• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月12日

沖島への旅

沖島への旅 晴れた火曜日の10日に、滋賀県に旅行した。
行き先は近江八幡市の沖島。琵琶湖に浮かんだ270人の人口を抱える小島だ。
朝11時に東海道線瀬田駅に集合と言われて、とても天気の良い休日(私にとっての)だったので、自動車を出すことにした。








最近の私のマイテーマは、平日遊びの活用である。これに準シニアのと冠詞が着いているようなイメージだろうか。

ここで電車で来た参加者と私が先に合流することになった。後で判ったが、全員で5名である。60代前半が3人、50代が私を含めて2人。平均年齢は61歳くらいであろう。


最初に立ち寄ったのは、集合の遅れと船の時間などで、琵琶湖岸にある古刹、長命寺になった。西国三十三カ所に当たる有名な寺らしい。











私はこのところ、日曜日の休日に旧車のイベントに全く行かなくなった。
行っても新しい発見や刺激は無いに等しいし、同じ循環の人間関係から得るものも
少ない。人生の残り時間も短くなってくると、卒車か、卒イベントになっても仕方が無い。


この参加者の方々は、知的な面でも面白く、民俗学のフィールドワークをされて
大学で講師をされている方の導きで、私は参加してみることになった。

これは他の集まりへの批判でないことを断っておくが、私も30代や40代の頃は
当時珍しかった自動車のイベントや、その後のオフ会の流れに馳せ参じた。

しかし還暦まで数年の今、私を満足させてくれるものは、教養とか文化だと思う。
この行事に、たまたま旧車に乗って行っただけであるが、同年代には大いに受けた。

そう言う意味で、非日常の一日ツアー、観光もあるが知的な集まりの、実際の
看板は、同好の志の写真撮影会である。



猫が駐車場に多い。昼食を食べていると、寄ってくる。




長命寺のボルボV70。 もう懐かしいクルマになってきた。





ブログを再開してから、いろんなことを書かせてもらったが、自動車趣味の現状は
見通しが暗い。その一つが、人材が入って来ないような、狭い文化意識にあると思う。
私はそこから先に、一歩距離を置くことにして、このところ、準シニアの遊び方。
平日活用法について、実践と考察を繰り返すことにした。


自動車の趣味というより、趣味車の活用は、そういう時のビジターの会話の話題くらいで良いではないか。



午後2時過ぎに沖島に渡る船に乗り込んだ。自動車は無料の駐車場に停めて置く。
そういう使い方なので、超エンスー車は乗っていけない。ランチアフラミニアでは、気が気で無いであろう。





15分ほどで淡水湖唯一の有人の離島に着いた。ここからが印象深く、記憶に残る休日になった。









島の概要は近江八幡市の市域に属するが、長い間に石切り場で栄えた島であり、
今は淡水湖漁業で暮らす場所である。島の中は昭和40年代後半のママの暮らしが残っていると言って良い。

別の所に解説的なことは書いてしまったので、興味が湧いた方は調べて欲しい。

午後5時まで島内を回っていろんな風景の写真撮影を行った。
この島の歴史と定期航路が開設して以来、何度も渡っている方の解説で
非常に興味深い話をいくつも聴けたことが、とても良かった。



純粋な島というものは減ってきており、架橋が出来ると、島の暮らしは一変する。

この不便さをなぜ維持し続けているのかは、落武者の歴史も尾を引いているようだ。

私の不便な車で30年以上同じカーライフを維持していることと、島の暮らしが
古い民家中心で、コンビニどころか商店も島外に行かないと無いという禁欲ぶりが
どこか通底しているように共感出来た。




たとえば、旧車に乗る者が浮かれているのは、ヘンではないかと思ったりする。
「金が無いからずっと同じ車なんです」くらいの自制で、ひけらかさない。
集まる時は非合法の集会くらいのノリで、こっそり目立たずにやる。
だから代官山は私は恥ずかしい以前の、それすら感じない感覚のずれた行事だと
思っている。



旅の帰りは、同じ方面の隣の市に住む方を乗せて、名神〜新名神を新規開通区間を乗せてあげて走った。

この吃驚した島の一日が終わり、帰りの船を降りて、車で家まで帰るのに長い時間も
かからないという事実。
私のクルマが1971年製ということとか、その辺りのことも、行事を楽しむのに役立てたと思う。

ブログ一覧 | オンザカー | クルマ
Posted at 2018/04/12 06:28:00

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

沖島散策~天橋立へ
徒歩チャリダーさん

どこぞの国の連中と同じですね
仁政さん

滋賀県竹生島 宝厳寺お参り
二流ライダーさん

2018年のGWは
oh katuさん

プーケット島旅行 Ver3
TOM男@Z4さん

私の動画が採用されました♪
けんぞうさん

この記事へのコメント

2018/04/14 19:57:02
こんばんわです
うぉ~コレはナカナカ
ココロにグサりと来る(汗)
そんなコトバや文章が散りばめられてますね

・卒車・卒イベント

・超エンスー車は乗っていけない。
ランチアフラミニアでは、気が気で無いであろう

・たとえば、旧車に乗る者が浮かれているのは、・・・
それすら感じない感覚のずれた行事だと
思っている。

と言った一文、

スルドいトコロ突いてます
でも、こういう本音的な文章
生のご意見(?)みたいなの、

ナカナカ書籍・雑誌では読めない
個人の書くブログだからこそと
思います、

私も、そんなに大勢で集まってとか
旧車だけの、とか
こういう「括り」みたいなモノでの
集まりはどうかと最近思うトコロあります、

違う車種でも趣味でも
何かこう「イイな」と思える様な
そんな自然発生的に来る感情を
大切にした出会いだと
印象に残るコトが多いです、

地元ツーリング先で
(最近御無沙汰ですが・苦笑)
一期一会の会話を交わすのは
スゴく良い刺激になってるなぁと
私は思っています、

kotaroさんのこうした旅なども
そうした赴きからでしょうか?


フィアットの下で休むネコの画像が
癒されますね(笑)。
コメントへの返答
2018/04/14 22:44:54
こんばんは。
コメントありがとうございます。

この記述は、「嫌われる」内容だと思います。

商業ベースの自動車雑誌は、書けない文章だと思います。

しかし、
私なりに、今後の趣味のフィールドは見つめており、
そこに自動車を使って行くなら、新車のプリウスやアクアより、
100〜200万前後で乗れる趣味車を使い、シニアの手前の人物が、集まり、知的な好奇心と、社会(ソーシャル)キャリアがあるなら、どんなアソビが、出来るだろうか、のアプローチなのです。

今後もこういう、私なりのローコストで、ウエルリターンのもたらすテーマは書きたいと思っています。

マイナーとは思っていません。
そのうちに風の吹く方向も変わるでしょう。

その時に、
ガソリン車は、稀有になっているか。

趣味には、旬があります。

旧車の趣味は、ローコストの旬は過ぎましたが
整備能力の向上で、今が一番乗りやすい。

しかしガソリンスタンドが減って行き
リッター300円とか、なって行くと、
お金持ちの道楽に戻ります。

フィルム写真が、2000年頃はすごく良かった。

そろそろフィルムで撮ることは、現像含めて
圏外になりつつあります。

フィルム型のデジタルメモリー装置が発明されると、機械式カメラは息を噴き返せるか。

レコードは今、ローコストで見直されています。

私は旅する旧車乗りですから、
今後も、ミーティングに行くまでの道中の旅を
楽しんで行くだろうと思います。


こんなコメント返信で、よろしいでしょうか。



2018/04/18 19:03:03
毎度面白い考察で、楽しませていただいております。
最近の一般的な車趣味に対して、私が感じている違和感がわかったような気がしました。
ジャガーに乗っていると「まだ私には似合いませんから」などと仰る方が多くてびっくりします。車ごときに人間が合わせないといけないような意識は一体どこから来るのだろう、と考えたこともありました。最早ただの中古車なのだから、のんきに愉しめばよいのに、と。

質素にただ自分が好きだから、ちまちま自分でできることをやりつつ、新しい車を買うお金もないので乗る。こんな乗り方こそまさに「趣味」であって、見せびらかすのが目的なのでは本末転倒と・・・

また、本人がそういうつもりでなくても、雨の日に乗れず、歴史的にも潰えさせてはいけないほどの名車を抱えているのでは精神的負担が大きすぎる。もっと日常の一部として、あくまでも普段の移動にちょっとした非日常を持ち込んでその区間を楽しくする、というアプローチでちょうどいいような気がしますね。
そのような乗り方ができる人は少ないように思います。それは過去のメディアが作り出した「趣味車に乗る心構え」だとか「クルマに乗るならこうでなくては」というような意識がまだ生きている証明なのかもしれません。
コメントへの返答
2018/04/27 12:09:22
こんにちは。遅い返信で済みません。

日本の社会が3ー40年間に変わっていき、楽になれた部分より、監視や妬みを源力にした世論が広がってしまったことは、いつも残念に思います。
ジャガーに乗る理由は二つあり、まず乗れる“身分”になったから、ガレージに納めて満足する。
もう一つは、ジャガーそのものが好きだから、精神が好きだという故徳大寺さんらの主張です。

私も後者なので、常に乗りたいクルマのトップ群に今でもあります。
さて、クルマ趣味の流れが、こうなってしまったことの原因は、様々な機会に書いて来ました。もう簡単に、マニアにとり嬉しい方向に変わりません。

ただレコードファンらと会合をして、「やれる方法で楽しんでみる」で、旧車も、結社、倶楽部社会で、維持+楽しみは方法が無いか、考えられるような気がしてきました。

確かに見せびらかしの好きな人は、外車が新車だった時代から居てますし、そういう人にも、Japthugさんは商売しないといけない日もあるかもしれない。
でも、多くの本当に好きな後者型のファンのためにも、維持と楽しみ方を考える集まりは、別に東京でないことを活かして、「知る人ぞ知る」で兼業でも続けられたら、私は嬉しいと思っています。

2018/04/27 13:08:38
ランチアフラミニア、多分私はどこにでも乗って行くでしょうね。それでも、「ま、いいか」と思える鈍感さが私の持ち味ですから(笑)
コメントへの返答
2018/04/27 15:26:40
失礼いたしました。
P6なら乗って行けるよと書きたかったのが本意です。
でも泥の撥ねたジャガーあたりで、遊びに行くのは素敵だと思います。アルファスパイダーでも好いでしょうね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「日産、ルノー、三菱はこれからどうなるのか http://cvw.jp/b/176891/42204680/
何シテル?   11/20 03:51
車は殆ど処分して、1971年登録のフィアット850クーペに 1987年以来、乗り続けています。 住居は昭和4年築の、古い日本家屋に、現状で住んでいます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

タイ製L70ミラ・ピックアップのすべて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/22 10:52:34
春の1200kmツーリング・中国山地の尾根を抜けて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/05/11 05:49:46
妻が撮っていた1990年イタリア 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/13 23:55:18

ファン

157 人のファンがいます

愛車一覧

フィアット 850 車の色は空のいろ。 (フィアット 850)
2016年10月、三年半かかった車体レストアが完了し戦列復帰、その後半年、また以前のよう ...
プジョー その他 26インチのスポルティーフ (プジョー その他)
高校の時から乗っているプジョーです。1975年購入。改造歴多数。数年前に自力でレストアし ...
アルファロメオ 75 54才の“ホットショット” (アルファロメオ 75)
2017年3月で降りました。 トランスアクスルと、アルファツインカムの最後のFRアルファ ...
タルボ サンバ おフランスの恋人、 (タルボ サンバ)
ふらんす製小型オープン4座。ふかふかのシート。 1300cc、左ハン、MT。 もう一 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.