拝みたいものだなぁ…











Posted at 2012/06/15 22:11:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記 | 日記

プロフィール

いろいろと考えるところがあり、HNを一番最初の頃のものに戻しました。 タイトルも変更しました。 技術も無いのにクルマとバイクをこよなく愛し、アニヲ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

タイヤのおはなしと、バイクが大惨事だったおはなし 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/17 20:43:02
ボディの小傷のハナシ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/28 19:34:56
フロントアンダーカバー取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/29 13:24:57

お友達

七百八ある経絡秘孔のうち、朋友を突いた
お前はもう、ここをクリックせずには居られない
25 人のお友達がいます
おーいおっちゃんおーいおっちゃん * ひろQひろQ *
湘南スキーヤー湘南スキーヤー PHEV2000PHEV2000
ちょいQ太郎 ちょいQ tyoiqちょいQ太郎 ちょいQ tyoiq ちょび人ちょび人

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 アウトランダーPHEV 三菱 アウトランダーPHEV
ランエボからの乗り換え ランサーと比較するのは酷だが、遅い。 そのぶん良いところもいっ ...
カワサキ ZZR1400 カワサキ ZZR1400
念願のZZR1400 '09モデルのマレーシア仕様です。 新車といえども型落ちなのでお買 ...
三菱 アイ 三菱 アイ
妻の通勤用車両です。 ミッドシップ4WDターボという貴重なレイアウトのクルマ。 走りは ...
三菱 ランサーエボリューションVIII_MR 三菱 ランサーエボリューションVIII_MR
フルノーマルです 長距離通勤使用のためコンディション維持にお金がかかるのでチューニングに ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.