• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

julaの愛車 [その他 その他]

SEED Destiny 暁(SEED The Hyper Hybrid Mode可動化中)

投稿日 : 2006年11月26日
1
手をつけてしまいました

金色の奴in Action化で弄っています。
ベースはSeedTheHyperHybridModeです。


http://www.bandai.co.jp/candy/products/2006/33235.html

http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/car/67105/169319/photo.aspx

こいつの大鷲の接続部あまりに深い為、接続バラスのに難儀しました。


まだ、股間、膝、腰周囲のパーツの接続しか弄っていませんが。

腰周り、とりあえずは塩ビ、0.5mm板に嵌めこむような形で様子見ていますが流石に密着性に難ありです。

股間部は、EMIA百式方式を模してみました。
(ボールジョイント横受け+ロール接続方式)

1mm塩ビ板に関節技の受けを瞬着で貼り付け。
更に脚部接続軸となる3mmプラ棒を塩ビ板に貼り付け。
関節技とプラ棒の周囲の隙間を少量の光パテで埋める。
パテと、プラ棒を1mm穴掘って真鍮線を通す。
これで3mmプラ棒軸のねじり強度を確保しています。
(実際は真鍮線を予め通してあります)
押さえの塩ビを貼り付ける


膝関節用のプラ棒、真鍮線接続ですが、今回見直しをしました。

以前は1mm穴開けたプラ棒に表面を荒らした真鍮線通し接着。
ただ、この方式だとプラ棒から真鍮線が抜けてしまう場合がありました。
そこで、真鍮線を直角に折り曲げ、極先端を残す。残った長さ分、プラ棒を掘り込む事で、真鍮線抜け防止としてみました。

しかし足首、胴体、肩周りが悩ましいのですよね~。
またちまちま弄りつつ遊ぼうと思います。
2
プラ軸

塩ビの中に仕込む真鍮線付きプラ棒軸。

真鍮線ですので、後で曲げて修正できちゃいますので、直角出て無くても気にせずでっち上げちゃいます。


真鍮線は予めナイフなどで表面を荒らしておきます。
次に真鍮線を90度+α曲げて切断整形。
受けとなるプラ棒もこの端の引っ掛ける部分を抉るように削っておきます。
これで瞬着で固めるといい具合です。
以前のものは真鍮線抜けちゃったりする事ありましたが、これで対策出来たようです。

因みに1個作っては次、なんてやっていたら続かなくなってしまいました。
1~2個試作して要領掴めたら、必要数分+α(予備)一気に作っちゃった方が良いみたいです。


ビーズも上記と同様。
ビーズに切り欠きいれておく。
真鍮線を曲げて引っかかりを作る。
引っ掛けつつ瞬着。
これで捻りに対する保持力飛躍的にアップしました。
3
足首とボール受けでっち上げ

つま先部分の可動部をでっち上げてみました。

脛と足首付け根に左右ロール軸
つま先の上下軸
つま先保持+クリアランス分だけ予備ロール

つま先をどうはかせるか?
踵をどう取り付けるか思案中です。

足首オリジナルジョイントは1mm塩ビに3mm軸穴、5mm角を基本として切り出したものです。


胴体の方ですが、約5mmビーズ用のボールジョイント受けを、塩ビ積層で試しに作ってみました。
そこそこいけそうかな~?という感じです。
(高さは調整中です)

作り方は1mm塩ビシートを上から順に、

4mm穴
4.5mm穴
5mm穴
5mm穴
4.5mm穴
のそれぞれ5mm角のものを積層。
一番下の受けは四方を極軽く切り込みいれて
ボールを押しこめるようにしています。


横から見るとこんな感じ。
■■■■□□□□□□■■■■
■■■□□□□□□□□■■■
■■□□□□□□□□□□■■
■■□□□□□□□□□□■■
■■■□□□□□□□□■■■
4
以外と単純作業だったり

積層するのに複雑な形状何枚もというのは萎えるので形状をなるべく単純化。
あと作業手順の見直しを思いついた事でまんまとデッチアゲ成功でした。


百式の自作関節作成時は先ず形状切り出し。
数枚切り出し積層した塩ビをセロテープで巻きつけ固定。
千枚通しで下穴あけ。
ドリルで順次穴拡張。
これだと穴が直角とならず、なかなか大変な状態でした。
それでも真鍮線利用なので曲げて調整、軸ブレは誤魔化せましたが。

今回この工程の見直しを思いつきました。

先に穴を開けておいてから外形切り出せば、穴位置の狂いも減らせられそうと思い至りました。

辺りを見回すと、以前DIYショップで買っておいた”回転式穴あけ”がありました。各サイズのポンチDIYショップで個別に買うのと変わらない程度の値段だったと思います。1k~1.5kくらいだった記憶。

試しに1mm塩ビで穴あけ、まあなんとか穴開けられるか~という感じです。
1mm以下であれば割りとサクサク穴開きました。

積層パーツ切り出しは以下の要領です。


1.切り出しやすいように単純な形状検討。
(今回の足首は、基本形状は台形と長方形です)
2.方眼紙に記入。
(この際穴のセンターが判りやすいように中心の1mmを塗りつぶしておく。)
3.積層枚数必要数分、切り出し間隔見込んで回転式穴あけで塩ビに穴を開ける。
4.塩ビと方眼紙の穴位置を合わせてナイフで各角部に切り込みいれておく。
5.切り込みに合わせてニッパーでパチパチ切り出す。
6.切り出した塩ビをプラ棒に通して重ねる
7.回転軸に大して干渉する部分をナイフで削り落とし整形する。
EX.足裏が蛍光イエローなのは、前回のドラグーン射出エフェクトで利用したPS樹脂下敷きです。多少の強度が見込めそうなため、余りを流用しただけです。

可動性メインで考えているので多少歪んでいようが気にしない方向で進めています。どうしてもという場合は、0.1~0.2mmの塩ビあたりで積層断面を塞ぐなんて手があるかな~なんて考えています。

あと、塩ビをパンチで切り出してあまった丸形状。クリアのアイズパーツ代わりにならないかな~なんて妄想してみたりしています。

--------
先の写真ですが、
回転式穴あけ、穴あけパンチ、回転式パンチプライヤー、ロータリーパンチ、レザーパンチなどで検索して頂ければ同様なものが出てきました。
私が購入したものはたまたま2.5mmから0.5mm刻みで~5mmまでのものでしたので今回の用途に丁度でした。ダイソーのビーズは約3mm、約4mm、約5mm、プラ棒も2mm、3mmなんて感じですのでうってつけ。

刃先がなまった大きい方のアートナイフは真鍮線転がしながら表面荒らすのに使っています。

小さい方のアートナイフで塩ビに切り込みいれています。こちらの方が刃が薄いので塩ビで使うには好都合。
ピンク柄のニッパーと小型ペンチはダイソーものです。
真鍮線ぶった切るのに刃先をあまり気にせず使えるのが重宝です。

検索していて見かけたのですが、真鍮線曲げる内側をヤスリで抉っておくといい感じの直角曲げが出来るようです。

-------------
あとこの写真ですが、
方眼紙、千枚通し、1.0mmドリル、瞬着、爪楊枝、ビーズ、ジュエリケース、柄付き平ヤスリはダイソーもしくはキャンドゥーもの。
目立てヤスリ、黒い柄の刃先厚手のナイフ、ノギスがDIYショップもの。
白い柄のナイフは東急ハンズにあった使い捨てのメスです。柄が折れてしまいましたが無理矢理補強しつつ、切れ味も鈍って来ていますがしつこく使っています。柄も薄手でズブズブ押し込みつつ切り込めるのが便利です。本来は専用の持ち手と替え刃があるとの事です。カミソリ、ヒゲソリメーカーのフェザー製です。
http://www.feather.co.jp/jMedical_Surgery.htm

とか言いながら、無駄に集めた安物工具はまだあれこれあるのですけどね・・・。
写していませんでしたが、平刃の彫刻刀大中小はMIA加工には重宝しますね~。
5
ちびちび手つけてます。

肩部

大鷲の保持部分が鎖骨辺りに来て干渉するため、肩部の跳ね上げは意味がなさそうです。
という事で単純にダブルボールジョイントにして様子見ています。
胴体側4mm、腕側3mmビーズ。

腕の先端側ボールジョイント受け1mmと0.5mm塩ビ組み合わせ積層で、でっち上げてみました。
が、今一保持力不足で検討の要ありです。

肩アーマー保持用、軸受け部品がでっちあげられないか試してみました。

EMIAガンダム、EMIA百式の肩アーマー見つつ、百式方式を採用。
流石に軸にカチ、パチとはまって居るわけではなく、肩の上に乗っけておけて、軸に引っかかっていて多少は保持していくれると言った程度ですが。

1mm塩ビ片に3mmビーズを貼り付けています。
ビーズに差し込む接着しろを1mm幅、3mm長残しつつ切り出しています。

■■■■□■■■■
■■■■□■■■■
■■■■□■■■■
□□□□□□□□□
□□□□■□□□□
□□□□■□□□□
□□□□□□□□□

この部品を肩アーマーに仕込むために肩アーマーに3mmの穴をあけています。
(中央部の穴は元々開いていた穴です)
6
肩部分仮組み

肩部分のダブルボールですが、
肩アーマーも長いし大鷲があると、肩付け根が胴体と離れていてもそれほど違和感なさそうかな~と適当に長さ決めていました。
元々の製品自体も結構離れていますし。

大鷲とか背負っていないと何か繊細で貧弱そうです・・・。

バックには、”こんな肩じゃ使いものになら無い”と放置されたEMIAガンダムと横ストレッチでもお腹のジョイント外れにくくなった百式です?
7
抉り取るようにして?!

足首用関節を仕込むために鋭意抉り中です。
甲の部分は先端切り離さず残しています。
甲部分も可動ガードパーツと想定して、多少の逃げを確保してあげることで、若干の可動性確保を狙ってみています。

関節パーツ側もリューターでゴリゴリシェイプアップ中です。
ちょっと危うい、流石に乗る人を選ぶ機体になりつつあります(爆
8
組み込みテスト中~

仮組み。
足裏から2mm皿ネジで止めてます。
かかとの接続方法良い案が思い浮かばず。
ストックしてあった0.5mmアルミ板があったのでこれを適当に切り出し、つま先側の固定部で止めることで行ってみようかな~と確認中です。

イイね!0件




タグ

関連コンテンツ( HYBRIDMODE の関連コンテンツ )

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

注目のオークション

 

おすすめアイテム

 

プロフィール

「[整備] #ノート VOA ドアバイザー取り付け http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/car/2380818/4201215/note.aspx
何シテル?   04/16 15:26
2016 からメイン  オラクルカードブログ   なんだかスピリチュアル系にぐっと引っ張られていまして http://ameblo.jp/julajp ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

リンク・クリップ

あわせて読みたい 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2007/07/11 07:36:39
 
アクセスアナライザー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2007/07/11 07:33:18
 
忍者アナライザー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2007/07/11 07:32:18
 

お友達

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ノート 日産 ノート
2006/01 初期型Rider購入しました ●メーカー&ディーラーオプション ディー ...
日産 ノート 日産 ノート
黒 CVT NISMOになりました 奥さんメイン利用です
マツダ RX-7 マツダ RX-7
勤め出して、自分で最初に買った車 純正オプションmomoステアリング CIBIE のイ ...
ホンダ キャパ ホンダ キャパ
NOTEの前に乗っていました 195/50 15 ローダウン ADDZEST DVD N ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.